人気ブログランキング |
タグ:桂文楽 ( 2 ) タグの人気記事
歳末寄席「穴どろ」(八代目桂文楽)
 
一昨年の「年忘れ爆笑寄席」で、すでにとりあげているのですが、今年もまた「穴どろ」を聴くことにします。

依然として、クリップはほとんどないのですが、この大物が加えられていました。

八代目桂文楽「穴どろ」


いきなり、「油断せぬ心の花は暮れに咲く」とやられて、どうもすみません、と頭を下げてしまいました。もう大晦日の掛け取りなんかないのですが、年を越すのではなく、なにかべつのことを越せないような人間なものでして。

八代目桂文楽、先代といったほうがわかりやすいかもしれませんが、要するに、なにもつけずにただ志ん生といえば五代目であるように、なにもつけずに文楽といえばこの人、「黒門町の師匠」の「穴どろ」は、どういうわけか、いままで聴いたことがありませんでした。

文楽という人は、自分で「完璧」と納得するまで、高座にのせることはしなかったそうで、この「穴どろ」も隅々まで神経が行き届いています。この師匠の欠点は、噺にキズがないことだけ、といいたくなるほどです。

志ん生など、同じ噺でもやるたびにディテールが異なり、色合いも変化するので、「別ヴァージョン」を聴く意味があるのですが、桂文楽は、一度あがった噺はいつも同じように演じたそうです。

やはり、これは八代目桂文楽という押しも押されもせぬ大看板の最大の長所であり、同時に、致命的な欠点だったといっていいのではないでしょうか。

いえ、これはむろん、文楽の噺を楽しむ妨げにはならないのですが、でも、好き嫌いで色分けしていくと、やはり志ん生に対する親愛の念のようなものは、文楽に対してはわいてきません。うめえなあ、と思うのと、面白えなあ、と思うのの違いです。

文楽の噺でいちばん好きなのは「船徳」です。あの徳三郎はもともと柳橋の芸者衆に岡惚れされてしまうような色男なのですが(予約引きも切らず、徳さんじゃなきゃイヤ、という芸者が山ほどいた)、滑稽話に改作されて以来、ほとんどの演者は三枚目として描いています。

しかし、文楽の徳さんが、客に、なにをもたもたやってんだい、といわれて、低い声で口早に「へい、ちょいと髭をあたっておりました」と答えるあの一瞬、あ、こいつは大変な色男なんだな、と納得します。これで竿と櫓の扱いに習熟すれば、「お初徳三郎」の主人公、柳橋一の船頭ができあがるなと、たちどころに腑に落ちるのです。

むろん、これは文楽の演出技術が生み出した幻影です。しかし、どの箇所だったか忘れてしまいましたが、「穴どろ」を聴いていても、やはり、あ、この亭主、ひょっとして色男か、と感じました。

つまるところ、桂文楽の芸の親柱は、じつはこの「色男声」なのではないかと思いました。音楽と同列に論じるわけにはいかない部分があるのですが、しかし、芸事というのは、なによりも、もとからもっているものが大事です。やれ芸だの、やれ技だのといってみたところで、声がわるくてはなんにもなりません。

「穴どろ」は大昔からずっと聴きつづけている噺で、いまも十指にはまちがいなく入れますが、それでも、なにごとも年齢とともに見方が変化していくもので、この噺も微妙に聴く場所、聴き方が変化してきました。

「注連か飾りか橙か」という、正月のお飾りの売り声をもじった「姫か騙りか橙か」なんていう、無意味で馬鹿馬鹿しい「姫かたり」のサゲのようなものもけっこうだと思います。しかし、「穴どろ」の「三両くれるなら俺のほうがあがる」というサゲは、三本指に入るすごさでしょう。

捕まえるほうは、いくら謝礼をやるといわれても、危険なことはしたくないと尻込みするのに、もともと、三両の金がなくて、大晦日、あてどもなくウロウロするハメになったダメ亭主は、三両、ときいた瞬間、それが欲しかったんだ、と切ない条件反射をしてしまったのでしょう。

捕まえるほうは金をもらってもイヤだ、捕まえられるほうは、金さえあれば万事解決する、という条件が、「三両」のラインでぶつかって、論理のどんでん返しの起こる一瞬の爽快さ、捕り手に金を払っても解決しないのに、泥棒に金を払えば解決するという、この論理の逆転に、かつては強く惹かれていました。

しかし、この年になって、すこし感じ方が変わりました。依然として、あざやかな論理の逆転による幕切れ、という側面に惹かれはするのですが、同時に、二重写しでべつのことも感じます。

この亭主は、三両の金がつくれなかったばかりに、女房に「豆腐の角に頭をぶつけて死んじまいな」と罵られ、大晦日の町へと追い出され、なんとかして三両を工面しないと、家に帰ることもできません。

片や、旦那のほうは、たかだか、穴蔵に落ちた酔っぱらいを引きずり出すために、よく知りもしない頭の家の客人に、三両出す、といいます。これを「社会の矛盾」といわずして、なんというか、です。

この、昔も今も変わらぬ社会の構図を、「三両くれるなら俺があがる」という一言で、瞬時にして描いてみせたところに、このサゲのすごさがあるのではないでしょうか。

三両あるみなさんには、来年もよいお年であるように、三両もなくて苦しんでいる方には、来年こそよい年になりますように、と申し上げて、本年の締めのご挨拶とさせていただきます。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



八代目桂文楽(DVDボックス)
落語研究会 八代目 桂文楽 全集 8枚組DVD
落語研究会 八代目 桂文楽 全集 8枚組DVD


八代目桂文楽(CDボックス)
十八番集
十八番集
by songsf4s | 2011-12-31 11:00 | 落語
歳末寄席「富久」(八代目桂文楽、古今亭志ん朝、立川談志)
 
またしても積み残しをつくることになりますが、年の瀬も押し詰まってくると、やはり落語が聴きたくなり、森一生監督『薄桜記』はひとまず棚上げとさせていただきます。

一昨年の歳末の寄席ではなにをやったか確認したところ、富くじ噺の大物をオミットしたことに気づいたので、本日はそれをいきます。

現物があるので、あらすじは抜き、まずは桂文楽の古いものから。めずらしくも映像のあるものです。文楽の映像はそれほどたくさんは残っていないと思います。

八代目桂文楽「富久」


「松の百十番、こういう木で鼻をくくったようなすっとした番号」があたる、なんていうのは、いかにも江戸らしい言い様だと感じます。

落語というのは物語なのですが、志ん生にいわせると、小咄が長くなったものなのだそうです。長い噺にサゲをくっつけたのではなく、サゲの前に長い噺をくっつけた、というのです。そう見たほうが、ディテールの価値が相対的に上がるような気がします。

なぜ落語を聴くのか? 長く落語ファンをやっていると、知らない噺というのにはあまりあたらなくなります。たいていは先行きのわかった噺です。

それでも聴くのは、やはり異なった演者の演出やリズムの違い、そして、ちょっとしたディテールを楽しむためでしょう。「木で鼻をくくったようなすっとした番号」も、そういう、落語を豊かにするディテールのひとつです。

つぎは、父親・古今亭志ん生と八代目桂文楽の中間、ないしはハイブリッドのような存在だった古今亭志ん朝のものを。長いのでお時間のある方のみどうぞ。

古今亭志ん朝「富久」


すでに多くの先達が指摘するように、浅草から芝というのはちょっとした距離で、急いでも一時間半はかかるでしょう。火事だ、てえんで駈けだしても、着いたころには消えてしまう可能性も高い、というのももっともです。片道だって大変なのですが、この噺では、一晩のあいだに往復するのだから、無理といえばあまりに無理なつくりです。

志ん朝は浅草三軒町(現在の元浅草あたり)と芝金杉(現在の港区芝あたり)という設定にしていますが、やはり二時間の距離でしょう。ご苦労なことです。

いま、たしかめたのですが、志ん朝の兄さん、先代金原亭馬生は、久蔵の家は浅草三軒町と志ん朝と同じですが、旦那のおたなは日本橋石町と、比較的近場に設定しています。

さらにいうと、八代目三笑亭可楽は、久蔵は日本橋へっつい河岸(現在の人形町)、旦那のおたなは芝の久保町(西新橋あたり)としていて、これまた現実的な距離です。

いや、現実的なほうがいい、といっているわけではなく、それぞれ、やり方が違うといっているだけです。非現実的な距離を歩く設定も、それはそれで悪くないと思います。

突き止め千両、といっても、現代ではその価値は想像しにくくなっています。まず、一両はいくらか、という問題があります。昔読んだものでは、幕末でだいたい八万円としていたものがありました。

であるとするなら、千両は八千万円。いまのジャンボ宝くじより低い額です。しかし、ここが微妙なのですが、三両あれば、一家四人が一年暮らせた、という説もあります。むろん、長屋住まいの話です。

そちらの価値の感覚をとるなら、千両は、八千万円よりずっと大きな額と見ることもできるでしょう。ここらが、往事の生活を想像するときのむずかしさでもあり、面白さでもあります。

音はよくないのですが、まだ若さの残る談志のものもどうぞ。後年のように自己批評満載の「メタ落語」ではなく、ストレートにやっています。

立川談志「富久」


この噺は昔から好きなのですが、どこがどう好きか、今回はまじめに考えてみました。

たとえば、冬の寒さと火事の描写、といった、いかにも落語らしい季節感の楽しみ、無一文から富くじに当たり、大喜びもつかの間、札はないという奈落の底に突き落とされ、つぎの瞬間、燃えたはずの札が見つかる、という波瀾万丈のプロット、などという当然のものもあります。

今回、あれこれ聴きくらべて、いちばん気になったのは、駈けつけた久蔵を見ての、旦那の反応の仕方とタイミングです。

どの演者も、ほとんど間髪を入れずに、酒のうえでのしくじりで差し止めていた出入りを許します。それも、あうんの呼吸とか、腹芸といった曖昧なものではありません。「よく来てくれた、向後、出入りを許す」とはっきりといっているのです。

極論かもしれませんが、「富久」という噺のヘソはここではないかと思いました。

出入りを許すぞ、といわれると、それが目当てで凍えるような夜に、必死に浅草から芝まで歩いた久蔵は、「そうくると思った」などと脇台詞をいい、旦那は「なんだい」などと聞き返します。

旦那だって、久蔵が息せき切って駈けつけたその胸算用は、はなから承知しています。だから、久蔵を見た瞬間、躊躇なく、出入りを差し許すのです。

長屋の隣人が久蔵に、お前の旦那はあっちなんだろ、こういうときに駈けつければ、しくじりを許されるかもしれないからいってこい、というし、久蔵も、千載一遇のチャンスと駆け出します。

旦那だって、なにを見え透いた、などと野暮はいいません。見え透いた行為とわかっていて、それを即座に受け入れます。これが彼らの生き方の「型」だったのだということでしょう。

かつて、こういう人間関係は当たり前だったのでしょうが、長い時間が流れて、当たり前のことが、当たり前に思えなくなりました。

面倒をかけるのが当たり前、面倒を見るのが当たり前、この馴れ合いをそのまま丸ごと肯定してしまう世界があった、ということに心惹かれた聞き直しでした。

しかし、改めて思うのですが、千両を得たあとの久蔵の暮らしぶりはどうなったのでしょうかねえ。こういう男なので、老後のために蓄えたり、これを元手に商売をはじめたり、なんていう地道な未来はないだろうと感じます。

やはり、ぱっぱと遊んでしまい、数年後にはもとの一文無し、また酒でしくじって旦那のところも出入り差し止め、なんてことになっているのではないでしょうか。いや、それもまた人生、悪い生き方とばかりもいえませんが。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



先代桂文楽
富久/船徳
富久/船徳


古今亭志ん朝「富久」
落語名人会(25)
落語名人会(25)


八代目三笑亭可楽
八代目 三笑亭可楽(3)
八代目 三笑亭可楽(3)


十代目金原亭馬生
金原亭馬生(10代目)(5)
金原亭馬生(10代目)(5)
by songsf4s | 2011-12-29 23:48 | 落語