人気ブログランキング |
タグ:ロバート・ゼメキス ( 3 ) タグの人気記事
ロバート・ゼメキス監督『抱きしめたい』に描かれた1964年のビートル・クレイズ その3
 
ロバート・ゼメキスの『抱きしめたい』、前回途中になってしまったパート6から。

『抱きしめたい』パート6


警備の警官に捕まったロージーとリチャードは、幸い放免になって、リチャードのビートルズ・コレクションの話をしていると、グレイスとラリーが通りかかり、リチャードがビートルズが寝たシーツを売っているというネタを仕込みます。

楽屋から忍び込むために50ドルを必要とするグレイスは、リチャードのアイディアを拝借して、ニセモノのビートルズ・シーツを売って一儲けします。

ジャニスとピーターは警官に追われ、エド・サリヴァン劇場の外で追いつめられますが、群衆の女の子たちが騒いで、警官にジェリービーンズをぶつけ、おかげでこれまた放免されます。

なぜジェリービーンズが投げつけられるかというと、昔のファンなら誰でも知っているように、ジョージはジェリービーンズが好物だという話が広まった結果、ビートルズのライヴではジェリービーンズが飛び交うことになっていたので、みな持参していたからです。いやはや!

ジャニスは、この光景を見て、ビートルズとビートルマニアへの見方を変えます。ビートルズのレコードばかり売っている父親に「どうしてもっとボブ・ディランやジョーン・バエズを売らないの」と迫ったリベラリストなので、「民衆」(というか、たんに劇場の前に並んでいるビートルズ・ファン)が、「権力」(というか、たんなる劇場警備の警官隊)に抵抗するのを見て、感動してしまったのです!

『抱きしめたい』パート7


足を踏んづけられた女の子がキャーと叫ぶと、ほかの女の子もわけもわからず叫び出すという、小さなギャグも笑えます。

シーツがニセモノだということを見抜かれたグレイスは、金儲けの道を失い、たまたまレストランの臨席の男がコールガールの手配を頼んでいるのを耳にし、なにやら決心し、ラリーを置いてきぼりにします。

パムはついに発見され、ハーポ・マルクスのように、コートのなかにため込んだ記念品のあれこれをすべて吐き出すハメになります。

セクシーなかっこうになったグレイスがエレヴェーターから出てくるところの音楽がMoney (That's What I Want)というのが、そのまんまで笑えます。

あきらめてどこかでエド・サリヴァン・ショウをテレビで見ようと思ったロージーは、まだホテルの鍵をもっていたことに気づき、ホテルの部屋に忍び込もうとします。

そこでまたラジオのクイズ。「ビートルズのメンバーで、youngestであり、同時にoldestなのは誰?」

リチャードが前のクイズでリンゴと答えたのは、リンゴが最後にビートルズに加わったので、youngestなのだという見方のせいだということを知っていたロージーは、今度のoldestであると同時にyoungestなビートル、というクイズの答えを知っているので、手近な部屋に突進して、ついにエド・サリヴァン・ショウのチケット獲得します。

じつに有機的にきれいにつなげてある脚本のなかで、ここは瑕瑾だと思いますが、やったー、と喜んで劇場に向かおうとしたロージーは、リチャードが運転するエレヴェーターに乗ってしまい、閉じこめられるはめになります。

リチャードがここにいること、そしてエレヴェーターが故障することに関して、ひとつ伏線を入れておいてほしかったと思いますが、それはほとんど完璧な脚本だから、惜しい、と思うにすぎません。

いずれにしても、ウェンディー・ジョー・スパーバーの熱演のおかげで、この脚本の瑕瑾はそれほど気になりません。いかにも、ロージーにとっては「もーあたしの人生メチャメチャ!」と絶叫したくなる状況でしょう。

パムはパブリシティーに協力することを条件に、マネージメント・スタッフ(ニール・アスピナルがモデルか?)に、エド・サリヴァン・ショウのチケットを呈上しようといわれます。

劇場の外の女の子たちがしばしばうたっている曲を貼りつけておきます。

The Carefrees - We Love You Beatles


このド下手なところが、このシテュエイションでは、かえってはまっているような気がします。

そろそろ話は大詰め、ちゃんと見たいと思う方はもう切り上げたほうがいいでしょう。どうせ日本語版DVDはないし、まあいいか、という方、このままどうぞ。

『抱きしめたい』パート8


売春に失敗したグレイスは男の部屋から出られなくなり、ロージーもエレヴェーターに閉じこめられたまま、記者会見を終わってチケットをもらったパムは、迎えに来た婚約者に叱られます。まあ、指輪をパンプスにしまって踏んづけていたのでは、婚約者が怒るのも無理はありませんが!

ジャニスは、トニーをそそのかして、ピーターの父親からチケットをスリとらせようとしますが、財布にはチケットはなく、これまた失敗してしまいます。

ピーターが父親に連れて行かれただだっ広い床屋が無人なのに、思わず笑ってしまいました。まるで落語の「無精床」、世界でいちばん床屋が流行らない場所でしょう。

ストーリーラインを追うのはこれくらいにしておきます。以下、結末にふれるので、これから見てみようという方は読まないでいただきたいと思います。

とにかく、頭から尻尾まで、手抜きなしのみごとな脚本で、何度見直しても、感心します。全体の流れも、ささやかなディテールの描き方も、いちいちうなずいてしまいます。まったく滞留することなく、伏線が伏線を導き出し、話はきれいに進んでいきます。

今回見直して思ったのは、これはじつは、女性の通過儀礼、少女が女になることを描いた話ではないか、ということです。

せっかくチケットをプレゼントされたのに、彼女を連れ帰ろうと車に押し込み、車中で退屈な未来の話をする婚約者に失望したパムが、わたしはあなたとは結婚できない、ビートルズを見たい、といって車から飛び出すシーンを見ていて、そう思いました。

パムが象徴するのは、女性という総体なのですが、同時に、1964年という時代のアメリカの女性という、よりスペシフィックな集合体を描いていると感じます。

日本の女性がそうであったように、アメリカの女性もまた、あの時代には、おおむね男の従属物だったのではないでしょうか。ビートルズに狂った少女たちは、そういう男の独り決めを真っ向から否定し、自分たちには自分たちの考えがあることを、はっきりと社会に宣言した、とロバート・ゼメキスはいいたいのかもしれません。

フランク・シナトラに熱狂した少女たちもいたし、エルヴィスに狂った少女たちもいました。ビートルズに突進した少女たちは、たまたま公民権運動の時代であったために、はからずも、アメリカ社会を大きく変革していった、というのが、このコメディーの隠れたテーマだったように思います。

それにしても、きれいなつくりの映画です。

一方通行逆走で警官に捕まりそうになったラリーのために、裏口から劇場に入るために必死につかみとったなけなしの50ドルを、賄賂として差しだしてしまったグレイスは、結局、ラリーとともに劇場の裏にリムジンを停め、悄然とすることになります。

でも、グレイスもまた、この24時間の経験でいろいろなことを学んだことがわかります。ラリーがいかにいい奴かということに、やっと気づくからです。

しかし、ゼメキスは、劇場には入れなかったグレイスとラリーのために、涙が出るようなやさしい結末を用意しています。

最初のショットから、最後のショットまで、これほどぎちぎちにあんこが詰まった映画は滅多にないでしょう。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


『抱きしめたい』(中古VHS)
抱きしめたい [VHS]
抱きしめたい [VHS]



ビートルズ(中古DVD)
The Beatles In Washington D.C. Feb. 11th, 1964 / (Dol) [DVD] [Import]
The Beatles In Washington D.C. Feb. 11th, 1964 / (Dol) [DVD] [Import]


ビートルズ(日本語版DVD)
ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD]
ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD]
by songsf4s | 2011-12-10 23:59 | 映画
ロバート・ゼメキス監督『抱きしめたい』に描かれた1964年のビートル・クレイズ その2
 
なにはともあれ、さっそく前回のつづきのクリップを。

『抱きしめたい』パート5


ホテルの人間に見つけられそうになってサービスワゴンに隠れたら、それがビートルズの部屋に行くものだったため、パムは偶然、彼らの部屋に入り込んでしまいます。

ワゴンから出てみたら、そこはビートルズの部屋だったと気づいて、陶然となったパムのショットから、このクリップははじまっています。

パムはもう完璧に性的興奮状態で、腰が抜けてしまい、というか、ベッドで男ににじり寄る要領で、ポールのカール・ヘフナーに迫るところが爆笑です。

わたしは男なので、こういう経験はありませんが、考えてみると、ギターだのベースだのというのは、ファリック・シンボルそのもので、女性ファンにとっては、男のファンとは別な意味での象徴性をもったものだったのでしょう。

いっぽう、ホテルの前では、トニーがビートルズ・カットの少年ピーター(クリスチャン・ジャトナー)を捕まえて、髪の毛を剪ってやると脅すと、ピーターはエド・サリヴァン・ショウのチケットをあげるから許してくれといいます。

それを見たグレイスが、なにを思ったか、あいだに入って、ピーターを救い出します。ビートルズは嫌いだけれど、友だちのためにチケットを手に入れようと思ったのでしょうか。

ロージーは、ビートルズの部屋の前の廊下で知り合ったビートルズ・オタクのリチャード(エディー・ディーゼン)の部屋に行き、ビートルズ話で盛り上がっています。

リチャードがベッドの下から引っ張り出した芝生の切れっ端は、ポールが踏んだものだ、というのまではいいとして、「どの葉っぱかまではわからない、でも、たしかにこのあたりをポールが踏んだんだ」には笑いました。

またクイズの時間になり、「ビートルズでいちばん若いのは誰だ」という問題。こんどはうまいこと電話がつながって、もうこっちのものだとロージーが思った瞬間、わきからリチャードが「リンゴ!」と叫んだために、チケットを逃してしまいます。しかし、これはあとで、伏線だったことがわかります。

グレイスはエド・サリヴァン劇場に忍び込み、ステージの写真を撮ろうとしますが、警備員に見つかってしまい、あとで50ドルもってきたら、そっと裏口から入れてやるといわれます。

トニーはカフェテリアで軽くコマシをやってみます。女の子にポールにちょっと似ているといわれて、ポール・ニューマンだと思っちゃうトンチキなので、このコマシは大失敗に終わります。

『抱きしめたい』と同じく、パートナーのボブ・ゲイルと共作した『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の脚本も、教科書のような出来でしたが、このクリップに出てくるシーンは、偶然、後半および結末への伏線ばかりで、見直してみて、演出のみならず、脚本も見事だと感嘆しました。

『抱きしめたい』パート6


パムは依然としてビートルズの部屋を陶然とさまよっています。ヘアーブラシから髪の毛をとって顔にこすりつけるフェティシズムが爆笑です。ほとんど変態下着泥棒!

ベッドにもぐりこんで深呼吸したところで、ファブ4がもどってきた気配がします。いきなりビーチボーイズのSurfin' USAをうたっているのが、また爆笑!

「エドが曲をささげてくれっていってるジョニー・カーソンて、何者なんだ?」
「野球選手かなんかじゃないの」
「いや、市長だろう」

というところでまた笑いました。

だれかビートルズに顔の似た俳優をキャストするなどということはせず、後ろ姿や足下だけを映し、あとは会話で表現するという方針もうまいものだと思います。

ジョージなのか(声だけで明解に判断できないのが残念)、ズボン(パンツなどとはいわない。トラウザーズといっている)を洗濯に出したい、といって、パムの隠れているベッドに坐り、ジッパーの音がした瞬間、パムが失神するというのは、この爆笑のシーンのとどめの一撃でした。

まだパート6の途中ですが、今日は力尽きてしまったので、ここまでとして、次回もこの映画の話をつづけます。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


『抱きしめたい』(中古VHS)
抱きしめたい [VHS]
抱きしめたい [VHS]



ビートルズ(中古DVD)
The Beatles In Washington D.C. Feb. 11th, 1964 / (Dol) [DVD] [Import]
The Beatles In Washington D.C. Feb. 11th, 1964 / (Dol) [DVD] [Import]


ビートルズ(日本語版DVD)
ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD]
ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD]
by songsf4s | 2011-12-09 23:54 | 映画
ロバート・ゼメキス監督『抱きしめたい』に描かれた1964年のビートル・クレイズ その1
 
ビートルズが来日したとき、チケットは郵便で申し込み、抽選という仕組みだったと記憶しています。

わたしは中学一年で、たとえ抽選にあたったとしても、夜間の外出はできない環境にいました。だから悔しくないかというと、そんなことはなく、やはり行きたかったと思います。

ロバート・ゼメキスの処女作『抱きしめたい』(I Want to Hold Your Hand, 1978)は、時期と場所はちがうものの、やはり、なにがなんでもビートルズを見たい女の子たちの奮闘を描いた物語で、ビートルズ・ファンにはたまらなく可笑しく、たまらなく胸を締めつけられる映画でした。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』で嘖嘖たる名声を得る以前から、ロバート・ゼメキスは冴えた演出を見せていました(例のUCLA映画学科の出身ではなかったか?)。もうオープニングから、1ショット、1ショットがツボをついてくるのです。

前回の「胸の熱くなるビートルズ――Live in Washington D.C., Feb 1964」という記事でご紹介したように、1964年2月のビートルズの初訪米は、主としてエド・サリヴァン・ショウに出演するためでした。

映画は、アヴァン・タイトルで、明日はその当日、ショウの準備が進むエド・サリヴァン劇場からはじまります。

f0147840_23404726.jpg

f0147840_23412693.jpg

スタッフ・ミーティングにあらわれたエド・サリヴァンが、じつによくて、いきなり笑えます。

「きみたちが、リヴァプールからやってきたこのビートルズを名乗る若者たちは、いったい何者なんだといぶかっているのは承知している」

とエド・サリヴァンは云います。

「数年前、われわれはエルヴィス・プレスリーと名乗る若い歌い手をこのステージに迎えた。彼は、君たちの何人かは覚えているはずだが、彼を見た、このスタジオの若者たちは、ちょっとした大騒ぎを巻き起こした」

「さて、明日の夜、同じこのステージに、われわれは四人分のエルヴィスを迎えることになる!」

f0147840_23421795.jpg

「よって、諸君には、途方もない絶叫、ヒステリー、過呼吸、失神、卒倒、感情激発、ひきつけ、さらには自殺企図といったものを覚悟してほしい。そんなのは当たり前のことなのだ」

「明晩、アメリカとカナダ合わせて9000万人の視聴者にライヴで番組を届ける。だから、断じて何者にもわれわれの『リアリー・ビッグ・シュー』を邪魔させてはならない」

といった瞬間、I Want to Hold Your Handのイントロが流れ、ビートルズのアメリカ到着のニュース・リールへと画面は切り替わります。この間のよさ! これで一気に乗らないビートルズ・ファンはいないでしょう。

f0147840_2343551.jpg

そして、そのI Want to Hold Your Handのダイナミック・レンジが狭くなると、レコード・ショップの店内に流れているのだとわかります。このあたりの処理もじつにきれいで、うまいなあ、と思います。

ここで登場人物たちが紹介されます。

ポール命、という熱烈なビートルズ・ファンのロージー(ウェンディー・ジョー・スパーバー)、明日には結婚するのだからビートルズどころじゃないというパム(ナンシー・アレン)、レコード・ショップ経営者の娘なのに、「ビートルズをボイコットしよう」などというジャニス(スーザン・ケンダル・ニューマン)、写真家志望でなにがなんでもビートルズを撮ると決意しているグレイス(テレサ・サルダーナ)。

f0147840_23442054.jpg

f0147840_2345771.jpg

f0147840_2346791.jpg

ニュージャージーに住むこの四人が、それぞれに思いを抱えて、ニューヨークへと、エド・サリヴァン・ショウへと突進する冒険物語がロバート・ゼメキスの『抱きしめたい』です。

ここからはクリップがあります。

『抱きしめたい』パート2


ホテルにもぐりこむのにリムジンが必要だ、あそこにいるラリー(マーク・マクルーア)は葬儀屋の息子だ、リムジンをいっぱいもっている、というわけで、哀れ、気弱なラリーはたぶらかされて、父親のリムジンを持ち出して、馬鹿騒ぎの片棒をかつぐハメになります。

ロージーはずっとラジオをきいていて、ときおり、クイズ(エド・サリヴァン・ショウのチケットがあたる)があるたびに、手近な電話に突進するというのは、繰り返しギャグになります。このへんの処理もルーキーとは思えない堂々たるものです。

上掲のクリップの最後、朝になって車がNYに着き、Twist and Shoutが流れる、ヒロインたちが、ホテルを見つける、群衆と警官隊のショット、Twist and Shoutが大きくなる、この流れのうまいこと!

ゼメキス自身、相当なビートルズ・ファンなのでしょう。そうじゃなければ、いくら演出の才能があっても、ここまでみごとにツボを押さえられるとは思えません。

記憶を喚起しておきますが、このとき、アメリカでヒットしていたのはI Want to Hold Your Hand、イギリスのカタログで考えると、With the Beatles、つまりセカンド・アルバムまでしかありません。

その制約のなかで、ロバート・ゼメキスは、うまく曲を並べたと思います(音楽監督のクレジットはないので、ゼメキス自身が選曲したと想像される)。

『抱きしめたい』パート3


リムジン乗りつけ作戦は失敗しますが、少女たちのうち三人は、混乱に乗じてホテル潜入に成功します。しかし、単純な作戦はみな失敗し、彼女らは追い払われます。

今日、結婚するというパムだけは、指輪を落として探しているうちに置いていかれ、これが幸いすることになります。

『抱きしめたい』パート4


ファブ4の後ろ姿を見ただけで、「タッパーウェアとか現実的なものを買わなければいけない身」のはずのパムが、失神しそうになるところが秀抜です。

ビートルズ訪米で重要な役割を果たしたDJ、マリー・ザ・Kのインタヴューで、トニーが「フォー・シーズンズはどうなったんだよ」と抗議するのも笑えます。大丈夫、フォー・シーズンズはビートルズ旋風に耐えました。

ちょっとした成り行きで、ビートルズの部屋に潜入することになったパムは……そのあたりはまた次回ということに。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


『抱きしめたい』(中古VHS)
抱きしめたい [VHS]
抱きしめたい [VHS]



ビートルズ(中古DVD)
The Beatles In Washington D.C. Feb. 11th, 1964 / (Dol) [DVD] [Import]
The Beatles In Washington D.C. Feb. 11th, 1964 / (Dol) [DVD] [Import]


ビートルズ(日本語版DVD)
ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD]
ザ・ビートルズ ファースト U.S.ヴィジット [DVD]
by songsf4s | 2011-12-08 23:07 | 映画