人気ブログランキング |
タグ:ロジャー・ホーキンズ ( 3 ) タグの人気記事
追悼 エタ・ジェイムズ 前編
 
昨日は、ジョニー・オーティス追悼を書いて、眠って起きたら、今朝は、そのジョニー・オーティスの後押しでデビューしたエタ・ジェイムズの訃報を読むことになりました。

以前から具合が悪いと伝えられていたので、大意外事というわけではないのですが、タイミングがタイミングなので、先日、玉木宏樹氏と別宮貞雄氏の訃報が重なったときと同様、こういうこともあるのだな、と慨嘆しました。

追悼記事ばかりで恐縮ですが、やはり、昨日の今日なので、エタ・ジェイムズのほうも書かないと寝覚めが悪いような気がします。

主として、以下の三種のアルバムから曲を選ぶことにします。初期の録音を網羅したThe Complete Modern & Kent Recordings、チェス時代の編集盤The Chess Box、同じくチェス時代のアルバム、Tell Mama: The Complete Muscle Shoals Sessions。

昨日はジョニー・オーティスの記事でエタ・ジェイムズの初期の代表作であるWallflower (Roll with Me Henry)のクリップは貼りつけたので、それは略して、初期の録音から好みのものを。

Etta James - Good Rockin' Daddy


Wallflower同様、いかにも初期R&Bらしい性的暗喩(というか、直喩といいたくなるが!)を用いた曲です。

ひとつ、昨日の記事で記憶違いがありました。Wallflower (Roll with Me Henry)のほうが、ハンク・バラード(とジョニー・オーティスが書いた)のWork With Me, Annieのアンサー・ソングだったということです。昨日の記事では逆のように書いてしまいました。陳謝。

ジョニー・オーティスにスカウトされたとき、エタ・ジェイムズはまだ14歳だったそうです。歌を聴くかぎり、とてもそうは思えませんが、まあ、シャンテルズのアーリーン・スミスなども、とうてい年齢相応の歌には思えず、そういうタイプのシンガーもいる、というだけのことでしょう。

1960年、エタ・ジェイムズはチェスと契約します。うまみのある白人市場を強く意識したのか、レナード・チェスはエタ・ジェイムズをバラッド・シンガーとして扱います。そういうのはまったく趣味ではないので、チェス初期は丸ごとオミットして、すこし時間を飛ばします。

シュガー・パイ・デサントとの強力なデュオによる、1965年の疑似モータウン・サウンド。

Etta James & Sugar Pie DeSanto - Do I Make Myself Clear?


この時期のエタ・ジェイムズはどこで録音していたのでしょうか。チェスだから、ふつうに考えればシカゴということになりますが、彼女はLA生まれ、デビューもLAのジョニー・オーティスによって、ですから、ちょっと悩ましいところです。なんにしても、けっこうなグルーヴで、これならマッスル・ショールズにいくまでもなかったのに、と思わせます。

フェイク・モータウンのつぎは、フェイク・スタックスといってみましょう。タイトルからわかるように、ウィルソン・ピケットの634-5789のアンサー・ソングです。

Etta James - 842-3089 (Call My Name)


音を聴いても、やはりウィルソン・ピケットのヒットを下敷きにしているのは明白です。せっかくだから、ウィルソン・ピケットの本歌のほうも貼りつけます。ライターはエディー・フロイドとスティーヴ・クロッパー。

Wilson Pickett - 634-5789 (Soulsville, USA)


このあと、エタ・ジェイムズはマッスル・ショールズで録音することになります。つまり、ロジャー・ホーキンズとデイヴ・フッドのグルーヴで歌う、ということです。そして、彼女の代表作が生まれました。

Etta James - Tell Mama


ロジャー・ホーキンズもアヴェレージ以上のプレイをしていますが、この曲で目立つのはデイヴ・フッドのベースのほうです。バンドのグルーヴがいいと、すぐれたシンガーはストレートに反応するもので、それがこの秀作を生んだと感じます。

つぎはマッスル・ショールズ・セッションが生み出したもうひとつのヒット曲。Tell Mamaと同様のメンバーによる録音です。

Etta James - Security


この「ゆるめのタイト」という矛盾した表現をしたくなる独特のグルーヴがロジャー・ホーキンズの味で、なんともいえない魅力があります。タイトな人はいくらでもいるのですが、ルースそうでタイト、タイトそうでルースという、微妙なグルーヴをもつドラマーは、ほんの一握りしかいないでしょう。

さらにマッスル・ショールズ録音から。近年のリマスター盤で陽の目を見た未発表曲。

Etta James - You Got It


一曲ぐらいはバラッドを入れないとまずいかもしれないので、マッスル・ショールズで録ったこのスタンダードを。これまた当時はアルバムからオミットされたトラックです。

Etta James - Misty


途中から4ビートになるのですが、NYやハリウッドの4ビートとはずいぶんちがっていて、あはは、です。ロジャー・ホーキンズも4ビートにしては左手が重すぎるし、管も妙なアクセントで、やっぱりここは南部だなあ、と思います。

上記の二曲についてはパーソネルがはっきりしないようですが、他のトラックと同じく、ドラムとベースに関してはロジャー・ホーキンズとデイヴ・フッドと見て大丈夫でしょう。

この稿を書きはじめる前にリストアップしたものはあと五曲残っていて、とうてい全部はやれそうもないので、残りは次回ということにして、本日はこれまで。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


ジョニー・オーティス
Midnight at the Barrelhouse: 1945-57
Midnight at the Barrelhouse: 1945-57


エタ・ジェイムズ
The Complete Modern & Kent Recordings
Complete Modern & Kent Recordings


エタ・ジェイムズ(チェス時代のボックス)
Chess Box
Chess Box


エタ・ジェイムズ(レーベルを横断するボックス)
Heart & Soul/Retrospective
Heart & Soul/Retrospective


エタ・ジェイムズ
Tell Mama: The Complete Muscle Shoals Sessions
Tell Mama: Comp Muscle Shoals Sessions


エタ・ジェイムズ
Her Best : The Chess 50th Anniversary Collection
Her Best : The Chess 50th Anniversary Collection


ウィルソン・ピケット
Original Album Series
Original Album Series
by songsf4s | 2012-01-21 23:57 | 追悼
お嬢さん、失礼ですが、お名前は?――スターの向こうのガール・シンガーたち
 
昨日、アリサ・フランクリンを聴いていて、ほら、これじゃなくて、あの曲、と頭のなかでジタバタしてしまいました。思いだしたかったのはこの曲。

Aretha Franklin - Respect


もうひとつ続けて、わたしが「同系統」と感じるアリサ・フランクリンの曲を。

Aretha Franklin - I Say a Little Prayer


ユーチューブも最近は馬鹿にならないようで、ここまでくれば盤と同じ音質、イチニッパだなんて呆れた超低音質ファイルが、いっぱしに値段をぶら下げ、ウェブを駆けめぐっていますが、こうなるとユーチューブは立派な「配信バスター」です。

いや、この曲、もとの録音自体、かなりハイレベルで、これがトム・ダウドなら、やっぱり腕はたしかだったのだ、と思います。こういう立体感があり、クリアな音はもっとも好むところです。

それはともかく、タイトルに書いたように、本日の主役はうしろで歌っている女性シンガーたちです。

フロントのシンガーより、そういう人たちの声が気になることがしばしばあります。前回、アリサ・フランクリンを聴いているうちに、そちらのほうに気が流れました。

Respectでアリサといっしょに歌っているのは、妹だというのを昔読んだ記憶があったのですが、調べると、キャロライン・フランクリンという名だそうです。いくつか盤がありますが、姉さんのようには成功しなかったようです。

ついでにいうと、ドラムはジーン・クリスマン、ベースはトミー・コグビルです。Memphis Undergroudもコグビルだったような気がしますが、調べるのはネグッてつぎへ。

バート・バカラックとハル・デイヴィッドのI Say a Little Prayerをヒットさせた(たぶんオリジナルでもある)のはディオーン・ウォーウィックですが、このアリサ・フランクリン・ヴァージョンも、FENではよく聴きました。

どちらかというと、ウォーウィック盤より、アリサのほうが好みでしたが、その理由のいくぶんかはバックグラウンド・ヴォイスでした。こちらもクレジットがあります。スウィート・インスピレーションズが歌っているそうです(ドラムはロジャー・ホーキンズ)。

グループ名と同じタイトルという変な曲がヒットしましたっけ。

The Sweet Inspirations - The Sweet Inspiration


スウィート・インスピレーションズは、シシー・ヒューストン(娘がウィットニー、姪がディオーンとディー・ディーのウォーウィック姉妹)がつくったグループで、Just One Lookのドリス・トロイや、ジュディー・クレイも在籍したことがあるそうですが、I Say a Little Prayerのころのメンバーはよくわかりません。

スウィート・インスピレーションズのベースはたぶんNYで、バックグラウンドやデモで引っ張りだこだったとか。ちょうどハリウッドのブロッサムズのような存在だったようです。

アリサ・フランクリンが嫌いなわけではないのですが、声量があって、なおかつうまい、というのはわたしのおおいに好むところではなく、うしろで歌っているキャロライン・フランクリンやスウィート・インスピレーションズのほうに、強く耳を引っ張られました。

同じような、といっていいかどうかは微妙ですが、ギター・インストなどの女声コーラスというのも、同様の魅力があります。そういうことを意識するきっかけになった曲。

The Ventures - Lolita Ya Ya


これはスタンリー・キューブリックの映画『ロリータ』のテーマで、音楽監督と作曲はネルソン・リドルでした。サントラではなく、リドル自身による再録音なのだろうと思いますが、ともかく、元のほうをどうぞ。

Nelson Riddle - Lolita Ya Ya


これを聴いたときは、ふーん、でした。アレンジとしてはヴェンチャーズはかなり忠実にリドルの譜面をギター・コンボに置き換えていると思います。しかし、出来はヴェンチャーズのほうが数段上です。

それはなぜかといえば、ひとつはリード・ギターを重ねた音色のすばらしさ。レッキング・クルーの技量の高さが如実にあらわれたトラックです(この時期には、ツアー・バンドのメンバーはスタジオではプレイしていない)。

そしてもうひとつ、女性コーラスもヴェンチャーズ盤のほうがずっとチャーミングです。この二つで、勝負はついた、といっていいでしょう。

さらに魅力的な女声コーラス入りギター・インスト。

The T-Bones - No Matter What Shape (Your Stomach's in)


これまたレッキング・クルーの仕事で、ドラムはハル・ブレイン、ギターは不明ですが、この時期のTボーンズのリードはしばしばトミー・テデスコがプレイしていました。初期にはグレン・キャンベルが派手なプレイをしているLPもあります。

ギター・インストというのは、ご存知のように、ギンギラギンのギター・プレイを聞かせるものではありません。楽曲とサウンドで勝負するものです。

だから、たとえばシャドウズは、低音弦でスタートして、ひとまわりするとオクターヴ上げたり、ミュートに切り替えたり、半音移調をしたりといった工夫をしました。

Tボーンズが、というか、プロデューサーのジョー・サラシーノが、というべきでしょうが、女声コーラスを入れたのは、当然、そういう意図でしょう。

こういうタイプのサウンドがお好みならば、右のリンクから、Add More Musicにいらっしゃり、「レア・インスト」ページで、TボーンズのNo Matter What Shape (Your Stomack's In)とShippin' Chippin'をお聴きになるといいでしょう。とくに後者は女声コーラスのアルバムといってもいいほどです。

こうした女声コーラスをやった人たちの名前というのは、すごく気になるのですが、Tボーンズについては、いまだに判明していません。

また、日本ではむしろ、No Matter What ShapeよりヒットしたShippin' Chippin'のシングル・ヴァージョンも、女声コーラスが魅力的なのですが、これはクリップをエンベッドできないので、ご自分で検索なさってみてください。

f0147840_004868.jpg小学校のときは、どういうわけか女声コーラスが好きで、つぎの曲もやはり映画を見ておおいに気に入り、つづけて二度、映画館に行きました。

依然としてクリップはないようなので、以前アップしたサンプルをもう一度貼りつけます。映画『黄金の男』のテーマ。

サンプル Martial Solal "Generique"

いやはや、だれがいけないのか、全体にピッチが狂って聞こえます。主犯はベースだと思いますが、それだけではないような……。

Tボーンズのほんわりとした味とはかけ離れた、強い歌ですし、インストというより、ほとんど歌のほうが主役に聞こえますが、気分はTボーンズと同じようなものなのだと思います。

アメリカのほんわりとしたものに戻ると、すでに記事にしたものですが、これが代表のような気がします。

Robin Ward - Wonderful Summer


フロントのロビン(ジャッキー)・ウォードは、本邦にはファンが多いようで、LPでもリイシューがあり、CD化もされました。ドラムはほとんどハル・ブレインで、その面でも楽しめるアルバムでした。

ただ、純粋に声だけでいうと、わたしはロビン・ウォードより、バックグラウンドで歌っているジャッキー・アレンのほうが好きです。まあ、フロントを食ってはいかんのですが、そういうことはまま起きるものです。ジャッキー・アレンは全編で大活躍しています。

最後に、ちょっと毛色の違うものを。女声コーラスなしだとドンと価値の落ちてしまう曲です。

James Taylor - Long Ago and Far Away


うしろで歌っているのはジョニ・ミッチェルです。いまじゃ、アン・マレイと並ぶ魔女声おばばになってしまいましたが、若いころは可憐な声をしていました。

いや、でも、彼女は本質的に、フロントで歌うより、こういうふうにうしろに下がったときに、フロントを食ってしまう、魔女タイプのシンガーだと思いますが。

ジェイムズ・テイラーは完全にジョニ・ミッチェルの引き立て役になっています。いや、わたしがこのシンガーをあまり好かないから、そう思うのかもしれませんが。

ヴァレリー・カーターなんかも、若いころはそういうタイプだったと思うのですが、これだ、という決定的な録音が思い浮かびません。バックグラウンドの仕事はけっこうやったと思うのですがね。

ジョニ・ミッチェルでおしまいと思ったのですが、もうひとついっちゃいます。そのヴァレリー・カーターが、バックグラウンドではなく、フロントで歌っているトラックでお別れとまいりましょう。コーラスも彼女のオーヴァーダブでしょう。ジュディー・コリンズのヒットのオリジナル。

Howdy Moon - Cook with Honey


なんともはや、かくも可憐なりしに、時は残酷な死神、彼女もまた魔女への道を歩みつつあります。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


アリサ・フランクリン
Now
Now


アリサ・フランクリン
I Never Loved a Man the Way I
I Never Loved a Man the Way I


スウィート・インスピレーションズ
Sweet Inspirations
Sweet Inspirations


Tボーンズ
No Matter What Shape (Your Stomachs In)
No Matter What Shape (Your Stomachs In)


Tボーンズ(中古)
No Matter What Shape/Sippin And Chippin
No Matter What Shape/Sippin And Chippin


マルシャル・ソラル(『勝手にしやがれ』と『黄金の男』のOST)
A Bout de Souffle
A Bout de Souffle


ロビン・ウォード(MP3アルバム)
The Very Best Of
by songsf4s | 2011-11-21 23:59 | 60年代
トラフィックのLive at Santa Monicaを聴く
 
今日は雨で出かけられず、いろいろなものを聴いて、仕込みができたのですが、そのうちのひとつ、このあいだから「積ん読」になっていたトラフィックのヴィデオ、Live at Santa Monicaについて駄言を弄してみます。

1972年のツアーなので、すでにジム・ゴードンとリック・グレッチは去っていて(残念!)、かわりにロジャー・ホーキンズ(ドラム)とデイヴ・フッド(ベース)という、アリサ・フランクリンやウィルソン・ピケットなどのバッキングで知られる、マッスルショールズのプレイヤーが参加しています。

やはり、音だけ聴くのと、動きを見るのでは、ずいぶんちがうもので、自分の迂闊さに愕然としたりもしました。ユーチューブにこのDVDのクリップがたくさんアップされているので、それをご覧いただきます。

DVDのオープナーはスロウなので、順番は無視して、速めの曲でスタートします。途中で切れてしまう失礼な編集ですが、消されないようにするためにそうしているのでしょう。

トラフィック Glad


この曲で、あら、っと思ったのは、スティーヴ・ウィンウッドが、曲の途中でドロウ・バー・セッティングをどんどん変更していることです。ドロウ・バーというのは、アナログ・シンセのパッチみたいなもので、オルガンの音色を決定します。

マシュー・フィッシャーがA Whiter Shade of Paleのドロウ・バー・セッティングを公開していましたが、逆にいうと、公開できるほど一定のセッティングを使っていたわけで、あれは微妙なものであり、またハモンド・プレイヤーの命ともいえるものです。何度もやっているから、どこはどういうセッティングで、というのは、もちろん記憶していたのでしょうが、それにしても、曲の途中でどんどん変えていってしまうのには驚きました。

つづいて、ウィンウッドではなく、ジム・カパーディーがドラムからヴォーカルに転じて、はじめてリードを取った曲です。

トラフィック Light Up or Leave Me Alone


これを見て、ありゃあ、そうだったのか、と驚きました。スティーヴ・ウィンウッドはサムピックをつけてギターを弾くということを、半世紀近くも知らずにいたのです。

イントロ・リックではふつうにピックを握って弾いているように見えますが、サムピックをつけた親指に人差し指を添えて弾いています。歌のバッキングになったときに、スリー・フィンガーで弾いているので、サムピックをはめていることがよくわかるはずです。

これで納得がいきました。このときも、イントロ・リックをつっかえるようにして弾いていますが、スタジオ録音では、もっとはっきりしたミスピックをしています。音が出なかったファウルチップのようなピッキングです。

スリーフィンガーで弾くならともかくとして、エレクトリックでふつうにロック系のプレイをするにはサムピックは適しているとは思えません。それでもサムピックを使うのは、ウィンウッドは、あの引っかかるような音の出を好んだからではないでしょうか。だから、いくらでもリテイクできるスタジオ録音で、あえて空ピッキングのあるテイクをイキにしたのだろうと考えます。

スティーヴ・ウィンウッドは神童だったので、ふつうの人の感覚で、うまいとか、かっこいいだのといったものは、ミドルティーンのときに通り抜けてしまったのではないかと思います。ピカソが子どものときに写実を通り抜けて、結局、ああいう場所までいってしまったのに似ています。

わたしは中学のときからスティーヴ・ウィンウッドのファンでしたが、彼が(わたしが、ではない!)大人になるにつれて、理解できない部分がだんだん大きく広がっていったような印象があります。

くだらないと思ったわけではありません。彼の頭のなかではなにかが起きているらしいことは感じ取れるのですが、その実体に触れることができず、隔靴掻痒の思いをしただけです。いま振り返れば、彼はたぶん、具象世界から離れて、モンドリアン・パターンのようなものを、音を使って描こうとしていたのだと思い当たります。

後期トラフィックの、ファンク・ミュージックの変種のような、単調なビートの繰返しは、抽象画家のキャンヴァスだったのだと見れば、われわれの理解の射程に入ってきます。神童は、あたりまえの具象絵画を描くのに飽きてしまったのです。

いや、抽象的議論はこれでおしまいにします。このライヴ・テイクを見て思ったことをあと少し。

この曲は1971年リリースのアルバム、The Low Spark of High Heeled Boysでデビューしましたが、このときにドラム・ストゥールに坐ったのはジム・ゴードンでした。ジミーとしてはとくにすぐれたアルバムではありませんが、こちらもまた神童、軽く流すなかにも、こいつはまた、というフィルインが散見します。

ロジャー・ホーキンズもマッスルショールズにこの人ありといわれたエース・プレイヤー、神童のなれの果てジミー・ゴードンのプレイをなぞる愚は犯さなかった、なんていいたいところですが、じつは、いくつかのフィルインをストレートにコピーしているので、驚きました。

f0147840_02206.jpg
スタジオのデイヴ・フッドとロジャー・ホーキンズ。本文には書き忘れてしまったが、デイヴ・フッドの指の動きを見て、やっぱりたいしたものだと感じ入った。余裕のある滑らかな動きが美しい。

やはり、これは一流プレイヤーの自負心が裏返って表現されたのではないでしょうか。他人の真似をしないのもエースの証でしょうが、見事な模写をやってみせるのも、やはり一流の証明でしょう。ジミー・ゴードンがどれほどのものだ、それくらいのプレイなら、俺だってきれいにキメてみせる、といいたかったのではないでしょうかねえ。

ホーキンズは、インタヴューで、ハル・ブレインのプレイはつねに意識していた、といっています。だとしたら、ハル・ブレインの「おそるべき代理人」、出藍の誉れも高きジミー・ゴードンのプレイだって、意識していなかったはずがありません。ジミーのファンを黙らせるプレイぐらい、俺にはできるという自負が彼にはあったと想像します。

また、とくにサックスがうまかったわけでもないクリス・ウッドが、つねにウィンウッドと行をともにしたのはなぜだろうか、といぶかったことがありますが、この曲でしずかにピアノを弾いているクリスを見て、なんとなく、ウィンウッドはクリス・ウッドがそばにいることでリラックスすることができたのだろうと思えてきました。

つぎは、スティーヴ・ウィンウッド・ファンならだれでも知っている代表作。

トラフィック Dear Mr. Fantasy


これも、なんだよ、そうだったのか、迂闊だったなあ、と頭を掻きました。イントロはサムピックを使ったスリー・フィンガーですからねえ。気がつけよ、ぼんやり者、と自分に腹が立ちました。67年のスタジオ録音のときからサムピックでやっていたにちがいありません。

スティーヴ・ウィンウッドはものすごくタイムのいいプレイヤーです。スティーヴ自身がドラムをプレイした曲。

スティーヴ・ウィンウッド While You See a Chance


ドラムは複数のテイクをテープ編集したものだそうですが、たとえそうであっても、もとのプレイのタイムはごまかしようがありません。いいバックビートを叩けたから、編集も可能だったのです。

そういう人が、ギターのときだけは、なぜ遅れたりすることがあるのかと不思議に思っていましたが、サムピックを見て、疑問氷解です。おそらく、人差し指や中指も補助的に使いたかったからそういう選択になったのでしょうが、神童は常人とは違うので、ひょっとしたら、わざと弾きにくくして、その制約を楽しんでいるのではないか、などとかんぐってしまいました。

もうひとつ、偏見といわれればそのとおりでしょうが、わたしは目をつぶって陶酔した表情を浮かべ、気持よさそうにベンドをかけるあのギタリスト、ウィンウッドと同じバンドにいたこともあった例の「ギターの神様」(笑)とかいう、垢抜けない奴が大嫌いです。さすがはウィンウッド、自分のプレイでオナニーするようなみっともない様子は絶対見せないことに、おおいに感じ入りました。ああいう子どもじみた偽者とは、土台、リーグが違うのです。

本論はここまで、といったぐあいで、もう一曲、ロジャー・ホーキンズが腕のいいところを見せたトラック。いや、「脚のよさ」を見せたのですがね、厳密にいえば。

イントロからヴァースに移行する直前に、ジム・カパーディーが、キハーダをギーと鳴らしているのにご注意。馬の頭骨を使った本格的なものではなく、擬似的にキハーダの音を出すようになったものですが、オーケストラなどで使うのは、ほとんどがこのタイプでしょう(キハーダについては「黒澤明監督『椿三十郎』 その2」という記事で詳述した)。

トラフィック The Low Spark of High Heeled Boys


もはや時間切れ。えーと、5分何秒あたりだったか、スネアからはじまったフィルインの最後に、ホーキンズが片足だけで16分4打をやっているのにご注目。歌伴ではこういうことをやってはまずいわけで、ロックバンドのときにしか聴けないプレイです。

いえ、ただ16分をやったからえらいのではなく、きれいなアクセントでキメているところがすばらしいのです。一流かどうかは、こういうところでわかります。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



トラフィック(DVD)
Live at Santa Monica [DVD] [Import]
Live at Santa Monica [DVD] [Import]


スティーヴ・ウィンウッド(CD)
Revolutions: Very Best of Steve Winwood
Revolutions: Very Best of Steve Winwood


トラフィック(CD)
Low Spark of High Heeled Boys
Low Spark of High Heeled Boys
by songsf4s | 2011-06-12 00:00 | スティーヴ・ウィンウッド