人気ブログランキング |
タグ:ミリアム・マケバ ( 1 ) タグの人気記事
ジェリー・ラゴヴォイ・ストーリー Pata PataとTry (Just a Little Bit Harder)(ミリアム・マケバ、ジャニス・ジョプリン、ロレイン・エリソン)
 
以前から、成瀬巳喜男監督『めし』は検索キーワードの上位にくることがよくあったのですが、今月は奇態な現象が起き、目をむいています。

f0147840_23275329.jpg

なにがどうしてこうなったのか、さっぱりわかりませんが、成瀬巳喜男の盛名日々高まるなのね、と解釈しておきます。どなたにでもお勧めできるタイプの映画を撮った人ではありませんが、やるだけのことはきちんとやっているので、いつまでも価値の減じないものが多い、ということはいってよいでしょう。

◆ Pata Pata ◆◆
さて、思ったより長引いてしまったジェリー・ラゴヴォイ・ストーリー、本日は比較的人口に膾炙したものを二種聴きます。まずは南アフリカの女王、なんていうとジョン・ヒューストンの映画か、はたまた、ライダー・ハガードのアラン・クォーターメイン・シリーズみたいですが!

Miriam Makeba - Pata Pata


ソングライター・クレジットは、ジェリー・ラゴヴォイとミリアム・マケバの二人になっています。もともとの曲はミリアム・マケバが書き、それをアメリカ市場向けにジェリー・ラゴヴォイが手直しした、なんてあたりの可能性もありますし、そもそも、原曲はDorothy Masukaという人が書いたのだとしているソースもあります。

シンプルなのに、不思議に飽きが来ないのは、やはりグッド・グルーヴのおかげでしょう。タイムはすこし早めですが、このドラムは、チューニング、サウンドまで含めておおいに好みです。

かなりの数を聴いてみたのですが、あまりいいカヴァーはないので、ミリアム・マケバ自身のライヴを。

Miriam Makeba - Pata Pata (live)


ふーむ、やはり音楽は聴いてみないとわからないものだなあ、と感じ入りました。バンドのタイムは早くて、うわあ、どうしよう、というグルーヴなのですが、ミリアム・マケバのタイムというのは独特で、この状態でもソリッドに聞こえます。「頑丈な」と表現したくなるグルーヴ。

こういうのは好みが分かれるので、善し悪しはいいませんが、ここにもいる、あそこにもいる、というタイプのシンガーではないことだけははっきりしています。

気になるので、もうひとつ、ミリアム・マケバのライヴ。

Miriam Makeba - Pata Pata (live)


こちらはバンドもソリッドで安心して聴けます。安定したタイムで聴いていて思うのは、ひょっとして、この人は裏拍を裏拍とは感じていないのか、ということです。裏拍のほうが、われわれにとっての表拍のようなものだから、裏を強調した、シンコペート感覚の強い歌い方をしても、どっしりとしたグルーヴになるのかもしれません。

すこし他人のヴァージョンも。ディスコなので、お嫌いな方はご注意。

Osibisa - (I Feel) Pata Pata


もうひとついきます。ルクレチア(ボルジア家か!)というのはキューバのシンガーのようです。あたくしはそちら方面はいたって不調法で、よく知りませんが、どちらかというと、オシビサより好みに合います。2007年のアルバムに収録されたもののようです。

Lucrecia - Pata Pata


二度、移調をするのが効果的です。これより音質のいいクリップがあったのですが、こちらを貼りつけたのは、山下公園で猫が魚を釣る合成写真がでてくるからにすぎません! 猫より女性のほうがいいという方は、ユーチューブで検索すれば、そちらを発見できるでしょう。

◆ Try (Just a Little Bit Harder) ◆◆
もう一曲、こちらは簡単に。まずは有名なカヴァーのほうから。わたしもこちらから入りました。

Janis Joplin - Try (Just a Little Bit Harder)


ジャニス・ジョプリンのバンドはみな苦手なのですが、この曲のプレイは容認できる範囲内です。いや、すぐれている、とはいいませんけれどね。もうすこしうしろに重心をおいてくれると助かるのですがねえ。

ヴォーカルのことは好みの問題と棚上げしていうなら、オリジナルのロレイン・エリソン盤のサウンドのほうが楽しめるのではないでしょうか。

サンプル Lorraine Ellison "Try (Just a Little Bit Harder)"

スネアのチューニング、サウンドはあまり好みではありませんが、グルーヴはけっこう。グッド・フィーリンがあります。

次回、このロレイン・エリソンのヒット曲をフィーチャーして、引っぱりすぎたジェリー・ラゴヴォイ・シリーズを終える予定です。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ジェリー・ラゴヴォイ
Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side
Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side


ミリアム・マケバ
In Concert/Pata Pata/Makeba
In Concert/Pata Pata/Makeba


オシビサ
The Very Best of
The Very Best of


ジャニス・ジョプリン
Pearl (Exp)
Pearl (Exp)


チップ・テイラー・ソングブック(ロレイン・エリソンのTryを収録)
Wild Thing: The Songs of Chip Taylor
Wild Thing: The Songs of Chip Taylor
by songsf4s | 2012-02-07 00:06 | ソング・ブック