人気ブログランキング |
タグ:フロー&エディー ( 1 ) タグの人気記事
フロー&エディー、タートルズ、タートル・マザーズ、タートライズドTレックス
 
いつものように理由はとくになく、今日はちらっとフロー&エディーをかけたりしていました。

Flo & Eddie - Feel Older Now


このハーモニーはあれみたいだな、と思った方は、正解です。フロー&エディーはあのグループにハーモニーをつけたことがありました。

T.Rex - Metal Guru


で、ご存知の方はご存知、フロー&エディーとは、このバンドのフロントの二人、ハワード・ケイランとマーク・ヴォーマンのことです。

The Turtles - Elenore


タートルズといえば、とりあえずHappy Togetherということになっていますが、あれはすでに何度か貼りつけているので、今日は後期のヒット、Elenoreにしておきました。この曲のほうがフロー&エディーやタートルTレックスとの連続性が明瞭に感じられるはずです。

フロー&エディーは、Tレックスばかりでなく、こういう親亀に載ったこともあります。

Frank Zappa & the Mothers - Happy Together


俗に「タートル・マザーズ」といわれていたメンバーのマザーズはそれなりに録音が残っています。これなんかも、ハワード・ケイランとマーク・ヴォーマンのほうがフロントです。

Frank Zappa & The Mothers - Call Any Vegetable


フロー&エディーにもどって、こんどは伝統的な意味での「いい曲」を。

Flo and Eddie - Rebecca


つづいてスモール・フェイシーズのカヴァー。以前、サンプルにしたことがあり、いまでもリンクは生きていますが、その後、クリップがアップされたので、今日はそちらのほうを貼りつけます。

Flo & Eddie - Afterglow


初期のフロー&エディーのドラマーは、エインズリー・ダンバーのことが多く、この曲の派手なプレイもダンバーによるものです。エインズリー・ダンバーはフランク・ザッパとたくさんやっているので、その縁でしょう。

Afterglowはなかなかドラマティックな曲で、フロー&エディーのトラックのなかでいちばん面白いと感じます。スモール・フェイシーズのオリジナルよりフロー&エディー・ヴァージョンのほうが数段上の出来でしょう(この記事で両ヴァージョンを比較できる)。

フロー&エディー盤は、むろん、エインズリー・ダンバーのドラミングが魅力的なのですが、はっぴいえんどの「風をあつめて」に似たオルガンの音にも惹かれます。もう盤を持っていないので、クレジットを確認できず、相済みませぬ。

つぎはタートルズ末期の曲のリメイクで、フロー&エディーにとってはごく初期の録音。

Flo & Eddie - Goodbye Surprise


そろそろタイム・イズ・タイト、もう一曲だけ。ここまで来ると迷うのですが、タートルズに戻ってみます。67年のシングル。このときはもうドラムはジョニー・バーバータでした。

The Turtles - She's My Girl


タートルズのディスコグラフィーを眺めていて思いましたが、一回ぐらいなら、続編ができそうです。いや、やるかやらないか、なんともいえませんが。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



タートルズ
Save the Turtles: Turtles Greatest Hits
Save the Turtles: Turtles Greatest Hits


フロー&エディー
Phlorescent Leech & Eddie / Flo & Eddie
Phlorescent Leech & Eddie / Flo & Eddie


フランク・ザッパ&ザ・マザーズ
Fillmore East - June 1971
Fillmore East - June 1971


フランク・ザッパ&ザ・マザーズ
Just Another Band From L.A.
Just Another Band From L.A.


Tレックス
Slider
Slider
by songsf4s | 2012-02-17 23:51 | その他