人気ブログランキング |
タグ:トミー・モーガン ( 2 ) タグの人気記事
いまさらのようにPet Soundsを聴きなおしてみる その12 I Just Wasn't Made for These Timesセッション
 
恒例によって、本日のジム・ゴードンの一曲。盤としてはライノの70年代ヒット曲集Have a Nice Dayシリーズの一枚でもっていただけで、オリジナル・アルバムは知らず、今日はじめて、ジム・ゴードン・ディスコグラフィー・ブログスポットでパーソネルを見た曲です。

Sammy Johns - Chevy Van


これは今年の八月の「Surf'n'Rod WITHOUT (or mistakingly WITH) Hal Blaine Vol. 3」という記事に貼りつけていて、当然、そのときにも聴いたのだから、気づけよな>俺、でした。

ジム・ゴードンのシグネチャーのひとつは、フロアタムの二打または一打のアクセントで(フィルインと呼ぶのはためらうほど短いのでアクセントと呼んでおく)、この曲でも、ファースト・コーラスの最後で、フロアタムの一打をやっています。

ほんとうは、長年の懸案だったアルバムが解決したので、そちらのほうを書いたのですが、枕にしては長すぎるので、それは先送りにしました。いずれにしても、すでに何度もジム・ゴードンのプレイだと主張してきた曲の裏がとれた(らしい)というだけなのですが。

◆ たまには歌詞について ◆◆
Pet Soundsシリーズもだんだん煮詰まってきた、今回はあれこれチェックして、通し番号をまちがえたことに気づきました。「その8」がダブっていました!

さて、11回目ではなく、12回目の今回は、I Just Wasn't Made for These Timesです。まずはリリース・ヴァージョンから。

The Beach Boys - I Just Wasn't Made for These Times


たしか昔、「ダメなぼく」とかいう邦題がつけられていたと思います。ブライアン・ウィルソンのヴィデオにも同じ邦題がつけられていて、苦笑しました。

適宜「演出」するのはやむをえないと思うのですが、勘違い、ないしは、(こちらのほうが悪質だが)意図的なミスリードはやめてもらいたいものです。

この曲の中身に即していうならば、どちらかというと「あまりにもすぐれている僕」と解釈するべきでしょう。ジョン・レノンがそういう曲を書いているのはご存知ですよね。ほら、例のNo one I think is in my tree, I mean it must be high or lowです。

The Beatles - Strawberry Fields Forever


「俺の木にはだれもいない、高いか低いかのどちらかだ」というのはどう意味だ、と問われて、書いてあるそのままの意味だ、俺と同じレベルの人間はいない、ということだ、とジョンがなにかのインタヴューでいっていました。

ブライアン・ウィルソンがI Just Wasn't Made for These Timesでいいたかった(じっさいの歌詞を起こしたのはトニー・エイシャーだが、ブライアンの基本アイディアを言葉として整えて表現した)のは、ジョン・レノンがStrawberry Fields Foreverでいったのと同じようなことです。

I keep looking for a place to fit
Where I can speak my mind
I've been trying hard to find the people
That I won't leave behind

They say I got brains
But they ain't doing me no good
I wish they could

Each time things start to happen again
I think I got something good goin' for myself
But what goes wrong

Sometimes I feel very sad
Sometimes I feel very sad
(Can't find nothin' I can put my heart and soul into)
Sometimes I feel very sad
(Can't find nothin' I can put my heart and soul into)

I guess I just wasn't made for these times

Every time I get the inspiration
To go change things around
No one wants to help me look for places
Where new things might be found

Where can I turn when my fair weather friends cop out
What's it all about

Each time things start to happen again
I think I got something good goin' for myself
But what goes wrong

Sometimes I feel very sad
Sometimes I feel very sad
(Can't find nothin' I can put my heart and soul into)
Sometimes I feel very sad
(Can't find nothin' I can put my heart and soul into)

I guess I just wasn't made for these times

ファースト・ヴァースの「I've been trying hard to find the people that I won't leave behind」を、「ダメなぼく」とかいう邦題をつけた人はどう解釈したのでしょうか。これは「すぐれた自分についてこられるすぐれた人間を一所懸命に見つけようとした」と解釈するしかないでしょう。「leave behind」は、たんに「去る」こととは思えません。

それは、つぎの「They say I got brains/But they ain't doing me no good」みんな、ぼくのことを頭がキレるというけれど、というラインで、さらに明瞭になります。

トニー・エイシャーは、他の曲については、ブライアンからアイディアをきかされて、そうそう、そういうことはある、よくわかる、と思う点があったけれど、この曲のアイディアには同感できなかったといっています。エイシャーはmust be high or lowであって、not in his treeなのでしょう。たしかに、こういうことを考える人間は特殊だと思います。ブライアン・ウィルソンやジョン・レノンのように特殊な人間です。

あるいは、ビーチボーイズや会社とブライアン・ウィルソンの関係を歌っているとも読めるし、さらには、彼の音楽と世間の音楽の関係と読み替えることもできます。

この曲が予言したように、Pet Sounds just wasn't made for those timesだったのであり、長い年月をかけて、やっと、ふさわしい地位が与えられることになった、と考えてしまいます。

いや、しかし、翻ってみると、「ダメなぼく」と解釈したほうが、現代にあっては「fit in」しやすいかもしれません。

どこにも居場所がない、だれともうまくいかない、と感じている人は、昔より今のほうがずっと多いでしょう。それで、アマチュアのカヴァーの解釈が「ダメ」なほうになってしまうのではないでしょうか。

◆ またしてもアブノーマルな組み合わせ ◆◆
さて、このシリーズの主題はサウンドです。I Just Wasn't Made for These Timesにも、ブライアン・ウィルソンらしいアイディアがいくつか盛り込まれています。

やはり、セッションのほうがサウンドの理解には好都合です。いや、その前にまずパーソネルを。ブラッド・エリオットがエレクトリック・ベースとした部分を、わたしの考えで、ダンエレクトロ6弦ベース(ダノ)と変更しました。フェンダー・ベースとは根本的に異質な楽器なので、誤解のないように、という意味で。

ドラムズ、ティンパニー、ボンゴ……ハル・ブレイン
ティンパニー、ラテン・パーカッション……フランク・キャップ
アップライト・ベース……ライル・リッツ
エレクトリック・ベース……レイ・ポールマン
ギター……グレン・キャンベル、バーニー・ケッセル
ピアノ……ドン・ランディー
ハープシコード……アル・ディローリー
ハーモニカ……トミー・モーガン
テルミン……ポール・タナー
サックス……スティーヴ・ダグラス、プラズ・ジョンソン、ボビー・クライン
バリトン・サックス……ジェイ・ミグリオーリ

f0147840_23592420.jpg

それではトラッキング・セッションへ。

サンプル The Beach Boys "I Just Wasn't Made for These Times" (tracking sessions)

まず、ほう、と思うのは、セッションの冒頭で鳴っているハープシコードのサウンドです。ポップ系の曲ではダイナミック・レンジが圧縮された録音がほとんどなのですが、単独で鳴ると、本来、ハープシコードというのは、深く重いサウンドだということを思いだします。セッションのみならず、リリース・ヴァージョンでも、相対的にこの曲では重い響きになっていて、その点を好ましく思います。

イントロでは、ライル・リッツのアップライト・ベースに、トミー・モーガンのベース・ハーモニカをかぶせるという、異常な処理をしていることにも耳を引っ張られます。変なことをするものです。

いま振り返ると、昔はこの音をバリトン・サックスと聞き誤っていたようです。こんな風にかすかにベース・ハーモニカを鳴らすなんて手法は、一介のロック小僧の想定の範囲内にはありませんでした。

f0147840_0202077.jpg本来のベースらしい位置にいるのはライル・リッツのアップライトだけで、ダノのレイ・ポールマンはミュート・ギターのようなサウンドで、ベースというより、ギター・リックのようなラインを弾いています。

ダノじゃないと、こういうことはできません。キャロル・ケイさんは、ダノというのはエレクトリック・ベースではないのだ、ふつうのギターより一オクターブ低い「ベース・ギター」なのだといっていました。だから、フェンダー・ベースを「ベース・ギター」といってはいけない、あれはエレクトリック・ベースなのだ、と彼女らしく、几帳面に定義していました。

彼女がユニオンに申し入れた結果、ローカル47のコントラクト・シートでは、ダノのプレイヤーはベースではなく、ギターと書かれたそうですが、じっさい、そのように書かれたものをわたしもいくつか見ています。今回はブラッド・エリオットの「解釈」が介入したクレジットを見ているので、コントラクト・シートには、正しく、レイ・ポールマンはギターをプレイしたと書かれているのかも知れません。

パーソネルには出てこないのですが、バンジョーらしい音が鳴っていて、セッションを聴くと、どうやらグレン・キャンベルがプレイしたらしいとわかります。しかし、これは最終的なトラックでは聞こえません。

サンプル The Beach Boys "I Just Wasn't Made for These Times" (track only)

最終的にはアコースティック・ギターに変更され、小さめにミックスされたのかもしれません。もっとよく聞こえないバーニー・ケッセルのギターは、エレクトリックのようです。セッションではチラッと聞こえますが、これまたバッキング・トラックの段階ですでにほとんど聞こえなくなっています。

そうとは明記されていませんが、テルミンは、オーヴァーダブで加えられたのではないでしょうか。Unsurpassed Mastersのセッション・トラックでも聞こえず、The Pet Sounds Sessionsボックス収録の最終的なバック・トラックではじめて聞こえます。

改めて、「裸の目」で見ようとすると、ひどく異様な楽器編成に思えてくるのですが、しかし、昔を振り返ると、すぐになじんで、それ以来ずっと、ごく自然な音として聴いてきたわけで、そこがブライアンのすごいところなのかも知れないと思います。

一見、どれほど奇矯な組み合わせに見えようと、根本のところで、すべてがきれいにフィットするように意図されている、ということです。異質なものを、いったんは異質と意識させ、それでいて、すぐになじむように構築されたサウンドなのだと思います。

最後に、趣味のドラミング話。ヴァースとコーラスのつなぎ目、ファースト・ヴァースでいうと、but what goes wrongとsometimes I feelのあいだに置かれているシンプルなフィルインが、昔から妙に好きでした。

とりたててどうだというフレーズではないのに、なぜか心惹かれます。どういうことなのやら。セッションからはわかりませんが、例によって、これはブライアンがつくったフィルインなのでしょう。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ビーチボーイズ
ペット・サウンズ40thアニヴァーサリー・エディション(デラックス・パッケージ)(DVD付)
ペット・サウンズ40thアニヴァーサリー・エディション(デラックス・パッケージ)(DVD付)


ビーチボーイズ
The Pet Sounds Sessions
The Pet Sounds Sessions


ビーチボーイズ
Smile Sessions
Smile Sessions


ビーチボーイズ(LP)
Smile Sessions [Analog]
Smile Sessions [Analog]


サミー・ジョンズ
Golden Classics
Golden Classics
by songsf4s | 2011-11-11 23:51 | 60年代
いまさらのようにPet Soundsを聴きなおしてみる その10 I Know There's an Answerセッション
 
相変わらずジム・ゴードンのプレイを聴きつづけているのですが、そのからみで、ビーチボーイズの20/20とFriendsも聴き直しました。

Smileが空中分解したあと、その残骸を集めてSmiley Smileというアルバムがつくられました。Smileの残光、とりわけGood Vibrationsのせいで、このアルバムを重視するビーチボーイズ・ファンはいますが、わたしはあまり好みません。どうとりつくろっても、かなりダウナーなアルバムです。

そのつぎのWild Honeyも印象散漫です。R&B的なものを目指したのでしょうが、そういうものを聴きたければ、べつのアーティストのほうがいいと思います。Darlin'のアレンジ、サウンドはおおいに好みでしたが、それだけではアルバム全体の印象を左右しはしません。

少数派意見なのだろうと思いますが、わたしはそのつぎのFriends、そして翌年の20/20が、Smile分解後のアルバムとしてはもっとも好ましく感じます。70年のSunflowerとくらべてもそう思います。

今回、聴き直しても、Friendsについては「放心の果ての心地よい弛緩」とでもいったグッド・フィーリンに、20/20については、シンプル&ストレートフォーワードへの回帰(サイケデリックは終わったと感じている人々の間では、あの時代のグローバルな気分でもあった)に魅力を感じます。もうホームランは狙っていないのです。きれいなミートでセカンドの頭を越そうという打ち方です。

20/20はともかくとして、Friendsについては、ジム・ゴードンがプレイしたという確たる裏づけがあるわけではなく、ジム・ゴードン・ディスコグラフィー・ブログスポット関係者の推測ではないかと思われます。

たしかに、ハル・ブレインの可能性を感じるトラックは一握りですし、だれだとはっきりイメージできるドラミングはないので、とりあえず、反対する理由はありません。

ジム・ゴードンであるとも、ないとも判断できませんが、こういうリラックスしたサウンドがFriendsというアルバムの特徴です。

The Beach Boys - Busy Doin' Nothin'


複雑精緻なPet Soundsにくらべれば、三桁ほどスケールダウンした単純さですが、これはこれでグッド・フィーリンがあって、好ましい音楽だと感じます。スパニッシュ・ギターはだれでしょうか、端正なピッキングにニコニコしてしまいます。ドラムも、サイドスティックのサウンドがきれいで、けっこうなプレイです。いや、地味ですけれどね。

つぎの曲のドラムも好ましいプレイですし、デニス・ウィルソン・ファンのわたしは、もっとデニスの歌を聴こうじゃないか、と訴えたくなります。

The Beach Boys - Little Bird


Pet Soundsは遙かな高みを目指した巨大プロジェクトでしたが、Friendsは、旅から帰った男が、ポーチに出したイージー・チェアに坐って、秋の海の静かに寄せては返す波を、日がな一日眺めているような心地よさがあります。

それにしても、60年代のジム・ゴードンはよくわかりません。粘っているうちに聞こえるようになると期待しているのですが……。

◆ 自我こそすべて ◆◆
本日のPet Soundsトラックは、I Know There's an Answerです。まずは完成品から。

The Beach Boys - I Know There's an Answer


何度も書いているように、Pet Soundsというアルバムは、変な音がいっぱい鳴っていて、ただのロック小僧の狭小な見聞の範囲に収まろうはずもなく、いったい、この音はどうやってつくったのだと、ほとんど一曲ごとに首を傾げていました。

いまでは、すべて解明され、考えるまでもなく、ライナーを読めばわかるのですが、それが楽しいことかどうかはなんともいえません。何十年も首を傾げて、解決篇を読めたわれわれのほうが幸福だったように思いますが、まあ、いきなりすべてがわかるのも、あながち不幸とはいえないでしょう。

ブラッド・エリオット作成のパーソネルを見れば、この曲での摩訶不思議サウンドの解答がわかります。

ドラムズ……ハル・ブレイン
パーカッション……ジュリアス・ウェクター
アップライト・ベース……ライル・リッツ
フェンダー・ベース……レイ・ポールマン
ギター……グレン・キャンベル、バーニー・ケッセル
タック・ピアノ……アル・ディローリー
オルガン……ラリー・ネクテル
ハーモニカ……トミー・モーガン
サックス……スティーヴ・ダグラス、ジム・ホーン、ポール・ホーン、ボビー・クライン
バリトン・サックス……ジェイ・ミグリオーリ

オーヴァーダブ・セッション
ギター……グレン・キャンベル

昔は、間奏の楽器がわからなくて思いきり悩みました。いわれてみれば、たしかにベース・ハーモニカだ、と思うのですが、こんな楽器は、ビートルズのFool on the Hillぐらいしかほかに使用例を知らず、しかも、ちょっと変な使い方なので、ずっと、なんだろう、と首を傾げっぱなしでした。

どこかでジョージ・ハリソンがベース・ハーモニカを吹いている写真を見た記憶があったので、いま検索したのですが、イの一番に当家の「The River Kwai March/Colonel Bogey (OST) (『戦場にかける橋』より)」という記事が引っかかってしまい、あらら、でした。

しようがない、記憶を新たにするために、いちおう音だけ貼りつけておきます。

The Beatles - The Fool On The Hill


ポールはブライアン・ウィルソンの大ファンで、長い不遇の時代(ポールのではなく、Pet Soundsの)からずっと、「Pet Sounds大使」を務めてきたので(嘘)、ベース・ハーモニカを使ってみようと思ったのは、ひょっとしたら、I Know There's an Answerのせいかもしれません。

で、Fool on the Hillを聴けばわかりますが、これは穏当な使い方で、ギョッとしたりはしません。

トミー・モーガンはキャピトル・レコードのプロデューサーが本業というべきなのかも知れませんが、ハリウッドのスタジオでは、ハーモニカの第一人者であり、長年に渡って各種のセッションで活躍しました(The Official Tommy Morgan Website)。

当家ではかつて、「The High and the Mighty by The Shadows (『紅の翼』より その2)」という記事で、トミー・モーガンのTropicaleというアルバムをご紹介したことがありますし、何度か言及しています。

ヒューゴー・モンテネグロの大ヒットであるつぎの曲も、トミー・モーガンのプレイだそうです。ドラムはもちろんハル・ブレイン、ダンエレクトロ6弦ベースは、キャロル・ケイさんから、自分のプレイである、という確認の返事をいただきました。要するに、Pet Soundsのバンドがヒューゴー・モンテネグロ・オーケストラだったのです。

Hugo Montenegro - The Good, the Bad & the Ugly


Pet Soundsに戻ります。トミー・モーガンのコメントを二つつづけて。

Van Dyke Parks, Brian Wilson and Tommy Morgan talk


もうひとつのトミー・モーガンのコメントにいく前に、ごちゃごちゃやって、やっとジョージがベース・ハーモニカをプレイしている写真が出てくるクリップを見つけました。

Paul McCartney on Pet Sounds and Sgt. Peppers


おっと、こりゃ失礼をば。すでにMr. Kiteでベース・ハーモニカが使われていたことを失念していました。どうであれ、ポールは率直にブライアン・ウィルソンに傾倒していたことを語っています。やはり、ベース・ハーモニカを使おうというアイディアはPet Soundsからきたのでした。

Tommy Morgan section from The Pet Story


歌伴のセクションで低音部の補強にベース・ハーモニカを使っている部分は、すべてブライアンの指示どおりにプレイした、しかし、ソロはインプロヴだった、といったことを語っています。

いやはや、すごく低いところにいったときの音のすさまじいこと。ブロウ・テナーのような力強さで、そのことはブライアンも強調しています。

直接は関係ないのですが、最後にCKさんがいう、人柄なんかどうだっていいの、きっちり仕上げられる能力だけが重要、という台詞の重いこと!

わたしはこの曲のベース・ハーモニカの音にショックを受けました。それはわたしだけのことではなく、そもそも、ブライアンからして、この楽器に接して驚き、大々的に使ってみようと考えたのだとたしかめられ、嬉しくなりました。

Pet Soundsの向こうにある根元の音楽衝動はこれです。すごい音でみんなを驚かせてやろう!

ベース・ハーモニカ自体は昔から存在してましたが、その可能性の地平をここまで広げたアレンジャー、プロデューサーはブライアン・ウィルソンただひとりでしょう。

この曲につけられた最初の歌詞は、リリース盤とは異なり、タイトルもHang on to Your Egoだったことはよく知られています。

わたしは、この歌詞の変更をとくに重要とは思っていませんが、いちおう、当初の意図を知るために、はじめのヴァージョンを貼りつけて、本日の幕とします。

The Beach Boys - Hang on to Your Ego


イントロを聴き直していて、書き忘れていたことを思いだしました。

このイントロは大好きです。やはり、なにが鳴っているのかよくわからないところがあります。アル・ディローリーがプレイしたタック・ピアノ(ハンマーに釘を打って金属的な音にしたもの)はいいとして、もうひとつの支配的な楽器がわかりません。オルガンでしょうか。

I Know There's an Answerも、California Girls、Wouldn't It Be Niceなどと並ぶ、ブライアン・ウィルソンのイントロの代表作だと考えています。

あ、もうひとつ。この曲のバンジョーの使い方も意外でした。バンジョーのコードにベース・ハーモニカのインプロヴを載せる、この発想の異常さ!


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ビーチボーイズ
ペット・サウンズ40thアニヴァーサリー・エディション(デラックス・パッケージ)(DVD付)
ペット・サウンズ40thアニヴァーサリー・エディション(デラックス・パッケージ)(DVD付)


ビーチボーイズ
The Pet Sounds Sessions
The Pet Sounds Sessions


ビーチボーイズ
Friends / 20/20
Friends / 20/20


ビーチボーイズ
フレンズ
フレンズ
by songsf4s | 2011-11-08 23:56 | 60年代