人気ブログランキング |
タグ:トミー・テデスコ ( 42 ) タグの人気記事
Cherry Pink and Apple Blossom White その1 by the 50 Guitars of Tommy Garrett
タイトル
Cherry Pink and Apple Blossom White
アーティスト
The 50 Guitars of Tommy Garrett
ライター
Louiguy (aka Louis Guglielmi), Mack David (English lyrics)
収録アルバム
Maria Elena
リリース年
1963年
他のヴァージョン
Perez Prado & His Orchestra, the Ventures, Chet Atkins, Billy May with Les Baxter, Eddie Calvert, Jerry Murad, Stanley Black, Michel Legrand, the Fabulous Thunderbirds, the Atlantics, Pat Boone
f0147840_22544715.jpg

桜の時季となると、Cherry Pink and Apple Blossom Whiteは、ぜったいに避けられない曲でしょう。いや、嫌いなら、それでもまたいで通るのですが、楽曲としてもよくできていますし、そして、ありがたいことに、いいヴァージョンがたくさんあるのです。

じっさい、看板にできそうなのが数種類もあり、ひさしぶりの長考になりましたが、どなたでも手軽に試聴できるという理由で、50ギターズを選びました。当ブログのおなじみさんには毎度くどくて恐縮ですが、右のリンクからいけるAdd More Musicで、50ギターズのLPをリップしたMP3が公開されていますので、よろしければお聴きになってみてください。CD化はされていません。

いつもならここで歌詞の検討へと移るのですが、この曲はインストゥルメンタルとして有名ですし、英語詞はあとからつけられたものにすぎず、内容もべつに面白いというほどのものでもないので、割愛させていただきます。いや、ヴァージョンが多いので、2回に分けることになるでしょうから、後編で余裕があれば、ざっと見るかもしれません。

◆ 桜の伝播経路 ◆◆
この曲のだれでも知っているヴァージョンはペレス・プラード盤です。これがオリジナルだと思っていたのですが、原曲はフランスもので、オリジナル・タイトルは"Cerisier Rose et Pommer Blanc"というのだそうです。

cerisierという単語は知りませんが、たぶん、cherryに対応するフランス語でしょう。残りは簡単です。etはand、pommerはapple、blancはwhiteだから、英語タイトルはこれを直訳したものとわかります。スペルは知りませんが、日本では「セレーソ・ローサ」のタイトルで知られているわけで、セレーソもまたcherryに対応するスペイン語またはポルトガル語なのでしょう。

f0147840_22591958.jpgこの曲を書いたのLouiguy(ルイーギュとでも読むのか)は、エディット・ピアフの代名詞であるLa Vien Roseの作曲者でもあるそうです。「だれでも知っている曲」といえるほどのものを2曲も書いた人というのは、そうたくさんはいないでしょう。

当然、フランス人と思いたくなりますが、バルセロナ生まれのイタリア系カタルーニャ人だそうです。スペイン人といってかまわないのですが、わが友のカタルーニャ学者によると、カタルーニャ人は自分たちをスペイン人とは考えていないのだとか。

英語の資料でわかるのはこのあたりまでで、この曲の誕生の経緯や、フランスでのヒット/ミスなどはわかりません。わからないということは、伝えるべきほどのことはなにもないということのような気がします。ペレス・プラード盤がモンスター・ヒットにならなければ、だれにも知られずに消えていった可能性が大です。

◆ スナッフ・ギャレットと50ギターズ ◆◆
手続きは終わったので、各ヴァージョンの検討に移ります。今回はギターものを中心にいくことにして、まず看板に立てた50ギターズ盤。50ギターズについては、当ブログではすでに何度か言及しているのですが、検索してリンクを張るのも面倒なので、また繰り返すことにします。

リバティーのプロデューサーとして活躍した、トミー・“スナッフ”・ギャレットという人がいます。ボビー・ヴィー、ゲーリー・ルイス&ザ・プレイボーイズ、ジーン・マクダニエルズなどを通じてご存知の方も多いでしょう。

f0147840_231247.jpgギャレットは、以上のようなネーム・アーティストのもの以外にも、当然、多くの盤をプロデュースしていますが、彼のもうひとつの顔といえるのが「企画盤屋」です。50ギターズ・シリーズはその代表です。ほかには、たとえば、バーバンク・フィルハーモニックなんていうスタジオ・グループ(ドラムはハル・ブレインなので、他のメンバーも想像がつく)もあります。これは、なんといえばいいのか、大昔のブラス・バンドかダンス・バンドのスタイルで、現代(いや、つまり60年代のこと)の曲をやる、というものです。

バーバンク・フィルハーモニックは、The First (Maybe the Last)というデビュー盤のタイトルが示すとおり、1枚で消えたようですが(確証なし。たんにセカンドを発見できないだけ)、50ギターズは、Add More Musicの50ギターズ・ページにおけるキムラさんの解説によれば、20枚以上の盤を残したのだそうで、大成功企画だったことになります。これに匹敵するシリーズはエキゾティック・ギターズ(キムラさん命名するところのEG's)だけでしょう。こちらもAdd More Musicで聴くことができますので、2種のヒット企画の比較なんてことをなさってみてはいかがでしょう。

50ギターズの成功は、アイディアの独創性(まあ、マンドリン合奏のギター版みたいなものなので、きわめてオリジナルというわけではありませんが)とサウンドのよさのたまものだと思います。

◆ 50ギターズ盤Cherry Pink ◆◆
わたしは最初の2枚しかもっていないので、現物のクレジットを確認したわけではないのですが、途中からアレンジャーがアーニー・フリーマン(ボビー・ヴィーをはじめ、ギャレットはしばしばフリーマンを起用している)になり、そのあたりから、サウンドが非常によくなってきたのだと考えています。

キムラさんの解説によると、アーニー・フリーマンがクレジットされるようになるのが、まさにこのCherry Pink and Apple Blossom Whiteが収録されたアルバム、Maria Elenaからなのだそうで、たしかに、さもあらん、という音作りになっています。

f0147840_2331825.jpg
From left to right; arranger Ernie Freeman, producer Snuff Garrett, drummer Earl Palmer. 左からアーニー・フリーマン、スナッフ・ギャレット、アール・パーマー。壁面の吸音材の形状から、場所はユナイティッド・ウェスターン・リコーダーと考えられる。

Add More Musicで現在のところ聴ける10枚しか知りませんが、これまでの50ギターズの盤のなかでは、Maria Elenaがもっとも充実していて、なかでも、このCherry Pink and Apple Blossom Whiteは最上位にくるものと考えています。リード・ギターのトミー・テデスコのプレイを楽しむなら、ほかのトラックのほうがいいでしょうが、この企画の本来の目的である、多数のギターによるアンサンブルという面では、じつによくできています。

まず第一に、アレンジがはまっています。メロディーのおかげでカウンター・メロディーをつくりやすかったという面もあるでしょうが、じゃあ、ほかのヴァージョンもみなそうかといえば、そんなことはないのだから、これはアーニー・フリーマンの手腕といえます。

どこがいいかというと、なんといっても、後半(サード・ヴァース以降)のカウンター・メロディーです。後半はオブリガート隊(オーケストラ風にいえば、メロディー担当の「第一ギター」に対し、「第二ギター」という感じ)のある右チャンネルに、ずっと耳を取られっぱなしになるほどです。

50ギターズでは、トラップ・ドラムが使われるのは稀で、この曲でもドラムはブラシによるスネアのみです。活躍するのはコンガほかのラテン・パーカッションで、Cherry Pink and Apple Blossom Whiteも、いつものように、派手にコンガが鳴り響いています。うまい人じゃないと、こんなにきっちりした音は出ません。ひょっとしたら、アール・パーマーが、スネアではなく、コンガを叩いたのではないかという気がします。むちゃくちゃにスナップの利いた、おそろしく痛そうな音! コンガが生き物だったら撲殺されちゃいそうです。

f0147840_2392324.jpg
Earl Palmer in a movie set with conga drum. アール・パーマーとコンガ。1961年の映画The Outsiderのセットで。

もともと50ギターズは全体のアンヴィエンスが気持ちいいのですが、この盤ではいよいよ音の空間表現が堂に入ってきたと感じます。エンジニアがだれかわかりませんが、名のある人でしょう。

スナッフ・ギャレットは、リバティーのプロデューサーでありながら、自社のカスタム・レコーダーでは録音せず、しばしばユナイティッド・ウェスターンを使っていたということなので、そのあたりからエンジニアの候補は3人ぐらいに絞り込めますが、コメント欄で専門家にツッコミを入れられる可能性が高いので、推測はせずにおきます。

ただひとつ残念なのは、トミー・テデスコの見せ場がないことですが、それはほかのトラックで聴けばいいことです。

◆ ザ・ストレンジ・ヴェンチャーズ ◆◆
つぎは、好みだけでいえば、ヴェンチャーズ盤です。こちらのほうを看板にしようかと最後まで迷ったぐらいで、リード・ギターのプレイにかぎれば、じつに楽しいヴァージョンです。

f0147840_2315424.jpg初期のヴェンチャーズ(Cherry Pink and Apple Blossom Whiteは、アルバムThe Colorful Ventures収録)は、とくにそれを否定するデータ(コントラクト・シートの記載)が出てこないかぎり、ビリー・ストレンジがリードをとったと考えればいいことになっています。この曲でのサウンド、スタイルにも、ビリー・ストレンジであるという想定を否定する材料はありません。ふだんのヴェンチャーズ・セッションにおけるビリー・ストレンジのサウンドであり、スタイルです。

ヴェンチャーズ盤Cherry Pink and Apple Blossom Whiteのなにがいいといって、コード・プレイをたっぷり楽しめることです。この曲はハーモニーをつけやすいメロディーラインで、ビリー・ストレンジは、下にハーモニーをつけて2本の弦をいっしょに弾くプレイを多用しています。

しからば乃公も、てえんで、ちょっとなぞってみましたが(テープ速度をいじったらしく、ハーフ・トーンなので、チューニングを変えなくてはならないのがつらいが、たまたま50ギターズもハーフ・トーンなので、並べてプレイすると便利!)、速すぎて追いつけず、もうすこし練習しないとなあ、と敢闘むなしく敗退。

このプレイを、よけいな音を出したり、弦の1本をスカにしたりせずに、すべてきれいにやっているあたりは、さすがはボスです。この曲は日本でも有名なのに、昔、アマチュア・ヴェンチャーズ・コピー・バンドのものを聴いたことがないのは不思議だと思いましたが、このコード・プレイはちょっと敷居が高かったのだと、弾いてみてわかりました。

◆ チェット・アトキンズ ◆◆
もうひとつすばらしいヴァージョンがあります。チェット・アトキンズ盤です。Cherry Pink and Apple Blossom Whiteでは、例の親指でベースを入れる、チェット・アトキンズといえばだれでも思い浮かべるあのプレイはしていませんが、伝家の宝刀は抜かずとも、通常兵器のみでやっても、うまいひとはやっぱりうまいのです。

f0147840_23214958.jpgチェットは、ビリー・ストレンジとはちがう箇所ですが、やはりコード・プレイを多用しています。純技術的に見れば、こちらのほうが難度が高いでしょう。じっさい、よくこんなプレイを連続的に息もつかせず繰り出すものだと呆れます。空振りだのよけいな音だのといったものはいわずもがな、音をちびっちゃったなんていう「記録に表れないエラー」もありません。その他、ただ聴いているだけではなにをしたのかわからないプレイもあり(じゃあ、やっぱり、またなぞったか、といわれちゃいそうですが、なぞりません。無理です)、毎度ながら、すごいものです。

バッキングはアップライト・ベース、リズム・ギター、サイドスティックのみのドラム、カウベルというシンプルな編成で、マンボではなく、ルンバ風のノリです。サイドスティック以外に、スラップスティックか、またはドラムスティック同士をたたき合わせているような音がときおり聞こえるのが、ちょっと気になります。バディー・ハーマンあたりが、サイドスティックのプレイをしながら、同時に、そのサイドスティック・プレイをしている左手のスティックを、右手のスティックで叩く、なんていう高等技術を使った可能性もゼロならず。こういうのは、その場で見てみたいものです。

f0147840_2331872.jpg
ハリウッドのチェット・アトキンズ。背後のギタリストはハワード・ロバーツ。そういうメンバーで、ハリウッドで録音された盤があるのだそうだが、残念ながら未聴。ぜひ聴いてみたい一枚。

◆ アトランティックス ◆◆
もうひとつギターものがあります。オーストラリアのサーフ・インスト・バンド、アトランティックスです。このバンドについては、昨夏、Theme from A Summer Place by the Lettermenの記事ですでにふれています。

オーストラリアというお国柄を反映して、大英帝国インスト・バンド群の頂点に君臨するシャドウズの影響が濃いところが、このバンドの面白いところですが、よく似ているから面白いわけではありません。なんだか、ドサ廻りのシャドウズの偽物、シャドウズがグレて、サーフィン野郎に変身し、下品な曲を投げやりにやっているみたいなところが面白いのです。つまり、早い話が、あまりうまくないのです。

サーフ・マニアは下手なバンドの非音楽的ノイズに対する強い免疫をもっているので、このかぎりではないでしょうが、わたしの場合、小学校のときに好きだったBomboraとAdventures in Paradiseの2曲があれば、それで十分と思っています。もうすこしエキゾティカ方面をやっていれば、まめに集めるのですが、サーフ・ミュージックとパンク・ミュージックが兄弟であることを証明するようなトラックのほうが圧倒的に多いのです。

f0147840_23482496.jpg

で、アトランティックス盤Cherry Pink and Apple Blossom Whiteの出来は如何というと、うーん、どんなものか、です。ギターはそこそこがんばっていますし、なにをどうしたのかよくわからない不思議なサウンドによる効果音的なギターのオブリガートも、面白いか面白くないかはさておき、変わっていて耳を驚かしますが、ドラムに絶句してしまうのです。

それも、タイムがいいの悪いの、上手いの下手のなどという以前の問題で、どうしてそういうプレイを選択したのか理解に苦しむ、というリズム・アレンジなのです。まるで、幼児にスティックをもたせ、いまからおじさんたちがギターを弾くから、そこでなにか叩いてごらんとやらせてみた、というおもむき。意表をつく意外千万プレイの連続で、なにがしたいのかさっぱりわからず、大人の常識では意図を推しはかることは不可能です。

まあ、凡庸ではないことはたしかですし、音楽に笑いを求める人にも向いているかもしれないので、ゲテ好き、いかもの食いの方は、アトランティックスをひとつお試しあれ。

◆ ファビュラス・サンダーバーズ盤 ◆◆
ギターもののCherry Pink and Apple Blossom Whiteの棚卸しは以上をもって完了で、切りがいいのですが、ここで終わってしまうと、明日がつらそうなので、もうすこしつづけます。

f0147840_23493198.jpgギターものに近い雰囲気なのが、ファビュラス・サンダーバーズによる、ブルーズ・ハープが中心になったエレクトリック・ブルーズ・バンド編成のヴァージョンです。そういうタイプのバンドがやるには不向きな曲ですが、そのミスマッチの面白さを狙ったものでしょう。そもそも、時期的に(1981年リリース)わたしの守備範囲外で、なんにも知りません。たんに、オムニバス盤に入っていただけです。

こういうバンドだと、身近なところで、バターフィールド・ブルーズ・バンドと比較してしまうのですが、ギターはマイケル・ブルームフィールドから一段下がるどころか、九十三段ぐらいは落ちるので比較になりません。ハープは、ポール・バターフィールドと比較しても、それほど失礼ではないだろう(もちろん、バターフィールドに対して)と感じます。でも、バターフィールドのハープは、歌なんかやめたほうがいいってくらい、圧倒的にうまいですからねえ。やっぱり負けています。

しかし、退屈な80年代のものにしてはいいほうで、ナスティーな南部風味も悪くありません。とはいえ、これを機会にこのバンドを集めようとは思いませんでした。

残るヴァージョンの大部分を占めるオーケストラ/ビッグバンドものは、明日以降に持ち越しとさせていただきます。
by songsf4s | 2008-03-27 23:54 | 春の歌
MacArthur Park by Richard Harris その1
タイトル
MacArthur Park
アーティスト
Richard Harris
ライター
Jim Webb
収録アルバム
A Tramp Shining
リリース年
1968年
他のヴァージョン
Glen Campbell (live), Hugo Montenegro, Percy Faith, Andy Williams, the Four Tops
f0147840_23493236.jpg

真打ちがまだ楽屋入りしていない、ちょいとつないでくれ、といわれて高座に上がり、軽く「千早振る」か「禁酒番屋」でもやって下りるつもりだったのが、あにはからんや、「真景累ヶ淵」を通しでやるみたいなことになってしまいました。

どうやらTonieさんによる「日本の雪の歌」特集も再開のめどが立ったので、わたしの長ったらしいつなぎも、これを最後とし、今週なかばにはTonieさんに再登場願えそうです。「日本の雪の歌」特集のあいだに、アメリカの春の歌がはさまるというのは、べつに南北の『四谷怪談』に範をとった趣向などではないのですが、結果的に、行きつ戻りつの早春の景を模したものになった、と受け取っていただければ幸いです。

◆ 「ホームグラウンド」もまた茨の道 ◆◆
さて、ロックンロールというのは季節感のない音楽で、これしもまた、このジャンルがティーネイジャーのものであったことを証明する一要素です。わたしは、小姑のように因循姑息無知蒙昧グルーヴ音痴時代遅れのジャズ・ファン(とくに「団塊の世代」)に小突かれ、ののしられ、馬鹿にされ、あろうことか、髪の毛の長さにまで文句をつけられながら、十代を送りました。

よって、バックビートのない音楽というのは「年寄りが聴く惰弱卑猥退廃的音楽」と思って育ちました。自分が年老いたいまでも、釈然としない思いが残り、スタンダード・ジャズなんていうものは、所詮、年寄りが骨董品でも撫でるようないやらしい手つきで聴く、惰弱退廃音楽だと思っているところがいくぶんあり、たとえ季節感に溢れていようと、できればスタンダードは避けたいのです。

スタンダードはことのついでの刺身のつまにしたいが、残念ながらロックンロールは夏と冬の二季しか扱わない、という矛盾相克には秋以来ずっと悩まされているのですが、春もまた苦しいのです。ほら、ちょっと考えただけでも、有名なスタンダードの春の曲がすぐに三つ、四つ出てきちゃうでしょう? 有名だということは、ヴァージョンが山ほどあるということで、もう、検索結果を見るだけでゲンナリし、聴くなどということは思いもよらず、ファイルをプレイヤーにドラッグするのでさえ、明日にしようや、と思っちゃうのですね。

それで、なんとか「敵地」に乗り込まずに、「ホームグラウンド」の曲をやろうとするのですが、こちらの橋にもちゃんと悪魔は待ちかまえています。どういう悪魔かというと、歌詞が面倒、コードが面倒、とくにいい曲とはいえない、その他もろもろ。で、今日の悪魔はトリプル、歌詞が長いし中身もわかりにくい、構成が複雑、ヴァージョンが多い、です。しかし、この三匹の悪魔に立ち向かおうという気が起きるほど、この曲には大きな美点があるのです。

じつは、面倒だなあ、長いなあ、と思っているうちに時機を逸して、ちょっと手遅れになりかかっています。内容から分類するとしたら、このMacArthur Parkは「冬の歌」かもしれないのです。でも、まあ、大負けに負けて、なんとか「春の歌」にすべりこませることにします。

◆ 雨ざらしのケーキ ◆◆
ポップ・ソングとしては異例なほど長く、しかもやや複雑な構成なので、単純に「ヴァース」といっていいかどうか迷うところですが、以下はたぶんファースト・ヴァースと呼べる部分。いや、いま泥縄でジミー・ウェブの回想を読んだのですが、verse/chorus/verse/chorus/bridge/verse/chorusといった、ポップ・ソングの伝統的枠組みから抜けだそうと思って書いたといっているので、あくまでも便宜的に「ヴァース」と呼んでおくだけです。

Spring was never waiting for us, girl
It ran one step ahead
As we followed in the dance
Between the parted pages and were pressed
In love's hot, fevered iron
Like a striped pair of pants

「春がぼくらを待ってくれたことなど一度もなかったんだよ、ぼくらが開いたページのあいだでダンスをしながら、ストライプのパンツのようにあつく熱した愛のアイロンでプレスされているあいだに、春はいつも一歩先に行っていたんだ」

長い詩なので、冒頭だけで脈絡をつかもうとするのは愚の骨頂、と牽制しておきますが、それにしても意味不明。詩というものは、結局のところ、自分で考えろ、自分で感じ取れ、というものだから、詩人は受け取り手の解釈には容喙しないのが鉄則でして、その詩人に倣い、わたしもあれこれいわずにつぎへ進みます。

以下はヴァースではなく、コーラスのように思われます。でも、あとで繰り返されることと、タイトルが出てくるというだけでそう思っているのであって、音からはコーラスに入った感じはしません。

MacArthur's Park is melting in the dark
All the sweet, green icing flowing down
Someone left the cake out in the rain
I don't think that I can take it
'Cause it took so long to bake it
And I'll never have that recipe again
Oh, no!

「マカーサー公園は宵闇に溶け、甘い緑のアイシングはみな流れ落ちる、だれかが雨の中にケーキをおいていったけれど、あれを取れそうには思えない、ひどく手間をかけて焼いたものなのだから、ぼくはあのレシピをふたたび手にすることはないだろう」

f0147840_033016.jpgいよいよ混迷を深めていますが、そういう歌なのだから仕方ありません。「アイシング」といっても、アイスホッケーでパックが敵陣に「無人で」流れることではなく、ケーキにかける砂糖の衣のことです。そこまではいいとして、雨ざらしになったケーキというのは、どうにも落ち着かない気分になるイメージです。まあ、この際、大負けに負けて、そこまでもよしとしますが、あれを取るの取らないの、レシピがどうのにいたって、わたしは投げましたね。

「だれか」という他人のケーキと、そのレシピをかつて知っていたことが、どうつながるのかは、とりあえず、まったく不明。あとのほうにいくと、失った恋人について語っていることがわかってくるので、「ケーキ」も「レシピ」も「焼く」も、そのあたりに関係しているのかもしれません。

こういうときは成句を思い浮かべるべきですが、さて、この場面にふさわしいものかどうか。いちおうコピーしておくと、「take the cake [iron.] 一番[第一位]になる、きわだっている; ひどくずうずうしい、最低だ」というものがあります。となると、I don't think that I can take itは「そんな図々しいことはできそうにもない」と解釈することもできます。といっても、全体としての解釈のめどはさっぱり立ちませんが。

マカーサー公園というのは、LAのマカーサー公園のことでしょう。ジミー・ウェブはこの時期、LAに住み、ハリウッドで録音していたからです。地図で見ると、それほど規模の大きな公園ではなく、付近のドジャースタジアムと比較してみると、球場よりひとまわり大きいぐらいです。日比谷公園と似たようなものでしょうか。なお、歌には無関係ですが、正式名称は「ダグラス・マカーサー将軍公園」だそうです。もちろん、かの日本占領軍司令官。やあ、将軍、これはまたお濠端以来の奇遇、なんとも妙なところでお会いしますなあ。

f0147840_072657.jpg
中央左(西)寄りの赤い「A」がマカーサー公園。右(東)寄りの道路網密集地帯がLAの中心部。右上の円形の灰色はドジャースタジアムとそれを囲む巨大駐車場。

グーグル・マップでは、「ストリート・ビュー」というものを見られるのですが、公園を突っ切るウィルシャー・ブールヴァードに立って、ぐるっと四囲を見渡すと、大きな池があり、ところどころに高い椰子の木が見えます。

なんだか、フラン・オブライエンの『第三の警官』の登場人物、ド・セルビー教授のいうとおりになっちゃったな、という気分になる経験です。わたしは年寄りなので、オルダス・ハクスリーのいうような意味での「すばらしき新世界」のような気も、チラッとします。ご興味のある方は、「すばらしきウェブ新世界」をご自分で体験あれ。いったことのない土地を見るのが、せめてもの正気の証拠、自分が暮らす町を見たりするのは不健康な精神の原因または結果でしょうから、やめておくにしくはありません。幸い、ストリート・ビューとやらが見られるのは、まだ一部の土地だけのようです。

f0147840_0165033.jpg
ウィルシャー・ブールヴァードに両断されたマカーサー公園。ケーキはどこにあった?

ここでまたヴァースになると思うのですが、確信なし。

I recall the yellow cotton dress
Foaming like a wave
On the ground around your knees
The birds, like tender babies in your hands
And the old men playing checkers by the trees

「ぼくは思いだす、地面の上で波打つように、きみの膝のまわりでふくらんだ黄色いコットン・ドレスのことを、きみの手のなかでやわらかい赤ん坊のようにしていた鳥を、そして、木のそばでチェッカーをしていた老人を」

やっと、わかりやすい情景描写になってくれました。タイトルどおり、公園での出来事をうたっているのでしょう。ウェブで調べると、最近はストリート・ギャングがいなくなり、安全になったといっているので、まっとうな人間が散策する場所ではない時期もあったのでしょうが、60年代には安全だったのだと、この詩からは考えられます。

ここでコーラスのようなパートがふたたび登場し、短めのインストゥルメンタル・ブレイクが入ります。

f0147840_0205784.jpg
むこうに見えるのは湯島のラヴホテル街、というのは大嘘。しかし、この写真だと、トロピカルに飾り立てた不忍池というおもむき。貸ボートは1時間7ドルだそうな。

◆ 「第2楽章」? ◆◆
ここから変奏曲に入った感じで、何番目のヴァースというより、第二楽章とでもいうべきパートで、音楽的にはテンポを落とし、バッキングのニュアンスを変えているだけですが、べつの部分に入った感覚が明白にありますし、歌詞の内容からいっても、べつのパートに入ったことが歴然としています。ということで、以下のパートをなんと呼べばいいのかわかりませんが、ニュアンスとしては第2部のファースト・ヴァースといったあたり。

There will be another song for me
For I will sing it
There will be another dream for me
Someone will bring it
I will drink the wine while it is warm
And never let you catch me looking at the sun
And after all the loves of my life
After all the loves of my life
You'll still be the one

「ぼくのためにべつの歌があるにちがいない、ぼくにはそれをうたう気があるのだから、だれかがもたらしてくれるべつの夢があるにちがいない、まだあたたかいうちにワインを飲もう、太陽を見つめているぼくのすがたをきみに見せたりはけっしてしない、人生で出合った愛のなかで、結局、きみがホンモノなのだということは変わらないだろう」

わかるような気がする部分なので、そういう場合、ほんとうは深く考えないほうがいいのです。ここではっきりするのは、これは追想の歌であり、また、ハッピー・ソングではないということです。

For I will sing itはよくわかりません。形からいって、前置詞ではなく、理由を示す接続詞でしょうが、心理的にどうつながるのか?

f0147840_027569.jpg
昔の着色絵はがき。むこうに見えるのは湯島のラヴホテル街ではなく、エルクス・クラブという現在もある(歴史の浅いLAにしては)古い建物で、パーク・プラザ・ホテルになっているとか。

ふつう、ワインは冷やして飲むものなので、while it is warmのitは、気候、気温のほうでしょうか。それとも、わざと「衝突」させているのでしょうか。だからなんだという結論はないのですが、こういうラインは、「楽しめるうちに人生を楽しめ」という例のアメリカ的考え方から出てくるといつも思っています。

let you catchのcatchは、目撃する、といった意味で、never let youだから、「目撃させない」となりますが、「太陽を見つめている」というフレーズがなにを意味するのかよくわかりません。「明日を見つめる」のか、「手の届かないものを見つめている」のか、「見てはいけないものを見ている」のか、はたまた、「失意」の表現なのか。要するに、そのすべてなのかもしれません。

◆ 「輝かしい」未来への正確にして無惨な展望 ◆◆
つづいて、「第2部」の「セカンド・ヴァース」とでもいうべき部分。

I will take my life into my hands and I will use it
I will win the worship in their eyes and I will lose it
I will have the things that I desire
And my passion flow like rivers through the sky
And after all the loves of my life
After all the loves of my life
I'll be thinking of you
And wondering why

「ぼくは自分の人生をこの手に握り、それを使うだろう、人々の尊敬のまなざしを勝ちとり、それを失うだろう、望んだことを手に入れ、ぼくの情熱は大空の川のようにあふれるだろう、そして、結局、この人生で出合ったさまざまな愛にもかかわらず、きみのことを考えつづけ、そして、なぜだ、と後悔しつづけるだろう」

面倒になったので、ちょい意訳が入りました。あしからず。このあとは、もう新しい言葉は出てきません。ハル・ブレインがそのもてる技術を駆使して、大車輪で叩きまくる、長い長いインストゥルメンタル・ブレイクをはさんで、仮に「コーラス」と呼んだ部分にもどり、プロコール・ハルムのIn Held 'Twas in Iのような、グランド・フィナーレになだれ込みます。

f0147840_0411259.jpg
パーク・プラザ・ホテル。1920年代、30年代の建築を愛する人間としては、かなり食指をそそられる、あの時代らしい折衷的デザイン。しいて日本で近いものをあげるなら、駿河台の山の上ホテルだが、こちらのほうが規模が大きく、しかも、妙な彫像付きのところが、いかにもカリフォルニアらしく、ブラウンストーンの古色蒼然たる建物が象徴するNYの古建築群とは対照的。

このヴァースがこの曲の肝心要なのだと感じます。思いだすのはジョン・レノンのIn My Lifeですが、あれはハッピー・ソング、こちらは、ディランのI Threw It All Awayタイプというか、バーズのYou Don't Miss Your Waterタイプというか、そういう開墾の歌(カントリーだからって耕すなよ>ATOK)、もとい、悔恨の歌なのでしょう。

ジミー・ウェブの天才少年ぶり、というか、正確には若き大物ぶりでしょうが、そういうものもこのヴァースにあらわれています。カントリー・ソングにおける悔恨の歌は、特別な人間の思いをうたうわけではなく、ふつうの人、あなたやわたしに起きたことをうたうのですが、MacArthur Parkは、あくまでも「天才少年ジミー・ウェブの悔恨の歌」です。彼は人びとのthe worship in their eyesをすでに勝ち得ていたわけで、その後、失ったかどうかは意見が分かれるにせよ、ポップ・ソングの世界では何十年もトップにいるというのは原則としてありえないので、「予想どおりになるはず」の「既定の針路」ではあったでしょう。

ジミー・ウェブというのはほんとうに「時代の寵児」で、ハル・ブレインが書いていましたが、どこかの自動車会社にCMを依頼されて、その会社が作っているある車種が好きだといったら、翌日には現物が一台届いてしまったというのですからねえ。しかも、そういうふうにむやみに車をもらうので、ほとんど友だちにやっちゃったというのだから、I will have the things that I desireどころか、ほしくないものまで山のように手に入れていたのです。

この歌を書いた時点で、もうそういう状態だったはずです。Up Up and Awayのヒットで一躍、売れっ子ソングライターになった直後ですがね。いかにUp Up and Awayが一大センセーションだったかわかろうというものです(ご存知ない方のために付言しておくと、Up Up and Awayはどこかの航空会社のCMソングでした。どこの会社も、あれにあやかりたかったにちがいありません)。

◆ 知らぬこととはいえ ◆◆
ふと、エディターの行数表示を見ると、もはや文字数制限到達は目睫の間なり、とく立ち去りたまえ、といっているので、音楽的検討は明日以降にさせていただきます。

付記 さきほどテレビをつけたら、かつてその著書を熟読熟視した石川光陽と東京大空襲の番組をやっていて、あ、いかん、3月10日だった、とあわてました。今日、マカーサーの名前がタイトルにある曲を取り上げたのは、まったくの偶然にすぎず、なんの意図もないことをお断りしておきます。カーティス・ルメイとあのじつに馬鹿げた勲章のことを思うと、歴史は冷静に見ること、と自制しつつも、やはり、はらわたが煮えくりかえります。

f0147840_1133738.jpg
MacArthur's Park is melting in the dark...夜景もやっぱり不忍池

by songsf4s | 2008-03-10 23:50 | 春の歌
Canadian Sunset by Marty Paich Piano Quartet
タイトル
Canadian Sunset
アーティスト
Marty Paich Piano Quartet
ライター
Eddie Heywood, Norman Gimbel
収録アルバム
Lush Latin & Cool
リリース年
1960年
他のヴァージョン
Avalanches, Hugo Winterhalter & His Orchestra with Eddie Heywood, Earl Grant, the Three Suns, Andy Williams, Dean Martin, Jimmy McGriff, Johnny Hodges with the Lawrence Welk Orchestra
f0147840_2355201.jpg

ちょっと尻取りめいてきましたが、昨日のショーティー・ロジャーズのSnowballにつづいて、同じくジャズ出身のハリウッドを代表するアレンジャーが、プレイヤーとしてつくったアルバムからの曲です。

マーティー・ペイチのヴァージョンはインストゥルメンタルで、今日も歌詞がなくて楽勝、といきたいところなのですが、ご存知のように、この曲にはちゃんと歌詞があります。しかも、うちにもヴォーカル盤が複数あるので、無視するわけにはいかないのでした。

◆ 日の出から日没まで ◆◆
うちにあるこの曲のヴォーカル盤はディーン・マーティンとアンディー・ウィリアムズのもので、両者のあいだに大きな異同はありませんが、ここではディーン・マーティン盤に依拠します。ではファースト・ヴァース。

Once I was alone
So lonely and then
You came out of nowhere
Like the sun up from the hills

「以前はひとりで、ひどくさみしかった、そこにきみがどこからともなくあらわれた、丘の向こうに陽が昇るように」

「カナダの夕暮れ」というタイトルなのに、なんだって陽が昇るのだ、という疑問をお持ちでしょうが、映画や小説同様、そういう疑問はしばらく口にせず、ラグビー式にいえば「アドヴァンティジを見る」のがルールです。映画や小説同様、作者の意図は「サスペンド」、つまり「気をもたせる」ことにあるわけですから。

Cold, cold was the wind
Warm, warm were your lips
Out there, on that ski trail
Where your kiss filled me with thrills

「風はどこまでも冷たく、きみの唇はどこまでも暖かい、あのスキー・コースで、きみの口づけはわたしを夢中にさせた」

冷たい風と暖かい唇の対比とはまた恐れ入ります。あんまり記憶にない技です。スキー場に出ていたのなら、どちらの唇も悪魔の尻と同じぐらい冷えているだろう、なんていいたくなるのですが。

つづいてブリッジ。

A weekend in Canada, a change of scene
Was the most I bargained for
And then I discovered you and in your eyes
I found the love that I couldn't ignore

「気分転換にカナダで週末を過ごすことをなによりも楽しみにしていた、そしてきみに出逢い、きみの目に無視しようのない愛を見いだした」

サードにして最後のヴァース。

Down, down came the sun
Fast, fast, fast, beat my heart
I knew when the sun set
From that day, we'd never ever part

「どんどん太陽が沈むにつれて、わたしの心は高鳴りゆく、あの日、太陽が沈んだとき、わたしたちが別れることがないのはわかっていた」

というわけで、日の出のようにはじまった恋が、日没とともにどう進展するかを想像させるというだけのことでした。

◆ マーティー・ペイチ・ピアノ・カルテット盤 ◆◆
まず、看板に立てたマーティー・ペイチ・ピアノ・カルテット盤から見ていきます。ショーティー・ロジャーズ同様、ペイチもプレイヤーとしてのキャリアに見切りをつけ、60年代にはポップ・フィールドまで含む広い分野で活躍した、ハリウッドを代表するアレンジャーのひとりです。

f0147840_0482098.jpg右からマーティー・ペイチ、ショーティー・ロジャーズ

70年代以降に音楽を聴くようになった世代には、トトのなんとかペイチのお父さんといったほうがわかりやすいかもしれませんが、わたしはスティーヴ・ルカサーは虫酸が走るほど嫌いで、彼のギター・ソロはすべて早送りしますし、ペイチ同様、スタジオ・ミュージシャン二世であるトトのドラマー、ジェフ・ポーカロはタイムが悪いし(ラス・カンケルやジョン・グェランよりはいくぶんマシ)、あまりといえばあまりな、露骨なジム・ゴードン・コピー・キャットぶりも、ジム・ゴードンの熱烈なファンとしては大不快なので、無視します。ペイチといえば、わたしの場合、父親のほうしか存在しません。

マーティー・ペイチ・ピアノ・カルテットという名義なので、これだけ見ると、ピアノのほかに、ドラム、ギター、ベースという4ピース・コンボを想像なさるでしょうが、それはまったくの早計。じつは4人のピアニストの共演なのです。このトラックのプレイヤーを以下にペーストしておきます。

Marty Paich……Piano
Pete Jolly……Piano
Jimmy Rowles……Piano
John Williams……Piano
Bill Pitman……Guitar
Joe Mondragon……Bass
Carlos Mejia……Conga
Ray Rivera……Percussion
Manuel Lopez……Percussion
Pat Rodriguez……Percussion

ピート・ジョリーやジョー・モンドラゴンのように、昨日取り上げたショーティー・ロジャーズのSnowballと重なる人たちもいます。同じハリウッドで、ロジャーズは59年に、ペイチは60年に録音しているのだから、べつに不思議はありません。他の曲では、ロジャーズのThe Swingin' Nutcracker同様、メル・ルイス、アート・ペパー、バド・シャンクもプレイしています。

ギターのビル・ピットマンはポップ・セッションでもおなじみの人です。フィル・スペクターのシングルB面に、Tedesco and Pitmanというインスト曲がありますが、Tedescoはもちろんトミー・テデスコ、そしてPitmanとはビル・ピットマンのことです。つまり、フィル・スペクター・セッションのレギュラーだったということです。

f0147840_0553496.jpg
Tommy Tedesco and Bill Pitman。「こういうささやかな昼寝が利くんだ」とキャプションにある! トミー・テデスコ自伝の写真キャプションはみなこの調子。そういうキャラクターだったのだとキャロル・ケイがいっている。トミーが手にしているのは、ギターではなく、バンジョー。

マーティー・ペイチ・ピアノ・カルテット盤Canadian Sunsetは、ドラムレスで、コンガのみならず、パーカッションが3人もクレジットされていることから想像がつくように、ラテン・アレンジです。ピアノをどういう風に使っているかというと、ひとりは、この曲と一体化しているとも思われる、F#-Eb-Db-Eb-Db-Eb-Db(キーをCに移調すると、C-A-G-A-G-A-G)というパターンのリックを弾いているだけに聞こえます。左右両方で、メロディーを弾いているピアニストが二人いることまではわかりますが、あとひとりはどこでなにをしているのかわかりません。ときおり、左チャンネルでメロディーを重ねているのかもしれません。

f0147840_123157.jpg後半、ソロのやりとりになりますが、「火を噴くインプロヴ」などというタイプのプレイではなく、細かく小節を割っているので、基本的にはメロディーのヴァリエーションです。つまり、わたしが好まない、得手勝手なモダン・ジャズ的プレイではなく、アレンジ、サウンド、アンサンブルを重視するラウンジ・ミュージックの行き方で、なかなかグッド・フィーリンです。

4人のピアニストというので、ギタリストの人数で勝負したものを連想したというわけではないのですが、使用楽器は異なるものの、サウンドの方向性としては、50ギターズに近いものがあります。インプロヴは最小限にとどめた「国境の南」的サウンド、という共通点があるのです。

◆ アヴァランシェーズ盤ほか ◆◆
f0147840_141983.jpg例によって、わがアヴァランシェーズもこの曲をやっています。ヴァースはピアノのアル・ディローリーが弾き(好ましいプレイ)、最初のブリッジはウェイン・バーディックのペダル・スティールが弾くというアレンジで、ここまでは比較的ノーマルな、たんにグッド・フィーリンのインストという展開です。しかし、二度目のブリッジが、トレモロ・ピッキングのディストーション・ギターで、これはちょっと血湧き肉躍るサウンドであり、プレイです。とくに入口のグリサンド風のプレイは、子どもの心がよみがえるようなエキサイトメントがあります。

トミー・テデスコとビリー・ストレンジのどちらがこのプレイをやったのか? わたしは持ち金の3分の2ぐらいなら、ビリー・ストレンジのほうに張ります。

ハル・ブレインは、このアルバムでは気分よく叩きまくっていて、Canadian Sunsetはとりわけハルのプレイが楽しいトラックです。非常に調子のいい日だったのだろうと感じます。また、スネアのチューニングのよさにも改めて惚れます。

f0147840_161071.jpgジミー・マグリフ盤も、同じ系統のロック的なサウンドです。こちらは60年代終わりの録音なので、ギターはワウをかけているし、ドラムとベースのプレイにもちょっとファンク味が混入しています。ドラムのプレイは嫌いではないといった程度ですが、スネアのチューニングがデイヴ・クラークのようにパンパンに高くて好みです。この時期にはもうスネアのチューニングを落とし、ミュートするのが流行になりつつあったので、こういうサウンドは少数派だったでしょう。世にあらまほしきはパシーンとウルトラ・ドライなサウンドのスネア哉。あなかしこ。

f0147840_18337.jpgIndian Summerの記事で絶賛したジョニー・ホッジズのヴァージョンは、ローレンス・ウェルク・オーケストラとの共演です。このヴァージョンは、上述のC-A-G-A-G-A-Gというリックを使わず、ギターと弦のピジカートで、On Broadwayのようなリックをやっています。あのリックがないとCanadian Sunsetを聴いている気分にならないのですが、ホッジズのプレイ自体はこのトラックでも悪くありません。シナトラのIndian Summerのプレイのように、大絶賛とはいきませんが。

f0147840_192536.jpg順番からいうと、最初に言及するべきは、フーゴー・ヴィンターハールター(固有名詞発音辞典の発音記号をもとにした表記。Hugo Winterhalterなので、英語読みするなら「ヒューゴー・ウィンターホールター」あたりか。アクセントは第一シラブル)とエディー・ヘイウッドのヴァージョンだったかもしれません。これは1956年にビルボード・チャート2位までいく大ヒットで、Canadian Sunsetの代表的ヴァージョンだからです。人数にまかせたスケール感のあるイントロが印象的。C-A-G-A-G-A-Gというリックは、頭のほうをシンコペートさせていますが、この(たぶんオリジナル)ヴァージョンからあるので、淵源はここなのでしょう。

◆ 他のヴァージョン ◆◆
f0147840_1103475.jpgヴォーカル盤を見ておきます。アンディー・ウィリアムズ盤は、ヴィンターハールター/エディー・ヘイウッド盤にほんのわずかに遅れ、同じ1956年にビルボード7位にまでのぼる大ヒットになっています。ウィリアムズにとって、最初のトップテン・ヒットのようです。時期が早いので、後年のアンディー・ウィリアムズとはずいぶん雰囲気が異なり、ダブル・トラックどころか、たぶん3回のオーヴァーダブをやっています。明るく、軽快で晴れやかなサウンドで、ヒットも当然だと感じます。C-A-G-A-G-A-Gリック(すこしパターンを変えているので、この並びとはちがう)は管でやっています。

f0147840_1105374.jpgディーン・マーティン盤は、いつものディノ節です。こういう曲はもう「合っている」としかいいようがありません。C-A-G-A-G-A-Gリックは、クラリネットが担当し、同時に、ベースのパターンのなかにとけ込んでいるところは、ちょっとシック。ディノ・ファンには十分に満足のいく仕上がりです。こういうラヴ・ソングはディノがもっとも得意とするところですから。後半、4ビートに移行するのも悪くありません。

f0147840_111463.jpgまたインストゥルメンタルに戻りますが、アール・グラント盤は、うちにあるもののなかでもっともスロウにやっています。途中からテンポを変えないまま、ディノ盤同様、4ビートになりますが、ドラムがバタバタするところが興醒めです。ドラムがおとなしくしている部分に関しては、これはこれでいいかもしれない、ぐらいの出来なのですが。

スリー・サンズは、どうしても珍が入ってしまうグループで、スムーズにいきません。毎度、彼らのトラックを聴くたびに、なにが原因で、あちこちに刈り残しがあるボサボサ頭のような出来になるのか考えるのですが、いまだに原因を究明できず。ドラムに責任の一半があるのはたしかなのですが。

◆ Canadian SunsetとMy Guy ◆◆
こぼれ話をひとつ。キャロル・ケイは、長年にわたって、モータウンが初期からハリウッドでトラックを録音していたと主張しています。モータウン問題の詳細については、かつてわたしが、木村センセのAdd More Musicに書いた『モータウン・ミステリー』という記事を参照していただいたほうがよいので、それは略します。

f0147840_1173357.jpgここでいいたいのは、Canadian Sunsetに関わることだけです。彼女は、モータウンの初期のハリウッド録音の例として、メアリー・ウェルズのMy Guyをあげています。彼女はこのトラックではギターをプレイしたそうですが(リリース盤ではギターはよく聞こえないが、カラオケ・ヴァージョンというか、たんなるトラック・オンリーがリリースされていて、これを聴くと、じつに味なプレイをしていたことがわかる)、その録音の様子にふれ、モータウンの仕事で譜面があったことはまれで、ほどんどは現場でのヘッド・アレンジだったとし、My Guyのイントロは、彼女の提案で、Canadian Sunsetのリックを変形したものを使った、といっています。

わたしが、しつこくC-A-G-A-G-A-Gパターンのリックにこだわった理由はこれです。フーゴー・ヴィンターハールター盤Canadian Sunsetと、メアリー・ウェルズのMy Guyの両方をお持ちの方は、比較してみてください。
by songsf4s | 2008-01-15 23:55 | 冬の歌
Snowball by Shorty Rogers
タイトル
Snowball
アーティスト
Shorty Rogers
ライター
Peter Ilyich Tchaikovsky (?)
収録アルバム
The Swingin' Nutcracker
リリース年
1959年
f0147840_23511735.jpg

当ブログにいらっしゃるお客さんは、スタンダードを好む方か、60年代アメリカのポップ・ミュージックを好む方なのだろうと想像しています。キンクスやグレイトフル・デッドに肩入れするのは、純粋に当方の趣味にすぎず、お客さん方には申し訳ないことと思いながらやっています。

しかし、最近はデッドやキンクスを取り上げた日でも、とりたててお客さんが減る様子はなく、昨日今日、すなわち、2回にわたるStella Blueのあとは、むしろふだんよりやや多めで、ひょっとしたら、そちらの方面の方もいらっしゃるようになったのかもしれないという解釈に傾いています。

当方の関心の方面は、世間的にいえばちょっとバラけているので、お客さんが分裂するのも仕方のないことなのかもしれません。いや、当人の頭のなかでは、けっして分裂などしていなくて、同じ平面でちゃんと連関を保っているのでありまして、キンクスからフランク・シナトラに飛んで、ディーン・マーティンからデッドに飛んでも、「飛んだ」などとはまったく思っていないんですがね!

本日は、ちょいと野暮用なぞがあったりして時間がとれず、例によって、休むかわりに、簡単に書ける「雨傘用インスト盤」を取り上げようと思います。デッド、キンクスでいらっしゃったお客さんは、申し訳ありませんが「一回休み」です。すぐにデッドに「飛ぶ」予定ですが、デッドのトラックをやるには、つねに相応の準備が必要なので、いましばらくお待ちください。

◆ 40年代、50年代のハリウッド音楽の遺産 ◆◆
f0147840_0595817.jpgというわけで、本日の冬の曲は、ショーティー・ロジャーズのSnowballです。チャイコフスキーの『クルミ割り人形』を素材にした、ビッグバンド・アルバムに収録されています。といっても、このSnowballのメロディーが、チャイコフスキーのどの曲をもとにしたものなのか、わたしにはさっぱりわかりません。クラシックにお詳しい方に、ぜひツッコミを入れていただきたいところです。

しかし、それはそれとして、これはじつに軽快でノリのいいトラックでして、さすがはショーティー・ロジャーズ、すごいものだと感じ入ります。プレイヤーのレベルも非常に高いのですが、それとは切り離して、バッキングのホーン・セクションのアレンジ(やがてこれがロジャーズの「本職」となる)が、ワクワク、ドキドキするラインになっているのです。スタン・ケントンに重用されたとか、マイルズ・デイヴィスのBirth of Coolに影響をあたえたなどといったロジャーズにまつわる「伝説」も、それほど大ハズレではないかもしれないと思えてきます。

このSnowballについてのspecificなものではなく、アルバム全体に対するものですが、いちおう参加プレイヤーを列挙しておきます。

Joe Mondragon………Bass (Acoustic)
George Roberts…… Trombone
Frank Rosolino…… Trombone
Kenny Shroyer………Trombone
Ray Triscari……… Trumpet
Jimmy Zito………… Trumpet
John Tynan………… Liner Notes
Shorty Rogers……… Trumpet, Flugelhorn, Main Performer, Arranger
John Audino…………Trumpet
Harry Betts…………Trombone
Bill Hood……………Sax (Baritone)
Conte Candoli………Trumpet
Frank Capp………… Drums
Jimmy Giuffre………Clarinet
Bill Holman…………Sax (Baritone), Sax (Tenor)
Richie Kamuca………Sax (Tenor)
Harold Land…………Sax (Tenor)
Mel Lewis……………Drums
Art Pepper………… Sax (Alto)
Bill Perkins……… Sax (Tenor)
Bud Shank……………Sax (Alto)
Pete Jolly………… Piano
Lou Levy…………… Bass (Acoustic)

f0147840_111462.jpgこのメンバーで気になるのは、まずメル・ルイスとフランク・キャップという二人のドラマーです。先日もコメントに書きましたが、ジャズ出身で、ハリウッド音楽、主としてビッグバンド、オーケストラ・ミュージック、映画音楽の世界で活躍したことが記録されているこのあたりのドラマーは、今年の研究テーマのひとつです。

フランク・キャップについては、ビーチボーイズをはじめ、ポップ・セッションでもおなじみですが(たとえばPet Soundsのパーカッション。Pet Sounds Sessions Boxをお持ちの方は、ブライアンがフランク・キャップに「Franky, not so drrrrrr!」とかなんとか、大声で指示を出しているのをご記憶でしょう)、メル・ルイスはポップ系にはほとんど参加していないと思われます。

このSnowballではどちらが叩いているのか。それはなんともいえません。それがいえるようになることを今年の課題としているのですから! しかし、山勘でいうなら、メル・ルイスのほうではないでしょうか。

f0147840_115990.jpgジョー・モンドラゴンも多数のポップ・セッションをやっているので、以前からちょっと気にしている人です。しかし、ピアノのピート・ジョリーはさらに気になります。最初にこの人のプレイで感心したのは、クリス・モンテイズのA&Mのトラックでのことです。つぎに、友人のオオノさん(右のFtiendsリンクからいける「You Tubeを聴こう」のオーナー)が、A&M時代の彼のソロ・アルバムを発掘し、それを聴かせてもらったら、じつにグッド・フィーリンの盤で、すっかり気に入り、しばらくはよく聴いていました。最近、ちょっとだけジョリーのアルバムを入手したのですが、そのへんはまたべつの機会に。

ホーン・セクションで知っているのは、バド・シャンク、アート・ペッパーですが、Snowballでは、テナー・サックスのソロはあるものの、アルト・ソロはないので、活躍していません。

f0147840_14228.jpgショーティー・ロジャーズがプレイをやめて、裏方仕事に専念するのは1962、3年のことだそうで、このSnowballは1959年リリースですから、このトラックでミューティッド・トランペット(あるいはフリューゲルホルンか?)のソロをとっているのは、ロジャーズ自身でしょう。ピッチもよく(ピッチがどうこうなんて、失礼なことをいうものじゃないという方もいらっしゃるでしょうが、以前にもいったように、ピッチの悪いトランペッターというのは、ジャズ・コンボしかやっていない人のなかには、イヤになるほどたくさんいます)、スタイルも上品で、プレイをやめたのは惜しいと感じます。

◆ 「第三次世界大戦セッション」 ◆◆
f0147840_153590.jpgショーティー・ロジャーズのことを気にしはじめたきっかけはなんだったのか、もう忘れてしまいましたが、わたしはジャズには興味がないので、あくまでもポップ・アレンジャーとしてロジャーズが入口でした。たぶん、ハル・ブレインの回想記、Hal Blaine & the Wrecking Crewで言及されていたことから、名前を覚えたのでしょう。

どこで登場するかというと、モンキーズのマイケル・ネスミスのソロ・アルバム、Wichita Train Whistle Singsのアレンジャーとしてです。これはとんでもないセッションで、仲間内では、かつては、ぜひ発掘しなければならないアルバムの一枚でした。現在ではCD化されているようです。

どうとんでもないかというと、わたしが説明するのは面倒なので、かわりにハル・ブレインの本から、このセッションに関わる部分を引用します。一度はこの本の翻訳出版に挑戦しかけた編集者の方が、今年、再挑戦するとおっしゃっているので、その景気づけとして、かつて出版のために用意した原稿を、以下にそのままペーストします。

マイケルは電話で、「スーパーセッション」のプランを話してくれた。ハリウッドでかつてなかったようなセッションをしようというのだ。しかも、土日――ミュージシャン・ユニオンの組合員が「ゴールデン・タイム」と呼んでいる週末にだ〔特別料金がもらえる〕。チェイスンズ〔ハリウッドの高級レストラン〕のシルヴァー・サーヴィスと、集まったミュージシャンの信じられない豪華さで、このセッションは忘れられない。アレンジはショーティー・ロジャーズが担当し、プレイヤーの数ときたらとんでもなかった。トランペット、トロンボーン、サックスがそれぞれ一〇人ずつ、パーカッションが五人、ドラマーが二人、ピアノが四人、ギターが七人、フェンダー・ベースが四人、アップライト・ベースも四人、さらにまだまだおおぜいのミュージシャンがきたのだ。第三次世界大戦でもはじまるのかという騒ぎだった。じっさい、ネスミスはこのプロジェクトをそう呼ぶつもりだったが、やがて『ザ・パシフック・オーシャン』と変わり、最終的には『ザ・ウィチタ・トレイン・ホイッスル・シングス』に落ち着いた。

f0147840_162513.jpgこのセッションのウワサで、町中がハチの巣を突ついたような騒ぎになった。こんな巨大なセッションがほんとうにテープに録音できると信じる人間など、ひとりとしていなかった。わたしはありとあらゆる大物コントラクターたちの羨望の的になり、その多くが電話をかけてきて、この仕事をゆずってほしいと、なかなか魅力的な条件を提示した。だれもがこのセッションに参加したがっていたのだ。

そして、その日がやってきた。一九六七年十一月十八、十九の両日だ。ショーティーはしゃかりきになって、すばらしいアレンジメントを書いてきた。アール・パーマーとわたしは、天にものぼる気分だった。こういう巨大なバンドのケツを蹴り上げるのは、まさにドラマーの夢だからだ。レコーディングの最中にもしばしば休憩をとって、われわれは豪華な食事をたっぷり詰めこんだ。サックス/オーボエのジーン・チープリアーノは、リードが詰まるのではないかというほどキャヴィアを食べていた。みんな、キャンディー・ストアに入った子どもみたいなものだった。レッキング・クルーのふたりのトランペッターは、ほんとうに破裂しそうになるまで食べまくっていた。

最後に、わたしはマイケルに、なんだってこんな金のかかるセッションをやったのかときいた。政府が彼のポケットから五万ドルをもっていこうとしているので、税金を払うかわりに、この騒々しい帳尻合わせをすることに決めたのだ、というのが彼の説明だった。これで彼は国税庁とケンカしないですみ、われわれの年金プランもちょっとしたカンフル剤を打ちこまれて、八方が丸くおさまったのだった。

とまあ、そういう馬鹿騒ぎのパーティーだったのであります。このセッションが終わったとき、トミー・テデスコがフェンダー・テレキャスターを天井に向かって投げ上げ、それが床に激突する音も盤に記録されています。さらにトミーは、壊れたテレキャスターを額縁に収め、自宅に飾っていたことも、ハリウッド音楽ファンにはよく知られている逸話です。

f0147840_172151.jpg

◆ 善意の人 ◆◆
そのようにして、ショーティー・ロジャーズに対するわたしの関心ははじまり、ときおり盤を買ったりしていましたが、そろそろ時間切れになってきたので、あとはすこしエピソードを加えるだけにとどめ、本日はこのへんでおしまいということにさせていただき、彼のさまざまな仕事については、またの機会に譲ることにさせていただきます。

f0147840_116332.jpgロジャーズは、ボビー・ジェントリーのデビュー盤、Ode to Billie Joe(1967年)のアレンジによって、ジミー・ハスケルとともにグラミーを得ています。また、フランク・シナトラがジャンキーのドラマーに扮した映画『黄金の腕の男』では、じっさいの音はロジャーズのバンドが担当し、どうやらロジャーズはスクリーンにも登場したようです。

つぎは、ヘンリー・マンシーニが自伝に書いたエピソード。すでにマンシーニの記事に書いていますが、ロジャーズのエピソードとして繰り返しておきます。

f0147840_11410100.jpgユニヴァーサル映画から馘首されたマンシーニは、旧知のブレイク・エドワーズのすすめで、彼が監督をすることになっていたテレビ・ドラマ、Peter Gunnの音楽を担当することになります。この音楽が評判を喚び、マンシーニにアルバム化の話が持ち込まれました。会社は、アーティストとしてはショーティー・ロジャーズがいいだろうという意見で、マンシーニはロジャーズに会うことになりました。マンシーニの話を聞いたロジャーズは、やってもいいけれど、これはきみのベイビーなのだから、きみ自身の名前で盤をつくるべきじゃないかと、マンシーニにすすめたのだそうです。

結局、マンシーニ名義でリリースされたPete Gunnのサントラは、グラミー賞発足初年度のAlbum of the Yearを受賞し、マンシーニは名声への第一歩を踏みだすことになります。自伝のなかで、当然ながら、マンシーニはロジャーズに深く感謝しています。ハリウッドを代表するセッション・シンガーであるトム・ベイラーも、パートリッジ・ファミリーの仕事で知り合ったロジャーズについて、very sweet、すごく付き合いやすい人物だったと褒めちぎっています。この話からも、ロジャーズの人柄のよさがうかがえます。

f0147840_1145584.jpg

by songsf4s | 2008-01-14 23:56
Our Winter Love by the Fantastic Strings of Felix Slatkin
タイトル
Our Winter Love
アーティスト
The Fantastic Strings of Felix Slatkin
ライター
Johnny Cowell, Bob Tubert
収録アルバム
Our Winter Love
リリース年
1963年
他のヴァージョン
The Lettermen, Bill Pursell, Robert Maxwell His Harp and Orchestra
f0147840_23571488.jpg

今日は選曲に迷いが出て、クリスマス・ソングに繰り込まれてしまった歌を、強引に冬の歌に奪回しようかと思ったり、山ほどあるグレイトフル・デッドの冬をあつかった曲(といっても、デッドのキャリアがバカ長く、そのレパートリーも雲霞が群れ集まるがごとく無数にあるために、結果的に冬の曲も多くなっただけのことで、彼らがとくに冬の曲を好んでいる節はない)のどれかを取り上げようかと、いろいろ聴いたりしていて、時間がなくなってしまいました。だから、迷い箸をしてはいけない、と子どものころに叱られたわけですね。あれ? ちがうか。

本日のOur Winter Loveのヴァージョンで、うちにあるのはレターメン盤だけなのですが、ウェブで試聴したフィーリクス・スラトキン盤がなかなかけっこうな出来なのです。しかも、felix slatkinでブログ検索をかけたら、めでたくも、というか、馬鹿馬鹿しくも、というか、「うち」のAutumn in New York by Felix Slatkinがトップにきたので、じゃあ、スラトキン御大を看板に立てようと決めました。

◆ とってつけた歌詞の出来 ◆◆
フィーリクス・スラトキンは、本職はヴァイオリニスト、20世紀フォックスのコンサート・マスターであり、そして、レコーディング・アーティストとしてはオーケストラ・リーダーなので、彼のOur Winter Loveはインストゥルメンタルですが、レターメン盤はもちろん歌詞があります。歌詞があるとなっては、無視するわけにもいきません。たぶん、もともとはインストゥルメンタルだったものに、歌えるように歌詞をつけたという、Theme From A Summer Placeと同じパターンだろうと思います。

では、ファースト・ヴァース。

Love warm in wintertime warms
This heart of mine
With dancing fires of sweet desires
We've found our winter love

「冬のぬくもりはすばらしい、わが心には甘い望みの炎が踊る、冬の愛を見つけたのだから」

なんだかチンプンカンプンのところがありますが、歌詞というのは分析的に聴くものではなく、「なんとなく」「雰囲気で」聴くものなので、こんなものでも、「なんとなく」甘い恋と、冬のぬくもりの心地よさが感じられてしまったりするのです。ちょっと無理のあるところが、やはり、インスト曲にあとから強引につけたという出自がほの見えます。

セカンド・ヴァース。

Ice cold as fallen tears grow
Bechilling fears of loneliness
How could I guess
We've found our winter love

「こぼれ落ちた涙が大きくなるような氷の冷たさ、凍りつくような孤独への怖れ、冬の愛を見つけるなどと想像がつこうか?」

f0147840_0292992.jpgなーにいってんだか、です。わたしがIce coldとしたところを、Eyes coldなどとしている歌詞サイトもあります。なんだっていきなり目玉が寒いなんてことをいうのか、まったくわからないので、Ice coldとしました。じっさい、意味不明の歌詞自体に問題があるわけで、わたしにも、いい加減な歌詞サイトにも、たいした罪があるとは思えません。そもそも、複数の声が混じると、どちらにしろ聴き取りにくいのです。

それに、How could I guess we've found our winter loveっていうラインも、文法上、やや問題があるような気がします。How could I guess we'd find our winter loveなら、すんなり納得がいくのですが。まあ、今日は歌詞以外に、もっとだいじなものを訳さなければならないので、先を急ぐことにします。コーラスやブリッジはなく、つぎは最後のヴァース。

Now armed, the world is warm, warm
Through cold and storm
We've found a fire of sweet desire
We've found our winter love

「愛で身を固めれば、世界は暖かくなる、わたしたちは寒気と嵐のなかで甘い希望の火を見つけた、冬の愛を見つけたのだ」

最後までチンプンカンプンで困ったものです。こんなところに「武装する」という意味のarmという動詞が出てくるのは、ちょっと不思議なので、辞書を見ましたが、「腕」を意味するarmに動詞はありませんでした。お互いの躰に腕をまわして抱き合えば暖かい、といいたいのかと思ったのですが、とんだ当て外れでした。勝手にそういう動詞をつくった可能性もあるかもしれませんが、考えてわかることと、考えてもわからないことがあり、このケースは後者ですし、いずれにせよたいした歌詞ではないので、ほうっておきましょう。

◆ トミー・テデスコ、Our Winter Loveを語る ◆◆
フィーリクス・スラトキンは、フランク・シナトラが頼りにした人であり、シナトラのレコーディングで長年コンサート・マスターをつとめ、奥さんのチェリスト、エリナー・スラトキンもシナトラの録音にはしばしば参加しているといった、スラトキン夫妻に関することは、以前にも書いています。ご興味のある方は、Autumn in New York by Felix SlatkinSummer Wind by Frank Sinatra その2The Theme from A Summer Place by Percy Faith and His Orchestraをご覧ください。

f0147840_0302117.jpg今日は、はたと思いだした、だいじなことについて書きます。Felix Slatkin Discographyを読んでいて、アッといってしまったのです。トミー・テデスコの自伝のなかに、スラトキンに関する記述があり、一度は忘れたものの、「You Tubeを聴こう」(右のFriendsリンクからいけます)のオオノさんが、スラトキンを取り上げたときにも言及されたので、そのときに記憶に刻み込んだはずが、またまた忘れてしまったのです。該当の盤をもっていなかったための粗忽です。

こんどは忘れないように、以下にトミー・テデスコの言葉をペーストしておきます。出典はトミー・テデスコ自伝"Confession of a Guitar Player"です。

Years ago I got a call to do an album with Felix Slatkin, a Los Angeles-based violin virtuoso. The date was scheduled for a Saturday. On Friday afternoon he suffered a sudden heart attack and passed away. We received notice on Friday that the date was coming off as scheduled. We all met in the studio the following morning and had a big meeting with Sy Waronker, President of Liberty Records. He and Eleanor Slatkin, Felix's widow, convinced everyone that Felix would have loved to have everything go on as scheduled. The name of the album was OUR WINTER LOVE. When the fifty to sixty piece orchestra started playing, emotions struck heavily with tears flowing throughout all sections of the orchestra. That was a moment I will treasure forever. To relive that moment, all I have to do is play the beautiful album, OUR WINTER LOVE.

「ずいぶん昔のことだが、LAベースのヴァイオリンの名手、フィーリクス・スラトキンのアルバムでプレイしないかという依頼の電話をもらった。録音は土曜日の予定だったが、金曜の午後、彼は突然の心臓発作に襲われ、亡くなってしまった。その日のうちにわれわれは、レコーディングは予定どおりおこなわれる、という連絡を受けた。翌朝、全員がスタジオに集まり、リバティー・レコード社長のサイ・ワロンカーとミーティングをもった。彼とフィーリクスの未亡人エリナーは、すべてが予定どおりに運ぶことをフィーリクスも望んでいるにちがいないと全員に説いた。そのアルバムはOur Winter Loveというタイトルだった。五、六十人のオーケストラがプレイしはじめると、みな感情がこみ上げてきて、あらゆるセクションのプレイヤーが涙を流した。これからもずっと忘れないであろう瞬間だった。あのときのことを思いだすには、あのすばらしいアルバム、Our Winter Loveをかければいいだけである」

f0147840_0324478.jpgというようなストーリーが、フィーリクス・スラトキンのOur Winter Loveにはあったのです。チンプンカンプンの歌詞がついたレターメン盤ではなく、フィーリクス・スラトキン盤を選択したことに、泉下のトミー・テデスコも賛成してくれるでしょう。

しかし、ということは、フィーリクス・スラトキンは、アレンジなどの下準備をしただけで、じっさいのコンダクトはしなかったことになります。フィーリクス・スラトキンにかわってだれがコンダクトしたのか、ちょっと気になるところですが、わたしは、勝手に、未亡人のエリナーが亡き夫にかわって、セッションを指揮したのではないかと想像しています。彼女の肝っ玉母さんぶりは、Sessions with Sinatraという本に活写されているからです。

◆ 各ヴァージョン ◆◆
舞台裏の話はどうであれ、重要なのはつねに音そのものです。もう一度、スラトキンの不慮の死を前提に、この「遺作」を聴き直してみました。トミー・テデスコがこのセッションについて書いていることで、ちらっと登場するセミアコ風のエレクトリック・ギターのフレーズはトミーのプレイとわかりました。派手に活躍しているわけではないのですけれどね。

やはりストリングス・アレンジメントの美しさが際だっていると感じますが、グロッケンシュピールの扱いやヴァイオリン・ピジカートの使い方に、I Get a Kick Out of Youをはじめとする、アルバムFantastic Percussion収録曲で十全に発揮された、スラトキンのパーカッション・アレンジメントの卓越性もかいま見ることができます。

f0147840_0342195.jpgハリウッド弦楽四重奏団でスラトキン夫妻のバンドメイトだったポール・シュアは、フィーリクスはgreat sense of timingの持ち主だったと語っています。本質的にタイムのすぐれた人だったのでしょう。並みのヴァイオリニストではなかったから、20世紀フォックス音楽部やフランク・シナトラ・セッションのコンサート・マスターがつとまったにちがいありません。

女性シンガーのソプラノなのか、テレミンなのか、判断がつかない音も使われています。楽器と人間の声の区別もつけられないのは、ちょっと情けないのですが、わからないときはわからないのだから、しかたありません。この音もなかなか効果的で、ドリーミーな雰囲気を演出するのに寄与しています。

f0147840_03746.jpg他のヴァージョンにもふれておくと、みな試聴しただけなのですが、1963年冬に大ヒットしたビル・パーセル盤(これがオリジナルか?)も、基本的な雰囲気はスラトキン盤とそれほどちがいません。こちらのヴァージョンではムーグのような音が鳴っています。ポップ・ソングにおける、シンセサイザーのごく初期の使用例かもしれません。

録音時期不明のロバート・マクスウェル盤も、他の2ヴァージョンと似た雰囲気ですが、ややスロウで、そのせいばかりでなく、リズムの歯切れがあまりよくないと感じます。

入手しやすいのは、大ヒットしたビル・パーセル盤ですが、今年はなんとかフィーリクス・スラトキンのアルバムをそろえたいものと祈念しています。

◆ フランク・シナトラとフィーリクス・スラトキン ◆◆
f0147840_0453422.jpgSessions with Sinatraという本に、スラトキン夫妻のエピソードがたくさん登場するので、この記事のためにちょっと読み返したのですが、時間がなくて、すべてを読み終えることができませんでした。

索引を頼りに拾い読みした話でもっとも印象深かったのは、1961年11月のSinatra and Stringsセッションのエピソードです。セッションがはじまる前、総勢50人のオーケストラが顔をそろえ、シナトラがスタジオに入ってきた直後、フィーリクス・スラトキンが、椅子のなかでくずおれてしまったのだそうです(このころから健康状態はよくなかったのかもしれません)。

f0147840_0463664.jpgシナトラがあわてて駈け寄ると、フィーリクスは「フランク、気分が悪い」といいました。その場の一部始終を目撃していたフランク・ジュニアによると、シナトラはただちにマネージャーに、今日の録音はキャンセル、全員にセッション料金を支払い(いや、ユニオン・セッションでは現金の受け渡しはおこなわれない規則なので、じっさいには所定の用紙に必要事項を書き込むだけ)、帰ってもらうように、と言い渡したというのです。ここで重要なのは、50人のミュージシャンに、ただその日にその場にいたというだけでセッション・フィーを払ったことではなく、フィーリクス・スラトキン抜きでは、フランク・シナトラの録音はおこなわれない、ということです。

フィーリクスがシナトラのことを息子のように大事にしていたというのは、このエピソードからも十分に想像がつきます。しかし、フィーリクス・スラトキンとフランク・シナトラは、じつはそれほど大きく年が離れていたわけではありません。1963年に没したとき、フィーリクスはまだ四十七歳の働き盛りでした。
by songsf4s | 2008-01-08 23:57 | 冬の歌
Ski Surfin' by Avalanches
タイトル
Ski Surfin'
アーティスト
Avalanches
ライター
Wayne Shanklin
収録アルバム
Ski Surfin'
リリース年
1964年
f0147840_23391025.jpg

正月休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。わが家では、初詣のあと、七福神巡りでもしようかと思ったのですが、福禄寿、恵比寿の二福であえなく挫折しました。なにしろ、肝心の弁天さんがいらっしゃるのが鶴岡八幡宮と江ノ島というのだから、混雑でとうていたどり着けなかったのです。恵比寿堂のある本覚寺は、境内にたくさん屋台も出て、ほどよいにぎわいが心地よいものでした。

落語「七福神」では、「おいおい、船屋さん、うちには七福あるといったが、それではまだ二福じゃないか」と旦那がいうと、船屋は「いえ、二福でいいんです。旦那が大黒様、お嬢様が弁天様、お宅は呉服屋さん、しめて七福です」というサゲになっています。わが家は呉服屋ではないので、残念ながら、まだ五福足りないままです。

◆ ヴェンチャーズ・セッションのレギュラーたちによるワン・ショット・プロジェクト ◆◆
本日はクリスマス・ソング特集ですでに何度も取り上げた、アヴァランシェーズの登場です。しかし、クリスマス・ソング特集で小出しにした彼らの曲は、いわば露払い、アルバム・タイトルになっていることでもわかるように、今日のSki Surfin'が、楽曲といい、軽快なアレンジといい、豪快なプレイといい、冬の曲にはめずらしい明るさといい、際だってすぐれたトラックなのです。

冬の歌にも明るく楽しいものがないわけではありませんが、なんたって寒いので、気分はしぼみがち、ダウナーな曲へと向かう傾向があるようです。ふと思ったのですが、その根本原因はクリスマスではないでしょうか。

どういうことかというと、明るく楽しい冬の曲は、どんどんクリスマス・ソングに吸収されてしまうように思われるのです。Let It Snow!しかり、Baby It's Cold Outsideしかり、I've Got My Love to Keep Me Warmしかり、Warm Decemberしかり、みな、たんなる冬の曲でしかないものが、クリスマス・ソングとして扱われるようになったものです。かくして、ダウナーな冬の曲だけが取り残されることになるというしだい。

あまりアップテンポが似合わない季節のようですが、わが家にある冬の曲でアップテンポのものというと、なんといってもこのSki Surfin'なのです。これがクリスマス・ソングにとりこまれずに残っていたのは、アヴァランシェーズが無名だからに過ぎないのではないでしょうか。Ski Surfin'が仮にヴェンチャーズ名義だったら、とうの昔にクリスマス・アルバムにじゃんじゃん収録されるようになっていて、冬の歌のほうに繰り込むことは不可能になっていたでしょう。

しかし、アヴァランシェーズというワン・ショットのスタジオ・プロジェクトに参加したメンバーは、初期ヴェンチャーズ・セッションのレギュラーたちです。ビリー・ストレンジ、トミー・テデスコというハリウッドを代表するエース・ギタリスト、ドラムのハル・ブレインの3人は、初期ヴェンチャーズを支えたプレイヤーたちですし、ベースのデイヴィッド・ゲイツも、上記3人ほどではないにしても、ヴェンチャーズの録音に(および、ときにはツアーにも)参加したプレイヤーです。

このメンバーを見ただけで、音を聴かなくても予想がつくのですが、じっさいのサウンドもじつにすばらしいものです。アルバム全体を見ても、捨てるところのない充実した出来ですが、とりわけSki Surfin'は、軽快なグルーヴ、予想外のところに飛ぶコード(Eではじまった曲が、最後はAb7になる。このヴァースとブリッジの対照がじつによろしい)と、半音が入る奇妙なスケールのメロディー・ラインが相まって、60年代ギター・インストゥルメンタルのなかでも、白眉といえるトラックになっています。

f0147840_23532748.jpg

ビリー・ストレンジとトミー・テデスコという組み合わせだと、両方とも大エース・ギタリストなので、格によって自動的にリードが決まるというわけにはいきません。はじめて聴いたとき、どちらがどのパートをプレイしているのか、わたしには判断できませんでした。そこで、ビリー御大と知り合ったころ、Ski Surfin'では、どちらがヴァースを弾き、どちらがブリッジを弾いているのかとお伺いをたててみました。御大の回答は「あのころ、トミーとはリックを交換し合っていたから、いまとなっては、わたしにもどちらがどちらなのかわからない」というものでした!

トミー・テデスコすでに没し、ビリー・ストレンジ親分にはもはや判断がつけられないとなれば、われわれが好きに想像していいことになります。わたしの判断は、ヴァースでメロディーを弾くだけのプレイはビリー、ブリッジの暴れるプレイはトミー、というものです。いや、自信はありません。ビリー・ストレンジというプレイヤーは、メロディー・ラインを美しく弾くことにかけては、ハリウッドのエースのなかでも抜きんでていた、という事実だけを頼りにしての判断です。

f0147840_2354752.jpg
トミー・テデスコ。弦の張ってあるものならなんでもござれ。

◆ 文句なしのナンバーワン ◆◆
f0147840_23561149.jpgアヴァランシェーズのSki Surfin'は、かつてはサーフ&ロッド・アンソロジーに一度収録されたことがあるだけで、全体を聴くには、中古LPを手に入れなければなりませんでしたが、近年、ようやくCD化されたので、いまではその気になれば、いつでも聴くことができます。

ビリー・ストレンジ氏にヴェンチャーズ・セッションについて問い合わせをしたとき、当時、仲間内で評判になっていたアヴァランシェーズについて、そういう名義で盤をつくったのをご記憶ですか、とたずねてみました(ハリウッドのスタジオ・エースたちは、たいていが万単位の曲を録音しているので、記憶していないものも数知れずある)。御大は、よく覚えている、聴いてみたいが、手もとに盤がない、とおっしゃっていました。すぐにレッキング・クルーMLのオオノさんがLPを発掘し、それをディジタル化して、ビリー御大にプレゼントできたのは、われわれの喜びとするところでした。

f0147840_23545276.jpgプレイしたご当人もぜひ聴いてみたいとおっしゃるほどの盤です。これが埋もれてしまったのは、たんなる不運にすぎず、「実力」のしからしむるところではありません。ヴェンチャーズ名義だったら、代表作のひとつに数えられていたことでしょう。好みだけでいえば、60年代のギター・インスト・アルバムのナンバーワンです。ご興味のある方は、とりあえず、右のFriendsリンクからAdd More Musicに飛び、「Rare Inst. LP」ページで、LPリップをお聴きになってみてください。

Ski Surfin'というタイトルのアルバムなので、クリスマス・ソング特集ですでに取り上げたSleigh RideBaby It's Cold OutsideI've Got My Love to Keep Me Warmのみならず、ほかにも冬の曲が満載されています。残りのトラックについては、これから二月いっぱいくらいで、おいおい取り上げることになるでしょう。なにしろ、わたしにとってのナンバーワン・インスト・アルバムなので、3曲や4曲取り上げたくらいで終わらせるつもりはないのです。
by songsf4s | 2008-01-05 23:55 | 冬の歌
California Dreamin' by the Mamas & the Papas
タイトル
California Dreamin'
アーティスト
The Mamas & the Papas
ライター
John Phillips
収録アルバム
If You Can Believe Your Eyes and Ears
リリース年
1965年
他のヴァージョン
live version of the same artist (Monterey International Pop Festival). Jose Feliciano, Wes Montgomery, 101 Strings, the Beach Boys, the Ventures, the Brass Ring
f0147840_0293426.jpg

クリスマス・ソングにもすこし食傷してきたし、なによりも、この世のものとは思えない、エンドレスに長い検索結果リストを見るのにへこたれたので(Jingle BellとWhite Christmasの検索結果をお見せしたいですなあ!)、ちょっと目先を変えて、ここらでやっておかないとまずい、初冬の歌をいくつか取り上げようと思います。

まずは、60年代の冬の歌からスタンダードをあげるとしたら、この曲しかないだろうという、きわめつけ、ご本尊、名代、大統領、その他なんでもいいのですが、とにかく、だれでも知っている曲であります。タイトルに「カリフォルニア」とあるのはフェイントみたいなもので、これは寒いときの歌なのです。ご存知ない? じゃ、歌詞を見てみましょう。

◆ ファースト・ラインの技 ◆◆
当ブログへいらっしゃる方なら、どなたでも聞き覚えがあるはずのファースト・ヴァース。

All the leaves are brown and the sky is grey
I've been for a walk on a Winter's day
I'd be safe and warm if I was in L.A.
California dreamin' on such a Winter's day

「葉はすっかり枯れ、空はにび色、冬の日に散歩に出かけてみた、LAにいれば無事で、暖かくしていられたのに、そんな冬の日に見るカリフォルニアの夢」

この曲のいいところは、このファースト・ラインです。カリフォルニア・ドリーミンというタイトルから、だれしも暖かさを思うのに、いきなり枯葉ですからね。なるほど、カリフォルニアは、この語り手にとって、いまは現実ではなく、夢なのだと納得し、すっと曲の中に入っていけます。音羽屋、じゃなくて、パパ・ジョン屋、と大向こうから声がかかるきわめつけの一行。

f0147840_1253894.jpg

ところで、ここから有名な曲を連想しませんか? わたしはアーヴィング・バーリンのあの曲を連想します。今年のクリスマス・ソング特集で、当然取り上げる予定の曲なので、クイズにしておきます。おそろしく簡単なクイズで、ナメるな、と大向こうからミカンの皮が飛んできそうですが。

つづけてセカンドにしてラスト・ヴァース。短くて、うれし涙が出ます。

Stopped into a church I passed along the way
Well, I got down on my knees
And I pretend to pray
You know the preacher liked the cold
He knows I'm gonna stay
California dreamin' on such a Winter's day

「散歩の途中で見かけた教会に入ってみた、とにかく、ひざまずいて、祈るようなふりをした、牧師というのは寒さを歓迎するんだ、参拝者が居坐るからね、そんな冬の日に見るカリフォルニアの夢」

だれだったか、セカンド・ヴァースを気にする人間なんかいやしない(だから、適当なことを書いておけばいい、という意味ですが)といったソングライターがいましたが、これくらいの曲になると、ちゃんと覚えているものです。でも、意味を考えてみたことはありませんでした、散歩の途中で教会に入ったのね、ぐらいの認識です。なんでしょうね、このヴァースは? 要するに、寒くてうんざりだ、といっているだけのように思えるのですが。

詰まるところ、わたしは、この曲はファースト・ラインに尽きる、と思っています。

◆ 深化したハル・ブレインの表現手法 ◆◆
ママズ&パパズのレギュラーは、ドラムズ=ハル・ブレイン、ベース=ジョー・オズボーン、ギター=トミー・テデスコ、キーボード=ラリー・ネクテル、ということがわかっています。また、ジョン・フィリップス自身がリードを弾いたトラックもあるようです。

ママズ&パパズについては、ハル・ブレインがその回想記のなかで一章を割いています。思い出深いのでしょう(ジョン・フィリップスと口論になったことがあるとか)。じっさい、ハルは彼らのほとんどの盤でプレイし、それぞれがソロになったあとも、キャスやジョン・フィリップスの盤で、それから、たしかデニー・ドーハティーのソロでも叩いています。

f0147840_1284849.jpg最近やっとわかってきたのですが、人間というのは年をとってからも、まだ年をとるのですね。もう十分に年をとった、と一時は思ったのですが、それからさらに年をとったという実感があります。ほんの十数年のあいだに、わたしのテイストから若さがさらに失われ、地味なプレイへと傾斜していったのです。ウソつけ、という声が聞こえますなあ。たしかに、いまだって派手好みではあるのです。地味なもののよさに、以前より注意が向くようになった、と言い換えておきましょう。

ハル・ブレインの研究にとりかかったとき、このCalifornia Dreamin'の重要性は、ハルがプレイした40曲におよぶビルボード・チャート・トッパーのひとつ、というだけのものでした。しかし、齢を重ねるうちに、この曲でのハルの控えめなプレイは、わたしのプライオリティー・リストをどんどん駆け上がっていき、いまやトップ10入り間近というところまできています。

f0147840_13132.jpgスーパー・プレイ、ファイン・プレイは、もちろん大好きです。でも、詰まるところ、われわれが聴いている、いや、躰で感じているのは、トータルなサウンドであり、そしてなによりもグルーヴです。グッド・グルーヴ、グッド・フィーリンが最優先であり、スーパー・プレイはボーナスにすぎないのです。

この曲でのハルのプレイを分析しはじめると、終わらなくなるのですが、重要ポイントだけをあげておきます。まず、キック・ドラムのプレイです。もともと、彼はキックに抑揚をつけるプレイヤーでしたが、この曲では、そのスタイルが完成したと感じます。リズム・パターンの変化と強弱の変化の両方によって、曲のドラマの流れをコントロールしているのです。また、ときおりキックで強いアクセントをつけるのも、ジョー・オズボーンのベースとあいまって、なかなかいい味があります。

タイムの微妙な変化も感じます。63、4年までのハル・ブレインは、ときおり突っ込むことがありました。いや、バーズのMr. Tambourine Manや、このCalifornia Dreamin'といった、65年録音の、タイムがそれまでより微妙に遅くなったトラックを聴いて、ああ、以前はほんのちょっと突っ込んでいたのだな、と思うわけで、同時代の他のドラマーにくらべれば安定していたのですが、63年、64年、65年と、ハルは徐々に、そして微妙に、タイムをlateにしていったと感じます。

音楽用語ではなく、一般的な言い方であると同時にハルがよく使う言葉でいえば、「リラックスした」グルーヴへと変化しているのです。このリラックスしたグルーヴが、California Dreamin'を支配しています。

われわれの耳は、いや、意識の表層はヴォーカル・ハーモニーを聴きながら、躰は、すなわち意識の深層は、ハル・ブレインとジョー・オズボーンのコンビが生みだす、リラックスしたグルーヴを感じとり、ややダウナーな歌詞とは無関係に、いい気分になるのです。いまごろ、カリフォルニアは暖かくて気持ちがいいだろうなあ、という気分です。

ハル・ブレインがジョー・オズボーンとともにつくりだした、このグッド・フィーリンがなければ、この曲がクラシックになることはもちろん、チャート・ヒットすらおぼつかなかったでしょう。

◆ 他のヴァージョン ◆◆
f0147840_1315330.jpgあまりいいヴァージョンがないのですが、とにかく、わが家にあるものをひととおり見ておきます。しいてどれかをあげるなら、ホセ・フェリシアーノ盤がまずまずの出来といえるでしょう。しかし、ほとんど完璧ともいえるママズ&パパズのオリジナルにくらべれば、当然ながら数段落ちます。フェリシアーノのグルーヴと、バックのグルーヴが合っていないように感じるところがあり、そこが引っかかります。どっちが悪いというのではなく、体質的にちがうグルーヴが出合ってしまった、という印象。

f0147840_1323467.jpgウェス・モンゴメリー盤は、ギター・プレイについては、もちろん申し分ないのですが、ドラムがフィルインのたびに突っ込むので、額に青筋が立ちます。わたしがベースで、このドラマー(たしかグレイディー・テイト。調べる手間をかける気も起きない)とやっていたら、怒髪天をつき、テイクの合間に拳銃を取り出して、今度のテイクでもフィルインで拍を食ったら、おまえの頭をぶち抜いてやるから、そのつもりで叩け、と脅迫します。ひどいプレイです。フィルインになると、1小節ではなく、0.95小節になっています。

ヴェンチャーズ盤は、やはりよろしくない出来です。だいたいこのころのヴェンチャーズはあまりいいグルーヴの曲がなく、メル・テイラーが叩いているのではないかという気がします。下手。ギターはだれだかわかりませんが。

f0147840_1415718.jpgジョニー・リヴァーズは、ママズ&パパズの「すぐとなり」にいたため(プロデューサーはママズ&パパズと同じルー・アドラー、スタジオ・プレイヤーも同じ、スタジオもたぶん同じユナイティッド・ウェスタン)、それが彼のCalifornia Dreamin'をスポイルしたと感じます。ストレートにカヴァーすると、基本的にママズ&パパズと同じものができてしまうから、無理やりまったくちがうアレンジ(リズム・セクションなし、ストリングスのみのバッキング。「Elenor Rigbyアレンジ」といえばおわかりか?)にしたのでしょうが、成功しているとはいいかねます。

そもそも、リヴァーズはあまりうまいシンガーではないので、こういうことにははじめから向いていないのですが、当人はついにそのことに気づかなかった節があります。まあ、このアレンジで、たとえばエラ・フィッツジェラルドかなんかが、「どうだ、うまいだろ」みたいに歌ったら、それこそ大惨事で、リヴァーズがうまくないおかげで、そこそこの被害で収まっているともいえるのですが。

f0147840_1514489.jpgブラス・リング盤は、まじめにスピーカーの前に坐って聴いてもらうことを目的にしているわけではなく、ショッピング・モールの空間を埋めるとか、ラジオのジングルに使うとか、そういった「実用」を目指したものなので、ああだこうだというようなつくりにはなっていません。「便利」な出来です。

f0147840_1524759.jpg101ストリングスは、弦の厚みが売りものですから、その意味においてはCalifornia Dreamin'のカヴァーも悪くはありません。ブラス・リングにくらべれば、人数が圧倒的に多いのだから、ちょっとしたサウンドではあります。リズム・セクションはハリウッドの雰囲気が濃厚で、ベースはキャロル・ケイの可能性があると感じます。ドラムは活躍せず、オフミックスでよく聞こえず、判断の材料があまりないのですが、ハル・ブレインではないという否定的な材料もありません。ブラス・リングより、こちらのほうがショッピング・モール向きかもしれません。

f0147840_1571863.jpgビーチボーイズ盤は、いわぬが華、聴かぬが華。懐メロ・バンド度が95パーセントぐらいまで進行した末期症状を呈しています。コーラス・グループというものが、どこまで腐ることが可能か、その興味でつないでいます。わたしより向こうが長生きしたら、死ぬ前に、どこまで腐ったか、確認してみたいと思います。

さて、最後に残った、モンタレーでのママズ&パパズのライヴ・ヴァージョン。このライヴ録音のほかの曲にくらべれば、さすがにがんばっているとは思うのですが、じゃあ、いいか、とか、好きか、といわれたら、ぜんぜん、と答えます。

f0147840_1595829.jpgもともと、コーラス・グループとして卓越した能力があるわけではなく、ライヴではきわめてきびしいと感じます。リードのデニー・ドーハティーもはずしているところがありますし、もっとも安定している(はずの)キャスですら、はずしています。頼りにならないジョンとミシェールのフィリップス夫妻は、いるのかいないのかもわからないほどです。ま、むしろそのほうが幸いで、ときたま聞こえてくると、ジョンはかならずはずしています。このときのベースはたしかジョー・オズボーンだったはずですが、ドラムが叩きすぎで、いくらやりっぱなしでかまわないライヴでも、それはないだろうという箇所が散見します。キャスのしゃべりのほうがよっぽど面白い!

◆ ふたたびハル・ブレイン ◆◆
世の中には、カヴァーしてはいけない曲、カヴァーしても無駄な曲、というのがあります。オリジナル録音がほぼ完璧に、その楽曲がもつポテンシャルを引き出してしまったものです。たとえば、ラスカルズのGroovin'、ビーチボーイズのGod Only Knows、ロネッツのBe My Babyなどが代表でしょう。このCalifornia Dreamin'も、そういう曲だと感じます。これほど素晴らしいヴァージョンがあるのに、どうやってこれを乗り越えるつもりなんだ、といいたくなります。みな失敗しているのも当然です。はじめから勝てないとわかっている相手に戦いを挑んでいるのですから。

★  ★  ★  ★  ★  ★
f0147840_231163.jpgハル・ブレインは、ディーン・マーティンのEverybody Loves Somebodyあたりから、メインストリームでのプレイを意識するようになったのではないでしょうか。サーフ・ミュージックやフィル・スペクターのトラックで見せたような、軽快で、派手で、華やかで、豪快なプレイで売り出し、そこから徐々に、かつてやっていたような(たとえばパティー・ペイジのバンドの時代とか)、軽いラウンジでのプレイを思いだし、ロック的プレイに、そうしたスタイルを融合させることを思いついた、と感じます。

それがバーズのMr. Tambourine Manと、このCalifornia Dreamin'という2曲のチャート・トッパーでの、極度に地味なのに、うまさがにじみ出るプレイに結実し、さらには、1966年の彼の快進撃、前人未踏の圧倒的なヒット連発、そしてとりわけ、フランク・シナトラのStrangers in the Nightに代表される、「派手なことはいっさいしなくても、そのまんまでグッド・フィーリン」というプレイを生んだと感じます。アメリカの音楽をリードしたプロのなかのプロが、ドラミングの、そしてグルーヴの核心を把握し、「悟り」を開いたのが、このCalifornia Dreamin'だった、といいたくなります。
by songsf4s | 2007-12-06 00:29 | 冬の歌
Pocketful of Miracles その1 by Harpers Bizarre
タイトル
Pocketful of Miracles
アーティスト
Harpers Bizarre
ライター
Jimmy Van Heusen, Sammy Cahn
収録アルバム
Anything Goes
リリース年
1968年
他のヴァージョン
Frank Sinatra, original soundtrack for a Frank Capra picture "Pocketful of Miracles"(邦題『ポケット一杯の幸福』)
f0147840_131716.jpg

Pocketful of Miraclesも、先日取り上げたトレイドウィンズのNew York's a Lonely Town同様、クリスマス・ソングといっていいかどうか微妙な曲です。いや、冬の歌ですらなく、どちらかというと春の歌かもしれません。

f0147840_437534.jpgしかし、この曲をテーマとしたフランク・キャプラの映画『ポケット一杯の幸福』は、どこからどう見ても、まじりっけなしのクリスマス映画です。なにしろ、「クリスマスのキャプラ」といっていいくらいの人(いや、そんなことをいったら映画史家とキャプラ・ファンに怒られるでしょうが)ですから、クリスマス映画のお手本といっていいほどオーセンティックなつくりになっています。

開巻いきなり、クリスマスの買い物客が忙しく行き交うニューヨークの街頭風景が映り、混声コーラスによるこの曲が流れます。と、こう書くだけの裏づけを得るのに、最初にこの映画を見た高校時代から、じつに35年の歳月がかかったのですが、そういうあれこれはあとまわしにして、まずは歌詞から。

◆ はずむ心の表現 ◆◆
それではファースト・ヴァース。ちょっと変則的な歌詞で、それを文字でどう表現するかは意見が分かれるところでしょうが、とりあえずご覧あれ。

P-racticality D-oesn't interest me
Love's the life that I lead
I've got a pocketful of miracles
And with a pocketful of miracles
One little miracle a day is all I need

「現実なんて興味がない、ぼくの生きている人生は愛そのもの、ポケットのなかには奇蹟がいっぱい詰まっているのだから、あとは一日にひとつ、ささやかな奇蹟があれば、それで十分さ」

冒頭のpracticalityを「ピーラクティカリティー」、doesn'tを「ディーアズント」というように発音しています。そういう趣向の歌詞なのです。ふつうの発音をせず、子どもの言葉遊びのように発音することで、語り手の浮き浮きした気分、子どもっぽいともいえる高揚感、多幸感を表現しています。

じっさい、これほど豪快に幸福感を表現した歌詞はそうはないでしょう。なんたって、ひとつやふたつじゃなくて、ポケット一杯に奇蹟を詰め込んでいるのだから、すでにして完璧に無敵状態なのに、あとは一日にひとつだけ奇蹟があれば十分、だなんて、奇蹟なんてものは、そこらのドラッグストアにいけば、いくらでも買えるサプリメントぐらいにあつかっちゃっているんだから、こりゃたまらん、です。こういう人間のそばには近づかないほうが安全でしょう。怖いものなしなんだから、いつなんどき、天下無敵のトラブルメーカーに変身するかわかったものじゃありません。

バック・コーラスは、I've got a pocketful of miraclesのところでは、no downs、すなわち、悪いことはゼロ、One little miracle a day is all I needのところでは、all ups、すなわち、すべていいことばかり、と幸福感の念押しをしています。いや、どうもごちそうさまで。

◆ トラブルの日もある、とはいうものの…… ◆◆
セカンド・ヴァース。

T-roubles more or less B-other me, I guess
When the sun doesn't shine
But there's that pocketful of miracles
And with a pocketful of miracles
The world's a bright and shiny apple that's mine, all mine

「トラブルにまったく悩まされないってわけじゃないさ、たとえば太陽が顔を出さないとかね、でも、あのポケット一杯の奇蹟があるんだから、この世界はぼくの手のひらに載ったピカピカのリンゴみたいなもの、すべてぼくのものさ」

ファースト・ヴァースだけで終わると思ったら大間違いで、セカンド・ヴァースは多幸感全開のフルスロットル爆走状態です。なんたって、トラブルのように感じるのは天候ぐらいだっていうんだから、恐れ入ります。最後のI guessがまたくやしい。トラブルとはいってみたけれど、それほどのものかどうか確信がなくてね、という念押しです。植木等がさんざん自慢話を吹いたあげく、「いやま、諸君もがんばりたまえ、イッヒッヒヒヒヒ」と高笑いして去っていくシーンそのままです。

ここも、troubleは「ティーラブル」、botherは「ビーアザー」という風に発音しています。

f0147840_6154172.jpg

f0147840_6162012.jpg
ハーパーズはヴィジュアル素材があまりないので、1974年にワーナー・ブラザーズがリリースした、めずらしい(かもしれない)彼らのベストLPのジャケットをどうぞ。右肩の黒いステッカーは、一部のトラックがリアル・ステレオではなく、リプロセスト・ステレオであったというお詫び。このLPには、じつはPocketful of Miraclesは収録されていない!
"The Best of Harpers Bizarre" LP, front and back, Warner Brothers K 56044, 1974.

以下はブリッジ。

I hear sleigh bells ringing smack in the middle of May
I go around like there's snow around
I feel so good, it's Christmas every day

「五月のさなかにジングルベルが鳴るのが聞こえる、まるであたりに雪が積もっているようにそこらを歩きまわってしまう、ほんとうに気分がいい、毎日がクリスマスさ」

f0147840_4413713.jpgというわけで、クリスマス・ソングに繰り込んでもかまわないだろうという理由はここにありますが、同時に、「五月のさなか」と、いまが春であるらしいこともわかって、当ブログとしては、痛し痒しのブリッジです。

歌詞にしたがって、たぶん、ひまになるだろう五月にまわしてもよかったのですが、この年になってくると、おいしいものは最後までとっておく、という考え方には縁がなくなるのです。どちらかというと、明日があると思ったら大間違い、let's live for todayという気分なので、こじつけでもなんでも、ささやかな理由があれば、大好きな曲はできるだけ早くやっておこうと考えたしだいです。

◆ どこにでもいる薩摩守タダ乗り ◆◆
サード・ヴァース。

L-ife's a carousel F-ar as I can tell
And I'm ridin' for free
So, if you're down and out of miracles
I've got a pocketful of miracles
And there'll be miracles enough for you and me

「ぼくの見るには、人生は回転木馬みたいなもの、ぼくはそれにタダ乗りしているんだ、だから、きみが落ち込んで、奇蹟をひとつももっていないのならいってくれ、ぼくのところにはポケット一杯に奇蹟が詰まっているんだから、二人の分としては余裕たっぷりさ」

いやもうかたじけない、じっさい、二つ三つ、いや五つ六つ、いや、できれば十ばかり、奇蹟のお裾分けにあずかりたいものですなあ。lifeは「リーアイフ」、farは「フィーア」と発音しています。

最初のとほとんどかわらないブリッジへ。

I hear sleigh bells ringing
..........
I go around like there's snow around
I feel so good, it's Christmas every day

意味は最初のと同じですが、ここではsmack in the middle of mayが省略され、かわりにバンドがジングルベルのフレーズを演奏します。

最後のヴァースもサード・ヴァースに似ていますが、エンディングなので後半が異なっています。

L-ife's a carousel F-ar as I can tell
And I'm ridin' for free
I've got a pocketful of miracles
But if I had to pick a miracle
My favorite miracle of all is you and me

「ぼくの見るには、人生は回転木馬みたいなもの、ぼくはそれにタダ乗りしているんだ、ポケット一杯に奇蹟が詰まっているけれど、ひとつだけ選ぶなら、あらゆる奇蹟のなかでいちばん気に入っているのは、『きみとぼく』という奇蹟さ」

奇蹟にもいろいろ種類があるなんてえ話は寡聞にして知りませんでしたが、思うに、この語り手は、気に入らない、とまではいわなくても、「それほど好きでもない奇蹟」というものまでポケットに詰め込んでいるのですね。

しかしまあ、このヴァースで、語り手の信じがたい多幸感のよって来たるところが恋だとわかり、まあ、それしかねえよな、と納得するのでありました。人間というものの「打たれ強さ」の秘密が提示されているわけですな。好きな異性のひと言で、あらゆる苦痛、屈辱、悲哀、憤怒をすべて流し去り、なろうことなら、この幸福感を見ず知らずの他人にも分け与えたいという、ひどくお節介な気分になるのだから、よくできているというか、神は人間を殺さないようにつくりたもうたというか、詐欺みたいシステムだというか、ほとんど「キャッチ22」じゃんか、なんてよけいなことを思いました。

◆ 「ハーパーズはわたしたちです」 ◆◆
語り手がおそろしく脳天気なものだから、ちょっと意地の悪いことをいいましたが、わたしは昔からこの曲が大好きなのです。

f0147840_4433168.jpgシナトラのヴァージョンはあとにして、長年親しんできたハーパーズ・ビザール盤からいきましょう。ハーパーズの録音メンバーについて、その昔、キャロル・ケイに訊ねたことがあります。ドラムがハル・ブレインに聞こえたからです。彼女の回答は簡単明瞭で、「ハーパーズはわたしたちです」というものでした。ドラムはハル、ベースはキャロル・ケイ、ギターはトミー・テデスコというのが、ハーパーズの録音のレギュラー・メンバーだったそうです。

このメンバーがハーパーズのサウンドを決定したといっても過言ではありません。この曲のもっとも好ましいところは、歌詞に見合った、ハッピーで心地よいグルーヴだからです。歌詞の内容からいって、幸せで幸せでどうにも自分を抑えられない、という気分、思わず軽やかな足取りになってしまう気分を、音してと表現することができれば、この曲は成功します。そして、ハル、キャロル、トミーの三人は、いとも軽々とそのグルーヴを実現しています。

f0147840_4443452.jpgキャロル・ケイは、この程度の仕事になにか重要性があるとは考えていませんでした。わたしが問い合わせるまで、彼女のオフィシャル・サイトのディスコグラフィーには、ハーパーズの名前すらなかったのです。ヒット曲でもなければ、有名なアーティストでもないのだから当然ですが、それよりもなによりも、彼女としては、とくに苦労もせず、ふつうにやった仕事だから、思い出らしいものもなかったのでしょう。

この点については、彼女のほとんど無関心ともいえる態度のほうが正しいと感じます。彼らはこういう気持ちのよいグルーヴをつくることを、日々の当然の仕事としていたわけですし、それができなければ、依頼はこなかったのです。

しかし、彼らがごく当たり前にやった、だれもファイン・プレイだの、スーパー・プレイだのとはいわないであろう、いたって地味なプレイにも、わたしの耳はぐいと引っぱられます。この曲でいえば、ブリッジのI hear sleigh bell ringin' smack in the middle of Mayのあと、ヴォーカルが消えたところでの、シンコペートしたベースのグルーヴの気持ちよさは、彼女がハリウッドのナンバーワン・ベーシストだったことを雄弁に語っています。

◆ コード・ストロークのグルーヴ ◆◆
この曲では、いやハーパーズのすべての曲にいえることですが、ギタリストが活躍する場面はまったくありません。この曲についていえば、ただずっとコードをストロークしているだけです。

しかし、もはやギンギラギンのギタリストにあこがれた中学生ではないわたしは、やはりコード・ストロークのグルーヴに耳を引っぱられます。上述のブリッジのヴォーカルが消えた箇所では、ギターのストロークも耳に入ってきます。ハル、キャロル、そして(おそらくは)トミーの3人が体内にもっている、精密な、同時にきわめて人間的な時計の針が重なって、なんとも気持ちのよい一瞬が生みだされているのです。

f0147840_4461860.jpg
セッション・ギタリストたち 左からハワード・ロバーツ、トミー・テデスコ、レイ・ポールマン

スタジオ・プレイヤーというのは、スーパー・プレイができるから仕事をもらうのだと思っている人たちがいるようですが、そんなことはありません。もちろん、求められれば、世に「ギターヒーロー」などもてはやされている素人衆がやるようなプレイなど、あっさりやってのけますが、そんなことは「業務」のごく一部、たまにやってくれといわれる隠し芸みたいなものにすぎません。彼らのもっともだいじな能力は、楽曲、プロデューサー、アレンジャー、シンガー、そしてだれよりもリスナーが求める、心地よいサウンドをごく自然に生みだす能力です(さらにいえば、制限時間内に、つまり予算の範囲内でそれを実現することもまた重要ですが)。

ハリウッドの、いや、当時のアメリカ音楽をリードしたエース・プレイヤーたちが、いたって「賭け金の低い」ところで、まったく気負わず、ごく当たり前のように、ひょいとやってみせた、非常にナチュラルなグルーヴがPocketful of Miraclesにはあります。それが歌詞の内容とよくマッチしたために、わたしには忘れがたい曲となったのです。

★  ★  ★  ★  ★
そんな予定ではなかったのですが、フランク・シナトラ盤Pocketful of Miracles、フランク・キャプラの映画『ポケット一杯の幸福』、およびそのオリジナルである『一日だけの淑女』、そして、この二作の原作であるデイモン・ラニアンの短編「マダム・ラ・ギンプ」にふれる余裕がなくなってしまったので、残りは明日に持ち越しとします。この曲、この映画、そしてこの原作は、いずれも長年のフェイヴァリットなので、話はどんどん長くなっていくのです。

それから、明日も忘れてしまう恐れがあるので、いま、ここに押し込んでおきますが、ハーパーズ盤Pocketful of Miraclesのアレンジャーはペリー・ボトキン・ジュニアです。

f0147840_705255.jpg
The LP label of Harpers Bizarre's 2nd album "Anything Goes", Warner Brothers WS 1716.

by songsf4s | 2007-12-04 01:04 | クリスマス・ソング
Sleigh Ride by Avalanches
タイトル
Sleigh Ride
アーティスト
Avalanches
ライター
Leroy Anderson, Mitchell Parish
収録アルバム
Ski Surfin'
リリース年
1964年
他のヴァージョン
The Ronettes, the Ventures, Herb Alpert & the Tijuana Brass, Johnny Mathis, Andy Williams, Jack Jones, the Three Suns, Ferrante & Teicher with Les Baxter, Leroy Anderson, America, Chicago, Ray Conniff, the California Raisins, Ella Fitzgerald
f0147840_181649.jpg

本日から年内いっぱい、あるいは年を越してクリスマス飾りを片づける新年七日あたりまでは、当たり前ながら、クリスマス・ソング特集をします。例によって、60年代のポップ/ロック系のもの、(ときにはおそろしく)古いスタンダード、さらには日本のものもまじえて、ごたまぜ状態になるはずです。

トップをどれにするかはさんざん悩みましたが、このところ、ハル・ブレインが登場していないことに気づき、彼が叩いたトラックを選びました。この曲に関しては、アヴァランシェーズのほかに、ロネッツおよびハーブ・アルパート&TJBのヴァージョンでもハルがプレイしたことがわかっています。

このSleigh Rideが収録されたアヴァランシェーズの唯一のアルバム、Ski Surfin'は、右のリンクからいけるAdd More Music to Your Dayの「レア・インスト」ページで入手することができます。LPリップで、192KbpsのMP3です。最近、ようやくCD化もされたようです。

◆ クリスマスらしい脳天気な歌詞 ◆◆
アヴァランシェーズはインストゥルメンタルでやっていますが、有名な曲なので、いちおう歌詞をざっと見ておきます。たいした意味はないし、むやみに長いので、すべてのヴァースは見ません。これだけヴァージョンが多いと、そちらにエネルギーをとられるわけでして。

ジェンダーをどちらにするかという問題もありますが、わたしは男なので、男が女の子に呼びかけるということにさせていただきます。女性シンガーが歌ったほうがいいようにも思うのですが、何度か文章上の性転換をやって、もう懲りているのです!

Just hear those sleigh bells jingling, ring ting tingling too
Come on, it's lovely weather for a sleigh ride together with you
Outside the snow is falling and friends are calling "yoo hoo"
Come on, it's lovely weather for a sleigh ride together with you

f0147840_275267.jpg「スレイ・ベルがチリンチリンと鳴っているよ、さあ行こう、きみと橇滑りをするにはもってこいの天気だ、外は雪が降って、友だち連中がヤッホーと呼んでいる」

べつに問題になる箇所はないでしょう。そのまんまの歌詞です。歌詞からいって、サウンドはノリがよく、勢いのあるものにする必要があることがよくわかります。スロウ・バラッドにはぜったいにならないでしょう。

コーラス。

Giddy yap, giddy yap, giddy yap
Let's go, Let's look at the show
We're riding in a wonderland of snow
Giddy yap, giddy yap, gidd yap
It's grand, just holding your hand
We're gliding along with a song of a wintry fairy land

「ほら、ほら、ほら、さあ行こう、雪を見よう、雪のワンダーランドで橇滑りさ、きみの手を握っているだけですごくいい気分だ、冬のフェアリー・ランドの歌に合わせて橇滑り」

f0147840_29510.jpg馬鹿馬鹿しくなってきたので、つぎのヴァースまで見て、あとは略します。どちらにしろ、このへんまでしか歌わないシンガーも多いのです。残りのヴァースは「品川心中」の後編状態で、60年代以降、歌っている人はほとんどいないでしょう。

Our cheeks are nice and rosy and comfy cozy are we
We're snuggled up together like two birds of a feather would be
Let's take that road before us and sing a chorus or two
Come on, it's lovely weather for a sleigh ride together with you

「ぼくらの頬はすっかり薔薇色、暖かくて気持ちがいい、同じ仲間の二羽の鳥みたいにくっついている」

すでに見たのと同じラインは略しました。まあ、意味については見ての通りのたわいのないものです。ただし、音韻としては歌っていて気持ちがよく、昔のプロフェッショナルらしい歌詞といえるでしょう。

◆ 大雪崩プロジェクト ◆◆
アヴァランシェーズはスタジオ・プロジェクトで、このSleigh Rideが収録されたSki Surfin'というアルバムがあるだけです。

クレジットは以下の通り。

Wayne Shanklin, Jr.……producer
Al Delory……piano
Billy Strange……guitar
Tommy Tedesco……guitar
Wayne Burdick……guitar
David Gates……Fender bass
Hal Blaine……drums
Engineer……Stan Ross, Gold Star Studio, California

f0147840_2104514.jpgビリー・ストレンジはおそらくダンエレクトロ6弦ベース(ダノ)もプレイしています。ウェイン・バーディックという人は、ギターとなっていますが、ペダル・スティールのほうで、ギター・ソロはとっていないでしょう。アル・ディローリーは、ピアノ、フェンダー・ピアノ、オルガンをプレイしています。

わたしはギター・インストが大好きなのですが、なかでも、このアヴァランシェーズのSki Surfin'は三本指に入ると考えています。ビリー&トミーという最強のギター・デュオが豪快にプレイし、ハル・ブレインが遠慮なしに叩きまくっているのだから、文句がありません。

また、アル・ディローリーがかなりいいプレイヤーであることが、この盤でわかります。アル・ディローリーは数多くのセッションに参加していますが、彼がソロをとったことが確実にわかっているものはすくなく、このアルバムを聴いて、手数は少ないものの、じつにいいラインを弾く人だとわかりました。このセンスが、のちにグレン・キャンベルのヒット曲における、アル・ディローリー節とでもいいたくなる、上品なアレンジメントにつながったと思います

f0147840_2115417.jpgSki Surfin'というアルバムの最大の魅力はビリー&トミーという、一時期のヴェンチャーズを支えた二人が顔をそろえたことですが、アル・ディローリーが随所でいいプレイをしていることが変化をもたらし、このアルバムを飽きのこないものにしています。このSleigh Rideで主としてリードをとるのはアル・ディローリーです。

ビリー&トミーのコンビがギターだと書きましたが、三回のセットのうち、両者がともに弾いたのは二回だけで、残りはどちらか一方だけではないかと思われます(三時間のセットを三回やって、九時間でアルバム一枚を録音するのが当時のハリウッドの常識だったことは、すでに何度かふれています)。おそらく、ビリー・ストレンジが二セットしかやっていないのだとわたしは考えています。

このSleigh Rideも、オブリガートやソロを弾いているときは、カッティングが聞こえなくなるので、ギターはひとりだと推測されます。トミー・テデスコではないでしょうか。アタッチメントを使ったのではない、自然な歪み(矛盾した表現であることは承知しているのですが、ほかにいいようがないのです!)を利用した音色で、ワイルドなオブリガートを入れているのがなかなか魅力的です。64年の録音ですから、キンクスのYou Really Got Meと同じ年です。ほぼ同時期に、同じようなギター・スタイルが英米で生みだされていたことになります。

アヴァランシェーズのSki Surfin'は、ある一点でちょっとした歴史的重要性があるのですが、それについては後述します。

◆ ハル・ブレインならではのブラシ ◆◆
他のヴァージョンの検討に移りますが、まずはハル・ブレインがプレイした残りの二曲。最初はロネッツ盤。もちろん、いまでは大古典となったフィル・スペクターのクリスマス・アルバムに収録されたトラックです。

f0147840_215361.jpgフィル・スペクターが一曲一曲、それぞれをシングルのように精魂傾けてつくったアルバムなので、悪いトラックがあろうはずがなく、ロネッツのSleigh Rideもなかなか魅力的です。ハル・ブレインはこの曲ではブラシを使っていますが、よくあるソフトなブラシのプレイではなく、ハード・ヒットしているところが、いかにも彼らしいところです。

ハル・ブレインは、チャンスさえあれば、つねに他人とはちがうことをしようとする人ですが、こういうブラシの使い方も、彼が発明したのだと考えています。ロックンロール時代にふさわしいブラシです。もちろん、ブラシでもハル・ブレインのグルーヴに変化はなく、楽しいプレイになっています。とくにイントロは、ブラシの「返り」を計算したきれいなスネアが聴けます。ときおり入れる強い「フラム」によるアクセントも文句なし。

f0147840_2171416.jpgロニー・スペクターは元気のよさが身上の人なので、こういうアップテンポで明るい曲は合っています。もちろん、スペクターの判断なのでしょうが、このロネッツ・ヴァージョンはコーラスをまったく歌っていません。ヴァースだけなのです。かわりに、変化をつけるため(なにしろ、ヴァースだけだと、C-Am-F-Gとおそろしくシンプルなのです)、半音転調を繰り返して、どんどんキーが上がっていきます。Cではじまったものが、最後はFになっているのだから(そのときには、もうロニーの出番は終わって、バック・コーラスだけになっていますが)、馬鹿馬鹿しいくらいの転調です。

しかし、なんだってコーラスを切り捨ててしまったのか、だれか(下獄する前に!)スペクターに理由をたしかめてくれるといいのですが。

◆ ハーブ・アルパートおよびヴェンチャーズ ◆◆
f0147840_2334811.jpgハル・ブレインが叩いたもう一曲、ハーブ・アルパート&TJBのヴァージョンは、あまりTJBっぽくない、聖歌隊風コーラスによるイントロがついています。ハル・ブレインが入ってくると、TJBらしくなるのですが、ストップ&スタートとそれに伴うテンポ・チェンジを繰り返すアレンジで、プロならでの「地味なうまさ」も聴きどころになっています。

しかし、このヴァージョン、あまりSleigh Rideに聞こえません。冒頭のフレーズだけを取り出して、それをテーマにべつの曲をつくった、という印象です。ハルの曲としてみるなら、キックのサウンドと正確さ、そしてテンポ・チェンジにおける、彼のいう「コマンド」、つまり、リーダーシップが注目でしょう。

f0147840_2241031.jpgインストを先に片づけてしまいます。有名なのはヴェンチャーズ・ヴァージョンです。これは65年にリリースされた、彼らのクリスマス・アルバムのオープナーで、あの年のクリスマスには、イヤってほど町じゅうで流れていましたし、いまでもよく耳にします。なかなか印象的な出来で、このアルバムが日本でヒットしたのも当然だと感じます(ビルボード・アルバム・チャートでも9位までいくヒット)。

このアルバムの特長は、各曲のイントロに、有名な曲のイントロをはめこんでいることです。Sleigh Rideはオープナーなので、彼ら自身の大ヒット曲であるWalk Don't Runのイントロが使われ、全体のアレンジもWalk Don't Runを彷彿させるものになっています。

この盤のパーソネルは、わたしにはよくわかりません。はっきりしているのは、ベースがデイヴィッド・ゲイツだということだけです。これはアヴァランシェーズと比較すれば、簡単にわかります。

しかし、ギターはだれでしょう。ビリー・ストレンジかと思った時期もあるのですが、最近はそうではないというほうに傾いています。かといって、ヴェンチャーズ・セッションに参加したことがわかっている他のプレイヤー、トミー・テデスコ、グレン・キャンベル、ジェイムズ・バートン、キャロル・ケイなどには聞こえません。

f0147840_235018.jpg消去法でいくと、The Ventures Play the Country Classicsでリードをとったトミー・オールサップがいちばん近いような気がします。それは、主としてCountry ClassicsのPanhandle Ragが、Sleigh Rideのプレイに似ていると感じるためです。

ものを知らない小学生だったわたしは、たとえば、Rudolph the Red-Nosed ReindeerにI Feel Fineのイントロとアレンジを応用したことなどに、ひどく感心しました。しかし、大人になると、それほど単純な話ではないことがわかってきました。

まず第一に、過去のヒット曲のイントロやアレンジをクリスマス・ソングに応用する手法は、すでに63年にフィル・スペクターがやっています。たとえば、ロネッツが歌ったFrosty the Snowmanには、彼女たち自身の大ヒット曲、Be My Babyのイントロとアレンジが使われているのです。

では、フィル・スペクターから直接にヴェンチャーズにつながるかというと、そうではなかったと思われます。63年のスペクターのクリスマス・アルバムと、65年のヴェンチャーズのクリスマス・アルバムのあいだに、アヴァランシェーズのSki Surfin'があるのです。このアルバムはミッシング・リンクだと感じられます。なぜなら、アヴァランシェーズのSleigh Rideには、レイ・チャールズのWhat'd I Sayのイントロが利用されているのです。

フィル・スペクターがはじめたことが、翌年、「スペクターのバンド」を形成していたプレイヤーたちのスタジオ・プロジェクトであるアヴァランシェーズに受け継がれ、さらに翌年、ヴェンチャーズのクリスマス・アルバムで、大々的に利用されることになった、という道筋が、アヴァランシェーズのアルバムを聴いたことで見えてきました。

しかし、このクリスマス・ソングのアレンジの問題には、まだつづきがあります。フィル・スペクターを創始者としたかつての判断は、いくぶん修正する必要があるのではないかと考えるようになってきたのです。そのへんについては、White Christmasを取り上げるときに、もう一度検討する予定です。

◆ その他のインスト・ヴァージョン ◆◆
f0147840_2362773.jpg残りのインストもので出来がよいのは、なんといっても、この曲の作者であるリロイ・アンダーソンのものです(リーロイと発音する場合はあるが、一般に使われている「ルロイ」の表記には賛成できない)。音像に広がりと奥行きがあり、派手で明るくて、わたしの好みであるばかりでなく、この曲にふさわしいアレンジになっています。

スリー・サンズ盤は、チューバなどが使われ、ちょっと珍なアレンジです。しかし、チューバが活躍しないところは、それなりに聴けます。アレンジが引っかかるだけで、ひとりひとりはうまいのです。しかし、このアレンジはいくらなんでもちょっと……。

ファランテ&タイチャーとレス・バクスター・オーケストラの共演盤は、可もなし不可もなしの出来。ピアノ・デュオというものが、そもそも、それほど面白いものではないだけかもしれませんが、レス・バクスター・オーケストラのほうも、とくに活躍しているわけではありません。

◆ ヴォーカル・ヴァージョン ◆◆
f0147840_2391755.jpgヴォーカルものに移ります。とくに出来がよいと感じるのは、アンディー・ウィリアムズ盤です。いや、歌は知ったことじゃないのですが、サウンドの出来はこのヴァージョンが、ロネッツについでよいと感じます。アンディー・ウィリアムズはハリウッド以外の土地でも録音しているようですが、このスケール感はハリウッドのものでしょう。

f0147840_2415919.jpgつぎにサウンドがいいのは、ジャック・ジョーンズ盤。リロイ・アンダーソンについでスケール感のある大きなサウンドになっています。

カーペンターズは、悪くはないものの、とくに好きということもありません。

ジョニー・マティスのヴォーカル・スタイルは、こういう軽快で楽しい曲にはあまり向いていないと感じます。サウンドはとくにどうということなし。

レイ・コニフは、インストではなく、大人数のコーラスでやっています。オーケストラの派手なサウンドがないと、べつに面白くもない人で、これはご家庭向き安全安心ヴァージョンという印象。

f0147840_3304747.jpgいままでにちょっとほめたことが一度あるだけで、あとはボロクソにいっているエラ・フィッツジェラルド盤は、意外にいい出来です。たぶん、録音が古く、おばさんのねちっこい歌い方になる前だからでしょう。あまりいじらずに(でも、ちょっとだけ、曲を「いじめて」いるところもやはりある)、比較的(あくまでも比較的!)素直に歌っています。

アメリカとシカゴは、って、地理の話じゃなくて、グループ名ですが、両者ともにキャリア末期の悪あがきクリスマス・アルバムという印象で、割りたくなるような、火にくべたくなるような、ムッと不機嫌になり、額に青筋が立つような出来です。晩節をきれいにまっとうすることができないのは、人であれ、グループであれ、なんとも悲しいことです。まあ、もとからたいしたもんじゃないから、勢いがなくなると粗ばかりが目立つようになるだけですが。

ぐるっとまわってアンディー・ウィリアムズ盤にもどったら、やっぱり、イントロが流れた瞬間、お、これはいい音だ、と感じました。アンディー・ウィリアムズ盤の出来がいいのか、アメリカとシカゴがひどすぎるのか、そのへんはよくわかりませんが。

もうひとつ、カリフォルニア・レーズンズという、人を食ったというか、人に食われたというか、妙なアーティストのヴァージョンがまじっていますが、これはレーズン会社の宣伝用アニメのキャラクターです。まじめにやっているのですが、そこが問題で、たんなるいまどきのサウンドです。ふまじめにやれよ、ふまじめに。

アヴァランシェーズ、ロネッツ、ヴェンチャーズ、アンディー・ウィリアムズの4種があれば十分でしょう。よい子の皆さんと、堅気の大人は、わたしみたいに、こんなにたくさん集めて一晩で聴くような、ヤクザの真似はなさらないように。
by songsf4s | 2007-11-28 01:08 | クリスマス・ソング
Beyond the Reef by the Ventures
タイトル
Beyond the Reef
アーティスト
The Ventures
ライター
Jack Pitman
収録アルバム
Another Smash!!!
リリース年
1961年
他のヴァージョン
The 50 Guitars, 山口淑子(李香蘭), Marty Robbins, Elvis Presley
f0147840_22235189.jpg

◆ 初期ヴェンチャーズ・セッション ◆◆
このBeyond the Reefは、1961年リリースのサード・アルバムに収録されました。デビューからこのあたりにいたる時期の「ヴェンチャーズ」セッションの主要メンバーは、以下のように考えるのが妥当でしょう。

・ビリー・ストレンジ:リード・ギター
・(場合によって、トミー・テデスコ:セカンド・ギター)
・キャロル・ケイ:リズム・ギター
・レイ・ポールマン:フェンダー・ベース
・ハル・ブレイン:ドラムズ

f0147840_22243195.jpgメル・テイラー(手前)とハル・ブレイン

もちろん、こんな簡単な話ではなく、時代が下るにつれて、ここにさまざまなプレイヤーたちがからんできます。からんでいないのは、ツアー用ヴェンチャーズだけ、といっていいくらいです(冗談ですよ、そんなに青筋立てないで)。とにかく、これがデビューから2ないし3年のあいだ、ヴェンチャーズの盤をつくった人たちです。メル・テイラー加入後は、ハル・ブレインのトラックは減少していきます。

ギタリストとしてはほかにグレン・キャンベル、ジェイムズ・バートン、デイヴィッド・ゲイツ(ベースも)、トミー・オールサップ(Country Classicsのみか)らの名前が、データやうわさ話に出てきています。

◆ シンプルな編成 ◆◆
アルバム全体を見ると、ヒット曲Lullaby of the Leaves(木の葉の子守唄)、日本のアマチュア・バンドが好んだBulldog、わたしの好きなLonely Heartをはじめ、みなギターは2本で、4ピースのバンドに、曲によってはストリングスやコーラスをかぶせるという構成です。この盤では、トミー・テデスコは弾いていないだろうと思います。

f0147840_22273839.jpgBeyond the Reefもこの4人による録音と考えられますが、リードとリズムのほかに、この曲だけは、スティール・ギターないしはふつうのギターのオブリガートが聞こえます。これが微妙で、確信をもてないので、突っ込み大歓迎ですが、スライド・バーを使ってふつうのギターを弾いた可能性も否定できません。ハーモニクスやミュートしたアルペジオが中心で、たまに音の尻尾がスライドすることがある程度にすぎず、ペダル・スティールやラップ・スティールでなければ不可能というプレイではないのです。いや、ペダル・スティールにはさわったこともないので、このへんはあまり自信がないのですが、わたしは、ビリー・ストレンジがオーヴァーダブしたのではないかと考えます。

どうであれ、ビリー・ストレンジはスロウな曲を非常に得意としているので、ここでもていねいなピッキングと、ゆったりした間合いのコード・プレイを聴かせてくれています。

◆ さてお待ちかね、50ギターズ登場 ◆◆
ヴェンチャーズというプロジェクトが大成功したせいか、60年代のハリウッドでは、同様のギター・インストゥルメンタル・プロジェクトが大量に簇生しました。雨後の竹の子のマット・グロッソ状態という感じで、このジャングルのごとき分野の研究だけで、一生を終えることもできるほどです。

サーフ・インストも、このマット・グロッソの一部といえますが、サーフ/ドラッグではないインストもたくさんあり、ワン・ショットのものもあれば、シリーズ化されたものもあります。長寿シリーズのチャンピオンがヴェンチャーズ――じゃなくて、エキゾティック・ギターズと50ギターズです。

f0147840_22305950.jpgアル・ケイシーがリードを弾いたエキゾティック・ギターズに関しては、右のリンクからいけるAdd More Music To Your Dayの看板番組である「レア・インスト」で(MP3つきで)全貌を知ることができますが、50ギターズは数枚しか聴いたことがなく、全体像は謎に包まれています。

でも、いいニュースがあります。Add More Musicでは、まもなく、かどうかはわかりませんが、いずれいつか、50ギターズを公開するそうです。Kセンセのていねいなマスタリングは、本家本元のビリー・ストレンジ・オフィシャル・ウェブ・サイトでも評判になったくらいで、インターナショナルな定評がありますから、じつに待ち遠しいかぎりです。

◆ 国境の南のそのまた西 ◆◆
50ギターズについてこれまでに知りえたことを並べると、これはトミー・“スナッフ”・ギャレットのプロジェクトで、初期にはローリンド・アルメイダがリードを弾いたが、途中からトミー・テデスコに交代し、大部分の盤はテデスコがリードを弾いたらしい、アール・パーマーがドラム・ストゥールに坐った盤もある、といった程度です。

f0147840_223736100.jpg
トミー・“スナッフ”・ギャレット(口ひげ)とトミー・テデスコ。ひょっとしたら50ギターズのセッションか?

プロジェクト名が示すとおり、多数のギタリストが動員されていますが、50本はいくらなんでもサバ読むなこのヤローで、十数本だろうと思います。最近はあまり見ないのですが、昔はよくマンドリン合奏というものがあって、多数のマンドリン・プレイヤーがユニゾンでプレイしていましたが、あれをギターに置き換えたようなものを想像していただければ……って、マンドリン合奏そのものが、もうわからないですよねえ。

ま、とにかく、多数のギター・プレイヤーがトレモロで、オブリガートやカウンターメロディー、ときにはメロディーそのものを弾いているわけです。多数のアコースティック・ギターがシングル・ノートで弾くと、サステインが短く聞こえ、ブツ切れの音になってしまうので、それを回避するために、マンドリン合奏と同じように、トレモロ・ピッキングをする、というのはギタリストならどなたにもご了解いただけると思います。

ここにパーカッション類やベース、ときにはドラムズを加えたものの上に、ガット・ギターのリードがのっかる、というのが基本パターンです。エレクトリックなギター・インストとはかけ離れたもので、マンドリン合奏のギター版というほうがはるかに近いでしょう。

したがって、初期は地味だったのですが、トミー・テデスコがリードになってからは、アレンジも複雑になり(Beyond the Reefが収録されたReturn to Paradiseのアレンジャーはアーニー・フリーマン。よくこんなふつうではない編成のアレンジができるものだと感心します)、装飾音が増え、トミーも派手なプレイを展開するので、ぐっと楽しくなります。テレキャスターだとちゃらんぽらんなプレイをするとき(ラウターズのLet's Go)がある人ですが、ガットをもたせると、マラカスをもった植木等のように人格が一変し、気合いの入ったプレイをします。

f0147840_22464498.jpg
トミー・テデスコとガット・ギター。右肩はレッド・スケルトンのサイン。「感謝をこめて」とある。

はじめて聴いたとき、サム・ペキンパーの『ワイルド・バンチ』を思いだしたぐらいで、50ギターズのどのアルバムも、なんとなく国境の南みたいな響きになっています。この曲は、それではちょっとぐあいが悪く、すこし経度を西にずらすために、オール・ゾーズ・エキゾティック・パーカッションズのみならず、スティール・ギターも加えられています。当たるも八卦当たらぬも八卦、印象だけにもとづく憶測を述べると、わたしはアヴァランシェーズのペダル・スティールを思いだしました。ウェイン・バーディックという人のプレイかもしれないと感じます。

なんにせよ、文句なしに楽しいサウンドで、同じアルバムに収録されたエキゾティカ・クラシックのQuiet Villageなんか、ドラムが活躍することもあって、おおいに盛り上がります。星の数ほどある各種Quiet Villageのなかでも三本指に入れてよい出来です。Beyond the Reefも、多人数のアンサンブルを好む方には、ヴェンチャーズより50ギターズのほうが面白いかもしれません。

◆ トミー・テデスコのセッション・ワーク ◆◆
トミー・テデスコのガットを聴いたことのない方には、以下の曲での彼のプレイをお聴きになるようにお奨めします。

Elvis Presley "Memories"
Gary Lewis and the Playboys "Sure Gonna Miss Her"
The Association "Rose Petals, Incense and a Kitten"
The 5th Dimension "Up, Up and Away"

トミー・テデスコは過去の仕事にあまり関心がないタイプのプレイヤーで、自伝でもそれほど多くは語っていません。しかし、ハル・ブレインの談話によると、エルヴィスのMemoriesにはいくぶんの思い入れがあるようです。

ある夜、トミーがハルのところに電話をかけてきて、「なあ、いま車でラジオをかけていたら、Memoriesが流れてきたんだ。オレそっくりのプレイでな、なんだか泣けてしかたなかった」というのだそうです。

ハルは「それはそうだろう、あれはおまえのプレイだ。俺たちはいっしょにエルヴィスのセッションをやったじゃないか」と答えたとか。これを読んでもらい泣きしそうになりました。Memoriesでのトミーは、泣きたくなるほど素晴らしいのです。
by songsf4s | 2007-07-26 22:55 | 夏の歌