人気ブログランキング |
タグ:ジョージ・マーティン ( 3 ) タグの人気記事
大滝詠一、フィル・エヴァリー、そして2パート・ハーモニー その6
 
(承前)
ビートルズのハーモニーを検討するのはこの稿の主眼ではないのだが、直感的に、はっぴいえんどの「12月の雨の日」につながりそうな気がするので、If I Fellのコードとメロディーとハーモニー・ラインの関係を少しだけ見てみる。

しかし、よりによって面倒な曲を選んでしまったものだ。ギターやらハーモニーやらにあまり興味のない方は、今回は読まないほうがいいだろうと思う。われながら、かったるい話題だと認めざるをえない。

The Beatles - If I Fell


以上は、このシリーズで三回目の登場となるクリップ。近ごろは、ギターをコピーしたインストラクション・クリップがずいぶんあがっていて、この曲のものもいくつかあったので、つぎはそれを貼り付ける。前置きが長いので、そのあたりは飛ばした方がいいと思うが。

If I Fell- The Beatles Guitar Lesson


ほかにもっと簡潔なクリップがあるのに、これを貼り付けた理由は、この人がやっているように、F#mとEmの中間に、もうひとつコードをはさんだほうがいい、すくなくとも、そのほうがジョン・レノンのパートには合う、という理由からだ。

ジョンが単独で歌う前付けヴァース(これをイントロと呼ぶ人がいるが、それはちょっと違う)は、コードは変な進行だが、ハーモニーはないので略す。

ヴァースのコード進行は、

D→Em→F#m→(Fdim)→Em7→A

パーレンに入れたFdimは、略す人のほうが多い部分で、たった二音のメロディーとハーモニーに追従させているだけなので、なくてもとりあえず曲の流れに大きな影響は与えない。ただし、ここは、この曲のもっとも変な箇所で、特徴的ではある。

また、Em7のセヴンスの音は、なくてもかまわないタイプではなく、ポールのラインがセヴンスの音(レ)なので、ないと音をはずしたような気分になり、歌いにくいだろう。ギターと歌の分散和音になってしまう。

ここの歌詞は

If I give my heart to you

となっている。前付けヴァースを歌ったのはジョンだが、ヴァースに入ったとたん、ポールがメロディーを乗っ取り、ジョンは下のハーモニーに移動する。

ポールは、If I give my heart to youを、

シ、レ♭、レ、ミ、レ♭、シ、レ

と歌っている。それに対して、下のハーモニーにまわったジョンは、

レ、ミ、ファ#、ソ、ラ、ラ♭、ソ

と歌っている。

これはやっぱり変だ。

いや、前付けヴァースの摩訶不思議なコード進行とは異なり、D→Em→F#mという移動はノーマルである。

メロディーとハーモニーの関係は多少イレギュラーだが、ジョンのハーモニー・ラインは、メロディーに追随せず、素直にコードの動きにしたがって3度をたどっているだけなので、奇妙ではない。

問題はFdimを中心として、その前後だ。ここは、ううむ×3ぐらいで、コードをコピーできず、譜面を見た。Fディミニッシュなんてものが出現したのには、それなりの理由がある。

先に比較的単純なことを片づけておく。「to you」のところで、ジョンはyouに向かって下降し、ポールは逆に上昇する。ここがまず耳を引く。が、問題はさらに複雑だ。

上記のポールとジョンのラインのうち、このto youのtoの音は、ポールは「シ」、ジョンは「ラ♭」である。「シ」と「ラ♭」でどうやってハモったんだと思うが(Eメイジャーに行けば解決、と思うが、そのつぎがEm7なので、それはそれでイレギュラーな動きになる。いや、それでいいのか。目下夜中で音を出せず、後刻確認する)、Fディミニッシュをはめこむと、この2音は同居可能なのである。

If I Fellという曲のヴァース冒頭を聴き、おや、変わった曲だな、と感じるのは、この「シ」と「ラ♭」の同居のせいなのだ。ハモっていると感じるか、はずれていると感じるかは、聴く人の好みで決まる、なんていいたくなるような和音だ。

Fディミニッシュというコードにおいて、ジョンの歌う「ラ♭」は3度のフラット、つまり、マイナーである。印象に反して、ノーマルな音だ。

それに対して、ポールが歌う「シ」は、5度のフラットである。ぜんぜんノーマルではない。

5度のフラット(flatted 5th)というのは、どういうものかご存知だろうか? ビーバップを特長付けた音なのである。

ビーバップというスタイルは、かつて不協和音とみなされていた音の組み合わせも、和音として取り込んで、モダン・ジャズのテンション満載和声の基礎となったことで知られている。

5度のフラットというのは、つまり、かつては和音を構成する音とは考えられていなかったのである。

ビーバップのこの5度のフラットにインスピレーションを得て、ひとつの音楽ジャンルを発明した人もいる。アントニオ・カルロス・ジョビンである。

トム・ジョビンが創始したボサ・ノヴァという音楽は、ギターを弾く人ならご存知のように、ディミニッシュやシックススやメイジャー・セヴンスといった、ルートの感覚を混乱させるコードを多用し、聴き手の気分をつねに宙ぶらりんの状態におく、風変わりな進行を特長としている。

ビートルズに戻る。

ここでFdimを使うかどうかは微妙で、ビートルズがどう弾いているのか、何度聴いても確信がもてない。たぶん、使っていないのではないかと思う。

たんに、ポールのメロディー・ラインとジョンのハーモニー・ラインを矛盾なく同居させようとすると、和声理論からはここにFdimをおくべきだ、というにすぎない。さらに云えば、Fdim→Em7という流れは、なかなか好ましい遷移でもある。「きれいな響き」と云うと、云いすぎかもしれないが。

いやはや溜息が出る。

バディー・ホリーやエルヴィス・プレスリーやエヴァリー・ブラザーズから出発して、なぜ、あっという間にビーバップまで跳躍してしまったのだ? ポピュラー音楽という、印象に反して、じつはきびしいルールに縛られた、真四角な箱の外に、ほとんどこぼれかけているではないか。

64年だったか、渡英したヘンリー・マンシーニはテレビ番組に呼ばれた。たまたまその番組にはビートルズも出ていた。四人のリハーサルを聴いていたマンシーニは、なんだってこの連中はこんなコードを使うのだ、と驚き(その曲はほかならぬIf I Fellだったかもしれない)、ジョン・レノンをつかまえて、コードや編曲をやっているのはきみなのか、それともポールなのか、と尋ねた。

ジョンの答えは、「そういうことはジョージ[・マーティン]に任せている」だった。

いや、ほんとうのところはわからない。だが、ジョンとポールが「ここ、どうするよ?」と迷えば、ジョージ・マーティンがなにか提案、助言をしたのは、さまざまな証言から明らかだ。

このとてつもないシンガーにして、傑出したソングライターでもあったチームが、ジョージ・マーティンという、深い理解と豊かな教養の人に出会ったのは、天の配剤だった。

If I Fellという曲の変則性は、以上で検討したヴァースよりも、むしろブリッジ(ミドル8)のほうに明瞭にあらわれているのだが、たった一音の追求でもたっぷり時間を食われたほどで、これ以上踏み込むのは、書くわたしのみならず、お読みになるみなさんにも負担になるので、略す。

どちらにしろ、「ここは変わった響きで面白いな」と感じるのに、和声やポピュラー音楽史の知識など無用である。ビートルズの突出ぶりは、理屈からも裏づけられる、ということが云いたかったにすぎない。

かつてジャズがその道をたどったように、ポップやロックも、時間の流れとともに、さまざまな考え、さまざまな音が積み重なり、記憶をエコー・チェンバーとして、複雑なエコーを生みだしていく。

大滝詠一という人は、そのような、音楽史を刻む時計を体内にもって、われわれの前に姿をあらわした。次回は、やっとそこに戻れる。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう
by songsf4s | 2014-01-10 21:44 | 60年代
ビートルズのヴァリアント Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band Sessions
 
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandというのは、わたしにとっては変なアルバムです。

1967年の夏休みの直前に買ったのだと思います。わたしは全寮制の中学高等学校の生徒で、夏休みはむろん家に帰っていたのですが、クラブの合宿など、寮でもいろいろやることがあり、しばしば横浜南部の里山を切り開いたキャンパスに戻っていました。

寮には二カ所にオーディオ・セットがあり、暇な時間は、われわれはつねにスピーカーの前のソファに陣取って、ビートルズを聴いていました。ラジオでも、町中でも、ビートルズが流れていました。あれほどどこにいっても、ビートルズの新作が流れていた時期というのはありませんでした。

後年、ジョニー・リヴァーズの曲を聴いて、そうだったなあ、と思いました。クレジットは忘れましたが、ドラムはハル・ブレイン、ベースはジョー・オズボーン、この二人だけは聞き誤りようがありません。

Johnny Rivers - Summer Rain


このクリップの1:20あたりにAnd the jukebox kept on playing Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Bandというラインが出てきます。これだけで、1967年の夏、いわゆるSummer of Loveを回顧した歌だということがわかります(Summer Rainは68年にヒットした)。これを聴いて、ほんとうにどこにいってもペパーズが流れていたあの夏が鮮明によみがえりました。

しかし、人生は生きてみなければわかりません。あれほど興奮し、あれほど繰り返し聴いたペパーズは、いつのまにか、めったに聴かないアルバムになっていました。

つまり、あの時代をみごとに体現したということなのでしょう。そのときをすぎてしまうとリアリティーを失い、ビートルズのこれまでのスタンダードに照らし合わせれば出来のよくない楽曲に、びらびらのドレスを着せて厚化粧させただけに思えてきました。落ち着いてよく見れば、美人というわけでもないのね、という、あれです。

むろん、化粧と衣裳は女の命、もとい、アレンジとサウンドは盤の死命を制します。しかし、アレンジとサウンド「だけ」では、エヴァーグリーンにはなれないのだと、いまペパーズを聴くと索然たる思いをします。

f0147840_23525044.jpg

レコーディング技術の面では興味深いことがたくさん起こりますし、いわゆる「ビートルマニア」が女の子のものだったのに対して、ペパーズが巻き起こした、やはりある種のヒステリアのようなものは、男の子と男のものでした。そう考えるなら、ペパーズは彼らの「アイドル廃業宣言」といっていいでしょう(それでも同世代の少女のなかにはまだ熱烈なファンがたくさんいたが!)。

驚くべきことに、というか、当然というべきか、いまになってペパーズを聞き返すと、とくに好きな曲というのはありません。懐かしくはあるものの、それ以上のものではないのです。

しいていうと、Anthologyに収録されたこのテイクにはちょっと心惹かれました。

The Beatles - Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band (Reprise) (Take 5)


この曲も、いま聴いても、うんざりはしません。

The Beatles - Getting Better (Only Vocals,Bass & Drums)


このアニメーション、ほかの曲もあるのですが、要所要所できっちり音と手の動きをシンクさせてくるところが楽しめます。そういうディテールにこだわる人は多くはないですから。

このミックスは、クリップに説明のあるとおり、ドラム、ベース、ヴォーカルだけを使って、ギター、エレクトリック・ピアノ、シタールなどはオミットしています。

べつのマイナス・ミックス・クリップを貼りつけます。こんどはベースがオミットされています。

The Beatles - Getting Better down mix


完成品はとくに好きなわけではないのですが、つぎの曲は、バックトラックのみだと、なかなか楽しめます。

The Beatles - She's Leaving Home (track only)


こういうことというのは、マルチ・トラック・テープ、いや、ファイルをもっていれば、比較的簡単にできてしまいます。

ということで、そっと最後に、4トラックのうち、リード・ヴォーカルをのぞいた三つのトラックをおいておきます。

サンプル The Beatles "With a Little Help from My Friends" (track 1)

サンプル The Beatles "With a Little Help from My Friends" (track 2)

サンプル The Beatles "With a Little Help from My Friends" (track 4)

1はベースとタンバリン、2はドラム、ギター、ピアノなど、4はジョンとポールのバックグラウンド・ヴォーカルおよびギターのオブリガートです。

ふつうのマルチ・トラック・サウンド・エディターは、MP3ファイルではダメでしょうから、ここからWAVなどを起こさなければ、もう一度、ミックスすることはできません。差し障りがあるので、わざと音質を落とし、そして敷居を高くしているので、そのあたりはご賢察のうえ、ご容赦を願います。

f0147840_23533116.jpg

いずれにしても、自分でミックスをやってみたい、という方はほんの一握りでしょうし、これだけのトラックしかないと、バランシングについてはできることはそれほどたくさんはなく、各トラックをイコライザーなどで加工しないと、面白い別ミックスは作れないでしょう。

また、コンソールなら両手で操作できますが、ソフトウェアの場合、マウスでフェイダーの上げ下げをするのがふつうなので、リアルタイムの操作は困難です。キー・アサインによって、キーボードでフェイダー操作の可能なソフトウェアもあるかもしれませんが。

ブライアン・ウィルソンとGod Only Knowsについて話しながら、コンソールを操作するジョージ・マーティン


ジョージ・マーティンも、曲を分析するにはストリップ・ダウンするのが一番だといっているので、再構築をしないまでも、トラックをべつべつに聴いてみれば、なにか発見があるかもしれません。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ビートルズ(オフィシャル・リリース盤)
Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band
Sgt Pepper's Lonely Hearts Club Band


ビートルズ
アンソロジー(2)
アンソロジー(2)


ビートルズ(DVDボックス)
ザ・ビートルズ・アンソロジー DVD BOX 通常盤
ザ・ビートルズ・アンソロジー DVD BOX 通常盤


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band-Collector's ( ホワイト Tシャツ付スペシャル・エディション )
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band-Collector's ( ホワイト Tシャツ付スペシャル・エディション )


Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band-Collector's ( ブラック Tシャツ付スペシャル・エディション )
Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band-Collector's ( ブラック Tシャツ付スペシャル・エディション )
by songsf4s | 2011-10-20 23:54 | ブリティシュ・インヴェイジョン
ビートルズのヴァリアント Revolver Sessions
 
ビートルズのAnthologyは、フランク・ザッパのBeat the Bootシリーズと同じで、山ほどどころか、星の数ほども出まわっているブートの息の根を止めるための、ブート・バスターだったのでしょう。つまり「オフィシャル・ブート」です(もうひとつの目的はジョージ・ハリソンを経済的に援助するためともいわれていた)。

たしかに、ブートでおなじみのもの、たとえば、How Do You Do Itであるとか、Strawberry Fields Foreverの合成前テイクといった上澄みはもれなく、最高の音質で収録されましたし、さすがは本家のブート(ちがうか)と感心するものも出てきました。

いちばん気に入ったのは、この曲のこのヴァージョン。

The Beatles - And Your Bird Can Sing (vocal overdubbing onto take 2)


聴けばわかることを説明して恐縮ですが、つまり、ヴォーカルまで含めていちおうできあがったテイク2に、さらにふくらませるために、ジョンとポールだけでヴォーカル・オーヴァーダビングをおこなっているところです。

右チャンネルは二人のヴォーカルが完了しているもので(ジョンのヴォーカルはすでにダブルになっている)、新しい「ヴォーカル」(になりそこねた!)はセンターに定位されています。

どこに感銘を受けたかというと、元からあるジョンのヴォーカルの「When your prized possessions start to weigh you down」のdo-o-o-o-wnというジョンの声とヴォイス・コントロールです。思い起こせば、ジョンのこういうところが子どものころはたまらなく好きでした。

感傷とは異なったレベルでいうと、このアレンジはリリース・ヴァージョンよりずっとポップで、あとちょっとでシングルというところまでいっているのに、とも思いました。とくに12弦が効果的ですし、6弦のプレイを積み上げたレイヤーの響きもおおいに魅力的です。

おそらく彼らは、この万国旗びらびらの満艦飾ギター・レイヤーのきらびやかさが気に入らなかったのだろうと思います。Revolverで、彼らは実験的な音をめざしたのであって、ポップであることは過去に属していたのですから。

f0147840_23594941.jpg

どうであれ、わたしのほうは、こんな時期になってもまだ、ジョン・レノンはその必殺技を捨てていなかったことを知って、こりゃすげえ、と叫びました。つぎは、この失敗したオーヴァーダブ以前のものを聴きたいとせつに願いました。

ということで、つぎはそのオーヴァーダブ以前のテイク2を聴きます。こちらもユーチューブにあがっているのですが、このヴァージョンについては音質を重視したいので、サンプルにしました。

サンプル The Beatles "And Your Bird Can Sing" (take 2)

耳がビートルズに過適応しているのかもしれませんが、これを聴くと、なるほど、ヴォーカル・レイヤーはもう一層必要だ、と思います。すでにジョンはダブルですが、ここにジョンとポールのヴォーカルをもう一層載せれば、ギター・レイヤーとも釣り合いがとれ、じつに厚いサウンドになるにちがいありません。

このヴァージョンにたどりついて、あれ? と思ったことがあります。吹いてしまったテイク2では、ジョンはWhen your bike is brokenと歌っています。Anthologyのテイク2を聴いたときは、元々はbikeだったのが、のちに変更されてbirdになったのだと納得したのですが、笑い声なしのテイク2では、birdと歌っています。

bikeとしたのは、思いつきの冗談だったのかもしれません。あるいは元々はbikeだったのをbirdと変更して録音したのに、オーヴァーダブでまちがえて変更前に戻ってしまったのかもしれません。

ユーチューブに、このヴァージョンの「完成予想図」がありました。

The Beatles - And Your Bird Can Sing (take 2, fan mix)


ジョンとポールがオーヴァーダブ・セッションで吹かなければ、こういうものができあがっていたのではないか、というわけです。気持はよくわかります。ひどい音ですが、将来、ソフトウェアの改善によって、もっといい音でこういうことができるようになるかもしれません。

それでふと、ずっと昔、PCに関する論文(著者はアラン・ケイという人だった!)を読んだとき、いろいろ夢想したことを思いだしました。そのひとつは、いずれ、オリジナル・マルチ・トラックが売られるようになり、われわれは自分で好みのミックス・ダウンをして音楽を聴けるようになる、というものでした。

こんなこと、いまではその気になれば、すぐにできます。マルチ・トラックのファイル形式はサウンド・エディターによって異なりますが、たとえば、Audacityのようなフリーウェアをスタンダードにしようと定めてしまうか、ファイルにAudacityを同梱すればいいだけのことです。

ウェブでの配布でもいいし、先般のビートルズの24/96ファイルのように、USBなどのメディアでもかまいません。だれかやりませんかね? いや、どこかの会社でひそかに企画が進行しているかもしれません。

閑話休題。これにはいろいろな仮名がふられますなあ。「むだばなしはさておき」が多数派でしょうか。「それはともかく」というのも見た記憶があります。

てなことはさておき、もう一曲ぐらいはなんとかしましょう。とはいっても、もうサンプルにしたいものも見あたりません。ユーチューブを使って、好みのヴァリアントを少々あげるにとどめます。

The Beatles - Here, There and Everywhere (Take 14)


オーヴァーダブをする前に放棄したヴァージョンか、と思っていると、あとになってジョンとジョージのハーモニーが入ってくるところが、ちょっと感動的ですらあります。おおむねポールがひとりで歌うこのアレンジも悪くないと思います。

いまさらAnthologyのテイクを持ち出すのは気が引けますが、つぎの曲も最初に聴いたときは、これがボツは惜しいと思いました。

The Beatles - Got to Get You into My Life


あたくしはジョンのバッキング・ヴォーカルが大好きなので、この場合も、サウンドがどうとか、アレンジがどうとか、ポールのヴォーカル・レンディションがどうとかといったことは考えていなくて、ジョンがいいなあ、と思っただけです。

Revolverは微妙なアルバムだと昔も思ったし、いまも同じように感じます。まあ、あのような状態はいつまでもつづけるわけには行かず、ここらで大きな転換が必要だったことはたしかです。時代の要請もありました。

だから、変化したこと自体はけっこうだと思います。さはさりながら、デビューからRubber Soulまでの楽曲のレベルの高さを当然のことのように考えていたファンの多くは、Revolverで、やはり「あれ?」と感じただろうと思います。

f0147840_04963.jpg

このあとにSgt. Pepper'sがあることがいまではわかっているので、たとえRevolverそれ自体には納得がいかなくても、Pepper'sへの助走と見ることができますが、リリースの時点では、なんだか中途半端なものに感じました。

Rubber Soulまではかならずあった、ジョンのきわめてすぐれた曲というのが、このアルバムにはないというのも、気に入りませんでした。She Said, She Saidなどは子どものときにはそれなりに気に入っていましたが、それも相対的なことにすぎません。たとえば、A Hard Day's Nightに収録されていたら、目立たなかったでしょう。

驚いたことに、ジョンは自分の声が嫌いだったそうで、このアルバムあたりから、ジョージ・マーティンに声を加工するように要求するようになったとマーク・ルーイゾーンは書いています。

RainやTomorrow Never Knowsに、それがストレートに反映されることになりますが、ポップなAnd Your Bird Can Singが改変されてあのようになったのもまた、「チャーミングなジョン」をジョン自身が否定した結果ではないかという気がします。

かくして、わたしにとっては、ここからは「神々の黄昏」、長い下り坂となります。次回は、下り坂でぐっと一踏ん張りし、持ちこたえようとした四人の音楽を聴きます。Against the Fall of the Nightといいたくなりますが。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ビートルズ(オフィシャル・リリース盤)
リボルバー
リボルバー


ビートルズ
アンソロジー(2)
アンソロジー(2)


ビートルズ(DVDボックス)
ザ・ビートルズ・アンソロジー DVD BOX 通常盤
ザ・ビートルズ・アンソロジー DVD BOX 通常盤
by songsf4s | 2011-10-19 23:56 | ブリティシュ・インヴェイジョン