人気ブログランキング |
タグ:ジャック・ニーチー ( 2 ) タグの人気記事
何のためにというわけでもなくSurf Music Night―ジャック・ニーチー、リッチー・アレン、ホワット・フォー
 
あらすじというのはじつに面倒なもので、うまく、面白く書くには技術を要します。MovieWalker(というか、もとはキネ旬だが)みたいになっては、面白い映画もみな駄作に見える、というか、なにがなんだかさっぱりストーリーがわからなくなってしまいます。

森一生監督『薄桜記』(五味康祐原作)は、プロットが複雑で、しかも、面白みは話の展開にかかっているタイプなので、簡単にあらすじを書くわけにもいかず、ああでもない、こうでもないと頭のなかでこねまわしているうちに疲労困憊して、ツイッターとユーチューブに逃げました。

とりあえず、ジャック・ニーチーを聴いてみました。当たり前の曲で、あえて貼りつけるまでもないのですが、これが起点になったので、いちおう置いておきます。

Jack Nitzsche - The Lonely Surfer


ドラムはハル・ブレイン、ダノ・リードはビル・ピットマン、ギターはトミー・テデスコ、記憶しているのはそれくらいですが、大サーフ・クラシックなので、とくに付け加えるべきことはありません。

リッチー・アレン&ザ・パシフィック・サーファーズがカヴァーしているのかと思って、そのクリップを聴いてみました。

Richie Allen & The Pacific Surfers - The Lonely Surfer


というように、まったくべつの曲ですが、これはこれでなかなかけっこうなサウンドです。ドラムはアール・パーマーでしょうか。スネアのサウンド、プレイがアールに聞こえます。

べつの記事に書いたかもしれませんが、リッチー・アレンとはすなわちリッチー・ポドラー、ハリウッド録音のさまざまなギター・インストなどにクレジットされているギター・プレイヤーです。

当然、パシフィック・サーファーズというのも、スタジオ・プレイヤーたちに決まっています。ドラムはハル・ブレインかもしれません。

しかし、なんだか、聴いたような気もするので、検索してみたら、ちゃんともっていました。たんに記憶からとんでいただけでした。

もうひとつ、The Lonely Surferの関連クリップを聴きました。これが思わぬセレンディピティー、って、予想していてはセレンディピティーになりませんが。

The What Four - Gemini 4


アップローダーの説明によれば、リプリーズ・レコードのリリース、プロデューサーはディック&ディーディーだそうで、つまり、ハリウッド録音、プレイしたのはハリウッドのスタジオ・プレイヤー、ということまでは読みとれます。

ディック&ディーディーをいちおう聴きましょう。

Dick & Dee Dee - Thou Shall Not Steal


この曲のドラムはハル・ブレインでしょう。であるなら、というので、検索してみたら、Vinyl Highway: Singing as Dick and Dee Deeというディーディー・フェルプスの回想記に、ドラムはハル・ブレインかアール・パーマー、ベースはレイ・ポールマンかキャロル・ケイであると、ちゃんと書かれていました。

これでディック&ディーディーとレッキング・クルーの関係ははっきりしました。したがって、ホワット・フォーという、おそらくシングル1枚をリリースしただけで消えたグループも、いつものスタジオ・プレイヤーたちの仕事と考えて問題ありません。

ということで、案外な拾いもの、と思ったのも当然、「あのバンド」だからうまくてあたりまえ、というアンチ・クライマクスでした。

しかし、ほんとうはつぎの曲を聴こうかと思って、似たタイトルの曲に流れてしまっただけなのですが。

The Ventures - Gemini


これだけ完璧にプロフェショナリズムに徹したプレイとなると、ツアー用ヴェンチャーズなんかひとりも参加していないのは見え見えで、悲しいものがありますなあ。わっはっは。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ジャック・ニーチー
Lonely Surfer
Lonely Surfer


リッチー・アレン&ザ・パシフィック・サーファーズ
Surfer's Slide
Surfer's Slide


ディーディー・フェルプス著
Vinyl Highway: Singing As Dick and Dee Dee
Vinyl Highway: Singing As Dick and Dee Dee
by songsf4s | 2011-12-28 00:34 | Guitar Instro
The Best of Jim Gordon補足8 Gabor Szabo、バッファロー・スプリングフィールド、トム・スコット
 
今日はすでに笑ってしまうほどわずかな時間しか残っていないので、ちょっとジム・ゴードンの曲を聴くことにします。

もうまもなくシンデレラ・タイム、迷い箸をしている余裕はないので、1967年のアルバムに限定しました。

まず、おう、これもそうだったかと、ディスコグラフィーを見て思いだした曲から。たしか、ライノから出たボックス・セットにジム・ゴードンのクレジットがあったと思いますが、記憶曖昧なり。

調べずに書きますが、オーケストレーションはジャック・ニーチーだったと思います。それでフィル・スペクター風の音になったのか、はたまたゴールド・スター録音だったのか、悩んでいる暇はないので、さあ聴いた!

The Buffalo Springfield - Expecting to Fly


はじめて聴いたとき(日本ではリリースがおそろしく遅れ、はっぴいえんどよりあとで聴いたと思う。いや、つまり、はっぴいえんどのデビュー盤の献辞にバッファローの名前があるのを読んだあとで、バッファローの盤がパイオニアから遅れてリリースされ、それ、というので買った、という記憶なのだ)、これはすげえサウンドだ、と思いましたが、いま聴いても、さすがはジャック・ニーチー、と思います(いや、ニーチーじゃなかった場合、すごくバツの悪いことになるがwww)。

ジム・ゴードンのプレイについては、やはり「プリンス」といわれただけのことはあると感服します。アール・パーマーやハル・ブレインといった「キング」たちが、フィル・スペクターのセッションで見せた、「大きなドラミング」をジミーもやっています。

つづいて、Gabor Szaboとカリフォルニア・ドリーマーズ。ガボール・ザボって発音はないのですが、適切と思われる音訳をすると(そもそもハンガリー人は、姓、名の順だから、逆転しなければいけないし)、だれのことかわからなくなるので、原綴許されよ。

Gabor Szabo & The California Dreamers - White Rabbit

この盤を買ったときは、ジャズ系のエンジニアはドラムの録り方を知らないなあ、と呆れました。いや、正確にいえば、ドラムを強調したバランシングと、スネア・ドラムをシャープに鳴らすのがうまくない、という意味ですが。ジム・ゴードンが下手に聞こえたので驚きましたよ。

でも、まあ、その印象の半分は、このアルバムでちょっと叩いているジョン・グェランのトラックをジミーなのかと勘違いしたせいでもあるのですが。聴いてみます? 下手だから、頭を聴けば十分です。それだけで、このドラマー駄目だ、と結論が出せます。

Gabor Szabo & The California Dreamers - A Day in the Life


この三連! ドラムがあとから入っていく場合、最初のフィルインをカッコよく聴かせられないようでは、そのドラマーは望みはありません。舞台中央でおもいきりみえを切る場面なのに、そこでコケてどうするんですか。

ハル・ブレインやジム・ゴードンなら、そういう場面で、はずしてしまうようなトンマは絶対にしません。そこがホンモノとニセモノの決定的な違いです。

同じインパルスの、初期ジャズ・ロック・シリーズ、とでも名づけたくなる一連のアルバムでも、トム・スコットのほうが、いくぶんかましなサウンドでした。

と思ったのですが、ユーチューブにはこのアルバムのつまらない曲か、ひどい音のしかなくて、立ち往生してしまいました。しかたないので、すでにThe Best of Jim Gordonに入れた曲だし、音はよくないのですが、このトラックを。

Tom Scott with the California Dreamers - Blues For Hari


やっぱり、スネアの音がきちんと録れていなくて、タコなエンジニアです。これじゃあ、ドラマーが泣きますよ。

音質がよくなると、少しマシになるので、サンプルをアップしました。

サンプル Tom Scott "Honeysuckle Breeze"

なんだかあわただしいのですが、もうギリギリ、あと数分しかないので、これにて本日は幕。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


バッファロー・スプリングフィールド
アゲイン
アゲイン<SHM-CD>


トム・スコット
HONEYSUCKLE BREEZE
HONEYSUCKLE BREEZE
by songsf4s | 2011-11-25 23:58 | ドラマー特集