人気ブログランキング |
タグ:シャドウズ ( 3 ) タグの人気記事
【ブリティッシュ・ビート根問い】サーチャーズ篇6 1963年の6
 
◆ Saints & Searchers ◆◆
B面3曲目の作者はSugar and Spiceと同じくフレッド・ナイティンゲール、すなわちトニー・ハッチなので、サーチャーズがオリジナルと考えて大丈夫だろう。Sugar and SpiceのB面としてリリースされた。AB面両方いただいて、プロデューサー冥利に尽きるというものだ!

クリップはフランス語版しかなく、これが笑っちゃいそうな、どうにもこうにも気分の出ないヴァージョンなので、まともな英語版をサンプルにした。

サンプル The Searchers - Saints and Searchers

しかし、この曲は純粋なオリジナルではなく、タイトルからもわかるように、そして、歌詞の冒頭がそのまま引き写しになっていることからわかるように、このスタンダード曲を下敷きにしている。

Fats Domino - When the Saints Go Marchin' In


クレジットを見なくても、アール・パーマーとたちどころにわかるプレイで、彼の発明になる「スツチャカ」リズムが楽しい。

あまたある「聖者が町にやってくる」のなかでも、とくにファッツ・ドミノ盤を貼り付けたのは恣意的な選択ではない。ドラムのクリス・カーティスがファッツ・ドミノのファンで、サーチャーズはこのヴァージョンを下敷きにしてSaint and Searchersをアレンジしたからだ。

◆ Cherry Stones ◆◆
この曲のタイトルは、本来はCherrystoneと一語で、しかも単数形なのだが、サーチャーズは転記の際に間違えたのか、どの盤でもCherry Stonesとしている。

タイトルが間違っているせいで同定を過ったのか、あるいはサーチャーズの盤のどれかがすでに誤記していて、それを引き写しただけなのか、Discogsはソングライター・クレジットを間違え、Cherry Stonesという曲の作者であるジョン・ジェロームという人をクレジットしている。こちらはジョージア・ギブスとボブ・クロスビー(ビングの兄)がオリジナルらしく、販売サイトで試聴したが、やはりぜんぜん違う曲だった。やれやれ!

しつこく繰り返すと、正しいタイトルはCherrystone、作者はドナルドとリチャードのアドリシ・ブラザーズ、オリジナルを歌ったのもこのデュオ。アドリシ・ブラザーズはこの曲をタイトルにしたアルバムを1959年にデルファイからリリースしている。

アドリシ・ブラザーズというと、アソシエイションがヒットさせたNever My Loveが有名だが、50年代にはまだそういう雰囲気ではなかったようだ。

The Searchers - Cherry Stones


The Addrisi Brothers - Cherrystone 1959


サーチャーズ盤はアドリシ兄弟盤のストレート・カヴァーで、手触りを変えずにやっている。明らかにエヴァリー・ブラザーズ・スタイルの模倣だが、エヴァリーズにあてて書かれたわけではないらしい。

「ロックンロール・ニュアンスを強めたエヴァリーズ」という雰囲気が気に入って、サーチャーズはこの曲をカヴァーしたのではないだろうか。

◆ All My Sorrows ◆◆
All My Sorrowsも由来がちょっとねじ曲がった曲だ。そのせいで記憶違いをし、一瞬、おおいに戸惑った。たくさんヴァージョンを知っているつもりだったのだが、HDDを検索したら、サーチャーズのほかには、キングトン・トリオとシャドウズのヴァージョンしか見つからなかったのだ。

どれをオリジナルとみなすかはさておき、サーチャーズがベースにしたのはキングストン・トリオのヴァージョンではないかと思う。

The Searchers - All My Sorrows


The Kington Trio - All My Sorrows


All My Sorrowsは、そもそもAll My Trialsから派生したもので、わたしがいっぱいもっているような気がしたのは、この二種類の曲の両方を合わせてのことだった。それで、検索結果に3ヴァージョンしか出てこず、ビックリしたのである。

捜索範囲をAll My Trialsにまで広げると、たちまちヴァージョンは増える。

PP&M - All My Trials


Joan Baez - All My Trials


歌詞も雰囲気も「漕げよマイケル」Michael Row the Boat Ashoreによく似ている。トラッドというのは、あっちで融合し、こっちで分離し、ということを繰り返しているのだろう。

The Highwaymen - Michael (Row the Boat Ashore)


こういうものの場合、誕生の経緯もよくわからないのだから、著作権もあいまいだったりして、誰を作者と呼べばいいのかよくわからない。

サーチャーズのAll My Sorrowsの作者はライムライターズのグレン・ヤーブロウとなっているが、ヤーブロウのヴァージョンも、ライムライターズのヴァージョンも見つからなかった。

イギリスで最初にこの曲をカヴァーしたのはつぎのグループだった模様。1961年リリースの彼らのデビュー・アルバムThe Shadowsに収録された。

The Shadows - All My Sorrows


シャドウズのAll My Sorrowsの場合は、デイヴ・ガード、ボブ・シェイン、ニック・レイノルズ、すなわち、キングストン・トリオの三人が作者としてクレジットされている。

こういうことだろう。

作者不明のトラッド曲は、アレンジないしはアダプトをした人間がソングライターとしてクレジットされる。だから、シャドウズの四人の名前だってかまわなかったのだが、彼らはそうとは考えず、キングトン・トリオの三人がほんとうの作者だと思ったのだろう。同様に、サーチャーズは著作権管理団体などで調べて、グレン・ヤーブロウが作者だと信じたと考えられる。

ということで、いろいろゴチャゴチャしたが、All My Sorrowsは、All My Trialsと同じ根から出てきた異なる像にすぎない。サーチャーズはここでもまた、「フォーク・ロックの始祖」への準備をしたわけで、その面において意味のあるカヴァーといえる。

いい曲なのだが、どのヴァージョンもくそ真面目で、へこたれてしまう。よって中和剤を投入する。各種ノヴェルティー・ソングでヒット・アフター・ヒット、頑固一徹、生涯一お馬鹿シンガーを貫いた偉人のヴァージョンを。

Ray Stevens - All My Trials


ワウ・ギターの間奏というアイディアがすんばらしいのことあるよ!

◆ Hungry for Love ◆◆
サーチャーズのセカンド・アルバム最後の曲は、イギリスのソングライター、ゴードン・ミルズの作で、オリジナルは確定できなかったものの、サーチャーズのヴァージョンと同年にシングルとしてリリースされた、ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ盤がオリジナルである可能性が高い。

The Searchers - Hungry for Love


Johnny Kidd & The Pirates - Hungry for Love


またしても一聴明らかなことを書くが、対照的なスタイルのバンドが、それぞれの持ち味を出したヴァージョンが並んだ。サーチャーズはあくまでも軽快に、パイレーツはベースを強調し、サーチャーズより重いサウンドにしている。

まだ小学生だったせいかもしれないが、当時、ジョニー・キッド&ザ・パイレーツなんてバンドは、盤を見たこともなければ、ラジオで流れたのを聴いたこともなく、名前すら知らなかった。

日本では、ビートルズ以前は、イギリス音楽というのはクリフ・リチャードに指折って、あとは誰がいるの? ぐらいの感じだった。ジョニー・キッド&ザ・パイレーツは50年代終わりから活動していたせいで、「イギリスの侵略」後も、日本では顧みられなかったのかもしれない。

しかし、そういうキャリアだから、このシリーズの対象となる資格は十分にもっている。いずれ詳しく検討することになると思う。

以上でサーチャーズのセカンド・アルバム、Sugar and Spiceを完了し、次回からサード・アルバムに入る。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


サーチャーズ
Definitive Pye Collection
Definitive Pye Collection

サーチャーズ
Meet the Searchers
Meet the Searchers

サーチャーズ
Sugar & Spice
Sugar & Spice

サーチャーズ
Sugar & Spice
Sugar & Spice

ファッツ・ドミノ
Eight Classic Albums
Eight Classic Albums

キングストン・トリオ
Nine Classic Albums
Nine Classic Albums

シャドウズ
The Shadows / Out of the Shadows
The Shadows / Out of the Shadows

ピーター・ポール&マリー
In the Wind
In the Wind

ジョーン・バエズ
Joan Baez
Joan Baez

レイ・スティーヴンズ
Turn Your Radio On: Misty
Turn Your Radio On: Misty

ジョニー・キッド&ザ・パイレーツ
The Best of Johnny Kidd & The Pirates
The Best of Johnny Kidd & The Pirates
by songsf4s | 2014-02-21 23:13 | ブリティシュ・インヴェイジョン
Cool guitars for a hot summer night
 
「えー、四万六千日、お暑い盛りでございます」

と、八世桂文楽が「船徳」のなかでいっています。



近ごろは新暦とやらで、季節感がめちゃくちゃですが、ほんとうなら今日八月九日が旧暦の七月十日、すなわち四万六千日だそうです。当の浅草の観音様自体が、新暦で四万六千日をやるものだから、わけがわからなくなってしまいました。間違った日にお参りしても、四万六千日分の御利益なんか、あるはずがないと思いますが。

七月のはじめなんかでは、お江戸は「お暑い盛り」ではありません。どうしたって四万六千日は八月でないといけないのに、そのころには「立秋」だなどと奇怪なことをいっているのだから、助かりません。仙台や平塚の七夕だけは据わりがよくて助かります。

当地では昨日今日と、たいへんな暑さで、変則的ながら、やっとほんとうの夏が来たと感じます。こういう日に船に乗るのは、涼しいか涼しくないかはさておき、気分はいいでしょう。

子どものころ、「船徳」の主人公、徳さんというのは、ろくに舟も操れないマヌケな三枚目、というイメージをもっていました。

しかし、この噺の源である「お初徳三郎」までたどると、たいへんな色男で、柳橋の芸者衆の予約引きも切らず、まるで60年代中期のハル・ブレイン、来月まで予定がびっしり(だったのはハル・ブレインだが)というぐらいの売れっ子として描かれています。

桂文楽の描く徳さんは、竿も櫓も半人前、でもカッコだけは一人前の色男が匂い立つようです。あの「へい、ちょいと顔をあたってまいりました」の演出のすごいこと。

近々、できるだけユーチューブにあるクリップを使って、番組を組んでみようと思い、まずは「船徳」を検索してみたので、予告編として貼りつけてみた次第です。予告編だけでおわっちゃう恐れもたぶんにありますが。

◆ クール、クール・ギターズ ◆◆
暑いときは鍋にかぎる、という論法で、今日はホットなホットなR&Bだ、まずはオーティス・レディングのI Can't Turn You Looseから、なんて嫌がらせをやってみようかと思ったのですが、わたしのほうが先に辟易して、やめにしました。

暑いときには、わたしの場合、歌というのがそもそもあまり聴きたくありません。インスト、それもギターなんかは、非常にけっこうな消夏サウンドを提供してくれると思います。

いや、ギターといってもいろいろあるのでありまして、やはりイフェクターなどは使わない、ストレートな澄んだ音のほうが夏向きでしょう。となると、4ビート方面に偏ることになりそうです。

加えて、ギター以外の楽器の選択というのも、涼しさを左右しそうです。まずはヴァイブラフォーンを相方にしたものから。

Red Norvo Trio - Strike Up the Band


ヴァイブはもちろんレッド・ノーヴォ、ギターはジミー・レイニー、ベースはレッド・ミッチェルだそうです。

中学3年から高校1年にかけてのごく短いあいだ、ジャズに関心を持ち、十数枚のLPを買いましたが、そのなかの一枚がジミー・レイニーのものでした。しかし、みごとに記憶が消去されて、アルバム・タイトルがでてきません。あのときに買ったものは全部、あげたか、トレードに出してしまいました。ジム・ホールとズート・シムズっていうのもあったと思うのですが。

もう一曲、ギターとヴァイブラフォーンの組み合わせをいってみます。ちょっと音が小さいのですが。

The Gary Burton Quartet - General Mojo's Well Laid Plan


この時期のゲーリー・バートンは中学の終わりから高校にかけて、徹底的に聴きました。スーパーインポーズのタイトルは間違いで、正しくはGeneral Mojo's Well Laid Planです。ゲーリー・バートン・カルテットにはじめてラリー・コリエルが加わったアルバム、Dusterからの曲です。

メンバーも書いてありませんが、ヴァイブ=バートン、ギター=コリエル、ベース=スティーヴ・スワロウ、ドラムズ=ボビー・モージーズです。この曲のスタジオ録音のドラマーはロイ・ヘインズでしたが、その後のツアーや録音では、かつてコリエルとロック・バンドをやっていたモージーズに交代しています。ヘインズは録音のときだけだったのではないでしょうか。

この曲では、モージーズは、右手はブラシ、左手はマレットという、ヘンチクリンな組み合わせで叩いています。右足は下駄、左足はカウボーイ・ブーツなんて組み合わせで歩くようなもので、気色悪いだろうと想像するのですが!

いまになるとわからないかもしれませんが、当時はジャズの臭みのないサウンドに感じました。わたしが日常聴いている盤のあいだにはさまっても違和感がなく、あの時代、そんな4ビート音楽はわたしが知るかぎりゲーリー・バートン・カルテットだけでした。

昔のジャズ・ギタリストは、ベンドをかけたりなんかしませんでした。いまならふつうに聞こえるコリエルのプレイも、当時はひどく不作法に思えたのではないでしょうか。

もうひとつ、ラリー・コリエルのプレイを。こんどはちがう組み合わせで。

Herbie Mann - Memphis Underground


ギター・ソロは歪んだサウンドで、あまり涼しくありませんが、フルートというのも、やはりヴァイブと並んで涼しい音がでるなあ、と再認識しました。

しかし、この曲で印象的なのは、やはりジーン・クリスマンのドラミングです。子どものときはわけもわからず、なんだか妙にカッコいい音だと思っただけですが、改めて聴くと、ハードヒットしているわけでもないのに、バックビートに独特の重さがある(ロジャー・ホーキンズに似ている)ところが、最大の魅力だと感じます。

当家で過去に取り上げた曲としては、ボビー・ウォマックのFly Me to the Moonが、アメリカン・サウンド・スタジオで、ジーン・クリスマンがストゥールに坐って録音されたものです。メンバーは記憶していませんが、エルヴィス・プレスリーのIn the GhettoやSuspicious Mindもここで録音されました。

Bobby Womack - Fly Me to the Moon


こういう文脈においてみると、これはこれでなかなか涼しげな音に感じます。

さらに寄り道ですが、先日、エレクトリック・シタールの曲としてCry Like a Babyをとりあげたボックス・トップスもやはりここで録音していました。それで、はたと膝を叩きました。

あのとき、ドラムはセッション・プレイヤーに聞こえる、ロジャー・ホーキンズが候補だと書きましたが、クリスマンのバックビートはホーキンズに似ていると自分で書いて、そうか、ボックス・トップスのドラマーはジーン・クリスマンだったのか、と納得がいきました。

これ、確度98パーセントぐらいの自信があります。もう一回貼りつけちゃいましょう。このドラマーは、Memphis Undergroundのプレイヤーと同一人物にちがいありません。

The Box Tops - Cry Like a Baby


クラッシュ・シンバルを軽めにヒットするところなんざあ、この人のスタイルなのね、です。キックのタイムもけっこうなものです。Memphis UndergroundもCry Like a Babyも同じころによく聴いていたのですが、さすがに、これは似ているぞ、なんて思いませんでしたねえ。やっぱり年はとっているみるものです。

閑話休題。つい、8ビートに傾斜した時代へとのめっていきますが、そんなことはまだ夢にも思っていなかった時代の、オーソドクスなジャズ・ギターを。

Wes Montgomery - Round Midnight


ウェス・モンゴメリーのRound Midnightはいくつかクリップがあがっていましたが、わたしはこの1959年録音のDynamic New Sound収録のヴァージョンがいちばんいいと思います。相方はピアノより、オルガンのほうがずっと合っていると感じます。

ウェス・モンゴメリーを聴こうとすると、ジミー・スミスと同じで、しばしばグレイディー・テイトのドラムを聴かされるのが悩みの種なのですが、初期ならその心配はありません。それに、まだオクターヴ奏法一辺倒になっていないのも助かります。いくら上手くても、それだけで盤を聴くのは苦痛です。

もはや時間切れですが、ポップ・プロパーを一曲だけ押し込んでおきます。涼しいギター・インストといえばやっぱりこの人たちがナンバー1のような気がします。

The Shadows - Atlantis


シャドウズといっしょに弾くのなら、この曲やWonderful Landなどの系統が気持いいと思います。

シャドウズを出してヴェンチャーズなしというのもなんなので、一曲だけ。

The Ventures - Gemini


わたしは、64年あたりからのヴェンチャーズのメンバーの聞き分けを不得手としています。ギターはビリー・ストレンジ御大とは思えないプレイヤーばかりになり、ドラムはメル・テイラーのように思えるトラックが多くなります。でも、この曲は大丈夫でしょう。テンポは速いにもかかわらず懐が深く、タイムが寸詰まっている人はいません。ツアー用ではなく、ほんもののプロフェッショナルの仕事でしょう。

寄り道がひどくて、用意していた曲がいくつか残ってしまったので、次回か、そのつぎあたりか、続編をやるつもりです。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


八代目桂文楽
昭和の名人~古典落語名演集 八代目桂文楽 二
昭和の名人~古典落語名演集 八代目桂文楽 二


ハービー・マン
Memphis Underground
Memphis Underground


ボビー・ウォマック
Fly Me to the Moon / My Prescription
Fly Me to the Moon / My Prescription


ボックス・トップス
Soul Deep: the Best of..
Soul Deep: the Best of..


ウェス・モンゴメリー
Wes Montgomery Trio
Wes Montgomery Trio


シャドウズ
Complete A's & B's
Complete A's & B's
by songsf4s | 2011-08-09 23:58 | Guitar Instro
ハンク・マーヴィンと十人のインディアン(にはちょっと足りなかった)
 
昨日はゴールデン・ウィークの中日だったにもかかわらず、お客さんが非常に多く、記録をとっているわけではないのですが、十本指に入るほどでした。パートナーのブログも過去最高のヴィジター数だったそうで、やはり天気が悪くて、ウェブで遊ぶことにしたかたが多かったのでしょう。

われわれは、歩け歩けなので、夕方から小雨と読んで、ただし、雨は確実に降ると考えて、すぐに避難できる横浜を歩いてきました。天気のいいあいだは野毛のほうを歩いてランチ、その後、海のほうに行き、また山手のほうにのぼろうとしたところで降られたので、あとは海岸のショッピングモール地帯のビルを巡礼しました。

ランドマーク・タワーやワールド・ポーターズや赤レンガ倉庫なら、雨に濡れずに長時間遊べる、というのは、きわめて独創的な考えというわけではないので、さしもの巨大モール群も、ちょっとした混雑で、浅草の観音様にお参りしに来たようなことになってしまい、笑いました。

◆ アパッチの群 ◆◆
さて、今日もウォーキング・ブルーズはつづくのでして、まもなく出かけるのですが、コメント欄に寄せられたk_guncontrolさんのシャドウズに関する話に関連するクリップを貼り付けておこうと思います。

まず、オリジナルであるシャドウズのアパッチから。

ザ・シャドウズ Apache


これについて、シャドウズのだれかの談話がウィキペディアにある、というのがk_guncontrolさんのコメントでした。以下のような話です。

What's the most distinctive sound of our group? We often wondered what it is ourselves. Really, it is the sound we had when we recorded "Apache" - that kind of Hawaiian sounding lead guitar... plus the beat

「ぼくらのもっとも特徴的なサウンドは何かだって? それは自分たち自身、よく考えることでね、じつのところ、その答えはすでにApacheでのサウンドにあるんじゃないかな。あのハワイアン的なリード・ギターの音さ。それに、もうひとつはビートだろう」

ここには、イタリア製のエコー・マシンを使ったとあって、なるほど、それでよそとはちがう音になったかと腑に落ちました。ふつう、ギターのエコーというと、アンプに付いているリヴァーブを考えるのですが(無数のプロが録音につかったフェンダーの代表的なアンプのモデル名がTwin Reverbだというのはなぜかといえば、発売されたとき、リヴァーブがこのアンプの最大の武器だったからだ)、そうではなかったということです。

さらにk_guncontrolさんはハンク・マーヴィンのエコーに関するコメントを紹介していらっしゃいます。

ハンク・マーヴィン、ApacheとWonderful Landのエコーについて


エコーは二次元でコントロールします。SpeedとDepthです。ここで、ハンク・マーヴィンは、曲によって速度を変化させることを語っています。

ここでは二曲を例にしていますが、わたしは、 Apacheより、後半で取り上げられたWonderful Landのほうがずっと好きで、こちらは自分でもよくプレイ・アロングしています。弾いて楽しい曲です。

シャドウズ Wonderful Land


ハンク・マーヴィンは、しばしば、曲の中間部分で、ミュート・ピッキングを使います。ミュートを使うと、エコーによる残響がはっきりとしたリズムで聞こえることが、前出のクリップのなかで語られています。

ハンク・マーヴィンは意識していたかどうかわかりませんが、これはすでに1950年ごろ、レス・ポールが自作ディレイ・マシンを使ってやったことです。いま、曲を見つけている時間はないので、これについてはあとで補足することにします。ミュート・ピッキングとリヴァーブの組み合わせというのは、とりわけインストゥルメンタルのギター・ミュージックではなくてはならない手法だと思います。

おまけとして、Apacheのカヴァーをいくつか貼り付けます。まず、シャドウズ盤をさしおいて、アメリカで大ヒットしたヨルゲン・イングマンのカヴァー。



はっきりいえば、シャドウズ・ヴァージョンのまえではまったく問題外のつまらない出来です。それなのになぜアメリカでは、シャドウズではなく、イングマンの盤がビルボード・チャートをかけあがったかといえば、プロモーションのせいだろうと推測します。

露骨にいえば、「ペイオーラ」=賄賂です。音楽業界では当然の慣行でした(刑事事件となったことがある)。いかに「プラグ」するかが勝負であり、会社にとって腕利きの「プラガー」はアーティストなどよりはるかに重要だったほどです。どこの世界でも、敏腕営業マンがビジネスを成り立たせているのでありましてね。

さらにべつのカヴァー。スタジオ・プロジェクトです。インクレディブル・ボンゴ・バンド、フィーチャーリング・ジム・ゴードン・オン・ドラムズ、Apache



オリジナルからはるか彼方に来ていますが、これはこれで好きです。ジム・ゴードンとしてはとくに出来のいいものというわけではありませんが、この人が叩けば、たいていのドラマーの絶頂時のプレイの数倍はすぐれたグルーヴになるわけで、わたしとしては、ジミーのドラミングはいつだって大歓迎です。しかも、中間部では、邪魔な上ものがすべて消え、ジミーのバックビートとボンゴだけになるのですから、文句ありません。

もうひとつ、今度は変り種、以前、「無理に歌えば」という記事で取り上げたことのある、ソニー・ジェイムズによるApacheのヴォーカル・カヴァーです。



あっはっは。何度聴いても、珍とマジが入り混じった妙な感じがたまりません!

それでは行ってまいります。今日は逗子から名越切通し経由で鎌倉へと歩く予定です。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


シャドウズ
Complete A's & B's
Complete A's & B's


ヨルゲン・イングマン
Apache: Guitars of Jorgen Ingmann
Apache: Guitars of Jorgen Ingmann


インクレディブル・ボンゴ・バンド
Bongo Rock (Rmxs)
Bongo Rock (Rmxs)
by songsf4s | 2011-05-04 09:39 | Guitar Instro