人気ブログランキング |
2011年 09月 30日 ( 2 )
2011年7~9月の記事タイトル一覧

ラロ・シフリン・フィルモグラフィー1 ピーター・イエイツ監督『ブリット』前篇
ラロ・シフリン・フィルモグラフィー1 ピーター・イエイツ監督『ブリット』中篇
ラロ・シフリン・フィルモグラフィー1 ピーター・イエイツ監督『ブリット』後篇
ラロ・シフリン・フィルモグラフィー2 ヘンリー・レヴィン監督『サイレンサー殺人部隊』前篇
ラロ・シフリン・フィルモグラフィー2 ヘンリー・レヴィン監督『サイレンサー殺人部隊』中篇
ラロ・シフリン・フィルモグラフィー2 ヘンリー・レヴィン監督『サイレンサー殺人部隊』後篇
Do the Zombie Juke: The Zombies Remembered
『乳母車』なのか、芦川いづみなのか?
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その1 The BuckinghamsとSpanky & Our Gang
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その2 The Everly Brothers
The Not-So-Memorable Beach Boys
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その3 Nino Tempo & April Stevens
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その4 The Righteous BrothersおよびThe Fleetwoods
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その5 John Lennon
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その6 The Defranco FamilyとThe Partridge Family
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その8 (きっと)Bobbie Gentryと(たぶん)Julie London
増補ハル・ブレイン・ディスコグラフィー読解 その9 続(きっと)Bobbie Gentryと(たぶん)Julie London
Hal Blaine Takes You to Surfin' Vol. 1
Hal Blaine Takes You to Surfin' Vol. 2
Hal Blaine Takes You to Surfin' Vol. 3
Hal Blaine Takes You to Surfin' Vol. 4
Hal Blaine Takes You to Surfin' Vol. 5
Hal Blaine Takes You to Surfin' Vol. 6
Hal Blaine Takes You to Surfin' Vol. 7
Now Listening スティーヴ・ミラー・バンド、スピリット、ミリアム・マケバ
Surf'n'Rod WITHOUT (or mistakingly WITH) Hal Blaine Vol. 1
Surf'n'Rod WITHOUT (or mistakingly WITH) Hal Blaine Vol. 2
Now Listening プロコール・ハルム「All This and More」ボックス
Surf'n'Rod WITHOUT (or mistakingly WITH) Hal Blaine Vol. 3
エレクトリック・シタール・クレイズ 前編 1960年代
エレクトリック・シタール・クレイズ 後編 1970年代+α
気に染まぬ風もあろうに柳かな、とはいえ、俺は柳ではなし
Cool guitars for a hot summer night
Cool guitars for a hot summer night II
エレクトリック・シタール・クレイズ ヴィニー・ベル篇
それはどの避暑地の出来事だったのか Theme from "A Summer Place"巡り前編
それはどの避暑地の出来事だったのか Theme from "A Summer Place"巡り後編
クライム・ギターズ: 60年代スパイ、クライム映画音楽
一歩遅れて「佃祭」(古今亭志ん生、志ん朝親子)
「千両みかん」(柳家小三治および立川談志)と「三味線ラ・クンパルシータ」(三味線豊吉)
須磨の浦風(四代目三遊亭圓馬)
七代目金原亭馬生(すなわち五代目古今亭志ん生)の「氏子中」
Quick Look At 御馴染ジキル&ハイド焼き直し物 ニール・バーガー監督『リミットレス』(Limitless)
ジェイムズ・ボンド・テーマはだれがつくったのか: ヴィック・フリック・ストーリー
続ジェイムズ・ボンド・テーマはだれがつくったのか: モンティー・ノーマンによる原曲(のようなもの
The Instrumental Dave Clark Five ドゥエイン・エディーの落とし子としてのDC5
The Better of the Dave Clark Five オブスキュア・トラックから見たDC5 その1
The Better of the Dave Clark Five オブスキュア・トラックから見たDC5 その2
The Better of the Dave Clark Five オブスキュア・トラックから見たDC5 その3
The Better of the Dave Clark Five オブスキュア・トラックから見たDC5 その4
The Better of the Dave Clark Five 最後はベスト・オヴ
ハーマンズ・ハーミッツとは誰のことだったのか: ピーター・ヌーンとバリー・ウィットワムの論争 前編
ハーマンズ・ハーミッツとは誰のことだったのか: ピーター・ヌーンとバリー・ウィットワムの論争 後編
関連ありやなしや 夜霧のしのび逢い~霧のカレリア~ブーベの恋人
アダモの「ブルー・ジーンと皮ジャンパー」は青江三奈を予見したか
蔵原惟繕監督、佐藤勝音楽監督『俺は待ってるぜ』(日活
蔵原惟繕監督、佐藤勝音楽監督『俺は待ってるぜ』(日活) その2
蔵原惟繕監督、佐藤勝音楽監督『俺は待ってるぜ』(日活) その3
蔵原惟繕監督、佐藤勝音楽監督『俺は待ってるぜ』(日活) その4
蔵原惟繕監督、佐藤勝音楽監督『俺は待ってるぜ』(日活) その5
蔵原惟繕監督、佐藤勝音楽監督『俺は待ってるぜ』(日活) その6
39年目の続編 グレイトフル・デッドのEurope '72 vol. 2
蔵原惟繕監督『俺は待ってるぜ』補足 ロケ地へ

by songsf4s | 2011-09-30 23:59 | その他
蔵原惟繕監督『俺は待ってるぜ』補足 ロケ地へ
 
Midnight Eyeという、日本映画を扱っている英文のサイトがあって、ときおり見ているのですが、今日は、エースのジョーと舛田利雄監督のインタヴューを読みました。イタリアのウディネという町での映画祭をお二方が訪れた際のものだそうです。

とくに突っ込んだ話はないのですが、舛田利雄監督の東映任侠映画と日活のやくざ映画との違いの定義は、簡潔明快で、なるほどと思いました。

「東映任侠映画、たとえば高倉健を主役にしたものと、日活アクション映画はまったく異なるものだった。日活は基本的には若者をめぐるヒューマン・ストーリー、つまり「青春映画」の会社であり、それがときにやくざのキャラクターやその世界を背景にすることがあったというだけだ。それに対して東映は、本物のやくざの映画をつくった。東映の俊藤浩滋プロデューサーはやくざといってよい人物だった。だから、彼らはやくざの現実とその美学を映画にしようとした。したがって観客もまったく異なった。東映の観客はやくざ映画を好んだが、日活の観客はドラマを見るために映画館へ行った」

東映映画を語るというより、日活映画を語ったわけですが、日活は青春映画の会社だというのは、当事者の共通の認識だったようです。以前、ご紹介しましたが、鈴木清順監督も、『野獣の青春』はなぜあんなタイトルになったのだときかれて、さあねえ、と笑いながら「まあ、日活は若者のための映画をつくっていたから」と答えていました。

大人のための映画をつくっていた、とは云えないし、よその会社のように、夏休みの子ども向け映画などもなかったようで、たしかに日活は「若者のための映画」をつくっていました。

でも、「青春映画」といわれると、それは吉永小百合と浜田光夫の担当であって(舟木一夫主演の映画もいくつか見た記憶があるが)、といいそうになり、いやまあ、大きく見れば、日活アクションもまた「青春映画」だったのか、と考え直したりしました。

さらに考えると、つまり、アクションも青春映画も均等にやった石原裕次郎は、日活映画の全スペクトルをカヴァーした、というか、つまり、裕次郎こそが日活だったのか、という落着でいいような気がしてきました。

今村昌平のような芸術映画の監督と、アクション映画の監督の関係、といった興味深い話題がほかにもありますが、それはまたいずれということに。

◆ ロケ地再訪 ◆◆
連休中に、『俺は待ってるぜ』のロケ地に行き、少し写真を撮りました。しかし、以前書いたように、レストラン「リーフ」のセットが組まれた場所はいまでは観光地になっていて、そういう場所に連休中などというタイミングでいったものだから、写真を撮るどころではなく、這々の体のヒット&ランになりました。

しかし、せっかく撮ったものを使わないのも癪だ、というケチくさい根性が頭をもたげ、また、つぎになにをやるかが決まらないため、観光地の混雑を写しただけの写真を並べることにしました。

写真を撮ったのは二カ所(ロケ地を特定できたのは二カ所だけだから当然だが)で、新港のほかに、裕次郎が証人を捜して歩きまわるシーンに出てきた花咲町の通りも行って来ました。

まずは、新港のロケ地から。どこにセットが建てられたかは、以前の記事で明らかにしていますが、もう一度、同じ地図を貼りつけます。真ん中やや上の青い丸がセットの位置です。

f0147840_0535982.jpg

それではロケ地、というより、観光地の写真というべきものへ。

f0147840_22273765.jpg

f0147840_22274652.jpg

f0147840_22275928.jpg
鉄橋の上から赤煉瓦倉庫を臨む。この方向のショットはラスト・シーンにしか登場しない。

f0147840_2228519.jpg

f0147840_22281389.jpg
映画では桟橋があった「リーフ」のわきの斜面。左手に見える大型客船は飛鳥II、そのむこうのあたりに大桟橋がある。

f0147840_231462.jpg

f0147840_23544362.jpg
こういうアングルで撮りたかったのだが、あれこれ障害物はあるし、人通りも多く、そうはいかなかった。

f0147840_22494617.jpg
このように、かつては大小二種類のトラスがあったのだが、現在では左側に見える小さいほうしか残っていない。

つづいて花咲町の写真を。もうすこし庇が残っていると思ったのですが、いまや一カ所だけしかありませんでした。

f0147840_22495100.jpg
JR桜木町駅のプラットフォーム。昔とはだいぶ様子が異なる。

f0147840_20293195.jpg

f0147840_22491882.jpg
逆方向に切り返し、JR桜木町駅を背にして京急日ノ出町駅方向にむかって撮影。庇はここしか残っていない。

f0147840_200012.jpg

以上、たった二カ所のロケ地再訪でした。町は変わるようで変わらず、変わらないようで変わってしまう、というような気分です。まあ、丸ごと残っていたら、かえって興趣が薄いでしょうけれど……。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



DVD
俺は待ってるぜ [DVD]
俺は待ってるぜ [DVD]
by songsf4s | 2011-09-30 21:44 | 映画