人気ブログランキング |
2010年 06月 11日 ( 1 )
無理に歌えば ソニー・ジェイムズのApache他のヴォーカル・カヴァー
タイトル
Apache
アーティスト
Sonny James
ライター
Jerry Lordan
収録アルバム
Young Love: The Complete Recordings
リリース年
1962年
他のヴァージョン
The Shadows, Jorgen Ingmann, the Ventures, the Incredible Bongo Band, the Exotic Guitars, the Arrows, Al Caiola, the Spotnics, Santo & Johnny
f0147840_23553410.jpg

今日はQuiet Villageの続篇をやるつもりだったのですが、例によって気が変わり、そちらはちょっと延期して、今日はべつのことを。

以前、Telstarの歌ものをというのを聴いて、無理なことをするなあ、と笑ったのですが、今日、ふと、それを思いだして、いくつか強引な歌ものカヴァーを並べてみようかと思いました。

◆ たとえば避暑地の出来事 ◆◆
最近は知りませんが、昔はインストのオリジナル・ヒットというがたくさんありましたし、それに歌詞をつけて歌ものカヴァーをつくるということもそれなりにありました。いま思いだすかぎりでは、当家ですでに取り上げた、インスト・ヒットの歌ものカヴァーとしては、Theme from A Summer Place by the Lettermenがあります。

レターメン Theme from A Summer Place


タイトル通り、これはトロイ・ドナヒュー主演の映画『避暑地の出来事』のテーマで、オリジナルは当然OSTですが、大ヒットしたのはパーシー・フェイス盤なのはご存知の通り。

『避暑地の出来事』(曲のほうは「夏の日の思い出」とかなんとかいう邦題だったような)のカヴァーについては、いずれやることにして(マックス・スタイナーによるOSTも確保したし、カヴァーも相当数をもっている)、今日はそちらには踏み込みません。歌ものは、レターメンより、お客さんのmstsswtrさんに教えていただいたジョーニー・サマーズ盤のほうが出来がいいと感じます。いや、その話はべつの機会に。

もう一曲、YouTubeのクリップを。これ、かなりお馬鹿で笑ってしまいます。

サミー・デイヴィス・ジュニア You Can Count on Me(Hawaii 5-0)


◆ 謎の飛行物体テルスター ◆◆
さてサンプル。まずは上述のトーネイドーズの大ヒットにして、インスト・バンドの定番レパートリー、Telstarのヴォーカル・カヴァーからいきましょうか。アナログ起こしでややノイジーですが、このファイルしかもっていないのです。

サンプル Dorothy "Telstar"

いやもう、無理無理のカヴァーで、よくやるぜ、です。考えてみると、トーネイドーズのオリジナルでも、サード・ヴァースは歌詞なしのアーアー男声ヴォーカルが入っていましたね。昔、MIDIで遊んでいたころ、Telstarもやってみたのです。MIDIには人間の声という音もあって、オルガンのパートのインストゥルメントをこれで置き換えたら、ちゃんとそれ風になったので笑ってしまいました。女声のインストゥルメントも使ってみたら、なんだかイマ・スマックみたいになってしまい、これがまた爆笑。イマ・スマックってMIDI声をしてるのねー、でした。

ドロシーというファーストネームのみのシンガーについてはなにも知りません。なにかご存知のかたがいらしたら、ご教示をお願いいたします。そもそも、この歌詞は何語なのかもわからないので、それだけでも教えてくださる方がいたらうれしいのですがね。通信衛星の名前をタイトルにした曲に、いったいどういう歌詞をつけたのかと、思案投げ首ですよ。地球を廻るテルスターよ、遠くにいる彼にわたしの思いを中継して、とか?

◆ 夜歩く ◆◆
つぎもまた女性シンガーによるインスト曲ヴォーカル・カヴァーです。こちらはbox.netにまずまずの音質のものがあったのでいただいてきました。サント&ジョニーのクラシック、Sleepwalkに歌詞をつけたものです。

サンプル Betsy Brye "Sleepwalk"

幸い英語なので、歌詞を書き写してみました。shiftをかけるひまもないほど忙しい「速記」なので、全小文字は諒とされよ。大文字に直すのが面倒で……。ただし、ブリッジの、あなたの顔がどうこうというところは聞き取れませんでした。これまた諒とされよ。90点ぐらいの精度で聞き取ってあるはずです。

sleepwalk, get a dream when i sleepwalk
sleepwalk 'cause i lost you
and now whatever i to (ちょっと変) do
can't believe that we're through

sleeptalk 'cause i miss you
i sleeptalk where the memory of you lingers like a song
darling i was so wrong.

the night fills my lonely place
i see your face bend to my breath
i know i want you so
i still love you
and it drives me insane

sleepwalk, every night i just sleepwalk
please come back
and when you walk inside the door
i will sleepwalk nomore.

サント&ジョニーのオリジナルは、夢見心地のドリーミー・サウンドのように感じるのですが、この歌詞は、別れた恋人が恋しくて「夜歩く」(という題の夢遊病をあつかった横溝正史の長編がある。そのヒントになったであろう、ディクスン・カーの同題の長編もある)になってしまうという、ややダウナーな方向に変えてあります。

「寝言」をsleeptalkというかというと、そんなことはなくて、造語です。walkからtalkを連想するのは作詞家のつねで、4シーズンズのwalk like a man, talk a like a manが思いだされます。なんて書くと聴きたくなり、いまプレイヤーにドラッグ。

最後の、ドアを入ってくるというのが、ちょっとエロティックな示唆になっていて、なるほどと納得しました。作詞家としては、そういう「恋しさ」のニュアンスを入れたかったのでしょう。

◆ 勇者ゴールデン・ホークは死して天に昇る ◆◆
最後はシャドウズのApacheのカヴァー。よくまあこんな曲を歌にすると思いますがね。ソニー・ジェイムズのボックスからとったので、これまた音質良好なり。

サンプル Sonny James "Apache"

それでは歌詞。後半は聞き取れないところが数カ所あるのですが、ま、とにかくいってみます。といって、やっちゃったのです。そのあとで、アホなことに、ウェブ上に歌詞があるのを発見しました。一カ所、わからないところがあったので助かったといえば助かったのですが、なんのために聴き取りをやったのやら。

Lonely Silver Dove
Sweet Apache maid
Lonely Silver Dove
Sweet Apache maid

Alone, all alone by the campfire
She dreamed of her love, her delight
Away, far away on the prairie
Her love Golden Hawk shared the night

Sometimes at night with the moon he would come
Sweet were the moments they shared
But with the dawn he was gone with the sun

A smoke sign arose from the prairie
A breeze sighed a sad mournful song
The brave Golden Hawk had departed
Had gone to that great, great beyond

Sometimes at night when there's rain in the sky
She hears her love high above
He and his pony go thundering by


なんとなく、大平原の夜が頭に浮かんでくるところなんぞは、上出来といいたくなります。最後のgo thundering byも、へえ、でした。

ふと、(Ghost) Riders in the Skyを思いだしました。あちらは転生できない地獄に堕ちた亡者の群、歌詞ありApacheは「反魂香」でよみがえった高尾太夫みたいな雰囲気ですが、幽霊のようなものが登場するところも似ていますし、テンポはちがうものの、全体のムードも似ています。

気のせいだろうといわれてしまいそうですが、でも、作詞家とソニー・ジェイムズは、(Ghost) Riders in the Skyを念頭においていたのではないかという気がやはりします。いや、もっと大きいのはジョニー・プレストンのRunning Bearかもしれません。同じように先住民をテーマにした曲なので、同じようなリズム・パターンを使っています。


metalsideをフォローしましょう



Sonny Rocks
Sonny Rocks
by songsf4s | 2010-06-11 23:50