人気ブログランキング |
2009年 04月 07日 ( 1 )
Goldfinger その2 by Billy Strange (『ゴールドフィンガー』より)
タイトル
アーティスト
Billy Strange
ライター
John Barry, Leslie Bricusse, Anthony Newley
収録アルバム
Goldfinger
リリース年
1965年
他のヴァージョン
Shirley Basey, Al Caiola, Count Basie, Elliott Fisher, Hank Marvin, Hugo Montenegro, Jimmy Smith, Leroy Holmes, Mantovani, Nicky Hopkins, Ray Barretto, Ray Martin & His Orchestra, Reg Guest Syndicate, Roland Shaw & His Orchestra, Santo & Johnny, Sounds Orchestral, the Atlantics, the Cheltenham Orchestra, the James Bond Sextet, the John Barry Orchestra, the Ventures
f0147840_2152413.jpg

さて、前回のGoldfingerその1でお約束したように、今回はカヴァー・ヴァージョンの検討です。やや数が多いので、全部を聴けるかどうかはわかりませんが、とにかく「レディー、アクション!」

◆ ビリー・ストレンジ ◆◆
昔から文句なしに好きなのはビリー・ストレンジ盤です。例によって、これは右のリンクから行けるAdd More Musicの「レア・インスト」ページで、LPリップを入手することができます。No.42がこの曲をタイトルとしたアルバム、Goldfingerです。

アレンジとしては、前回ご紹介した、ジョン・バリーによるレヴ・アップ・インスト・ヴァージョンに非常に近いのですが、並べてみると、ほんの1小節で、あっ、これは格がまったく違う、とたちどころにわかります。グルーヴの差が歴然なのです。さすがはレッキング・クルー、イギリスのミュージシャンなどまったく寄せつけず、ビリー・ザ・ボスのギターとともに爆走しています。

f0147840_2153514.jpg
Secret Agent Fileというオムニバス盤にもビリー・ストレンジのGoldfingerが収録されている。大部分はボスのトラックなのだが、ほんの一握りだけ他人のものが入っているというおかしな編集盤で、ビリー・ストレンジの映画TV音楽カヴァーだけで統一するべきだった。

いや、ホント、聞き比べというのはやってみるものです。単体で聴いたときは、ジョン・バリーのレヴ・アップ・ヴァージョンもかなりいい出来だと思ったのですが、それはたんにギターが攻めるプレイをしていることにごまかされていただけであって、真打ちの前では、霞むどころか、じつはかなりトロいグルーヴだったということが白日の下に露呈されてしまいます。ドラマーの力量の差というのは、じつになんとも恐ろしいものだと改めて痛感しました。

ビリー・ストレンジ・ヴァージョンのハイライトは、終盤近く、F-Ab、F-Dbというダブル・ピッキングのギターのフレーズに呼応して、ハル・ブレインが16分でタムタムを叩き、ギターとドラムのインタープレイになるところでしょう。ハル・ブレインはいろいろ奇妙な工夫をしましたが、こういうタイプのプレイはほかに例がないと思います。このインタープレイを聴くだけでも、このヴァージョンを入手する価値があります。

◆ ヒューゴー・モンテネグロ ◆◆
つぎに面白いのは、またレッキング・クルーがらみですが、ヒューゴー・モンテネグロのヴァージョンでしょう。OSTにようにホットな路線はとらず、ヴァイブラフォーンなどを使ってクールなアレンジをしています。

毎度のことながら、またしてもなんだかわからない鍵盤楽器がリードをとっています。オンディオラインとか、クラヴィオラインとか、そういった新開発のものなのでしょう。ヘンリー・マンシーニがときおり使っていた(たとえばMoon Riverなど)キーボード楽器に近いサウンドです。

f0147840_21564069.jpg

この曲ではハル・ブレインは活躍しませんが、だれだかわからないアップライト・ベースのグルーヴがすばらしく、やっぱり音楽はグルーヴで決まるなあ、と思います。ハリウッドにはうまいアップライトのスタジオ・プレイヤーがたくさんいて、もっとこうした人たちの研究が進めばいいのですがねえ。ざっと名前をあげておくと、ライル・リッツ、レッド・カレンダー、チャック・バーグホーファー、レイ・ブラウン、ジミー・ボンド、レッド・ミッチェル、ジョー・モンドラゴンといったところでしょうか。すくなくともわたしは、アップライトが攻めのプレイをしていたら、この人たちの名前を思い浮かべます。

◆ ギターもの ◆◆
なめていたら、意外にも面白かったのがアトランティックス盤です。ドラムは微妙に走っていますが、ギターのトーンの作り方とプレイはなかなか楽しめます。このバンド、ものすごく下手になったり、そこそこ安定したプレイを見せたり、なんだか怪しいところがあります。影武者はハリウッドの特許ではなく、NYでもあったし、イギリスでもあったし、もちろんわが日本国でもあったことなのを思い出すのですが、さて、どうでしょうか。

f0147840_226038.jpg

それにくらべて、アル・カイオラのヴァージョンは、うーん、です。いや、カイオラのギターはいつだってそれなりに楽しめるのですが、アレンジ、サウンドがねえ……。同時期のハリウッドが「完成されたグルーヴ・マシーン」であるレッキング・クルーによって、つねにグルーヴで楽しませるサウンド作りをしていたのに対し、このころのNYは地盤沈下がはげしく、ただタイムが安定しているだけで、楽しいとか面白いとか、そういうものではなくなっていったことを、アル・カイオラの盤ではしばしば痛感します。アレンジャーのセンスも時代遅れになりつつあったのでしょう。

f0147840_2262729.jpg

ついでなので、さらにギターものをつづけます。おつぎは、ギターはギターでもペダル・スティール・ギターのサント&ジョニー盤。うーん、判断がむずかしいところですねえ。アレンジがはまったとはいいかねますが、ほかに似ているヴァージョンがない、ということはいえるので、まあ、悪くはない、というあたりでしょうか。リズム・パターンも、狙いどおりにうまくいったとはいえませんが、工夫を凝らしたところは買えます。

ヴェンチャーズは例によって箸にも棒にもかからない出来です。ビリー・ストレンジやハル・ブレインが影武者をやっていたころをのぞけば、このバンド、どこにも聴きどころのないガービジですな。まだこれから取り上げる予定の映画のテーマをカヴァーしているのですが、どれを聴いても悲惨なものばかりなので、これ以上は無駄と見極め、これを最後に検索対象から外します。

ハンク・マーヴィンは、ヴェンチャーズよりずっとマシなミュージシャンですが、それでもやはり、この曲のサウンドはボロボロで、ギターだけ聴くというわけにはいかず、ドラムを聴いていると脳溢血で即死してしまいそうになるので、健康被害を考えて、これも検索対象から外すことにします。やっぱり、シャドウズで終わってしまった人ですねえ。

ちょっと疲れもしましたし、長い記事はやめにして、できるだけ短く、さっと読める(というより、さっと書けることのほうが重要なのだが!)ものにしようと思ってもいるので、本日はこれまでとさせていただきます。まだまだたくさんヴァージョンが残っていますし、なかには聴くに足るものもあるので、しつこくて恐縮ですが、もう一回延長させていただきます。
by songsf4s | 2009-04-07 23:47 | 映画・TV音楽