人気ブログランキング |
Santana by Nelson Riddle
タイトル
Santana
アーティスト
Nelson Riddle
ライター
Riddle, Rowles, Satterwhite
収録アルバム
Love Tide
リリース年
1961年
f0147840_23413671.jpg

今日は晦日なので、先月の馬鹿ソング特集のように、店ざらしになった曲を列挙しようかと思ったのですが、今回はちょっと多すぎて、ダブりをとったりといったリスト作りが面倒でやめました。かわりにインタールードのようなインスト曲を取り上げます。

いま、晦日と書いて、なぜ「晦」を使うのだろうかと、数十年前に思うべき疑問を遅まきながら感じました。「気持を韜晦する」などという韜晦と同じ字じゃないですか。月の最後の日を「みそか」というのは、三十日の訓であることはわかりますが、当て字にせよ、なぜ「晦」なのか?

漢和字典を見たら、あっさりわかりました。「晦」の字義は「みそか。つごもり。陰暦の月末で、月のないやみ夜。〈対語〉→朔(ついたち)」とあります。字訓としては「くらし」(暗し)もあるということで、隠れていること、暗いことをいうわけです。本心を隠す「韜晦」という言葉にこの字がある理由も、これでよくわかりました。

月の最後の日を「晦日」というのは、太陰暦であるべきだということになりますが、こういう生活に根ざした言葉というのは簡単には消えないという、これもまた一証左なのでしょう。つぎの新月、太陰暦の「晦日」は6月4日で、だいぶずれています。考えてみると、季節についてなにかいうのなら、太陰暦にしたがうべきなのかもしれません。右側のメニューにあるカレンダーが太陽暦しか使えないに決まっているので、そんなことをやって遊ぶことはできませんが。

◆ フェーン風 ◆◆
さて、本日の曲は、ネルソン・リドルのSantanaです。Santanaといったって、あなた、カルロス・サンタナといった人名じゃござんせん。この曲を風の歌特集のフェイドアウトに持ってきたについては、ちゃんと理由があるのです。

どこかで手があがっていますね。はい、そちらのあなた、どうぞおこたえになってください。そうです、正解です。ビーチボーイズのKeepin' the Summer AliveにSanta Ana Windという曲が入っていましたが、あれと同じ風のことを、Santanaと略すことがあるのです。

ビーチボーイズのSanta Ana Windの冒頭は以下のようになっています。

Here in Sothern California there is a weather condition known as the Santa Ana Winds

Fire wind, oh desert wind
She was born in a desert breeze
And wind her way
Through Canyon Way
From the desert to the silvery sea

In every direction
See the perfection
And see the San Gabriel Mountain scene

f0147840_23424728.jpgfire windであり、desert windだというのだから、乾燥した熱風なのは明らかです。南カリフォルニアのフェーン風を、土地では「サンタ・アナ」と呼んでいて、リエゾンが起こり「サンタナ」と略称されるようになったわけです。サンタ・アナは地名で、六甲颪、筑波颪に近い風の命名法です。ただし、サンタ・アナ山地(そういうものは存在しない)からの颪ではなく、モハーヴェ砂漠などの北東の砂漠地帯からの風で、主としてサンタ・アナ一帯に吹く、ということのようです。

気象事典にはサンタ・アナはフェーン風であると書いてあるので、山を越える間に乾燥するわけで、サンタ・アナの場合、サン・ゲイブリエル山地を越えてくるそうです。だから、ビーチボーイズのSanta Ana Windにサン・ゲイブリエルが出てくるのです。

f0147840_2344911.jpg
サン・ゲイブリエル山地とロサンジェルス市街 右上、すなわち北東が砂漠地帯、中央の山地がサン・ゲイブリエル、左下寄りがLA。砂漠地帯からの北東風がサン・ゲイブリエル山地を越えて乾燥し、フェーンとなってLAに吹きつける。

十数年前、仕事で世界のさまざまな風について調べたとき、この「サンタ・アナ」という風を知り、フェーンだと書いてあるので、嫌な風じゃないか、どうしてビーチボーイズはそんなものを歌にしたのだ、と不思議に思いました。で、歌詞をちゃんと聴いてみると、つまり、セイリングには好都合だということなのですね。日本だって、サーファーは、台風が近づくと上機嫌になるわけで、それと同じです。

◆ ベースの扱い ◆◆
さて、ネルソン・リドルのSantanaです。リドルといえば、50年代なかごろから60年代にかけてフランク・シナトラのアレンジャーをつとめたことで有名です。Santanaが収録されたアルバム、Love Tideは1961年リリースで、まさに「ネルソン・リドルのシナトラ時代」(あるいは、「シナトラのネルソン・リドル時代」)の真っ最中につくられたものです。

f0147840_23551644.jpgしかし、さすがにシナトラに重用されたアレンジャーだけのことはあります。シナトラのムードを、自分のアルバムに投影したりはしていません。じっさい、このアルバムにはシナトラもうたった、ハロルド・アーレンとテッド・ケーラー作のIll Windも収録されていますが、1955年のフランク・シナトラ盤(こちらのアレンジャーもリドル)と、1961年のネルソン・リドル盤では、まったく異なったアレンジをしています。そういってはなんですが、歌手に気を遣わないですむぶん、リドル盤のほうがムードのあるストリングス・アレンジで、わたしの好みはこちらのほうです。

Santanaは、楽曲としては比較的シンプルですが、なかなかいい曲です。映画のテーマに使ってもいいくらいです。アレンジ面では、ひとつ、おや、と思うことがあります。ベースの扱いです。アップライトが入っていることはまちがいないのですが、そのラインの上にダンエレクトロ6弦ベース、いわゆる「クリック・ベース」を載せて、輪郭をつけたのかと思いました。

アップライトまたはフェンダーといった「ほんもののベース」の上に、ダンエレクトロを載せてベースラインに輪郭をつけ、同時に厚みをあたえるのは、ロック系のハリウッド産ポップ・ミュージックで盛んに利用された手法です。ひょっとしたら、ネルソン・リドルがその手法に先鞭をつけたのかと、ちょっと緊張しました。

f0147840_23562785.jpgしかし、よく聴くと、ダンエレクトロではなく、ギターの低音弦でベースラインをなぞっているようです。なーんだ、そうだったのか、と思ったのですが、よく考えると、これだって「先鞭」にはちがいありません。ベースラインに輪郭をつける楽器が、ギターであっても、ダンエレクトロ6弦ベースであっても、同じことだからです。考え方の方向性は同一であり、たんに実現方法がすこし異なるだけです。じっさい、同じ手ざわりのサウンドになっています。

この低音部の作りを聴いて、「定説」、いや、それほど大げさなものではなく、このことを声を大にしていっているのは、わたしをはじめ、仲間内のことにすぎないので、てめえで勝手に定説化しただけの「観察にもとづく仮説」ですが、そいつを自分で壊す必要があるかもしれないと感じました。いずれ、この手法の出現例を時間軸に沿って並べ、きちんと検証するつもりです。

オーケストラ・リーダーとしてのネルソン・リドルは、ヘンリー・マンシーニやビリー・メイほどすごいとは思わないのですが、このLove Tideというのは、ちょっとエキゾティカ風味もあって、なかなか好ましいアルバムです。これからの季節にちょうどいいのではないでしょうか。

◆ シャドウズのSanta Ana ◆◆
おまけとして、べつのサンタ・アナ風をもう一吹き。シャドウズにも、Santa Anaという曲があります。この曲が収録されたアルバム、The Sound of the Shadowsは彼らの代表作で、選曲もよく、プレイもサウンドもけっこうで、いろいろな曲をプレイ・アロングしました。Bossa Rooなんか、いまだにちゃんと弾けないのですが、でも、弾いて楽しい曲です。

いまこの曲を流して、弾いてみたのですが、手が自然に動くというわけにはいかないし、キーも忘れていたので、Bossa RooやDeep Purpleほどよくプレイした曲ではないのは明らかですが、ある程度は覚えていました。

f0147840_2358480.jpgこのアルバムにはWindjammer(帆船)という曲も入っています。風というのは、やはり、さわやかなイメージがあるので、曲のタイトルに使われるのではないでしょうか(Ill Windのような例外ももちろんありますし、暴風の歌もありますが)。

歌詞のある曲では、内容と関係なく、windだのbreezeだのといった言葉を使うわけにはいきませんが、インストは、好きなようにタイトルを付けることができます。だから、風の歌特集をやろうと思い、HDDを検索したら、ほかのキーワードにくらべ、インスト曲の含有率が異常に高かったのだと思います。windやbreezeがタイトルに使われていると、なんとなく、いい曲のような気がするのではないでしょうかねえ。しませんか?
by songsf4s | 2008-05-31 23:55 | 風の歌