人気ブログランキング |
Trade Winds by Frank Sinatra
タイトル
Trade Winds
アーティスト
Frank Sinatra
ライター
Cliff Friend, Charles Tobias
収録アルバム
His Way: The Best of Frank Sinatra (originally 78 release)
リリース年
1940年
他のヴァージョン
Billy Vaughn, Bonnie Guitar (as "Down Where the Tradewinds Blow")
f0147840_23542756.jpg

当地では、この五月は気温の差が大きく、こたつを片づけたのを後悔する日が数日あったかと思うと、昨日今日は暑くて、わが家でもっとも気温が高い場所である、仕事机に載せた寒暖計は28度までいきました。もうTシャツ短パン(というと、最近はハーフパンツだろうに、といわれるが、「Tシャツ、ハーフパンツ」はリズムが悪い)です。

おかげで、ちょっとためらっていた、このTrade Windsを取り上げる気になりました。でも、よく考えると、貿易風というのは、「恒風」と言い換えようという提案もあったほどで、季節に関わりなく、つねに吹いているんですよね。それなのに、夏のもののような気がするのは、赤道に向かって流れ込む偏東風だからなのでしょう。寒いところには吹いていませんからね。音楽のうえでも、おおむね、わたしの誤った観念と同じような扱いをされているようです。

◆ 東西ともに「貿易」風 ◆◆
それではファースト・ヴァース。

Down where the trade winds play
Down where you lose the day
We found a new world where paradise starts
We traded heart way down where the trade winds play

「貿易風がたわむれ、日々を忘れる場所で、パラダイスが生まれる新しい世界を見つけた、貿易風がたわむれる遙かな場所で、ぼくらは愛を誓った」

はなからむずかしくて、くじけそうになります。lose a dayだと、win a day「勝利を手にする」の反対の意味のはずですが、それでは意味が通りません。よって、loseを「敗れる」の意味ではなく、「失う」のほうだとみなし、文脈から考えて、「忘れる」といいたいのだと解釈しましたが、自信なんかかけらもありません。

f0147840_025431.jpg

trade heartも山勘です。「交換する」という意味から、「心を交換する」、ということはつまり、愛を誓う、といったあたりであろう、なんて考えただけです。trade windのtradeに引っかけたのでしょう(シナトラは単数形でうたっていうように聞こえるが、ボニー・ギターはheartsと複数にしているように聞こえる。複数のほうがいいのではないか? くどくいえばtrade our heartsなのでは?)。

しかし、Beyond the Reef by Elvis Presleyのときに書きましたが、trade windのtradeは貿易という意味ではなく、「通った跡」「通った道」という古い意味で使われていて、これを「貿易風」とするのは誤訳なのだそうです。だから、「恒風」などの代替案が生まれたのですが、結局、定着しなかったようです(いま、変換してみたら、ATOKの辞書に「恒風」はなかった)。

なるほど、「恒風」のほうが筋は通っているのでしょうが、これが定着しなかったのは無理もないと思います。まず、語呂がよくありません。同音異義語もあります。なによりも、観念的で硬く、イマジネーションを刺激しません。「貿易風の吹くサンゴ礁の島」なら20万円払って旅行したい人がいるでしょうが、「恒風の吹くサンゴ礁の島」では、せいぜい5万円の叩き売りがいいところでしょう。

言葉というのは、本然的に「呪文」なのです。だからこそ、われわれは言葉に縛られ、言葉に喜び、言葉に悲しみ、言葉に生き、言葉に死にます。呪力をもたない言葉に価値があるとはだれも考えないのです。たとえ誤訳であっても、なにがしかの呪力をもつ、「貿易風」という言葉は今後も生きつづけるでしょう。

そもそも、このヴァースでのtradeの二重の使い方を見ると、英語文化においても、trade windの言葉の由来は忘れられ、「貿易+風」という意味で使われている気配がうかがわれます。

f0147840_0255980.jpg

◆ ことは定石通りに運び ◆◆
セカンド・ヴァース。

Music was everywhere
Flowers were in her hair
Under an awning of silvery boughs
We traded vows the night that I sailed away

「あたりは音楽であふれ、彼女の髪には花がさしてあり、大きな枝の銀色に燦めく葉の下で、ぼくらは誓いをかわした、出帆の夜に」

いかにも昔の歌らしい、絵に描いたようなロマンティシズムです。出帆したということは、語り手は異邦人、相手は地元の女性ということになるのでしょう(ボニー・ギターは女性なので、このあたりを微妙に変更している)。女性向けのいわゆる「ロマンス小説」では、依然としてこういう設定が使われたりしているのでしょうか。

ブリッジ。

Oh trade winds, what are vows that lovers make
Oh trade winds, are they only made to break

「ああ、貿易風よ、恋人たちの誓いとはなんなのだ、ああ、貿易風よ、それは破られるためのものなのか」

詠嘆調なんて、わたしだって書きたくはないんですよ。「嗚呼、紅涙に咽ぶ花子さんなのでありました」なんて、シャレにもなりません。でも、これは大昔の歌ですからね。いかんともしがたいのです。いまどき、風に呼びかけたりしたら、ふつうは笑いますよ。いや、去年、当家では「♪か~ぜが~呼んでる~、マイ~トガ~イ~」という曲を取り上げましたが!

f0147840_0503989.jpg

ラスト・ヴァース。

When it is May again, I'll sail away again
Though I'm returning, it won't be the same
She traded her name way down where the trade winds play

「五月になったら、また船出するつもりでいる、あの土地に戻ることになるが、こんどはいつもとはちがう訪問になるだろう、あの貿易風がたわむれる土地で、彼女は名前を替えてしまったのだから」

結婚して姓が変わることを、trade one's nameと表現するのかどうか知りませんが、この文脈ではそうとしか解釈のしようがありません。結局、彼女は地元の男といっしょになってしまい、そこへ語り手が再訪するのでしょう。ん? ドラマがはじまるのはここからなんじゃないでしょうか?

f0147840_0271211.jpg

◆ フランク・シナトラ盤 ◆◆
フランク・シナトラ盤Trade Windsは、1940年6月27日の録音と記録されています。マスター番号は2種類あるので、オルタネート・テイクがあるものと思われます。

これはまだシナトラはトミー・ドーシー・オーケストラの専属歌手だった時期のもので、当然、スウィング時代のスタイルでアレンジされています。つまり、歌が出てくるまえに、イントロではなく、長いバンドの演奏(この曲では、シナトラのヴォーカルが登場するのは1分をすぎてから)がある、あのスタイルです。

パーソネルを見ても、わたしにはチンプンカンプンの時期なのですが、ドラムはバディー・リッチとなっています。残念ながら、活躍していないというか、ドラムの音そのものが聞こえません。叩いているとしても、ごくごく控えめにブラシかなんかでやっているのでしょう。

f0147840_0281041.jpg
Tommy Dorsey and Frank Sinatra

Fools Rush In その2 by Frank Sinatraのときにも書きましたが、この時期のシナトラの歌は、もうおそれいってしまうしかありません。声はいいし、ムードはあるし、いうことなし。時代の寵児になって当然です。

バンドのプレイもけっこうなものです。いきなり出てくる音は、オルガンのように聞こえますが、1940年にはまだハモンドは誕生していないことを思いだして、まじめに聴いてみました。どうやら、ミュートした複数の金管が重なった音のようです。ソロをとるトロンボーンは、当然、トミー・ドーシーなのだろうと思います。これまたムードがあります。トロンボーンという楽器はアタックが弱く、向き不向きがあると感じますが、Trade Windsのように、ふわっとした曲にはふさわしいリード楽器です。背後でつねに薄く鳴っていて、ときおり前に出てくるクラリネットもけっこうなものです。

この時代の音というのは、はっきりとしたスタイルがありますし、有名どころの場合、それぞれのオーケストラごとに、独自の楽器編成とアレンジがあります。そういうものは、いずれクリシェになってしまうのですが、これだけ時間がたつと、まさに古き良き時代のサウンドに感じられます。そういうものがお好きなら、この曲なんざあ、こりゃたまらん、極楽、極楽、という音です。

◆ ビリー・ヴォーン盤 ◆◆
うちにはTrade Windsは、あと2種類しかありません。ビリー・ヴォーン盤は、当然ながらインストゥルメンタルです。オーケストラというのは、サウンドで売るものなので、特長となるスタイルのないバンドが長続きすることはありません。ビリー・ヴォーンも、多くの曲は、代表作であるSail Along Silvery Moon(タイトルは知らなくても、曲を聴けば、ああ、あれか、とおわかりになるはず)のスタイルでやっています(日本の場合、Perly Shellすなわち「真珠貝の唄」のほうが有名かもしれないが、あれはちょっと系統が異なる)。

f0147840_0291529.jpg

ビリー・ヴォーンのTrade Windsは、Sail Along Silvery Moon同様、基本的には木管のアンサンブルで、チェンジアップとして、部分的にヴァイブラフォーンやトランペットがリードをとったり、この曲の南国ムードに合わせて、ペダル・スティールがオブリガートを入れる、といったアレンジです。これはこれでけっこうなものです。

ビリー・ヴォーンもやはりハリウッド・ベースだったようで、60年代になると、ハル・ブレイン以下、おなじみのメンバーが参加した盤があるようですが、このTrade Windsは1959年のリリース(シングルA面になっている)なので、まだそれらしき音はしていません。

◆ ボニー・ギター物語 ◆◆
録音時期は前後しますが、1957年のボニー・ギターのヴァージョンもあります。こちらは歌もので、ペダル・スティールとウクレレの入ったハワイアン・スタイルでやっています。マーティー・ロビンズという恰好の例があるように、ペダル・スティールのある楽器編成を利用して、カントリー・シンガーがハワイアンをうたうのもめずらしいことではなく、この人もカントリー系なのかと思いましたが、そういうことではないようです。

f0147840_0301263.jpg

ベア・ファミリーのアンソロジーには、ボニー・ギターのくわしいキャリアが書かれていますが、これを読んで、二度、へえー、と驚いてしまいました。第一は、彼女が、芸名のとおり、ギタリストであるばかりでなく、おもな仕事はセッション・プレイヤーだったということです。

時期としては50年代後半のようなので、キャロル・ケイよりも早いことになります。自分の盤では、目の覚めるようなプレイはしていなくて(そもそも、ソロはほとんどないし、あっても、典型的なこの時代の「間奏」で、メロディーのヴァリエーションを弾くだけ)、腕前のほどはよくわかりませんが、ちゃんと弾けない人が、セッション・ワークなどできるはずもないので、一定のレベルではあったのでしょう。ジャズ的なコード・ワークをしている曲があって、そのあたりにしっかりした基礎がうかがわれます。

キャロル・ケイは「めずらしい女性スタジオ・プレイヤー」といわれることを嫌っています。まず第一に、女だからファースト・コール・プレイヤーになれたわけではない、性別に関係なく、それだけの技術をもっていたからだ、といいたいのです。「女っぽいプレイなんか一度もしたことがない」といっています。じっさい、彼女のプレイをご存知の方なら、スタイルには女性的なところなどないのは、いまさら繰り返すまでもないでしょう。

もうひとつは、あの時代、女性プレイヤーはけっしてめずらしくなかった、というのです。長い年月のあいだに多くは忘れられてしまったが、彼女の周囲には女性プレイヤーがすくなからずいたと証言しています(残念ながら、わたしの知らない名前ばかりで、記憶しなかったため、彼女があげたプレイヤーをいまここに記すことができない)。そういわれたときは、ふーん、そうだったのか、と思っただけですが、こうして、ジャズ・インフルエンスト・レイディー・ギタリストが、キャロル・ケイとすれ違ってもおかしくない場所で働いていたことを知ると、なるほど、と膝を叩いてしまいます。

しかし、ボニー・ギターはまだ50年代のうちにスタジオ・ワークをやめ、故郷のシアトルに戻りました。ここからがまた驚きの第二の人生なのです。ほら、シアトルとギターとセッション・プレイヤーという三つのお題で、話が作れるじゃないですか。そう、ヴェンチャーズです!

ボニー・ギター、いや、ここからは本名のボニー・バッキングハムのほうがいいかもしれません。どうであれ、ボニーは、友人が持ち込んだデモ・テープをきっかけに、べつの友人、ボブ・ライスドーフ(発音は不明だが、Reisdorfというスペルを手がかりに、他の名前におけるreisの発音を見ると、いずれも「ライス」なので、仮にこう書いておく。Reisを非英語的に「ライス」とするなら、後半にもそれを適用し「ライスドルフ」としたほうが整合性がとれるかもしれない)と共同でレーベルを設立します。ドールトン/ドルフィンの誕生です。

f0147840_0461358.jpg

設立のきっかけとなったテープは、フリートウッズのCome Solftly to Meでした。この曲がビルボード・チャートトッパーになるのは、1959年4月のことなので、ドールトン/ドルフィンの設立時期もその数カ月まえとわかります。

残念ながら、ライナーはヴェンチャーズについてはろくにふれていません。まあ、勘繰れば、シアトルでどうこうなどと書くと、丸ごと大嘘になってしまうから、あえてふれなかったのでしょう。ボニー・バッキングハムが、ヴェンチャーズをどう思ったかすらわかりません。リバティーに配給をまかせた段階で、法律的な権利(つまり、金)だけを保留し、あとはリバティーにまかせたのではないかと推測します。

ヴェンチャーズのレーベルのオーナーが、セッション・ギタリストだったとはねえ! 世の中、たくまぬ皮肉といいうのはあるものですなあ。悪いことはできませんぜ、おのおのがた。

f0147840_0472681.jpg

by songsf4s | 2008-05-23 23:56 | 風の歌