人気ブログランキング |
ジェリー・ラゴヴォイ・ストーリー I Can't Wait Until I See My Baby's Face篇(パット・トーマス、アリサ・フランクリン他)
 
前回の最後で、ジェリー・ラゴヴォイ・ソングブックはつぎぐらいで完了の予定と書きましたが、やっぱり「ぐらい」でした。簡単に書けそうに思えた曲が、とりかかってみたら、あまり簡単ではなく、もう二回ぐらいは引っ張ることになりそうです。

前回はジェリー・ラゴヴォイとバート・バーンズの共作でしたが、今回はラゴヴォイとチップ・テイラーの共作です。こういうのをやると、こんどはチップ・テイラーのソングブックをやるときにまた困りそうですが、それはそのときのこと、にしておきます。

本日はI Can't Wait Until I See My Baby's Face、いまジョエル・ウィットバーンのチャート・ブックが行方不明で確認できませんが、たぶん、チャート・アクションはゼロだと思います。

しかし、ちょっとした曲ですし、それはカヴァーの多さも裏づけています。わが家にはオリジナルのベイビー・ワシントンのほかに、アリサ・フランクリン×2種類、パット・トーマス、ダスティー・スプリングフィールドのカヴァーがありますが、ユーチューブを検索すると、さらに数種類が聴けます。

まずはオリジナルのベイビー・ワシントン盤から。

Baby Washington - I Can't Wait Until I See My Baby's Face


お聴きになればわかるように、長いあいだ会えなかった恋人に会えるのが楽しみで待ちきれない、という暢気な歌ではなく、遊びまわっている彼氏に、今度こそはもうこれでおしまいだ、といってやるつもりだ、そのとき、あいつがどんな顔をするか、楽しみで仕方ない、という、ちょっと意地の悪い歌です。いや、遊びまわっている男のほうに非はあると認めたうえでいっているのですが!

すくなくとも前半はそういうニュアンスなので、ベイビー・ワシントンのちょっと辛味の強い歌い方だと、過度に意地悪げに聞こえるという難点があると思います。サウンドもちょっとデコボコがあって、それもマイナスに働いています。

そういうことを踏まえて、パトリシア・トーマスのカヴァーをお聴きあれ。アレンジはジェリー・ラゴヴォイ自身なので、サウンドにもご注意を。

Pat Thomas - I Can't Wait Until I See My Babys Face


サイドスティック、アップライト・ベース、ピアノ、カッティング・ギターというベーシックからして、主としてドラムのタイムのよさのおかげで、イントロを聴いただけで、これなら大丈夫、腹の立たないヴァージョンだ、と判断できます。

ピアノもいいバッキングですし、トロンボーンの使い方もけっこうなのですが、このヴァージョンの最大の美点はストリングス・ラインです。何度か、おお、そっちへいくのか、いいなあ、と手を叩きました。

やはり、自分の曲だから、コード・チェンジの妙をよくわかっていて、それをストリングスで強調できる方向に譜面を書いたのだろうと思います。とくに、Or will he turn aroundの尻尾を伸ばすところのストリングス・ラインは好みです。

つづいてアリサ・フランクリン・ヴァージョン。アリサはこの曲をすくなくとも二度録音していますが、これはおそらく最初のヴァージョン、まだアトランティックに移籍する前、コロンビア(だったか?)時代のものです。

Aretha Franklin - I Can't Wait Until I See My Baby's Face


アリサ・フランクリンも、これくらいの感じで軽く歌ったほうが声のよさが生きると思うのですがねえ。アトランティックでの再録音では、ちょっと歌の上手さが前に出過ぎて、煩く感じます。

歌よりサウンドを聴く人間だから、そう思うのでしょうが、ドラムと違って、歌なんてのは、うまくなくてかまわないのであって、上手い人も、上手さを強調しないでくれると楽しめるのですが。

この曲のドラムは、下手だというのではなく、重いサウンドで雰囲気を毀していて、あまりいただけないバッキングの主犯といえるでしょう。

後半、はっきりわからないのですが、たぶんトロンボーンとアルト・サックスのコンビネーションによるホーン・ラインが登場して、雰囲気がよくなります。これがこのヴァージョンの美点でしょう。

つづいて、ヴェルヴェレッツ、といっても、どういうグループが知らないのですが。

The Velvelettes - I Can't Wait Until See My Baby's Face


だれの責任か、タイムがむやみに不安定で、イントロからヴァースに入った瞬間に、いきなり一段ギアがあがったりして、思わず頬がゆるみます。ここまでタイムがヨタヨタすると、学園祭で友だちのバンドのプレイを聴くような楽しさが生まれるところが、音楽の奇怪さ。ドラムも、タイムはひどいものですが、やりたいことはよくわかります。もっと重心をうしろにして、一呼吸おいてくれると助かるのですがね!

つぎは急がないディー・ディー・ウォーウィックのヴァージョンを。

Dee Dee Warwick - I Can't Wait Until I See My Baby's Face


ほかのヴァージョンはミディアム・アップで軽めにやっているのですが、ディー・ディー・ウォーウィックはミディアム・スロウで、ムーディーにやっています。早めだとバート・バカラック風に聞こえる曲ですが、このディー・ディーのヴァージョンだけは、そういうムードがありません。おかしなものです。ドラムはあまり好みではありませんが、オルガンはよろしいのではないでしょうか。

つづいて、ソーンジー・クレイという、これまたはじめて知ったシンガーのものを。ちょっと70年代スケベ・ソウルを先取りしたようなムードと、ギターがなかなかけっこうです。

Sonji Clay - I Can't Wait Until I See My Baby's Face


で、この人はなんなのと思って調べたら、クレイという姓にヒントがありました。ムハメッド・アリが、まだカシアス・クレイという本名だった時代に結婚した相手なのだそうです。クレイがイスラムに傾いたのが気に入らなくてすぐに離婚してしまったようですが、たぶん、その経歴のおかげでシングルをいくつかリリースできたのだと思われます。

そろそろ満腹でしょうから、これを最後にします。またまた、ぜんぜん知らないグループ、モンティセーローズ。

The Monticellos - I Can't Wait Until See My Baby's Face


この歌詞が男が歌うのに向いているとは感じませんが、ヴォーカルをまわすのは悪くない考えだと思います。モータウンの音で、テンプスがまわす、なんていうのだったら、すごくいいものになったかもしれない、という空しい想像をしてしまうところに難ありですが!

ダスティー・スプリングフィールドのクリップは見あたりませんでした。ぜひ聴きたいというほどのものでもないので、サンプルにはしません。

パット・トーマス・ヴァージョンが群を抜くすばらしさで、サウンドも歌も申し分なし。「もうこれでおしまいだからね、といってやったら、あいつ、どんな顔するか、ホント楽しみだわ」という強面スタートが、「でも、彼が涙を見せれば走っていって抱きしめちゃうだろうな」という腰砕けエンディングに落ちつくという構造の歌詞にも、彼女の声とスタイルがふさわしいと感じます。

コード・チェンジが興味深い曲なのですが、その点からいうと、アリサ・フランクリン・ヴァージョンが上出来でしょう。あとは、ヴァリエーションのお楽しみ、上々ヴァージョンの引き立て役というところでしょうか。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ジェリー・ラゴヴォイ
Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side
Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side


アリサ・フランクリン
Just a Matter of Time: Classic Columbia Recordings
Just a Matter of Time: Classic Columbia Recordings
by songsf4s | 2012-02-03 22:07 | ソング・ブック