人気ブログランキング |
ジェリー・ラゴヴォイ・ストーリー Cry Baby篇(ガーネット・ミムズ、ジャニス・ジョプリン)
 
前々回の「ジェリー・ラゴヴォイ・ストーリー Good Lovinl'篇」で取り上げたGood Lovin'について、トミー・ジェイムズ&ザ・ションデルズのヴァージョンがあるというご指摘を受けたことは、前回の記事に書きました。

わたしはトミー・ジェイムズのヴァージョンをもっていないと記したところ、その後、ファイルのご喜捨を受けましたので、ありがたく頂戴し、そのお裾分けとして、サンプルをアップしました。

サンプル Tommy James & the Shondells "Good Lovin'"

お聴きになればおわかりのように、やはりヤング・ラスカルズ・ヴァージョンに強い影響を受けたものです。トミー・ジェイムズはこのとき高校生だったそうで、その若々しさが魅力的です。

こういう系統の曲を聴くと、Hanky Pankyのヒットはむしろ想定外というべきのような気がしてきます。つぎの大ヒット、Mony Monyのほうが、メイン・ラインといえるのではないでしょうか。いや、自分がそっちのほうを好んだというだけですが。Crimson and CloverやCrystal Blue Persuasionといった、サイケデリック・ポップも好きでしたけれどね。

以上、Kさん、大変お世話になりました。あらためてお礼申し上げます。

さて、ジェリー・ラゴヴォイの三曲目は、ガーネット・ミムズ&ディ・エンチャンターズのヒット、Cry Babyです。しかし、まともなクリップがなくて、いきなりけつまずきました。

ということで、オルタナティヴに逃げます。どちらかといえば、ガーネット・ミムズより、こちらのヴァージョンでご存知の方が多いのではないでしょうか。

Janis Joplin - Cry Baby


サウンドのほうに耳を引っ張られる人間なので、ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニーも、フルティルト・ブギー・バンドも、なんとかかんとかも、ジャニス・ジョプリンのバンドはみな気に入らなくて、当時はあまり熱心に聴かず、寮なるものに住んでいたので、だれかの盤を脇から聴くのみでした。

いま聴いても、高校生のバンドみたいで、あまり好きになれませんが、ジョニスについては立派なレンディションだと感じます。このアンバランスはどうにかならんのか、です。

わたしの好みはあっさり軽いシンギング・スタイルなので、こういうスタイルがとくに好きなわけではありませんが、しかし、好みを離れていえば、たいしたものだとは思います。冷たい褒め方で相済みませぬ。

じつは、今日の記事は、ゲーリー・チェスターの特集のうち、バート・バーンズ篇とほとんど同じなのです。Cry Babyはジェリー・ラゴヴォイとバート・バーンズの共作だからです。

したがって、じつは、もうあまり書くことがないのですが、以前の記事はクリップが壊滅状態なので(実質的に検閲である。クリップが削除されたわけではなく、日本では視聴できないように設定されている。いやはや、日本国は北朝鮮を目標に日々堕落中ですな)、サンプルをあげることで、同じような記事になるのを正当化することにさせていただきます。

サンプル Garnet Mimms & the Enchanters "Cry Baby"

Cry Babyという曲は、検索すると山ほど転げ出てくるのですが、ジェリー・ラゴヴォイとバート・バーンズが共作したCry Babyは、わが家にはガーネット・ミムズとジャニス・ジョプリンのヴァージョンしかありません。

したがって、ここでこの記事はおしまい、といってもいいのですが、いちおう、もう一曲、ジェリー・ラゴヴォイとバート・バーンズの共作をあげておきます。これまた、以前のバート・バーンズとゲーリー・チェスターの記事で貼りつけた曲ですが。

Erma Franklin - Piece of My Heart


この曲もまた、ジャニス・ジョプリンのヴァージョンのほうが有名かもしれませんが、サウンド、プレイに関するかぎり、アーマ・フランクリンの圧勝で、とくにジャニスが好きなわけではないわたしは、歌についてもアーマ・フランクリンのほうが好きです。

どうでもいい話なのですが、Cry Babyを検索してみて、途方に暮れました。Cry Like a Babyとか、Baby Don't Cryとか、Cry Baby Cryとか、I Cry for My Babyとか、無関係なものが山ほどヒットするばかりでなく、はてはCrystalsのThere's No Other Like My Babyなんていうのまでヒットしてしまうのです(Crystalsにはcryが隠れている!)。

さらにやっかいなのは、Cry Babyというタイトルの曲もたくさんあることです。パーシー・メイフィールドのも、モジョ・メンのも、ファイアボールズのも、デニス・ヨースト&ザ・クラシックス4のも、ジョニー・オーティスのも、みんな同題異曲なのです。むろん、全部確認しました!

というわけで、二番煎じ(そういえば、ちょうど時候なので、三笑亭可楽の「二番煎じ」が聴きたくなってきた)のCry BabyとPiece of My Heartは、なんだかひまそうな記事になってしまいました。

考えてみると、前回のバート・バーンズの記事は、ゲーリー・チェスターが叩いたトラックにかぎるという枷をはめたもので、もうすこし丁寧に書くべきでした。いずれ、きちんとバート・バーンズ・ソングブックをやり直したいと思います。いや、そのまえにジェリー・ラゴヴォイ、次回ぐらいで締めくくる心づもりです。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ジェリー・ラゴヴォイ
Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side
Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side


ガーネット・ミムズ&ザ・エンチャンターズ
Cry Baby
Cry Baby


ジャニス・ジョプリン
Pearl (Exp)
Pearl (Exp)


ビッグ・ブラザー&ザ・ホールディング・カンパニー
Cheap Thrills
Cheap Thrills


アーマ・フランクリン
Piece of Her Heart: The Epic and Shout Years
Piece of Her Heart: The Epic and Shout Years


トミー・ジェイムズ
Hanky Panky / Mony Mony
Hanky Panky / Mony Mony
by songsf4s | 2012-01-31 23:57 | ソング・ブック