人気ブログランキング |
A Night with Felix Cavaliere フィーリクス・カヴァリーア・ナイト
 
今日は、最近、再見した映画のことを書こうと思っていたのですが、どう書くかで、ああでもないこうでもないとこねくりまわしているうちに、時間は飛び去ってしまいました。

ふと、ラスカルズのボックスのことを思いだし、難波のセンセに質問していて、そちらのほうが気になってきました。そこでラスカルズをやる、なんていっても、そう簡単にはいかないので、ちょっとずらして、ラスカルズが壊れて以後のFelix Cavaliereの曲を、いくつか聴いてみます。

後追いの方たちは違う見方をしているでしょうが、昔からのラスカルズ・ファン(といってもわたしの周囲にはそれほど多くないのだが)のあいだでは、ソロ・デビューだけが好まれ、あとは、よくいって「我慢できる」、悪くすると「ゴミ」「割ったろうかと思った」という盤が多いのですが、まあ、割りたいような盤でも、悪くない曲がないわけでもないのでありまして、愛ゆえの憎しみみたいなものなのです。あはは。

では、ボロボロ、ガタガタのラスカルズ末期より、ずっといいじゃないかと、当時は大歓迎した、ソロ・デビューからまず一曲。

Felix Cavaliere - Everlasting Love


カヴァリーアのソロ・デビュー盤は、彼自身とトッド・ラングレンの共同プロデュースで、トッドのレーベルでもあったベアズヴィルからリリースされました。つぎの曲は、トッドのヴォーカルが載っていても不思議はないタイプのサウンドです。

Felix Cavaliere - A High Price to Pay


もう一曲、Everlasting Love同様、ラテン・フィールのある曲を。ただし、ドラマーはこちらのほうがマシです。

Felix Cavaliere - Summer in El Barrio


この曲については、かつて「Summer In El Barrio by Felix Cavaliere」という記事で、歌詞まで含めて詳細に書いたので、ファーザー・リーディングをお望みの方はそちらをどうぞ。

セカンド・アルバムのDesitinyは失望でした。デビュー盤ほど楽曲にいいものがなく、サウンドもかなりファンクが入ってきて、好みではありませんでした。

いかにもカヴァリーアらしいと感じるのはこの曲ぐらいでしょう。ご当人および会社もそう思ったのではないでしょうか。これはシングル・カットされました。

Felix Cavaliere - Never Felt Love Before


Destinyは、いかにも最後のアルバムになるデスティニーを背負って生まれたような雰囲気がありますが、フィーリクスのことは忘れたまま長い時間が過ぎ、いつのまにか80年代に入っていました。

そして、惰性でつけっぱなしにしていたFENから、よく知っている声が流れてきました。

Felix Cavaliere - Only a Lonely Heart See


わたしは、懐かしい声だなあ、と思ったのですが、ラスカルズ仲間の友人に会ったとき、このアルバムの話になり、割ったろうかと思わなかった? といわれて、ああ、そういいたくなる気持ちもわかるな、と思いました。

なにがいけないかといえば、サウンドです。時期はずれのディスコ・サウンドのトラックがアホらしく、マヌケな狸の腹鼓のようなシンドラムのタムタムに、證誠寺じゃねえぞ、バカヤローと、わたしもムッとなったからです。

しかし、サウンドさえまともなら、楽曲としては粒がそろっていて、なんでちゃんとつくらなかったんだ、ドアホ、というフラストレーションが生まれ、それが友だちに「割りたくなったろ?」といわせたのです。

クリップがないので、サンプルをアップしました。楽曲は粒ぞろい、サウンドはむかっ腹が立ったアルバム、Castle in the Airの、我慢できるサウンドのオープナー。

サンプル Felix Cavaliere "Good to Have Love Back"

楽曲としては、いかにもフィーリクスらしいもので、おおいに好みですが、サウンドは、ベースが不愉快で、なんでカヴァリーアがこんなプレイヤーと、と思いました。時代に合わせて変わろうとして、それがはずれて大コケにコケる、というのがフィーリクス・カヴァリーアのソロ・キャリアだった、といっていいでしょう。

ソロ・シンガーとしてのフィーリクス・カヴァリーアはふたたび忘却の彼方へと消え、ラスカルズしか聴かなくなったころになって、またアルバムが出ました。クリップはゼロのようです。かといって、あえてアップするほどのものでもないのですが、まあ、いちおうどんな雰囲気かだけ伝える意味で、一曲だけ。

サンプル Felix Cavaliere "If Not for You"

楽曲もあまりみるべきものがなく、サウンドもどうでもいい代物で、もううんざりだ、と思いました。こういうドラムのバランシングが嫌いで、同時代の音を聴かなくなったわけで、上にだれの声が載っていようが、やはり不快なものは不快です。

いま、ずっとこのアルバムを聴いていて、一曲、当時、それなりに好きだった曲があったのを思いだしたのですが、今夜はbox.netへのアップロードが異常に遅くて、間に合わないので、あとで交換することにします。

やっとアップできたので、Dreams in Motionで唯一気に入ったその曲を。

サンプル Felix Cavaliere "Look Who's Alone Tonight"

以上、駆け足のFelix Cavaliere Nightでした。

(追記 いま、Castle in the Airをさらに聴いていて、おや、と思いました。記憶にあるより、シンドラムの混入率は高くないのです。目立つのはDancing the Night Awayぐらいでしょうか。シンドラムに腹を立てたのもたしかですが、それよりも、たんにタムタムのチューニングとサウンドが気に入らなかっただけのようです。)


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



フィーリクス・カヴァリーア
フェリックス・キャヴァリエ+1(K2HD/紙ジャケット仕様)
フェリックス・キャヴァリエ+1(K2HD/紙ジャケット仕様)


フィーリクス・カヴァリーア
デスティニー(K2HD/紙ジャケット仕様)
デスティニー(K2HD/紙ジャケット仕様)
by songsf4s | 2012-01-23 23:54 | その他