ジェイムズ・ボンド・テーマはだれがつくったのか: ヴィック・フリック・ストーリー
  
何度かご紹介していますが、ヴィック・フリックというイギリスのセッション・ギタリストがいます。

知らない人はいないだろうというフリックの代表作はいうまでもなく、あの曲です。

Vic Flick - James Bond Theme


ヴィック・フリックのオフィシャル・サイトによると、このときのギターは、クリフォード・エセクスのパラゴンで、アンプはヴォックスだったそうですが、その状態を再現したライヴのクリップがありました。

Vic Flick - James Bond Theme (live)


改めてフリックのバイオを読んでいて、以前にも、たとえば「James Bond Theme その1 by John Barry & Orchestra (OST)」といった記事で取り上げた、James Bond Themeはだれが書いたのか、という問題を思い出しました。

ジョン・バリーは、あの曲を書いたのは自分であって、モンティー・ノーマンではないという訴訟を起こし、敗訴しているそうです。

フリックのサイトでは、『ドクター・ノオ』公開まであと三週間という時期になっても、ノーマンはメイン・テーマを書き上げられず、プロデューサーのブロッコリが、ジョン・バリーに話を持ち込み、フリックのすばらしいギター・プレイの助けもあって、無事に間に合わせることができた、としていました。

ヴィック・フリックはジョン・バリー・セヴンのギタリストだったのだから、バリー寄りの見解だという点に留意すべきでしょうが、フリック側のヴァージョンでは、モンティー・ノーマンがメイン・タイトルを書けなかったから、プロデューサーが業を煮やして、ジョン・バリーに依頼した、と読めます。

逆にいうと、モンティー・ノーマンがメイン・タイトルを書いていれば、ジョン・バリーとヴィック・フリックが『ドクター・ノオ』のスコアに関与することはなかったはずで、したがって、法廷の判断とは逆に、バリー勝訴のような気がしてきます。

◆ ヴィック・フリック・サウンド ◆◆
これまた以前にも貼り付けたクリップですが、ヴィック・フリックの話題なので、重複をいとわず、またおいておきます。映画『ア・ハード・デイズ・ナイト』より。

Ringo's Theme


ジェイムズ・ボンド・テーマとリンゴのテーマの二曲から、子どものわたしは、こういうギターを「イギリスっぽい音」と考えました。しかし、わかってみれば、イギリスがどうしたとかいうあいまいな話ではなく、ヴィック・フリックというプレイヤーが、ドゥエイン・エディーのトワンギン・ギターを参考につくったサウンドだったのです。

当然、こういうサウンドに対するささやかな固着が生まれ、ノスタルジーを感じるようになり、したがって、フリックのほかのものも聴いてみたいとかねてから思っていました。そして、やっとフリック名義のアルバムを聴けました。何度もとりあげたヴィック・フリックのことをまた書く気になったのは、そのせいなのです。

1969年のアルバム、West of Windwardより、アルバム・カット。

Vic Flick Sound - West of Windward


いささか拍子抜けでした。勝手にギター・アルバムを予想したほうがいけないといえばそのとおりなのですが、8ビートのラウンジ・ミュージックというおもむきで、フリックのギターは、それほど活躍しませんし、サウンドも「あの音」ではありません。

まあ、1969年というと、もうギター・インストの時代ではないので、ギターを前面に押し立てたサウンドでは無理、トータルなサウンドで勝負ということなのかもしれませんが、やはりちょっとがっかりです。この曲だけがそうだというわけではなく、アルバム全体を聴いても、やはり、このオープナーに代表されるようなサウンドです。

なんだか竜頭蛇尾で悔しいので、いかにもフリックらしいサウンドの曲を貼り付けます。

The John Barry Seven - Watch Your Step


もう一曲、ぐるっと回って映画のテーマを。

The John Barry 7 - Beat Girl


タイトル・シークェンスを見るかぎりでは無軌道ティーネイジャーものという雰囲気ですが、サウンドとしては、すでにスパイものの雰囲気があり、ブロッコリはちゃんとこういうジョン・バリーの仕事を知ったうえで、『ドクター・ノオ』がピンチにおちいったときに、バリーの起用を思い立ったのだということが推測されます。

ずっとヴィック・フリックのサウンドを聴いていて、思いだした曲があるので、次回はできれば、それを取り上げたいと思います。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ジョン・バリー・セヴン(MP3ダウンロード)
Seven Faces (1995 - Remaster)
Seven Faces (1995 - Remaster)


ジョン・バリー・セヴン(中古CD)
Beat Girl O/S/T
Beat Girl O/S/T


ジェイムズ・ボンド映画音楽集
Best of Bond: James Bond (Score)
Best of Bond: James Bond (Score)
[PR]
by songsf4s | 2011-08-31 23:48 | Guitar Instro