人気ブログランキング |
Surf'n'Rod WITHOUT (or mistakingly WITH) Hal Blaine Vol. 3
 
昨日、入った店でファースト・クラスのBeach Babyが流れていました。70年代なかばに大ヒットした曲ですが、ヒットしていたときは、このグループの正体を知らず、なんなのこれは、と思っていました。

ビーチボーイズのパスティーシュないしはフォニーのように響いたし、歌詞もDo you remember back in old LAといっているのですが、アメリカ的なサウンドではないし、歌詞も気に入らない表現が多く、矛盾乖離が引っかかって、かえって記憶に残りました。

驚いたことに、ユーチューブには山ほどこの曲がアップされているのですが、すべて45ヴァージョン、あのラジオ・イントロのあるLPヴァージョンはありませんでした。

The First Class - Beach Baby


なぜアメリカ的に聞こえなかったかと、あと知恵で考えると、証拠はたくさんあるようです。たとえば、いきなり昔のLAのことを覚えているか、といいますが、地元のサーファーが仲間に呼びかけるときに、こういういい方はしないのではないかと感じます。もっと具体的な地名でしょう。

LAは郡部にいけば砂漠みたいなもので、サーフィンとLAという言葉のあいだには強い親和性はありません。マリブだとかバルボアだとか、どこかサーフ・ポイントの名前をあげるのが自然です。

それから、シヴォレーをそのままシヴォレーと呼んでるのも違和感があります。堅苦しいというかブッキッシュというか年寄りじみているというか、ふつうはシェヴィーでしょう。たとえば、つぎの曲をお聴きあれ。

Sammy Johns - Chevy Van


シヴォレーに板を載っけて繰り出したもんだぜ、という気分はけっこうなのですが、それはシヴォレーではなく、やはりシェヴィーでしょう(若くして死んだわが友は、車検残り二カ月というボロボロのトヨタ・ハイエースにロング・ボードを積んで、鎌倉街道や134号線の渋滞にもめげず、横浜元町から鎌倉七里に繰り出していた。夏のあいだだけでいいんだ、あとは廃車よ、と笑いながら、トヨタのケツでうっかり隣家の石垣を削り取ったりしていた。アメリカじゃ、ボロ車じゃないとサーファー仲間で幅が利かないんだぜ、とアメリカの大学に通う彼奴がいっていた意味が、あとになって本を読んで了解できた)。

この曲については、ずっと以前に、「Beach Baby by the First Class」という記事で詳細に書いたので、このあたりで切り上げます。

なんだかんだ文句はつけても、やっぱり、若き日の夏を思い出させる曲です。ユーチューブの不備がどうしても気に入らないので、アルバム・ヴァージョンを貼りつけておきます。

サンプル The First Class "Beach Baby" (long ver. with radio introduction)

◆ サザン・ダウン・ビート ◆◆
ハル・ブレインほどではありませんが、当然ながら、アール・パーマーもサーフ・ミュージックでプレイしています。記憶が曖昧ですが、この曲なんかはアールだったと思います。いや、すくなくともあまりハル・ブレインのようには聞こえません。呵呵。

The Super Stocks - Oceanside


ディック・デイルのCheckered Flagというアルバムは、アール・パーマーとハル・ブレインの両方のクレジットがあって、聞き分け問題集みたいなことになっています。

Dick Dale - Night Rider


あたくしは、この曲はアール・パーマーというほうに賭けます。明快な手がかりはありませんが、ハル・ブレインの16分はもっと軽くて明るいと感じます。アールのほうがすこしスネアのチューニングも低めでしょう。

同じアルバムからもう一曲いきます。なんだか、間違えると、頭の上でバケツがひっくり返るか、坐っている椅子がストンと落ちるか、目の前で風船が破裂するか、なにかそういうゲームをやっている気分になってきました。

Dick Dale - Ho-Dad Machine


やはり、バックビートが重めで、楽天的明るさがないという理由で、アールのプレイと考えるのですが、もうひとつ、何度か出てくる短いロールがハル・ブレインのスタイルではないと感じます。

もう一曲、アール・パーマーらしきロッド・チューンを。もちろん、非実在のスタジオ・プロジェクトです。

The Darts - Alky Burner


ギターはだれなのやら、グレン・キャンベルあたりなのでしょうか。なんとも判断しかねます。もう一曲、ダーツを。

The Darts - Speed Machine


いや、しかし、なんです、ハル・ブレインを見つけるのはわりに簡単なのですが、ハル・ブレインを避けるというのは、困難であることを痛感します。そりゃ、ボロボロ・アマチュア・サーフでよければ、いくらでもありますが、それなりに楽しめるものとなると、じつにもってアイガー北壁的様相を呈しはじめます。

ハリウッドは危険なので、よその町に行ってみます。たぶん、ナッシュヴィル録音。以前にもかけたことがあるのですが。

Ronny & the Daytonas - Sandy


サーフ・ミュージックじゃねーだろー、というご意見もございましょうが、「ビーチボーイズのB面」のノリで、夕闇迫る浜辺のバラッドというヤツと受け取っていただきたいところです。「ビーチ・バラッド」てなサーフ・ミュージックのサブ・ジャンルでよろしかろう、と。

ビーチボーイズだけれど、ハルではなく、アール・パーマーがストゥールに坐った曲をいってみます。やはり「ビーチ・バラッド」です。文句あるか!

The Beach Boys - Please Let Me Wonder


ブライアン・ウィルソンのバラッドにはつねに夕闇迫る浜辺のムードが揺曳しています。この曲に、たとえば、Sunset at Malibuというタイトルが付いていても、それでいいような気がすることでしょう。

よその土地なら、まあだいたい安心なのだからして、アメリカ国外に出れば、ハル・ブレインにまちがって遭遇する確率は大幅に低くなります。ということで、ダウン・アンダー、オーストラリアへ出張ります。

The Atlantics - Bombora


小学校六年のときに、このシングルを買いました。まだCBSが日本コロムビアを通じて配給されていた時代です。B面はサーフというより、ギター・エキゾティカなのですが、A面が飽きてからはよく聴いていました。

The Atlantics - Adventures in Paradise


旧大英帝国の版図では、イギリスのアーティストを範とする傾向が強く、アトランティックスは、アルバムを聴くと、シャドウズ・フォロワーだったことがはっきり伝わってきます。大束にいえば、シャドウズ・ミート・ザ・サーフ&ロッドのシミュレーションみたいな音です。

オーストラリアが安全なら、日本はもっと安全パイで、ハル・ブレインにはぶつかりません。

加山雄三 - Black Sand Beach


なんというか、The Ventures in Japanのコピーとでもいったサウンドで、モズライトのコード・ストロークが妙に懐かしく感じられます。いや、モズライトの内蔵ファズらしい音も懐かしいのですが、それは当たり前ですから。

加山雄三という人は、60年代音楽的にいうなら、やはり偉人でしょう。上手い下手はさておき、なにをやっても、グループ・サウンズ的な遠回りをせずに、ダイレクトに、オーセンティックなアメリカン・ポップ・ミュージックの輸入を実現しています。

ふつうは変なバイアスがかかってしまうもので、アメリカ音楽をコピーするつもりだったのに、いつのまにか演歌になっていた、というのが、当時の日本の冷厳な現実でした。

そのなかで、音楽はサイド・キックだったことをうまく利用したのか、加山雄三だけは、「そのまんま」のアメリカ音楽をやっていたことに、いつ聴いても驚きを味わいます。

B面もいってみましょう。

加山雄三 - Violet Sky


だれのアイディアか、エンディングなんかうまいものです。アメリカのほんもののサーフ・ミュージックは若者素人衆のゴミ音楽なので、こういうクレヴァーなアイディアが出てくるとしたら、プロの「贋物」だけですが、加山雄三はどちらかというと、プロの贋物に近いものを目指していたようです。

加山雄三はボビー・ヴィントンのようなものもやっています、って、それは関係ないので略して、ブライアン・ウィルソンのような「ビーチ・バラッド」を貼りつけて、今夜のエンディングとします。

加山雄三 - 夕陽は赤く



Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう


ファースト・クラス
Beach Baby: Very Best Of First Class
Beach Baby: Very Best Of First Class


サミー・ジョンズ
Golden Classics
Golden Classics


スーパー・ストックス
Surf Route 101
Surf Route 101


ディック・デイル
Checkered Flag
Checkered Flag


デル・ファイ・ホットロッド・アンソロジー(ダーツを収録)
Del-Fi Hotrodders-Hollywood Drag/Drag
Del-Fi Hotrodders-Hollywood Drag/Drag


ロニー&ザ・デイトナズ
G.T.O.ベスト・オブ・ザ・マラ・レコーディングス
G.T.O.ベスト・オブ・ザ・マラ・レコーディングス


ビーチボーイズ
Today!/Summer Days (And Summer Nights!!)
Today!/Summer Days (And Summer Nights!!)


アトランティックス(MP3ダウンロード)
Bombora
Bombora


加山雄三
グレイテスト・ヒッツ ~アビーロード・スタジオ・マスタリング
グレイテスト・ヒッツ ~アビーロード・スタジオ・マスタリング
by songsf4s | 2011-08-04 21:57 | サーフ・ミュージック