人気ブログランキング |
まだ原発マッチポイントがつづく日もロックンロール6
 
おはようございます。3月18日、今日も五体健全で目覚めました。知らないあいだに死んでいるか、健全に目覚めるか、どちらかであってほしいと願っています。致死的な放射線被曝というのはたまりません。

しかし、東北と関東は、いわば深刻な放射線被曝をした状態で、これから生きていかなければいけません。犠牲者に対して不謹慎、といわれるでしょうが、極論するなら、震災からの回復は非常に単純で、激震の直後からスタートし、大きな目で見れば順調に、足し算的に、さらには掛け算的に進行します。

そうなっていない理由は原発と停電、さらにいえば、政府の驚くべき無知と無能です。子供みたいな官房長官の顔を見ていると、生徒会にはこの事態は乗り切れないと絶望的な気分になります。どうしてこんなガキばかりが日本を動かすようになったのかと、改めて驚きました。普段ならこれでも物事は廻っていくのでしょうが、いまはねえ。

情けないことに、だんだん、あの曲行こう、というひらめきがなくなりつつあります。昨夜、フィル・スペクターのことを書いたので、その単純な横滑りで行きます。ジョージ・ハリソン、Awaiting on You ALL



昨夜はFirefoxで当家を開くと、クリップの位置がずれるという事故があったそうです。わたしはずっとOperaなので、まったく気づきませんでした。Firefoxのいずれかのヴァージョンのバグだと思います。IEは正常だったそうですから、この千社札べたべたの状態が続くあいだは、Opera、IE、Chrome、えーと、マックはなにを使うのが多数派なんでしたっけ、まあ、なんでもいいので、Firefox以外のものでご覧いただいたほうがいいかもしれません。

そういえば、昔はIEとそれ以外の環境、という分け方でしたが、もはやこれは通用しませんね。ケータイからも相当なアクセスがあるようですし、モバイル機器も、いまやケータイばかりではありません。当家のアクセス・ピーク時間帯が変化しているように見えるのは、その影響かとも考えています。

レディー・オア・ナット、ヒア・アイ・カム、この勢いがほしいですなあ、ジェイ&ザ・テクニークズ、Apples Peaches Pumpkin Pie



国のレベルで、小さな自分の世界のレベルで、多層的に想念が錯綜して、まもなく判断停止ではないかと思うときがあります。

ずっと同じことをいっていますが、いまは東電を信じよう、といったたぐいの感傷で社会を運転できるなら、政府も法律も行政も警察も軍隊も、この世には誕生していません。そういう言説はこの事態を悪化させるだけです。信じてなにかいいことがあったのか、この一週間を振り返って御覧なさいな。なんていうと、まだ絶滅はしていない、なんていうかもしれませんがね、頭が悪くて、感情だけで生きている人は。

だいたい、この記事の馬鹿タイトルを御覧なさいな。これが政府と東電を信じた結果の赤っ恥だということがおわかりでしょう。せいぜい三日間が山だと信じたから、こんな馬鹿なタイトルにしたのです。いまや「6」ですよ。しかも、まったく好転せず、今日、破滅するかもしれないという事態なんですからね。一秒でも早く、クーデターでもいいから、政権交代してほしいと願っています。

ジェリー・ゴーフィンが子供たちのための歌から、自分の歌を書く方向への転換をはかった秀作、ザ・バーズ、Goin' Back



このクリップ、はじめて見ましたが、キッカイなメンツですねえ。三人並んだ真ん中はジーン・クラークでしょう? ということは、この時期に、一時的に、デイヴィッド・クロスビーを抜いて初期のバーズがよみがえったということのようですね。テレビ出演だけだったのか、ツアーをしたのか、そのへんはさっぱりわかりませんが。

いっておきますが、この曲だって、タイムはきっちり、マイケル・クラークのはずがありません。プレイからは確信が持てませんが、状況からいって、まずジム・ゴードンでしょう。

ジーン・クラーク作、最初に歌ったのはバーズ(リードはもちろんジーン自身)ですが、ちょっとずらして、この人、ダン・フォーゲルバーグのカヴァーでFull Cyrcle



このあいだから、ときおりPCの画面表示がくずれて、再起動を繰り返さなければならないことが、何度かありました。3.11以後はなぜかOKだったのですが、今朝また3回リブートしました。停電のみならず、PC不調で一日ダウンなんてこともありえます。

やっと頭が駄洒落的に機能しはじめたようです。リッキー・ネルソン、A Long Vacation



昨日は、見方によっては非常に愚かなことをしました。用もないのに外出し、世間がどうなっているか眺めてきたのです。まず、白木蓮がたくさん開花していたことに、ほう、と思いました。「あるじなきとも」って、だれの歌だったか、ああいう気分です。下世話には、三日見ぬ間のなんとか、というのもあります。

f0147840_11233978.jpg


国道134号線浦賀方向と久里浜方向の交叉点に県警のヴァンが停まり、警官がなにやら相談しているのを見て、なんだろうと通り過ぎてから、ああ、停電直前で、交通整理の配置についているのか、と納得しました。

で、食パンは6枚切りばかりで8枚がなかったのでオミット、あとはふつうに予定通りのものを買ってから、新港埠頭に停泊中の大型客船を撮ろうと思って、スーパーの反対側に抜け、海辺の公園を歩きました。津波がきたら助からない場所です。

f0147840_11394915.jpg

上の写真はクリックすれば拡大できます。構図めちゃめちゃですみません。この写真が、わたしの見た色を忠実に反映しているように感じたのです。

停電予定時刻が迫っていて、どこまで書けるか微妙ですが、さらにつづけます。これは「飛鳥Ⅱ」という客船です。なんだってこんなときにこっちにやってきたのか。以前、大分との定期航路があったのですが、そういう感じなのでしょうか。

タグボートが2隻、舷側についたので、出港だとわかり、ものすごく寒かったけれど、岸壁から退避、遊歩道に引っ込んで対処ということに決め、最後まで写真を撮りました。

f0147840_1149923.jpg

この船は頭から突っ込んで停泊していたので、バックで離岸(準備にすごく時間がかかる。寒かったのなんの)、ちょっと離れたところで、その場で回れ右をするように舳先の向きを変えました。もちろん、船にはそんな能力はないので、タグボードが廻すのですよ。誤解なきよう。

ここで音楽、藤原義江の「出船」、ってそんなものかけるはずがないでしょ! ビーチボーイズ、Sail on Sailor



やれやれ寒かった、と海岸を後にし、国道への道へとまがったら、こんな光景が目に入りました。

f0147840_1159930.jpg


赤い車は消防署のもの、奥に見える人物は警官です。あっ、と思って周囲のビルを見たら、みな灯りが消えて、非常燈の細い光がちらちらと見えるだけでした。信号が機能しなくなり、国道で警官が交通整理をしているのです。

f0147840_121411.jpg

うーむ、今日の停電時間帯まであとわずか。焦っちゃいます。上の写真、国道16号、横須賀市役所付近です。左から東京ガス、東電、横須賀警察、公園をはさんで、奥に見える三階建ては横須賀郵便局です。みんな暗くて、あらら、でした。

---------------------------------------------

今日も予定時間帯をほぼ丸ごとカヴァーする長い停電でした。二回目にして頭に血が上り、東電に呪いをかけました。原発がないとこれだけの電力危機が起きるという、東電のネガティヴ・キャンペーン説が流れています。残存発電所の発電能力と、東電のいう実績が合わないという話も出ています。

これまで山のように嘘をついてきたのだから、こういうことをいわれても当然です。嘘つきのいうことはだれも信用しなくなるため、大きな災厄が起きます。東電社員はお子さんに聞いてみなさい。ピーターと狼というのはどういう話だと。

復帰後のオープナー、イーグルズ、Lyin' Eyes



昨日は、久しぶりのウォーキングで、改めていつも歩いている道の「危険性評価」をしました。第一に反省すべき点は、海岸道路から高台への脱出経路と距離です。だいたい300メートルぐらいのところが多いと、「なんとなく」思っていましたが、要所要所で目測したところ、400メートル、500メートルというところもずいぶんあり、直下型のときは、高台ではなく、近くの3階建て程度のビルを目指すべきだと方針を変えました。

音楽行きます。ダスティー・スプリングフィールド、Up on the Roof



しつこくて恐縮ですが、すでに現政府や東電を支持なさる方は当家にはいらしていないと思うので、早く倒閣を、とまた叫んでおきます。たったいま読んだ、こういう資料は、やはり多くの方が目を通しておくべきだと私は思います。

原発 緊急情報(11) どこがまでが危ないか:計算結果

これによると、いや、部分的には、これを見なくても、中学生でもわかる単純な数値と論理のトリックもありますが、要するに、NHKもぐるになって国民をだましにかかっているようです。いや、わたしは、はじめからNHKの解説委員が最悪だ、ひとつもほんとうのことをいっていないと思っていましたが。

音楽。サム&デイヴ、When Something Is Wrong with My Baby



さて、そろそろ夕食。いくらなんでも「朝刊」の時間帯ではないので、この記事はここまで、つぎからは記事を改めます。
by songsf4s | 2011-03-18 09:22