人気ブログランキング |
むつひろし『八月の濡れた砂』スコア

一昨日の記事で、藤田敏八監督の『八月の濡れた砂』についてふれたら、昨日、ご常連方にはおなじみ、当ブログの「相談役」、Oさんがさっそく「資料」を提供してくださいました。

小林信彦『大統領の密使』で、主人公がピンチになると、どこにでも「志乃多寿司」を差し入れるリスナーの奥さん(「青木の奥さん」という名だったと思う)みたいなもので、いやもう、間のいいこと、驚いてしまいます。じっさい、前回の記事を書くときにクリップを見ていて、音楽が気になったんですよねえ。ふつう、あれは気になるでしょう?



というわけで、日活映画宣伝の一環として(「宣伝」と大声で繰り返しておく)、ちょっとサンプルをアップしてみましょうか。

サンプル 『八月の濡れた砂』メイン・テーマ

サンプル 『八月の濡れた砂』より「朝霧の再会」

サンプル 『八月の濡れた砂』より「海へ」

サンプル 『八月の濡れた砂』主題歌(movie edit)

「朝霧の再会」は「メイン・テーマ」のヴァリアントです。この映画にはヴァリアントが多く、映画音楽の基本を忠実に守っています。もうひとつぐらい、テンポもムードもまったくちがうヴァリアントがあってもよかったかもしれませんが。

ともあれ、日活はロマンポルノに移行する直前まで、一貫していいスコアを作り続けていたのだなあ、と感銘を受けます。いや、ひょっとしたら、ロマンポルノもすぐれたスコアが目白押しだったりして。ちょっとだけ聴いたことがあるのですが、そのあたりは宿題ということで。

◆ 唐紅に翼を染めて ◆◆
いま、アップロードのためにbox.netを開いたら、中一日あけただけなのに、驚くほどアクセスが増えていました。『紅の翼』の人気も高くて、シャドウズ盤The High and the Mightyは、ついにビーチボーイズを抜いて、星野みよ子「湖畔のふたり」に次ぐ2位に躍進しました。

f0147840_023845.jpg

『紅の翼』の記事では、ほかにロス・インディオス・タバハラスとトミー・モーガンのヴァージョンもサンプルにしたのですが、シャドウズに引きずられた、というか、楽曲自体の人気が高いのか、この2ヴァージョンのアクセスも上昇中です。カヴァーが多かったので、残りはサンプルをアップしなかったのですが、そのうち、全部アップしてみましょうかね?

それで思いだしましたが、先月のキーワード・ランキング、最後は「芦川いづみ」が大躍進して、またまたビックリしました。前々回の記事で、わたしがそのことにふれたのに反応なさったのかもしれません。つまり、「もっと芦川いづみの映画を取り上げなさい」とおっしゃりたいのでしょう。努力いたします。赤木圭一郎のものなら、すでに「キュー」に入れてあるのですが。

しかし、なんです、よけいなことを書くから、久しぶりに人形町の志乃多寿司のおいなりさんが食べたくなりました。志乃多のおいなりさんてえものが、いやもう、じつにけっこうでげしてな、なんて、幇間をやっている場合じゃないでげすな。いま、志乃多寿司総本店のウェブ・サイトを見てしまいました。出来星の店じゃないのだから、自分のところを「お店」なんて呼んでは、伝統の重みが吹き飛んじゃまいすぜ>志乃多寿司総本店。いまどきの日本語に不自由な輩の経営になる店といっしょになってはダメです。プライドをお持ちなさいな。

まとまった記事を書くだけの時間がとれず、あいすみません。今日も箇条書きでした。


八月の濡れた砂 [DVD]
八月の濡れた砂 [DVD]

日活映画音楽集~監督シリーズ~藤田敏八
日活映画音楽集~監督シリーズ~藤田敏八
by songsf4s | 2010-04-01 23:55 | 映画・TV音楽