人気ブログランキング |
憤懣やるかた……いや、あるかもしれない

「つぶろぐ」なんてものになにか書いても、グーグルが拾わないのではないか、なんてことをいったら、たちどころに反証を突きつけられてしまいました。

ご存じない方もいらっしゃれば、以前からご利用の方もいらっしゃるでしょうが、ウェブ上には「ポイント・サイト」というものがあります。わたしは十数カ所に登録し、その半分ぐらいは毎日見ています(つまりポイントを拾っている)。

ご存知の方はご存知のように、そういうところでは検索にもポイントがつきます。広告主のサイトに誘導すること(あるいは広告主のサイトのヒット率を維持ないしは向上させる)を目的とするものですが、たいていは、好きなものを検索してもかまわないので、自分のブログがどう見えるかの確認に使っています。

そういうところがウェブ検索に使っているのはグーグルではなくヤフーです。今日はそういう検索でエリー・グリニッチをキーワードにしてみたところ、当家または黄金光音堂といった本体が引っかかる前に、つぶろぐのほうがヒットしてしまいました。

f0147840_23581465.jpg

ひでえな、実体のあるブログの記事はダメで、実体などないものがヒットするのかよ、無法もいいところだな、と腹を立てましたが、でも、ヤフーだからな、と思い直し、確認のためにグーグルに移動。

f0147840_0142837.jpg

あっちゃあ。ヤフーは5ページ目かなんかだから許せるけれど、これは1ページ目ですぜ。キーワードによっては高額で買おうという会社もあるポジションですからねえ。まあ、キーワードの揺れをどこまで許容するかとか、そういうアルゴリズムも関係しているのでしょうが、それにしても、つぶろぐなんてものは、たんなるキーワードの羅列にすぎず、実体はゼロ、なぜそんなもののほうを優先するのだ、つぶろぐを使わない人間は不当に不利な位置におかれるではないか、と完全に沸騰しちゃいましたよ。

しかし、考えてみると、これは利用できます。なにか更新したら、黄金光音堂など他ブログのリンクをつけて、キーワードを羅列しておく、これがいちばん効率的に本体の記事をグーグルに拾ってもらう方法だということを、以上の検索結果は示しているのです。

いや、もちろん、当家の母屋は膨大なテキストを抱えているので、SEO的に云って、グーグルが拾う確率の高い構造であり、キーワードによってはアマゾンより上にいくこともあります。だから、そこに貼り付けたつぶろぐであるということが、グーグルでは有利に働いて、1ページ目に出現したのでしょう(いや、それにしても、同じキーワードを大量に含み、過去の実績もある本体の記事はどこへいったのだ>グーグルよ)。

つぶろぐなんか、ほんの数秒から数分で書けますが、当家の過去の記事には、丸一日以上かけて書いたものがたくさんあるんですぜ! いや、まあ、最近はぜんぜん時間が取れず(なにしろ、ポイントサイトへいってはクリックし、ついでにパートナーといっしょにポイントサイト比較サイトをつくったりしている)、短時間で書けるものしかやりませんが、それでも、小津のことなんか、ずいぶん時間と頭と目と耳を使っていますからねえ。

ということで、つぶろぐにじゃんじゃんキーワードを押し込み、当家やFC2ブログの宣伝をすることに決めました。当家は一銭にもならないロハ・ブログだからどうでもいいのですが、FC2は「猫の餌代を稼ぐ」という大目標を掲げているのですからね。

ということで、当家のつぶろぐに意味不明のことが書いてあっても、気になさらないようにお願いします。グーグルに向かってものをいっているにすぎないと無視してください。ここに貼ってあることで、グーグルがものすごくいいポジションをあたえてくれる可能性があるから、というだけにすぎず、みなさんになにか云いたいわけではないのです。

◆ 論理は思考者を甘やかさない ◆◆
あんまり腹が立ったために、このままこの記事をアップするのはまずいと思い、夕食後、一時間ばかり歩いてきました。すると、だんだん理性が戻ってきて、怒りのあまり、つぶろぐにポイントサイトのほうのリンクをくっつけて、なにも説明しないままポストしたのはまずかったと思い直しました。

つくづく思うのですが、わたしのような凡人には、ある出来事の意味を、瞬間的に、長射程で考えつめることはできません。数時間をかけて、これにはどういう意味があり、自分はどうするべきかということを、ゆっくりと意識にしみこませていくしかないようなのです。そして、わたしにとってはひどく意外な結論に到達しました。一言でいうと、その結論とは、

「このブログがかつてもっていた価値を取り戻すために、以前のように、ほぼ毎日更新するように努力しなければいけない」

なのです。海岸の遊歩道(たんに知識をひけらかすために書くのだが、こういう場合は「プロムナード」とはいわずに、「エスプラネード」esplanadeという。いや、昔、友だちに教えてもらったことを記憶していただけ!)を歩きながら、滾り立つ怒りを抑え、ああしよう、こうしようと、論理をたぐっていったら、そういう結論に行き着いてしまい、ウッソー、と叫びそうになりました。

なぜそういう結論になるのか? 簡単です。黄金光音堂という、できてから僅々三カ月弱のブログへのリンクが、グーグルで1ページ目に来た理由を考えればいいのです。それは、当家に貼り付けたつぶろぐに組み込まれたリンクだったからです。そして――、

1)なんらかの原因によって、「つぶろぐ」そのもののグーグル的価値は目下のところ高い、2)当家のグーグル的価値も、しばしば販売サイトより上に行くほど高い、3)なぜならば、当家はクロウラーの大好物であるテキストおよびキーワードの巨大倉庫であり、4)発足からすでに30カ月近い「歴史」があり、5)Add More MusicやWall of Houndといった、発足から10年以上たつとてつもない老舗にリンクしていて、グーグル的信頼性も高い。

というわけです。この「グーグル的価値」はどこからきたかといえば、膨大なテキスト、頻繁な更新、これしかないのです。そして、かつてはしばしば200を超え、300に迫ることもあった(現在のほぼ倍)ユニーク・ユーザー数と、月間8000~9000のページ・ヴュー(現在は6000~7000程度)を取り戻せば、さらに価値は高まることになります。

というわけで、いったんは、一銭も稼がないくせに、とほうもない時間と手間を要求する最悪の大赤字火の車ブログ、いずれ閉鎖しようと考えた当家は、じつはパートナーとわたしにとっての(グーグル的には)最大のアセットらしいということが、ぼんやりと理解できたのです。いやはや、大逆転の醜いアヒルの子・赤鼻のトナカイ物語でした。

ということで、当家の記事が他サイトのPV数増加に直結する「バールのようなもの」なのかどうかをしばらく観察し、有効であるとわかれば、いったんは黄金光音堂に移した重心を、再度、当家のほうに移し替えようと思います。

ただし、昔のように、丸一日かけるなどということはもうできそうもありません。密度は薄く、テキストは短く、更新頻度は低く、になってしまうでしょうが、放置ないしは削除の危機は回避されたと断言していいだろうと思います。ということで、改めて、今後とも当家をよろしくお願いいたします。
by songsf4s | 2009-09-11 23:59 | その他