<   2011年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧
グレイトフル・デッドのブランチ探し その2 I Foght the Law
 
前回ちょっとふれたように、グレイトフル・デッドのルーツ探しならぬ、「ブランチ探し」というのを今日もやってみます。つまり、デッドがカヴァーした曲のオリジナル探しではなく、デッドのカヴァー自体を見つけようというものです。

「Let There Be Songs: Roots of The Grateful Dead」のソングリスティングを眺めると、オリジナルは知っているのに、デッドのカヴァーは聴いたことがない、という曲がやまほどあります。ルーツは探すまでもないのに、その根から伸びた枝葉は知らないという、通常とは逆の状態なので、「ブランチ探し」をしようと思ったわけです。

ルーツを見つけるのも大変ですが、ブランチもやはりそう簡単ではありません。デッドはライヴ・テープの発掘を延々と続けているので、すでに数十種のセット、百枚以上のアーカイヴCDがリリースされていますが、いまだに正式にリリースはされていない曲というのを、今日はいってみます。

まず、オリジナルではなく、もっとも有名なヒット・ヴァージョンから。ボビー・フラー・フォー、I Fought the Law



元を知らなくても、多くの人がバディー・ホリーを思い浮かべるでしょう。ボビー・ヴィーをはじめ、バディー・ホリーの後継者といわれた人はたくさんいますが、わたしは、声の質がどうのこうのではなく、バディー・ホリーのスタイルをもっとも素直に発展させたという意味で、ボビー・フラーがベストだと思っています。

オリジナルは、バディー・ホリーのバンド、ジョン・レノンに「カブトムシ」という命名のインスピレーションを与えたクリケッツです。ただし、この録音はバディー・ホリー没後の、クリケッツ単独名義によるものです。

クリケッツ I Fought the Law


それでは、グレイトフル・デッドはこの曲をどうやったか。というか、わたしとしては、こんな曲、いったいどこでやったんだ、です。オフィシャル・サイトとユーチューブがなければ五里霧中のはずですが、ちゃんと聴くことができました。いや、ちゃんと、かどうかはなんともいえないのですが……。

グレイトフル・デッド I Fought the Law


正直いって、最初は、いったいだれがリードをとっているのだ、まただれかゲストが歌っているのかと思ってしまいました。しばらくたってから、やっと、ぜんぜん声が出なくなってしまったジェリー・ガルシアなのだと気づきました。うーん、合掌。もう最晩年ですから、やはり体調はよくなかったのでしょう。

しかし、脳溢血から快復したあとの晩年の古今亭志ん生を聴くように、まもなく燃え尽きようとしている愛すべきキャラクターの、ゆらめく最後の灯りを見るようなつもりになれば、これもまたジェリー・ガルシアの歌だからな、とファンとしては納得がいかなくもありません。

◆ その他の犯罪者たち ◆◆
他のヴァージョンもすこしあげておきます。めずらしいインスト・カヴァー、しかも、ドゥエイン・エディーとヴェンチャーズの共演です。いや、ちょっと見かけ倒しですが!

ドゥエイン・エディー&ザ・ヴェンチャーズ


ドラムが下手で、いきなりコケます。しかし、確固たるスタイルを持っている人は強いなあ、と感心しちゃいます。アート・オヴ・ノイズとやっても、ヴェンチャーズとやっても、ドゥエイン・エディーはどこまでもドゥエイン・エディーだと思います。まあ、だれでも影武者が務まってしまいますが、でも、それこそが、彼がキャラクターではなく、サウンドで成功したことの証明です。

もうひとつ。後年のクリケッツのメンバー、アール・シンクスのヴァージョン。これはユーチューブにないので、自前のサンプルで。

サンプル Earl Sinks "I Fought the Law"

以前、Love's Made a Fool of You by the Bobby Fuller Fourというボビー・フラーを紹介する記事にのせた写真とキャプションをそのまま流用することにします。

f0147840_0125251.jpg

f0147840_0131680.jpg
クリケッツのメンバー変遷は複雑きわまるので、セッション・データを載せておく。Love's Made a Fool of Youは、クロヴィスのノーマン・ペティーのスタジオにおける最後のセッションでの録音だそうな。あとはハリウッド、NYになってしまう。



Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ボビー・フラー4
I Fought the Law & Other Hits
I Fought the Law & Other Hits


クリケッツ
Collection
Collection
[PR]
by songsf4s | 2011-04-28 23:57
リニューアル作業のお知らせとグレイトフル・デッドのルーツ、ではなく、ブランチ探し序曲
 
このところ更新が滞っているのは、主として新しい外付HDDに、DVDからバックアップ・ファイルを書き戻しているためです。さっき検索したところ、すでに六万曲(300GB弱)以上書き戻しました。

ざっと見るかぎりでは、あと20枚ほどDVDが残っているだけなので、明日中には書き戻しを終わるだろうと思います。最終的には、ずっとHDDに置いたままのファイルと併せて12万曲を超える予定なのですが、実数はやってみないとわかりません。

この休みを利用して、というわけでもないのですが、当家のデザイン、いや視覚的なことというより、構造的なこと、つまり主としてCSSによる調整をやってくれているパートナーが、目立たないけれど重要なリニューアル作業をおこなっています。

視覚的にはほとんど変化がないのですが、じつは大リニューアルなのです。なにをしているかというと、しばしば「その1」だの「その2」だのと、続き物になってしまう当家の記事に構造を与え、ナヴィゲーションを容易ならしめるリンクをつくっているのです。

ためしに、Endキーで、このページの一番下までいってみてください。これまでにやったさまざまな特集記事の一覧が付け加えられました。

これは個々の記事のリンクを「たたむ」作業の途中なので、まだ多くの記事がむき出しになっていますが、これを使っていただくだけでも、連載記事が不連続にジャンプしている場合でも、これまでとちがって簡単にアクセスできるようになりました。

それだけではありません。たとえば、『イージー・ライダー』の記事をご覧になってください。記事タイトルの下に、連載の全記事へのリンクを加えました。このメニューは記事下端にもあるので、読み終わってから、記事冒頭に戻らずに、そのままつぎの記事へと移動できます。

こちらの変更もまだ作業途中で、すべての特集記事にリンクをつけ終えるのはだいぶ先になると思います。このところ、ユニーク・ユーザー・カウンターも増えているのですが、それ以上にページヴュー(ユーザー数とは独立した閲覧ページ数)が非常に多く、先日は一日で1200ページ以上になって驚きました。ナヴィゲートが容易になれば、いっそう多くのページをごらんいただけるようになるものと期待しております。

◆ デッドのルーツを探すはずが…… ◆◆
これだけではなんなので、昨日からすこしずつ聴いているもののことを。「もの」なんて言い方は奇妙なのですが、盤は存在しないので、表現に困るのであります。

なにかというと、「Let There Be Songs: Roots of The Grateful Dead」と題された、グレイトフル・デッドのファンが、デッドがその40年以上におよぶキャリアでカヴァーしたあらゆる曲の、オリジナルないしは流布ヴァージョンを集めた「もの」なのです。

f0147840_23585323.jpg

たんに、どれほどすごいかを視覚的に納得していただくために貼り付けるだけなので、読まないでいただきたいのですが、とにかく、ソング・リスティングをごらんいただきます。

A Voice From On High - Bill Monroe
Ain't It Crazy (The Rub) - Lightnin' Hopkins
All Along the Watchtower - Bob Dylan
All I Have To Do Is Dream - The Everly Brothers
And We Bid You Goodnight - The Pindar Family
Are You Lonely For Me - Freddie Scott
Around and Around - Chuck Berry
Baba O'Riley - The Who
Baby What You Want Me To Do - Jimmy Reed
Bad Moon Rising - Creedence Clearwater Revival
Ballad of a Thin Man - Bob Dylan
Ballad Of Casey Jones - Mississippi John Hurt
Banana Boat Song (Day-O) - Harry Bellafonte
Banks Of The Ohio - Joan Baez
Barbara Allen - Joan Baez
Beat It On Down The Line - Jesse Fuller
Betty And Dupree - Brownie McGhee
Big Boss Man - Jimmy Reed
Big Boy Pete - Don & Dewey
Big Railroad Blues - Cannon's Jug Stompers
Big River - Johnny Cash
Black Queen - Stephen Stills
Blackbird - The Beatles
Born On The Bayou - Creedence Clearwater Revival
Bring Me My Shotgun - Lightnin' Hopkins
Broken Arrow - Robbie Robertson
Bye Bye Love - The Everly Brothers
C. C. Rider - Ma Rainey
California Earthquake - Rodney Crowell
Cathy's Clown - The Everly Brothers
Checkin' Up On My Baby - Sonny Boy Williamson
Children Of The 80's - Joan Baez
Chimes Of Freedom - Bob Dylan
Chinese Bones - Robyn Hitchcock
Close Encounters - John Williams
Cocaine Habit Blues - Memphis Jug Band
Cold Jordan - The Stanley Brothers
Cold Rain and Snow - Obray Ramsey
Come Back Baby - Lightnin' Hopkins
Dancin? In The Streets - Martha Reeves & The Vandellas
Dark Hollow - Bill Browning
Darling Corey - The Monroe Brothers
Day Tripper - The Beatles
Dead Man, Dead Man - Bob Dylan
Dear Mr. Fantasy - Traffic
Death Don't Have No Mercy - Rev. Gary Davis
Death Letter Blues - Son House
Deep Elem Blues - The Shelton Brothers
Desolation Row - Bob Dylan
Devil With The Blue Dress - Shorty Long
Do You Wanna Dance - Bobby Freeman
Don't Ease Me In - Henry Thomas
Don't Mess Up A Good Thing - Bobby McClure
Don't Think Twice It's All Right - Bob Dylan
Down In The Bottom - Howlin' Wolf
Drink Up and Go Home - Larry Cordle & Lonesome Standard Time
Early Morning Rain - Gordon Lightfoot
El Paso - Marty Robbins
Every Time You Go Away - Hall & Oates
Fever - Little Willie John
Forever Young - Bob Dylan
Games People Play - Joe South
Gathering Flowers For The Master's Bouquet - Kitty Wells
Get Back - The Beatles
Gimme Some Lovin' - The Spencer Davis Group
Gloria - Them
Goin' Down The Road Feeling Bad - Woody Guthrie
Good Golly Miss Molly - Little Richard
Good Lovin' - The Olympics
Good Morning Little Schoolgirl - Sonny Boy Williamson
Goodnight Irene - Lead Belly
Got My Mojo Working - Muddy Waters
Gotta Serve Somebody - Bob Dylan
Green Green Grass Of Home - Porter Wagoner
Green Onions - Booker T & The MG's
Green River - Creedence Clearwater Revival
Hard To Handle - Otis Redding
He Was A Friend of Mine (Just A Hand To Hold) - Mark Spoelstra
Heart Of Mine - Bob Dylan
Help Me Rhonda - The Beach Boys
Hey Bo Diddley - Bo Diddley
Hey Jude - The Beatles
Hey Little One - Dorsey Burnette
Hey Pocky Way - The Meters
Hi Heel Sneakers - Tommy Tucker
Hide Away - Freddie King
Highway 61 Revisited - Bob Dylan
How Long Blues - Leroy Carr
How Sweet It Is (To Be Loved by You) - Marvin Gaye
Hully Gully - The Olympics
I Ain't Superstitious - Willie Dixon
I Fought The Law - Bobby Fuller Four
I Got A Mind To Give Up Livin' - Paul Butterfield Blues Band
I Just Wanna Make Love To You - Willie Dixon
I Know It's A Sin - Jimmy Reed
I Know You Rider - Joan Baez
I Second That Emotion - Smokey Robinson
I Want To Tell You - The Beatles
I Want You - Bob Dylan
I Washed My Hands In Muddy Water - Stonewall Jackson
I'll Be Your Baby Tonight - Bob Dylan
I'll Go Crazy - James Brown
I'm A Hog For You - The Coasters
I'm A King Bee - Slim Harpo
I'm A Man - Spencer Davis Group
Iko Iko - The Dixie Cups
In the Midnight Hour - Wilson Pickett
In The Pines - Lead Belly
It Hurts Me Too - Elmore James
It Takes A Lot to Laugh, It Takes A Train to Cry - Bob Dylan
It's A Man's, Man's, Man's World - James Brown
It's All Over Now - Bobby Womack
It's All Over Now, Baby Blue - Bob Dylan
It's My Own Fault - John Lee Hooker
I've Been All Around This World - Justis Begley
I've Got A Tiger By The Tail - Buck Owens
I've Seen That Face -The Beatles
Jack A Roe -The Journeymen
Joey - Bob Dylan
John Brown - Bob Dylan
Johnny B. Goode - Chuck Berry
Just Like Tom Thumb Blues - Bob Dylan
Kansas City - Wilbert Harrison
Katie Mae - Lightin' Hopkins
Keep On Growing - Derek & The Dominos
Knockin' on Heaven's Door - Bob Dylan
La Bamba - Ritchie Valens
Lady Di And I - Joan Baez
Let It Be Me - The Everly Brothers
Let It Rock - Chuck Berry
Let Me In - Porter Wagoner
Let The Good Times Roll - Sam Cooke
Little Red Rooster - Howlin' Wolf
Little Sadie - Clarence Ashley
Long Black Limousine - Merle Haggard
Look On Yonder Wall - Arthur Crudup
Louie, Louie - Richard Berry
Love The One You're With - Stephen Stills
Lucifer's Eyes - Joan Baez
Lucy in the Sky with Diamonds - The Beatles
Mack The Knife - Bobby Darin
Maggie's Farm - Bob Dylan
Mama Tried - Merle Haggard
Man Of Peace - Bob Dylan
Man Smart (Woman Smarter) - Harry Bellafonte
Mannish Boy (I'm A Man) - Muddy Waters
Marriott USA - Joan Baez
Matilda, Matilda - Harry Belafonte
Me and Bobby McGee - Kris Kristofferson
Me and My Uncle - Judy Collins
Memphis Blues - Bob Dylan
Mind Left Body Jam (Your Mind Has Left Your Body) - Paul Kantner
Mona - Bo Diddley
Monkey And The Engineer - Jesse Fuller
Morning Dew - Bonnie Dobson
Mountain Jam (There Is A Mountain) - Donovan Leitch
Mr. Tambourine Man - Bob Dylan
My Babe - Willie Dixon
My Baby Left Me - Arthur Cruddup
Mystery Train - Little Junior's Blue Flames
Neighborhood Girls - Suzanne Vega
New Minglewood Blues - Noah Lewis
New Orleans - Gary "U.S." Bonds
Next Time You See Me - The Nightcaps
Nobody's Fault But Mine - Blind Willie Johnson
Not Fade Away - Buddy Holly
Ode For Billie Dean - Hot Tuna
Oh Babe, It Ain't No Lie - Elizabeth Cotton
Oh Boy - Buddy Holly
Okie From Muskogee - Merle Haggard
Ol' Slewfoot - Johnny Horton
Old, Old House - George Jones
Ollin Arageed - Hamza el Din
On The Road Again - Memphis Jug Band
One Kind Favor - Blind Lemon Jefferson
Overseas Stomp (Lindbergh Hop) - Memphis Jug Band
Pain In My Heart - Otis Redding
Parchman Farm - Bukka White
Peggy Sue - Buddy Holly
Peggy-O (The Bonnie Lass O' Fyvie) - Traditional/The Corries
Peggy-O - Traditional/Bob Dylan
Pollution - Bo Diddley
Prisoner Blues (Baby Please) - Percy Mayfield
Proud Mary - Creedence Clearwater Revival
Queen Jane Approximately - Bob Dylan
Railroading On The Great Divide - The Carter Family
Rain - The Beatles
Rainy Day Women # 12 & 35 - Bob Dylan
Revolution - The Beatles
Riot In Cell Block #9 - The Robins
Road Runner - Junior Walker
Roberta - Lead Belly
Rockin' Pneumonia and Boogie Woogie Flu - Huey 'Piano' Smith
Rollin' and Tumblin' - Muddy Waters
Rosa Lee McFall - The Monroe Brothers
Run, Rudolph, Run - Chuck Berry
Samson and Delilah - Rev. Gary Davis
Satisfaction - The Rolling Stones
Sawmill - Mel Tillis
Say Boss Man - Bo Diddley
Searchin' - The Coasters
Seasons Of My Heart - George Jones
She Belongs To Me - Bob Dylan
She's Mine - Lightin' Hopkins
Shelter From The Storm - Bob Dylan
Sick and Tired - Dave Bartholomew
Sidewalks Of New York - Duke Ellington
Silver Threads And Golden Needles - Wanda Jackson
Simple Twist Of Fate - Bob Dylan
Sing Me Back Home - Merle Haggard
Sittin' On Top Of The World - The Mississippi Sheiks
Slow Train - Bob Dylan
Smokestack Lightning - Howlin' Wolf
So Sad (To Watch Good Love Go Bad) - The Everly Brothers
So What - Miles Davis
Spanish Jam (Solea) - Miles Davis
Spoonful - Charlie Patton
Stander On The Mountain - Bruce Hornsby
Stealin' - Jesse Fuller
Stir It Up - Bob Marley
Swing Low Sweet Chariot - Lead Belly
Take It All Off - Bo Diddley
Take Me To The River - Al Green
Tangled Up In Blue - Bob Dylan
Tell It To Me - The Tenneva Ramblers
Tell Mama - Etta James
That Would Be Something - Paul McCartney
That'll Be The Day - Buddy Holly
That's All Right, Mama - Arthur 'Big Boy' Crudup
The Ballad of Frankie Lee and Judas Priest - Bob Dylan
The Boxer - Simon & Garfunkel
The Frozen Logger - The Weavers
The Last Time - The Rolling Stones
The Mighty Quinn (Quinn The Eskimo) - Bob Dylan
The Promised Land - Chuck Berry
The Race Is On - George Jones
The Same Thing - Willie Dixon
The Things I Used To Do - Guitar Slim
The Times They Are A Changing - Bob Dylan
The Valley Road - Bruce Hornsby
The Weight - The Band
The Wicked Messenger - Bob Dylan
There Is Something On Your Mind - Jimmy Hughes
Tomorrow Is A Long Time - Bob Dylan
Tomorrow Is Forever - Dolly Parton & Porter Wagoner
Tomorrow Never Knows - The Beatles
Turn On Your Love Light - Bobby 'Blue' Bland
Twist And Shout - The Isley Brothers
Uncle Sam Blues - Hot Tuna
Viola Lee Blues - Cannon's Jug Stompers
Visions of Johanna - Bob Dylan
Wabash Cannonball - The Carter Family
Wake Up Little Susie - The Everly Brothers
Walkin' Blues - Robert Johnson
Walking The Dog - Rufus Thomas
Wang Dang Doodle - Willie Dixon
Warriors Of The Sun - Joan Baez
Watching the River Flow - Bob Dylan
Werewolves of London - Warren Zevon
What's Going On - Marvin Gaye
When I Paint My Masterpiece - Bob Dylan
Who Do You Love - Bo Diddley
Who's Loving You Tonight - Jimmy Rogers
Why Don't We Do It In The Road - The Beatles
Will The Circle Be Unbroken - Mississippi John Hurt
Willie And The Hand Jive - Johnny Otis
You Ain't Woman Enough - Loretta Lynn
You Don't Love Me - Willie Cobbs
You Win Again - Hank Williams

全269曲、CD化したら12枚組ボックスというあたりでしょう。いや、数の多さにも呆れましたが、内容にも呆れました。

わたしは1968年以来のデッド・ファンです(デッド界ではファンのことを「ヘッズ」と呼ぶ)。それなのに、このリストには、デッドがやったのを聴いたことがない曲が山ほどあるのです。

こうなると、ルーツではなく、ブランチ、つまり、根よりも、枝のありか、デッドのカヴァー・ヴァージョンを聴くことのほうが、はるかに大きな問題です。

そんなのがあったのかというのをひとついってみます。まずは根っこであるオリジナル・ヴァージョンをユーチューブで。ビーチボーイズ、Help Me Rhonda



こんな曲、デッドがやるはずないじゃないか、と思うのですが、じつはかの「ビーチカゴ」のように、「グレイト・ビーチ」とでもいうべき、ビーチボーイズとデッドの共演ライヴがあったのだそうで、正確にはデッドは歌っていません。ディランとの共演のように、バッキングに徹しています。

サンプル The Beach Boys & Grateful Dead "Help Me Rhonda"

いやはや、フィル・レッシュのベースでこの曲を聴くとじつに変な感じです。今日は時間がないのでここまでにし、次回、もうすこしデッドのブランチ探しをするつもりです。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう
[PR]
by songsf4s | 2011-04-27 23:57
Bye Bye, Baby (ハワード・ホークス監督『紳士は金髪がお好き』 その2)
 
イギリスのベース・プレイヤーは、ジェット・ハリスだけで終わるつもりではなく、いくつか聴いて確認しておいたのですが、やはりちょっと気が抜けた感じで、今日は、宙ぶらりんになっている『紳士は金髪がお好き』に戻ることにします。

◆ パブリック・ドメイン ◆◆
著作権法も法律なので、細部においては意味を解しかねることがたくさんあります。細かいことはわたしにも理解できないので省略し、結論だけいうと、『紳士は金髪がお好き』は、著作権更新手続きをとらなかったため、著作権者がいなくなり、いまではパブリック・ドメイン、すなわち公共のものになっているのだそうです。

ということで、いつもなら「パブリシティーだとみなしてねと暗黙のうちに要請し、暗黙のうちに了解してもらっているつもり」のスクリーン・ショットも、今回にかぎり、だれにも遠慮せずに貼り付けていいということが判明しました。なんなら、24コマ×60秒×90分で、全コマ貼り付けても、理論上はまったく問題ないのです。

したがって、ユーチューブにも映画全編がアップされています。まず、前回も貼り付けたものですが、フルムーヴィーのパート2をおいておきます。ご覧になりたい方はどうぞというだけにすぎず、音楽の場面だけを独立させたクリップもべつに貼り付けます。

フル パート2


◆ 異なったパターンのデュエット曲 ◆◆
それでは、二曲目、まもなく出航、お見送りの方は下船ください、という場面で、まずはジェイン・ラッセルが、そして、あとからマリリン・モンローが歌うBye Bye Baby。



声の質がまったく異なる二人のシンガーが交互に歌うのは大きな効果を上げるときがあるということを、以前、スティーヴン・スティルズの相方(デイヴィッド・クロスビー、クリス・ヒルマン、ドニー・デイカス)の使い方を例にあげて書いたことがあります。

CS&N Wooden Ships


話は脇にそれますが、久しぶりに聴いて、やっぱりダラス・テイラーのタイムは好みだなあ、と思いました。タムタムのチューニングもけっこう。ついでにいうと、12弦のカッティングが雑で癇に障ります。ということは、真正直にクロスビーがプレイしたということでしょう。

サンプル Manassas "Both of Us (Bound to Fall)"

サンプル Stephen Stills "Midinight in Paris"

前者はクリス・ヒルマン、後者はドニー・デイカスが相方です。

『紳士は金髪がお好き』に話を戻します。このデュエットは、一緒に歌うのではなく、先にジェイン・ラッセルが行き、あとからマリリン・モンローが歌うようになっていて、モンローの声に特徴があるので、クリス・ヒルマンとスティーヴ・スティルズのような効果が生まれています。

しかし、この曲のもっとも好ましいところは、女声コーラスです。アメリカというか、ハリウッド産音楽に固有のハーモニー、他の土地ではぜったいに得られない響きだといいたくなります。

◆ 従者あり ◆◆
航海に出て最初のシーンは、マリリン・モンローがデッキチェアに坐って、乗船客リストをチェックしているところです。客船など乗ったこともなければ、そういう習慣についてもまったく無知なのですが、リストには、たとえば、「スミス夫妻とその従者」(Mr. and Mrs. Smith and valet)というように記載されているのだそうです。

マリリン・モンロー扮するローレライは、末尾に「とその従者」と記載されている乗客を拾い出しているのです。そこにやってきたドロシー(ジェイン・ラッセル)が、なんだって突然、従者なんかに興味をもったのだとききます。

f0147840_23485595.jpg

ローレライ「“従者あり”って書いてあれば、その人は価値があるってことよ。あなたにふさわしい紳士を探しているんじゃないの」
ドロシー「あら、お生憎様。たったいま、自分で二十人ほど調達したところよ」
ロ「あのねドロシー。お金持ちの棒高跳び選手なんてものがいるなんて話をきいたことがある?」
ド「ないかもしれないけれど、だからどうだというの。あたしは自分より速く走れる男がすきなのよ」
ロ「まったく行く末が思いやられるわね。あなたは一文無しの野暮天を相手に時間を無駄にしているのよ」
ド「あんたねえ、世の中にはお金のことなんかまったく気にしない人間もいるってことを考えたことがないの?」
ロ「馬鹿をいってるんじゃないの。まじめな話をしているのよ。愛のない結婚なんてしたくないでしょ?」
ド「あたしが? 愛のない結婚ですって?」
ロ「そうよ。自分のものではないお金のことを考える時間しかなかったら、どうやって愛のための時間なんかつくれるっていうの?」

といった調子で、またしても二人の考え方の違いを浮き彫りにするダイアログですが、ローレライのいうことも、よく考えると筋が通っているところが可笑しくて、なんど見てもニヤニヤしてしまいます。まじめくさって人生論を披瀝するマリリン・モンローがなんともいえず魅力的な場面です。

◆ 肌もあらわな男たち ◆◆
ドロシーが「自分で二十人ばかり調達した」といったのは、船に乗り合わせたアメリカのオリンピック・チームのことです。

で、つぎのシーンでは、その肉体美を誇る青年たちとジェイン・ラッセルのナンバー、ホーギー・カーマイケル作のAin't There Anyone Here for Loveです。このシーンは、初見のとき、ギョッとしました。

フル:パート3


いやはや、といったきり絶句してしまう視覚的デザインと振り付けです。以前、「This Country's Going to War by the Marx Brothers (OST 『我が輩はカモである』より)」という記事でご紹介した曲が歌われるシーンにつぐ史上第二位といいたくなる、恐るべきソング&ダンス・シーンです。

この映画の原作は「ロアリング・トゥエンティーズ」の産物です。1920年代に一般化したものの代表としては、観光旅行とスポーツがあげられるのだそうで、『紳士は金髪がお好き』は、まさに20年代の「尖端風俗」を描いたものだったことが、このシーンに如実にあらわれています。

f0147840_23492736.jpg

いや、でも、このシーンの奇妙な手ざわりの根源は、もう少しべつなところにあるようです。つまり、直感がいうことを素直に書くならば、これはスポーツのエロティシズムを表現したものなのではないでしょうか。

そしてまた、「見世物としての男の肉体」というものが成立したことを証言しているようにも感じます。だってほら、ジェイン・ラッセルは黒のワンピースという色気のないコスチュームなのに対して、男たちは半裸であるばかりでなく、肌と区別がつかない水着をまとい、ジェイン・ラッセルの性的欲求を満たす存在として踊っているわけですからね。

まったく、この調子ではいつまでたっても終わりそうにありませんが、さすがはハワード・ホークス、ディテールが豊富なので、やむをえません。気長に見ていくことにします。次回、富豪の紳士、のようなものが登場します。


Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



DVD
紳士は金髪がお好き [DVD]
紳士は金髪がお好き [DVD]


サウンドトラック
Gentlemen Prefer Blondes
Gentlemen Prefer Blondes


Wooden Ships(デイヴィッド・クロスビーとのデュエット)
Crosby Stills & Nash
Crosby Stills & Nash


Both of Us(クリス・ヒルマンとのデュエット)
Manassas
Manassas


Midnight in Paris(ドニー・デイカスとのデュエット)
Stills/Illegal Stills/Thoroughfare Gap
Stills/Illegal Stills/Thoroughfare Gap
[PR]
by songsf4s | 2011-04-23 23:51 | 映画
フェンダー・ベース・プレイの夜明け その4──ジェット・ハリス
 
本題の前に。散歩ブログを更新したので、そちらのほうにご興味がおありの方は、よろしかったらどうぞ。今回の外題は、

♪別れ波止場の止まり木の、夢よ、さよなら、渡り鳥

です。なんのことだ、って? お読みになればわかります。

◆ ジェット・ハリスのフェンダー・プレイ ◆◆
ベース・シリーズも、前回で(他力本願の)解決篇となりましたが、いちおう、いろいろ並べて聴いてみたので、ちょとだけ補足しておきます。

ビートルズがデビューしたころのイギリスというのは、かなりローカルな市場で、日本同様、完全にアメリカに顔が向いてしまっていたように思われます。アメリカ音楽のローカル盤がたくさんリリースされています。まるで日本みたいです。

リック・ネルソン同様、「水で薄めたエルヴィス」とみなされたクリフ・リチャードも、曲がどうこういう以前に、存在そのものが「アメリカ音楽のローカル化」だったといっても過言ではないでしょう。デビュー当時は完全なエルヴィスのコピーです。

エルヴィスといくぶんちがうのは、ツアーバンドとしてスタートし、すぐにスタジオでもプレイするようになるシャドウズが、アップライトではなく、フェンダーベースを使っていたことです。まず二曲お聴きいただきましょう。

クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ Dynamite


クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ Please Don't Tease


わたしがシャドウズを聴くようになったのはずっと後年のことなので、シャドウズのベースというとジョン・ロスティルだと思ってしまうのですが、このときはまだジェット・ハリスがベース、ドラムもブライアン・ベネットではなく、トニー・ミーハンです(メンバー・チェンジの裏側にはクリフ・リチャードとの私生活上のトラブルがあったのだそうな)。

どうであれ、50年代終わりの段階でこのサウンドですから、エルヴィス・ファンに怒られるかもしれませんが、サウンドはクリフ・リチャードのほうが一歩先を行っていたことになります。エルヴィスのバッキングは基本的に古めかしいロカビリー・バンドですが、シャドウズはすでに60年代的なエレクトリック・ギター・コンボになっています。

もうすこしジェット・ハリス時代のシャドウズをお聴きただきます。

クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ Nine Times Out Of Ten


つぎは自前サンプルで。

サンプル Cliff Richard & the Shadows "Gee Whiz It's You"

わたしは当時を知らず、クリフ・リチャードの曲をはじめて意識したのはSummer Holidayなので、こういう初期の、彼にしてはハードなタイプの曲、エルヴィス・ルーツが濃厚なトラックというのは、ずっと後年に聴きました。

したがって、とくに意識していませんでしたが、こうして改めて聴いてみると、アメリカの同時代のサウンドよりも、後年のわれわれにはわかりやすい音だと感じます。「わたしの時代」の音楽に近いサウンドなのです。

ポールも、ジョンも、当時のインタヴューでは、シャドウズに対して否定的なことをいっています。それは主として、同時代のスターに対する当然の反感と、もうひとつはシャドウズのステージング・スタイルに対する軽蔑から来るものでしょう(ステップを踏む! いくらなんでも古めかしくて、1967年の来日のときにテレビで見て衝撃を受けた!)。ジョンはともかくとして、ポールはシャドウズの音そのものに対しては相応の敬意を払っていたのだろうと想像しています。

ビートルズ Cry For A Shadow


なんていうポールの曲は、やはりシャドウズを意識してのものでしょう。

もう一組、当時のポールが聴いていたであろうバンドをご紹介しようと思ったのですが、今夜は時間切れ。次回、取り上げるかもしれないし、ネグってしまうかもしれません。

このバンドです。

トーネイドーズ Telstar



Click and follow Songs for 4 Seasons/metalside on Twitter
metalsideをフォローしましょう



ビートルズ
プリーズ・プリーズ・ミー

ビートルズ
プリーズ・プリーズ・ミー


ビートルズ
The Beatles [USB]
The Beatles [USB]


ビートルズ
ザ・ビートルズ・ボックス
ザ・ビートルズ・ボックス


ビートルズ
In the Beginning
In the Beginning


クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ CD
Me & My Shadows
Me & My Shadows


クリフ・リチャード&ザ・シャドウズ MP3
Me And My Shadows/Listen To Cliff
Me And My Shadows/Listen To Cliff


クリフ・リチャード
Nine Times Out of Ten
Nine Times Out of Ten


リトル・リチャード
Here's Little Richard
Here's Little Richard


リッキー・ネルソン 4CD box
Legacy
Legacy


ジョニー・リヴァーズ
Totally Live at the Whiskey a Go Go
Totally Live at the Whiskey a Go Go


ジョニー・リヴァーズ
Best of
Best of


ママズ&ザ・パパズ
MAMAS AND PAPAS BEST OF
MAMAS AND PAPAS BEST OF


ママズ&ザ・パパズ LP
If You Can Believe Your Eyes a [12 inch Analog]
If You Can Believe Your Eyes a [12 inch Analog]


フィフス・ディメンション
Age of Aquarius
Age of Aquarius


サイモン&ガーファンクル
明日に架ける橋(40周年記念盤)(初回生産限定盤)(DVD付)
明日に架ける橋(40周年記念盤)(初回生産限定盤)(DVD付)
[PR]
by songsf4s | 2011-04-22 23:55
フェンダー・ベース・プレイの夜明け その3──ジョー・オズボーン
 
いま出来上がった記事を貼り付けようとしたら、石原さんのコメントがあったので、そちらにあげられていたチャック・ベリーの曲を先に貼り付けておきます。



このときもプレイヤーはウィリー・ディクソンなのでしょうか。チャック・ベリー・ボックスを手離してしまったので、もはやパーソネルはよくわかりません。エレクトリック・ベースのスタジオでの使用例としても、やはりごく初期のものということになるでしょう。

ということで、こちらを解決篇にさせていただきつつ、しかし、あれこれベースを聴いて、いろいろ思ったこともまだあるので、今回は蛇足で、さらにいくつか曲を聴くことにします。

そのまえに、コメント欄に書いたように、過去の記事で使った写真を貼り付けておきます。キャプションも、オリジナル記事のものをそのままコピーしました。

f0147840_013523.jpg
ネルソン家の人びと。ドラマのセットは、じっさいのネルソン邸のコピーだったので、写真を見ても、ドラマなのか、現実なのか、判然としない。


f0147840_0173675.jpg
ごく初期のリック・ネルソン・バンド。芳紀十六歳の国民的ティーネイジ・アイドルと、これまたティーネイジャーだったジェイムズ・バートン(右)。まだジョー・オズボーンは参加していなくて、このときのベースはジェイムズ・カークランド。


f0147840_035772.jpg
ミスター・テレキャスターとそのギター。ウッソー、テレキャスじゃなくて、グレッチじゃん!


f0147840_0371089.jpg
ミスター・テレキャスターとそのギター。ウッソー、テレキャスじゃなくて、リッケンバッカーじゃん!


いまになってよく見れば、カークランドがもっているのは、k_guncontrolさんがコメントに書かれていたリッケンバッカーの4000に思われます。手前のペダル・スティールにもリッケンバッカーのロゴがあり、これはリッケンバッカーのプロモーション・ショットにまちがいありません。

ということで、バートンは写真にいっしょに収まるだけでなく、リッケンバッカーやグレッチをスタジオで使った可能性もあるのではないかと思います>k_guncontrolさん。

◆ ミスター・ゴーゴーのグルーヴ ◆◆
k_guncontrolさんの最初の設問はビートルズのデビュー以前のことにかぎっていたのですが、今日はそこからはみ出して、すこしジョー・オズボーンの後年のプレイを聴いてみます。

リック・ネルソンの人気は1963年のデッカ移籍以降、衰えていき、リックはツアー・バンドの維持をやめます。その結果、ジェイムズ・バートンはスタジオ・ワークをするようになり、ジョー・オズボーンはべつのバンドのレギュラーになります。ジョニー・リヴァーズの出世作、At the Whiskey A-Go-Goから、ドン・ギブソンの大ヒットのカヴァー、Oh Lonesome Me。



もう一曲、同じくウィスキー・ア・ゴーゴーのライヴから、You Can Have Her。



ジョニー・リヴァーズがスターになるのを、オズボーンはグルーヴの面から助けたと思いますが、わたし自身が感銘を受けたのは、デビュー盤ではなく、ジョニー・リヴァーズが微妙に方向転換を試みた、3曲目のヒットになるこの曲。ドラムズはハル・ブレイン、やっぱりドラムがいいとベースも冴えます、

サンプル Johnny Rivers "Mountain of Love"

いや、この曲はI Saw Her Standing Thereよりあとなので、ポール「に」影響を与えたわけではなく、ポール「が」影響を与えた可能性があります。もう一回、I Saw Her Standing Thereを聴いてみますか? 先年のUSBボックスのステレオ・リマスター・ヴァージョンをダウンサンプルしたMP3をアップしました。

サンプル The Beatles "I Saw Her Standig There" (USB Stereo)

ジョー・オズボーンもポール・マッカートニーも、甲乙つけがたい名手ですが、似たようなフレーズを弾いても(もちろん片やシャッフル、片や8ビートという大きな違いがあるが)、ずいぶん異なったノリになるものだと改めて感じます。

じつは、生まれて初めてベース・ラインをコピーしたのは、このMountain of Loveでした。子どものとき、ベースのグルーヴの重要性を痛感させられた曲のなかでも、もっとも忘れがたいものです。

もう一曲、ベースがグルーヴを作ることを教えてくれたものがあります。

ビートルズ I Call Your Name


◆ スタジオ・プレイヤー時代 ◆◆
あと数曲、わたしの好みというより、ジョー・オズボーンがいかに多くの大ヒット曲でプレイしたかを示すために、クリップを列挙することにします。相方のドラマーはすべてハル・ブレインです。

ママズ&ザ・パパズ California Dreaming


サイモン&ガーファンクル Bridge Over Troubled Water


フィフス・ディメンション


カーペンターズ We've Only Just Begun


プレイの良し悪しは気にせず、どなたもご存知の大ヒット曲を選んだのですが、さすがはジョー・オズボーン、いずれもどこかに聴きどころがあります。いや、ハル・ブレインもきっちりやるだけのことはやっていて、やはり時代を背負って立った人たちは、ものがちがいます。

ありゃ? 今日は、ちらっとイギリスのベース・プレイヤーたちの仕事ぶりも見て、この一連のベース話に締めくくりをつけるつもりだったのですが、ちょっと大きな地震があったせいもあって、最後の最後で時間が取れず、もう一回だけベース話を続けさせていただくことにします。


metalsideをフォローしましょう

ビートルズ
プリーズ・プリーズ・ミー

ビートルズ
プリーズ・プリーズ・ミー


ビートルズ
The Beatles [USB]
The Beatles [USB]


ビートルズ
ザ・ビートルズ・ボックス
ザ・ビートルズ・ボックス


リトル・リチャード
Here's Little Richard
Here's Little Richard


リッキー・ネルソン 4CD box
Legacy
Legacy


ジョニー・リヴァーズ
Totally Live at the Whiskey a Go Go
Totally Live at the Whiskey a Go Go


ジョニー・リヴァーズ
Best of
Best of


ママズ&ザ・パパズ
MAMAS AND PAPAS BEST OF
MAMAS AND PAPAS BEST OF


ママズ&ザ・パパズ LP
If You Can Believe Your Eyes a [12 inch Analog]
If You Can Believe Your Eyes a [12 inch Analog]


フィフス・ディメンション
Age of Aquarius
Age of Aquarius


サイモン&ガーファンクル
明日に架ける橋(40周年記念盤)(初回生産限定盤)(DVD付)
明日に架ける橋(40周年記念盤)(初回生産限定盤)(DVD付)
[PR]
by songsf4s | 2011-04-21 21:23
フェンダー・ベース・プレイの夜明け その2──ジョー・オズボーン
 
ポール・マッカートニーがEMIの録音に不満足で、メンフィスで録音しようとしたという、あまり知られていないエピソード(以前、しばしばメールを交換したジョゼフ・スコットが書類を発掘して教えてくれた)が強く頭にこびりつき、ポールのインスピレーションの源泉はダック・ダンだと信じていました。

f0147840_23521746.jpg

いや、間違っていたわけではありません。ポールが、MG'sやオーティス・レディングやウィルソン・ピケットなどの録音でのダック・ダンのプレイを意識していたのはまちがいありません。

ただし、それはビートルズのデビュー後の話であって、前回ご紹介した、k_guncontrolさんの「I Saw Her Standing Thereのような、ストレートに8分で弾くフラット・ピッキングによるエレクトリック・ベースのプレイは、どの曲を淵源とするのか」という疑問に対する回答にはなりえないことを、あとから調べて確認しました。ダック・ダンがMG'sに入ったのは、ビートルズのデビュー後である1964年だからです。

◆ I Got a Feeling ◆◆
ということで、話はやはりジョー・オズボーンにもっていくべきかもしれませんが、こちらも、やはり一筋縄ではいかないのです。

まず、一曲お聴きいただきましょうか。音はよくないのですが、やはり動画があったほうがいいので、例によってドラマから抜き出したクリップでどうぞ。

リック・ネルソン I Got a Feeling


フェンダーによるストレート・エイスのプレイ、というk_guncontrolさんのご注文にぴったりの曲です。

画面ではジェイムズ・カークランドがアップライトをプレイしていますが、録音したのは彼ではないでしょう。音のほうはフェンダーベースで、カークランドがフェンダーをプレイするなら、ジョー・オズボーンとの交代はなかったと考えられるからです。

では、このベースはだれがプレイしたのでしょうかね。いや、ジョー・オズボーンではないと思います。前回も書いたように、オズボーンがリック・ネルソン・バンドに入ったのは1961年、どれほど早く見積もっても60年のことだと考えられます。このI Got a Feelingのリリースは1958年9月なのです。

クリップの音はひどいので、もう少しいい音のサンプルも用意しておきました。ジョー・オズボーンのグルーヴかどうかは、音質が悪いと判断できないでしょうから。

サンプル Ricky Nelson "I Got a Feeling"

わたしの耳にはオズボーンのプレイには聞こえません。では、レイ・ポールマンに聞こえるかというと、そういう感触もありません。いったいだれなのか知りたいところです。どなたか、この曲のパーソネルをご存知の方がいらしたら、ぜひご教示を願います。

◆ リック・ネルソン・バンド時代のジョー・オズボーン ◆◆
オズボーン、オズボーンと騒いでいるのだから、オズボーン加入後のトラックをいきます。

リック・ネルソン I Got a Woman


リック・ネルソン Gypsy Woman


うーん、このドラムはリッチー・フロストじゃないでしょう。ハル・ブレイン以外にこんなプレイをする人がいるとは思えません。リッキー・ネルソンは、60年代にハリウッドでレコーディングしながら、ハル・ブレインとほとんどかすっていないきわめて例外的なシンガーですが、やっぱり、ゼロということはなく、多少はハルのトラックがあって当然です。

ビートルズのデビュー後のリリースですが、いかにもオズボーンらしい、ブンブン歌いまくるプレイで嬉しくなってしまうのは、やはりこのトラック。

リック・ネルソン Fools Rush in


この曲のスネアは、リッチー・フロストではなく、リック・ネルソン自身がプレイしたそうです。けっこうきちんとやっています。フロストはハイハットをプレイしたと書かれていました。

しかし、さすがはアイドル・スター、ほしいクリップがみな当時の動画つきであるのだから驚きます。ちゃんとジェイムズ・バートン、ジョー・オズボーン、リッチー・フロストまで出演しているのですからね。

ジョー・オズボーンの話は次回もつづけるつもりですが、今日はここまで。いや、次回、忘れるといけないので、ショート・バイオ・クリップを貼り付けておきます。



途中で、例の変なサングラスをかけたキャロル・ケイさんとの2ショットが出てくるのをお見逃しなきよう。


metalsideをフォローしましょう



ビートルズ
プリーズ・プリーズ・ミー

ビートルズ
プリーズ・プリーズ・ミー


ビートルズ
The Beatles [USB]
The Beatles [USB]


ビートルズ
ザ・ビートルズ・ボックス
ザ・ビートルズ・ボックス



リッキー・ネルソン 4CD box
Legacy
Legacy
[PR]
by songsf4s | 2011-04-19 23:43
フェンダー・ベース・プレイの夜明け その1──コニー・スミスとジョー・オズボーン
 
本題に入る前にお知らせ。散歩ブログを更新しました。

今回の外題は「春の山 土筆尽くされつくづく土筆」です。

それから、当ページ自体も(作業をしたのはわたしではなく、パートナーだが)すこし改変しました。上端に各年度ごとのインデクスへのリンクをつけ、下端には各種特集の一覧をおいて、ナヴィゲートしやすくしましたので、ご利用をお待ちしております。

◆ Lucille ◆◆
さて、コメントをご覧になる方はお気づきでしょうが、先日から、k_guncontrolさんのコメントにお答えしようと、初期のフェンダー・ベース・プレイヤーのあれこれについてコメント欄に書いています。

こういうことは、やはり音そのものを例示しながらのほうがやりやすいので、これまでのポイントの整理を兼ねて、コメント欄から記事本文へと引っ越してつづけさせていただきます。

まず、k_guncontrolさんの最後のコメントの一部を引用させていただきます。

「最初の質問でちょっと言葉が足りなかったのですが、具体例を挙げると"I Saw Her Standing There"などで聴ける、ピック弾きによる8分音符の連続のフレージングと、50年代ロックとは異なるノリは、誰/どの曲がルーツなのか、ということを知りたい、というのがそもそもの主旨でした。」

ビートルズ I Saw Her Standing There


このようにスペシファイすると、一般論と違って、なかなかむずかしくます。わたしは、ルーツはひとつではないと考えます。

第一のルーツは、フェンダー・ベースでもなければ、フラット・ピッキングでもなく、アップライト・ベースによるものではないでしょうか。すなわち、リトル・リチャードのLucilleにおけるフランク・フィールズのプレイです。

リトル・リチャード Lucille


これは史上最初の8ビートの曲で、シンバル、ベース、ギターがそろって8分でプレイしています。こういう発想、グルーヴは、このときに誕生しました。そして、I Saw Her Standing Thereも、ポールはフランク・フィールズと同じようにストレート・エイスによるプレイをしています。

ただし、Lucilleのころには、まだフェンダー・ベースという楽器は一般的ではなく、一握りのプレイヤーしかいませんでした。フィールズももちろん、旧世代のベース・プレイヤーで、アップライトしか使っていません。

◆ Summertime Blues ◆◆
フェンダー・ベースをスタジオ機材として利用した黎明期の大ヒット曲としてわたしが記憶しているのはこの曲、アール・パーマー・オン・ドラムズ、コニー・スミス・オン・ベース、エディー・コクラン、Summertime Blues



ここでコニー・スミスはフェンダー・ベースを8分で、なおかつ、フラットピッキングでプレイしています。スタジオでフェンダー・ベースを使った曲としても、ごく初期のひとつでした。フェンダー・ベースはまだ一般的というには程遠く、ほとんどのトラックではアップライトが使われていました。

以上の二曲を組み合わせると、I Saw Her Standing Thereにおけるポールのプレイ・スタイルは導き出せるとわたしは考えます。典型的な50年代ロックンロールではなく、というのがk_guncontrolさんのお望みですが、50年代にはすでに基本的なものはあったと感じます。

ただし、こういう風にピンポイントでヒントとなったものを狭めて考えていいかどうかは微妙だと感じます。特定の曲やプレイが前提になっているわけではなく、先行する音楽の総体から、なんとなく導き出されたというケースもしばしばあったことでしょう。

したがって、当事者が、これはこの曲がもとになっている、と明言しないかぎりは、ここに淵源がある、と断ずるのは困難だと感じます。「このあたりと想定することができる」ぐらいのニュアンスでしか、第三者には語れないと思うのです。

◆ ジョー・オズボーン登場 ◆◆
ハリウッドのスタジオでは、50年代も押し詰まったころからフェンダー・ベースが必要とされるようになり、キャロル・ケイさんにうかがったところでは、当初はギターが本業のレイ・ポールマンがその役割を担い、ほとんど一手販売の様相を呈したそうです。この状況は63、4年までつづきます。

したがって、ヴェンチャーズのベースはだれがプレイしたか、などと考えるときは、じつはあまり悩まずに、いや、極論するなら、一曲たりとも、一音たりとも聞かずに、状況から、レイ・ポールマンと断定してしまってもかまわないのです。ほかにはプレイヤーがいないも同然だったのですから。

ただし、レイ・ポールマンは親指フィンガリングなので、ちょっと変わったグルーヴのため、今回の考察の対象にはなりません。

63年には、リック・ネルソンがツアー・バンドの維持をやめ、64年ごろからフリーになったジェイムズ・バートンとジョー・オズボーンのスタジオ・ワークが増えることになります。同時に、キャロル・ケイさんがベースをプレイするようになり、また、ラリー・ネクテルのスタジオ・ワークも散見するようになります。

ビートルズのアメリカ上陸と軌を一にして、ハリウッド音楽界に、その後の数年間を支える代表的フェンダー・ベース・プレイヤーが輩出したのは、やはり、ある種の必然だったのでしょう。

ジョー・オズボーンは、たぶん1961年、アップライトのジェイムズ・カークランドに替わってリッキー・ネルソン・バンドのレギュラーになります。つまり、キャロル・ケイさんとちがって、ビートルズ登場以前のベース・プレイが記録されているということです。

時間が足りず、今回はごく初期のプレイが聞ける、リッキー・ネルソンのヒット曲をふたつあげるにとどめます。

Hello Mary Lou


Travelin' Man


じつは、ジョー・オズボーンがプレイしている姿というのは、今回はじめてみました。ツイッターにも書きましたが、あの時代、アメリカで生活していれば、こういうクリップを毎日のように見られたわけで、毎度ながら、彼我の落差に腹立たしさを感じます。

とりあえず、ジョー・オズボーンのプレイがどうこうではなく、リッキー・ネルソンのヒット曲になってしまいましたが、次回、もう少しプレイを中心にいくつか聴くことにします。


metalsideをフォローしましょう


ビートルズ
プリーズ・プリーズ・ミー
プリーズ・プリーズ・ミー


ビートルズ
The Beatles [USB]
The Beatles [USB]


ビートルズ
ザ・ビートルズ・ボックス
ザ・ビートルズ・ボックス


リトル・リチャード
Here's Little Richard
Here's Little Richard


エディー・コクラン
Summertime Blues
Summertime Blues


エディー・コクラン 8CD box
Somethin Else: Ultimate Collection
Somethin Else: Ultimate Collection


リッキー・ネルソン 4CD box
Legacy
Legacy
[PR]
by songsf4s | 2011-04-18 23:36
HDCD版のFriend of the DevilとBrokedown Palace
 
久しぶりにアクセス・キーワード・リストを見たら、ちょっと面白かったので、貼り付けます。

f0147840_23445223.jpg

石原慎太郎がランクインしたのは、選挙の余波なのでしょう。投票の参考にはぜんぜんならなかったでしょうけれど!

リオ・ブラボーのオリジナル・サウンドトラック盤をお探しになった方には同情申し上げます。あれはリック・ネルソンのアルバムがあるだけで、スコアまでふくめたOSTはリリースされていないようです。

芦川いづみのキーワードはいつもあってほしいなあ、と思います。そろそろなにかつぎの映画をとりあげないといけませんね、とずっといいつづけています! 原節子も常連になりつつあるようで、慶賀に堪えません。

久生十蘭は初登場です。これまたうれしいキーワードです。

お高祖頭巾は驚きました。そんな言葉を書いたっけ、と検索したら、「和風ハロウィーン怪談特集4 中川信夫監督『怪談かさねが淵』(新東宝、1957年)」が引っかかりました。そういえば豊志賀が醜くただれた顔を隠すのに頭巾をかぶっていましたっけ。

◆ とんでもリマスタリング ◆◆
昨日のつづきで、今日もグレイトフル・デッドのミックス違いの話、今回はHDCD版です。前回はWorkingman's Deadのアルバム・オープナーであるUncle John's Bandでしたが、今回はそのつぎのアルバム、American Beautyについてです。Uncle John's Bandのマスタリングにも驚きましたが、American Beautyのほうは絶句してしまうほど大きく異なるトラックがたくさんあります。

まずは、以前、単独の記事で楽曲自体を詳細に検討したことのあるFriend of the Devilからいきます。はじめにノーマルなヴァージョンをユーチューブで。



これがHDCD版ではとんでもないことになっていて、ひっくり返りました。

サンプル Grateful Dead "Friend of the Devil" (HDCD)

ファースト・ヴァースからセカンド・ヴァースへの移行部で、タムタムが入ってきたときは、ええ、なんだこれは、でした。こんなものの記憶はないので、もう一度ノーマルなCDのものを聴きなおしました。最初は、ないじゃん、と思ったのですが、ヘッドフォンでよく聴くと、たしかに、かすかにタムタムがきこえます。それをノーマルなレベルまで持ち上げたということが、やっとわかりました。

この曲にかぎらず、このアルバムのHDCD版は、ドラムの音がまったく異なり、おおむね、オリジナル・ミックスより、ドラムを前に出す(レベルを上げる)ミキシングが施されています。

こういうマスタリングは毀誉褒貶あるでしょうが、ビル・クルツマンが非常にピッチの高いチューニングをしていた時期なので、よかれ悪しかれ、非常に興味深い、とはいえます。

◆ スネア・サウンド ◆◆
面白いトラックが目白押しなのですが、もう一曲、Brokedown Palaceを聴きます。こちらもまずノーマルなミックスをユーチューブで。



HDCD版American Beautyに収録されたものは、ミックスのみならず、エディットも異なります(ただしテイクは同じではないかと思う)。

サンプル Grateful Dead "Brokedown Palace" (HDCD)

いきなりガルシアのヴォーカルからはじまることにもギョッとしますが、この曲も、やはりポイントはビル・クルツマンのドラム・サウンドの変化です。この時期のクルツマンのスネアの音はおおいに好みですが、さらに、オリジナルのミックスと、HDCD版のどちらの音がいいかというと、新鮮だからでもありますが、後者のほうがいい音だと感じます。

Workingman's DeadとAmerican Beautyは、デッドにはめずらしいアコースティック・アルバムです。いま振り返れば、そのことを強く意識して、ドラムは全体にオフ気味にミックスしたのではないでしょうか。HDCD版American Beautyは、考えようによっては、いったんオフにされたドラムを、ノーマルなレベルに戻したといえるかもしれません。


metalsideをフォローしましょう



DVD
American Beauty
American Beauty


エクステンディッド・エディションCD
アメリカン・ビューティ(デラックス・エディション)
アメリカン・ビューティ(デラックス・エディション)
[PR]
by songsf4s | 2011-04-16 23:43
オーヴァーサンプルのUncle John's Bandをダウンサンプルする
 
久しぶりに「長期休暇」となり、ひとつ年をとってから今日が最初の更新になってしまいました。

べつに、また一歩、還暦に近づいて鬱になったために更新が滞ったわけではありません。おもに、2TBの外付HDDを導入し、ファイル構造の再編に時間を食っているせいです。

「テラバイト」というのは、長いあいだ、いわば「仮想の数字」だったわけで、改めてすごいなあ、と眺めています。この広大な空間をどうしようと思っていたかというと、いったんDVDに追い出した音楽ファイルを書き戻し、なにもかも一切合財、一発で聴けるようにしてやろうと目論んだのです。

いまのところ、書き戻しはそれほど進んでいません。それ以前に、3台の内蔵HDDのあちこちに散らばったファイルを一カ所にかき集め、分類しなおす作業がまだ終わっていないのです。

とはいえ、この「仕分け」&「名寄せ」の途中で、当然ながら、あれこれ聴くことになります。それで改めて、ふーむ、と思ったのがこの曲、グレイトフル・デッドのUncle John's Bandです。

まずは、LPをオーヴァーサンプルでリップしたものを、再度、ダウンサンプルしてMP3にしたファイルをどうぞ。

サンプル Grateful Dead "Uncle John's Band" (LP rip)

これは、わたしの耳には、当然ながらノーマルなUncle John's Bandに聞こえます。わからないのはつぎのファイル、DVDオーディオ版Workingman's Deadに収録されたUncle John's Bandです。DVDオーディオはわざわざオーヴァーサンプルしなくても、はじめからそうなっているのですが、ともあれ、そのオーヴァーサンプル・ファイルをダウンサンプルしてMP3にしたものでどうぞ。

サンプル Grateful Dead "Uncle John's Band" (DVD audio)

f0147840_23531941.jpg

せっかくの高音質も、MP3にしてしまうと元も子もなくなってしまいますが、それでも、両者のマスタリングの違いは歴然としています。最初に聴いたときは、テイクが違うのではないかと思ったほどです。

とくにジェリー・ガルシアのギターに注意なさってください。まったく違う音になっていることがおわかりでしょう。ここまでマスタリングを変えていいものかどうか、微妙といえば微妙ですが、デッド・ヘッドには、このヴァージョンも、それなりに楽しめるのではないかと思ったしだいです。


metalsideをフォローしましょう



DVD
Workingman's Dead
Workingman's Dead


LP5枚組
The Waner Brothers Studio Albums on Vinyl [12 inch Analog]
The Wb Studio Albums on Vinyl [12 inch Analog]
[PR]
by songsf4s | 2011-04-15 23:47
散歩ブログ更新
 
昨日は一日、横浜を歩いていたので更新できず、今日はまじめにやろうかと思ったのですが、結局、いまだに続きを見ることすらしていないので、今夜も更新はありません。

かわりに散歩ブログのほうを更新しました。これまでは珍しい桜の写真でしたが、今回は素直に満開の染井吉野です。

散歩やせんとて

いくら平日でも、満開のそのまたピークだというのに、横浜はどこも空いていて、根性のなさに情けなくなりました。自粛なぞする奴は大馬鹿です。

しつこく繰り返します。「いまわたしたちができること」は、飲んで食って金を消費し、日本経済を回すことです。「自粛は自殺」これをお忘れなく。

もうろくした都知事はすぐに死ぬから勝手に自粛させておけばよろしい。ああいうジジイは動くとろくなことをしないから、自粛してもらったほうが迷惑も小さくなります。

でも、われわれの人生はまだつづきます。もっと動かないと日本は壊死します。
[PR]
by songsf4s | 2011-04-08 23:15 | その他