ローラ・ニーロのR&Bカヴァーとオリジナル6 Spanish Harlem その1
 
Spanish Harlemもカヴァーの多い曲で、長い枕で寄り道している暇はなさそうです。あるいは、いっそ、どーんと大きくかまえて、一回に1ヴァージョンでいいや、ぐらいのつもりなら、毎度、長枕褥合戦(あ、これはバレだ)ができます。

◆ ローラ・ニーロ ◆◆
毎度同じことばかり云っていますが、まずはローラ・ニーロ・ヴァージョンのクリップから。すでに他の曲とつながって出てくるものを過去の記事で貼り付けていますが、これはSpanish Harlem単独です。



池波正太郎に原稿をもらう編集者は、その場で読まなければならず、これがけっこうつらかったそうです。原稿を読み終わると、編集者は、当然ながら「たいへんけっこうでした。どうもありがとうございました」と頭を下げます。すると大先生は「うん、それで、どこが、どうよかったの」とご下問されるのだそうです。ここから先が毎回、冷汗三斗。見当はずれの感想をいって睨まれたら、つぎからの仕事に差し支えます。

わたしはこの話をうかがっていて、食事の手が止まりました。自分が編集者だったら、担当にはなりたくない作家はたくさんいますが、池波正太郎は三番目にイヤだなと思います。いちばんイヤなのは、いうまでもなく、原稿を一枚一枚、二階の書斎の窓から投げ、下で待機する編集者にキャッチさせた推理小説の大家。ほら、野村芳太郎がたくさん映画化したあの人です。二番目は、ローマがどうしたとか、日本人にとってはなにがどうしようと知ったことではない本を山ほど書いた人。あの人は、いや、やめておきましょう。

で、なんの話をしているかというと、ローラ・ニーロ・ヴァージョンについてその場で感想を書くのはやめておくということです。他のヴァージョンと比較しながら書きます。

◆ ベニー・キング ◆◆
Spanish Harlemは、NYに「留学」したフィル・スペクターが、師匠のひとり、ジェリー・リーバーと共作したものです。つまり、歌詞はリーバーということになります。

スパニッシュ・ハーレムとは、ニューヨークのエル・バリオ(またはイースト・ハーレム)という地区の異名です。エル・バリオについては、当家では過去に、「Summer In El Barrio by Felix Cavaliere」という記事で言及しています。

必要な背景情報はそれくらいでしょう。オリジナルは、当時、リーバー&ストーラーがプロデュースしていたベニー・キングのヴァージョンです。

ベニー・キング Spanish Harlem


うーん、といったきり、意味のある言葉がなかなか出てこないヴァージョンです。いちおうヒットはしていますが、わたしにはいい出来には思えません。ミスキャスト、ミスアレンジ、微妙にはずしたサウンドと感じます。リーバー&ストーラーではなく、じっさいにはフィル・スペクターがプロデュースしたという説もありますが、それでもやはり、ちがうのではないか、と首を傾げます。

◆ アリサ・フランクリン ◆◆
ビルボード・チャート上でもっとも成功したSpanish Harlemは、アリサ・フランクリンのヴァージョンです。

アリサ・フランクリン Spanish Harlem


大間違いのコンコンチキ、最低最悪のSpanish Harlemというべきでしょう。こういうアレンジ、サウンド自体はあっても差し支えありませんが、なにかべつの曲に使ってもらいたいものです。Spanish Harlemをこんな音でやったら、なにもかもぶち壊し。アリサのヴォーカルも暑苦しくて、イライラします。

さらに、音とは関係ない次元での違和感もあります。歌詞を聴けばわかりますが、この曲はジェンダーの壁を乗り越えられないのです。sheをheに言い換えればすむような歌詞ではないのです。赤い薔薇のようだ、なんて男の容貌を褒めたら、完璧にオカマでしょうに。

アリサ・フランクリンはジェンダーを変えず、しかも、薔薇のところで、blackとかなんとか叫んでいるように聞こえます。これだって奇妙です。いつかハーレムに薔薇を摘みに行く、などと女が歌ってどうする気ですか。

性別で混迷に陥ったところで、本日はおしまい。まだまだ、どんどんつづきます。薔薇はダースで勘定するほど残っているのです。ほんとうにあきれるほどたくさんあるのです。


metalsideをフォローしましょう


ローラ・ニーロ
Gonna Take a Miracle
Gonna Take a Miracle


ベニー・キング
Original Album Series: Spanish Harlem/Sings for Soulful Lovers/Don't Play That Song/Seven Letters/What Is Soul
Original Album Series: Spanish Harlem/Sings for Soulful Lovers/Don't Play That Song/Seven Letters/What Is Soul


アリサ・フランクリン
Spanish Harlem
Spanish Harlem
[PR]
by songsf4s | 2011-01-17 23:53