ローラ・ニーロのR&Bカヴァーとオリジナル 3の後編 Dancing in the Street
 
前回はトラック3の前半で終わってしまったので、今回は後半の曲、Dancing in the Streetです。幸か不幸か、HDDにおいてあるトラック数が目下非常に少なく、検索ではほんの数曲しかヒットしませんでした。したがって、全曲に言及できるだろうと思います。

まずは、前回と同じクリップですが、とにかくローラ・ニーロのカヴァーを。

ローラ・ニーロ Monkey Time/Dancing in the Street


◆ マーサ&ザ・ヴァンデラーズのオリジナル ◆◆
オリジナルはいうまでもなく、マーサ&ザ・ヴァンデラーズです。サンプルではなく、クリップを貼り付けます。



モータウンの歴史のなかでも三本指に入る曲で、どだい、カヴァーすること自体に無理があります。ドラミングとはこういうもののことをいうのであって、ローラ・ニーロ盤でバタバタいっているのは、ありゃただの雑音です。

サンプルは半ひねりしました。マーサ&ザ・ヴァンデラーズのヴァージョンなのですが、邪魔になる歌のないトラック・オンリーです。ただし、リードを消してあるだけで、バックグラウンド・ヴォイスは入っています。つまりカラオケなのです。

サンプル Marth & the Vandellas "Dancing in the Street" (track only)

やはりジェネレーションがひとつ前になると音の輪郭は鮮明になりますし、歌がないと、トラックの細部がよくわかります。あれこれオーヴァーダブしたことがうかがえます。

◆ グレイトフル・デッド・ヴァージョンズ ◆◆
Dancing in the Streetのもっとも好きなカヴァーは、グレイトフル・デッドのものです。いや、デッドはこの曲のさまざまなヴァージョンをリリースしていて、スタジオ録音も2種類あります。最初はエポニマス・タイトルのデビュー盤、そのつぎはTerrapin Stationで、わたしが好きなのは後者のほうです。

サンプル Grateful Dead "Dancing in the Street" (1977 studio remake for "Terrapin Station")

f0147840_22593075.jpg

Wake of the Flood以来、デッドはしばしばギターをパーカッシヴに扱うアレンジを試みていますが、このDancing in the Streetと、つぎのアルバムに収録されたGood Lovin'がもっとも成功していると感じます。

この初期カヴァー曲レパートリー再録音シリーズは気に入っていて、一枚に一曲聴けるのかと思っていましたが、Good Lovin'でおしまい。ちょっと残念でした。

デッドのDancing in the Streetは、ライヴまで広げると、山ほどあるので、ここでは取り上げません。現在の拡大版Terrapin Stationには、スタジオ録音と同じ年のライヴがボーナスとして追加されています。ちらっとファンク味のあるヴァージョンで、これはこれで面白いのですが、スタジオ録音のようなギター・アンサンブルは望むべくもありません。

◆ その他のカヴァー ◆◆
わが家にあるDancing in the Streetはあと3種類です。まずはママズ&ザ・パパズ。いつものようにドラムはハル・ブレイン、ベースはジョー・オズボーンです。

ママズ&ザ・パパズ


さすがにモータウンとはおよそ関係ないサウンドになっています。なんてことはどーでもいーだろー、というぐらいハル・ブレインが叩きまくっていて、あっはっは、です。いえ、わたしはこれでいいんですが、ふつうの人がどう思うかは知りません。

ジョー・オズボーンも、いつもよりややトレブルをきかせたトーンで、ゴリゴリやっていて、こちらも魅力的です。間奏の途中で遅れちゃったフェンダー・ピアノはだれでしょうか。いつものとおりならラリーのはずですが。

なお、ママズ&ザ・パパズは、モンタレー・インターナショナル・ポップ・フェスティヴァルに出演したときもこの曲を歌っています。ドラムはハルではなく、えーと、ミッキー・ジョーンズだったか、たいして面白くありません。ベースはジョー・オズボーンだったのではないでしょうか。

つぎはエヴァリー・ブラザーズ。

エヴァリーズ


うーん、不成功ミスマッチ、てなところでしょうかね。

もう一種類、ウォーカー・ブラザーズ盤があるのですが、クリップは見つけられませんでした。サンプルにするほど面白くもないので、割愛します。リード・ヴォーカルはスコットには聞こえないので、ジョン・モーズなのだろうと思います。べつに悪いことはないので、ウォーカーズ・ファンは楽しめるのではないでしょうか。

うちにないものとしては、ミック・ジャガーとデイヴィッド・ボウイのヴァージョンや、ブレンダ・リーのものがYouTubeにはありますが、とくにどうということはない出来です。

オリジナルとデッド、それにハル・ブレインのドラムだけで幸せになれるなら、ママズ&ザ・パパズも入れて、この曲は3種あれば十分でしょう。


metalsideをフォローしましょう


ローラ・ニーロ
Gonna Take a Miracle
Gonna Take a Miracle



グレイトフル・デッド
Terrapin Station (Dig)
Terrapin Station (Dig)


マーサ&ザ・ヴァンデラーズ 2CD
Gold
Gold


ママズ&ザ・パパズ 4CDボックス
Anthology
Anthology
[PR]
by songsf4s | 2011-01-07 23:53