木村威夫追悼 鈴木清順監督『刺青一代』その3
 
今日聴いたもの。

・先月録音されたラスカルズのリユニオン・ライヴ。
・『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』のOST

ラスカルズのライヴは、いやはや、でした。だってねえ、おじいさんたちがロックンロールしているだけですから。わかるでしょう? 名前が書いてなかったら、だれも見向きもしないような音楽です。

女声コーラス隊は音を外しっぱなし、Cavarierも声が出ていなくて別人のよう、おそらくは高音をヒットできないためだと思いますが、ピッチもしばしば外していて、聞き苦しいったらありません。まあ、ストーンズやビーチボーイズよりはずっとマシですが、それはストーンズがひどすぎるだけのことであって、ラスカルズがいいという意味ではありません。

ディノ・ダネリはそこそこ叩いていますが、スネアのピッチが低すぎて、若き日のキレのよさ、さわやかなサウンドとはまったく異なり、鈍重そのもの。

昔を今になす由もがな、一度土に還ったものを、いまさら霊おろしなんかするなよ、灰は灰に、です。いや、あの場にいて、みんなが元気で動いているのを見るのは、それなりの感懐があったでしょうが、要するに同窓会であって、音だけ聴いてもどうなる代物じゃござんせん。

ファンとしては、こういうふうに文句を垂れたいものでしょうが、こんな代物のURLを書くと悪法に引っかかる恐れがあるので、各自、自助努力なさってください。わたしは三カ所見つけました。おはようフェルプスくん、the rascals reunion live 2010といったキーワードで探したまえ。

それに対して、『怪獣島の決戦 ゴジラの息子』のOSTは、推薦してくださった〈三河の侍大将〉に気をつかうわけではなく、素晴らしい盤でした。さすがは佐藤勝、きっちりつくってあります。気力のあるときに映画も見て、記事にしたいと思います。問題は映画ですねえ!

◆ 三色殺戮 ◆◆
さて、前回はクライマクスの前半部分で終わってしまったので、今日は後半です。

高橋英樹がカフェを出ると、神戸組の見張りがさっそく注進に走ります。その話の運びよりも、注進に走る男の表現方法が面白いのですが、そのスピード感は、スクリーン・キャプチャーではお伝えできません。ともあれ、この注進のせいで、神戸組は準備万端整えて高橋英樹を迎え撃つことが、事前に観客に明らかにされます。

ここからは文字ではなく、スクリーン・キャプチャーでいくしかありませんが、音だけでもいかがかと思い、映画から切り出してサンプルをつくってみました。

サンプル 「血潮と白狐」

高橋英樹が神戸組に乗り込むところから、河津清三郎を討ち果たすまでのシークェンスです。途中、音楽がなくなり、剣の音などの効果音だけになりますが、そういう部分もカットしてありません。わたしがとくに面白いと感じたのは、0:41あたりから下でグルグルいっている音です。たぶん、ピッチの異なる二つのティンパニーを小さく鳴らしているのだと思いますが、はっきりとはわかりません。なにを使ったのであれ、面白い音です。

f0147840_20194377.jpg

f0147840_20195615.jpg

f0147840_2020753.jpg

f0147840_20201894.jpg

河津清三郎に妻を人質にとられ、山内明は採掘権の譲渡書に署名するように迫られます。

f0147840_20203587.jpg
いきなりこのショットが出てきたときは、なんだこれは、と思った。

f0147840_2021997.jpg
キャメラが引き、書類が見えてやっと朱肉だったとわかる。わかったのはいいが、朱肉をクロースアップで撮るとは、やっぱりふつうの人ではない。

f0147840_2239119.jpg

f0147840_22392783.jpg

f0147840_22393758.jpg
河津清三郎(左)と山内明

そこへ、親分、と大声がし、注進が座敷を走り抜けてきます。高橋英樹がすぐそこまで来たのです。

f0147840_22395515.jpg

f0147840_224042.jpg

高橋英樹が乗り込んでくるところは、完全な芝居がかりで、それに合わせて屋敷の構造も奇妙に歪められます。

f0147840_22513542.jpg

f0147840_22514845.jpg
稲妻が光るなか、キャメラは横移動で、いったい何間あるのか、長い障子を見せる。

f0147840_2252114.jpg

f0147840_22521199.jpg

f0147840_22522465.jpg

刃が突き出されるのを予想しながら、高橋英樹は室内に入りますが……。

f0147840_22573594.jpg

f0147840_22574320.jpg

f0147840_22575721.jpg

f0147840_2258571.jpg

f0147840_22581327.jpg

f0147840_22582342.jpg

f0147840_22583690.jpg

f0147840_22584695.jpg

襖を開けても、開けても、無人の部屋がつづくばかりで、敵の姿は見あたりません。なぜ襖は青いのか? そういうのを愚問というのです。もちろん、これが鈴木清順の映画だからに決まっているじゃないですか。

f0147840_2332156.jpg

f0147840_2333179.jpg

f0147840_2333910.jpg

f0147840_233491.jpg
信号じゃあるまいし、とは思うが、青から黄色に変わったら、案の定、手槍が突き出された。

f0147840_2335727.jpg

f0147840_234711.jpg

f0147840_2342122.jpg

高橋英樹はやっとのことで、囚われている山内明と伊藤弘子を見つけだしますが、なかなか近づけず、八方に白刃をふるって血路を切り開きます。せっかく伊藤弘子に短刀を突きつけているのだから、それで高橋英樹を脅せばいいのに、と思うのですが、われわれ同様、河津清三郎以下の悪党たちも、高橋英樹のパワーとスピードに呆気にとられ、なすべきことを忘失してしまったのでしょう。

f0147840_23304624.jpg

f0147840_23305742.jpg

f0147840_2331553.jpg

f0147840_23311243.jpg

f0147840_23312035.jpg

f0147840_2331293.jpg

山内明に拳銃をわたして逃がせば、あとは暴れるだけ、となります。

f0147840_23371997.jpg
「おう、ブタ野郎ども、〈白狐の鐵〉が相手になってやる、どっからでもかかってこい!」

f0147840_23372939.jpg

f0147840_23373696.jpg

f0147840_23374344.jpg
映画を見ているときにはわからなかったが、キャプチャーしてみれば、斬られたのは榎木兵衛だった。

三下どもを蹴散らすと、画面のムードはまたしても一変します。櫓を組んでアクリル板を敷き詰めたセットでの、その筋では有名なショット。相手は親分の河津清三郎。

f0147840_235198.jpg

f0147840_23511982.jpg

f0147840_23512652.jpg

f0147840_23513372.jpg

f0147840_23514227.jpg


f0147840_0133566.jpg

f0147840_013438.jpg

f0147840_0135146.jpg

f0147840_0135969.jpg

f0147840_014723.jpg

f0147840_014157.jpg

f0147840_0142439.jpg

f0147840_0143364.jpg


f0147840_2354936.jpg

f0147840_23543622.jpg

f0147840_23544713.jpg

f0147840_2355081.jpg

f0147840_23551565.jpg

f0147840_23552614.jpg

f0147840_23553519.jpg

とまあ、大量にスクリーン・キャプチャーを使いましたが、プロットはどうでもいい、どう表現するかが鈴木清順映画では重要なのだ、という意味がおわかりいただけたかどうか。ふつうじゃない、ということだけはなんとかお伝えできたように思うのですが……。

あれこれと駄言を弄したくなりますが、ちょうど時間切れ、理屈をいうのはまたの機会とさせていただきます。

f0147840_02462.jpg

[PR]
by songsf4s | 2010-05-08 23:56 | 映画