木村威夫追悼 鈴木清順監督『悪太郎』その4

週に一度ほどチェックする海外のブログで、鈴木清順のインタヴューを見つけました。形式はFLVです。

鈴木清順 in LA

映画を学んでいる学生の質問に答えたようですが、外国人が相手なので、ふだんなら省略するような、かつての日本映画界のありようにもふれていて、面白い談話になっています。また、おそらくは通訳しやすいようにという配慮なのでしょう、いつもの韜晦的言辞はすくなく、わかりやすく話しています。

f0147840_203994.jpg
撮影中の鈴木清順監督(右)。撮影監督のお名前がわからず申し訳ない。ご存知の方がいらしたらご教示を。しばしば鈴木清順についた撮影監督は、永塚一栄と峰重義のお二人だが。

「小津さん」については、年齢のせいか、海外の学生のあいだにもいるであろう小津ファンに配慮してか、おだやかに語っています。映画ではなく、書籍の『けんかえれじい』に収められた、エッセイとも自伝小説ともつかない松竹助監督時代の回想では、もっとストレートに小津を否定していますが、上記のインタヴューで語っていることが、レトリックを取り去った本音なのだろうと想像します。

音楽にたとえれば、小津安二郎は完璧主義者の「スタジオ録音の人」、鈴木清順はspontaneity、インプロヴ重視の「ライヴの人」、小津はポップ・ミュージックの作り方、清順はジャズ的嗜好だったというあたりでしょう。

f0147840_2015460.jpg
鈴木清順のエッセイ集『けんかえれじい』に収められた「洋パンと『野良犬』と自動小銃」の冒頭。このとき、彼の仕事場だった松竹大船撮影所に通勤できる範囲で、海岸に「占領軍の飛行場」がある土地といえば、かつての海軍航空隊の本拠、横須賀市追浜[おっぱま]しか考えられない。次ページに「まちから近い金沢八景の海」とあることも、その裏付けとなる。金沢八景は横浜市、追浜は横須賀市だが、隣接した町である。

f0147840_20152318.jpg
当時の若手監督の多くが、年をとってから小津が理解できるようになったと、いわば「転向」をしているが、鈴木清順がこのように小津を見ていたのだとしたら、いまでも否定的だろうと感じる。

このインタヴューの最後に収められている『東京流れ者』のオリジナルのエンディングについては、木村威夫が『映画美術』のなかで語っていますが、監督自身の言葉としてきいたのは、これがはじめてでした(DVDボックスのオーディオ・コメンタリーなどで話しているのかもしれないが)。

かつての『東京流れ者』の記事(その1およびその2)は、ちょっと拙速だったような気がして、改めてやり直したいとずっと思っています。でもまあ、とりあえずは、まだ取り上げていない映画をやるべきだろうと自重しています。

f0147840_23332693.jpg

おおいに感じるものがあったので、このインタヴューには、枕ではなく、改めてきちんとふれたいと思います。人間は衰え、やがて滅するのが運命なのだから、やむをえないのですが、この人ばかりは長生きしてほしいと思います。健康を取り戻されんことをお祈ります。

◆ ロケーションでの美術 ◆◆
極端な言い方になってしまいますが、しばしば、映画はロケーションで決まる、と思います。とくに日本映画にはそのタイプのものが多いと感じるのだから、つまりは、自国の風土を知っているがゆえに、外国映画よりはるかに視覚的ディテールが気になるのでしょう。

f0147840_2315564.jpg
『悪太郎』のロケハン、岐阜県元浜町とキャプションにある。

『悪太郎』はまさにロケーションで成功したタイプの映画で、やはり半世紀前の日本には、古いものがよく保存された町があったのだなあ、と思います。まずいものが入ってしまう心配なしに引きのショットが撮れるというのはすごいものです。

ただし、木村威夫美術監督は、こういう場合にどういう措置をするか、ロケーションでの美術の役割についても語っています。

f0147840_2381894.jpg

ほかの映画でも、このような消去、隠蔽の作業は必要でしょうが、『悪太郎』のように、近過去に時代を設定した作品では、きわめて重要になります。といっても、CGではないのだから、もとのロケーションがよくなくては、消去も隠蔽もあったものではなく、数カ所におよぶロケ地の選択(近江八幡、郡上八幡などらしい)が正しかったともいえるでしょう。

f0147840_23123719.jpg

f0147840_23124854.jpg

f0147840_2313296.jpg

f0147840_23131167.jpg

f0147840_23132063.jpg

f0147840_231329100.jpg

白黒だから成功した、というのも、そうだろうなあ、と思います(昔はモノクロフィルムのほうが安かった。鈴木清順は前述のインタヴューで、カラーの場合よりも1作品あたり300万円安くすんだといっている。トータルの予算は一本当たり2000万、カラーだとここに300万上乗せだとか)。カラーでは、じっさいの町にもともとあったものと、「材木」でつくったものとのちがいが明瞭に出てしまい、うまくいかなかったにちがいありません。モノクロを選択することに、そういう効用があるなどということは、この木村威夫の言葉ではじめて知りました。

◆ ヴィジュアル箇条書き ◆◆
このところ毎度、箇条書きのような記事ばかりですが、ここから先は「視覚の箇条書き」という感じで、スクリーン・キャプチャーやスティルを並べていくことにします。

f0147840_2351764.jpg
書店の看板。文房具と書籍をいっしょに売るのが昔はふつうだったのか。いまでも丸善がそうだが。

f0147840_23511574.jpg
書店から和泉雅子が出てくる。

f0147840_23512382.jpg
入れ替わりに山内賢が、「白樺」の十月号は入ったか、と店に入っていく。ついでに、いま出て行った女学生はなにを買ったのかときく。

f0147840_23513134.jpg
へい、ストリンドベルヒの『赤い部屋』です、というので、山内賢は、彼女はストリンドベルヒなど読むのかと驚く。『赤い部屋』は重要な小道具になる。よけいなことだが、この書店主が、いつもならギャングを演じているはずの長弘(ちょう ひろし)なのが、日活アクション・ファンにはたまらなく楽しい。

f0147840_084072.jpg

以下は「今宵こそ」というか、tonight the nightとなった、京都の一夜。会話はありません。

f0147840_085696.jpg

f0147840_09818.jpg

f0147840_0927100.jpg

そして、明くる日の同じ部屋。

f0147840_012851.jpg

f0147840_0121826.jpg

f0147840_0122841.jpg

なんだか、妙に「小津調」の絵作りになっていて、思わずニヤニヤ笑ってしまいます。ほんとうに、小津をちょっとからかうつもりで、『晩春』のパロディーをやったのではないかと勘ぐりましたぜ。小津なら切り返しますが、鈴木清順はツーショットで二人をとらえています。

和泉雅子の父(佐野淺夫)は医者という設定です。以下はその医院の診療室と待合室。かなり凝ったデザインです。

f0147840_0201562.jpg
この和洋折衷の衝立がじつに面白い。

f0147840_0202426.jpg

f0147840_0203438.jpg


f0147840_025288.jpg

f0147840_0251441.jpg

木村威夫がいうとおり、まったくこのシーンには魅了されました。万灯会[ばんとうえ]がほのかに見えるところがなんともいえない味があります。

f0147840_0295820.jpg
画面奥に万灯会の灯り。

f0147840_0301187.jpg

f0147840_0302033.jpg

f0147840_0302773.jpg
牛鍋屋の「いろは」をモデルにしたという市松のガラス戸。コックは柳瀬志郎。

f0147840_0303446.jpg

短いシーンなので、時代劇のセットを流用できるという幸運がなければ、ここは簡略化されるか、室内のシーンで置き換えられてしまったのではないでしょうか。よくぞ撮ってくれたというシークェンスです。

f0147840_23515315.jpg


f0147840_049090.jpg
鈴木清順のエッセイ集『けんかえれじい』に収録された『悪太郎』のスティル


f0147840_041918.jpg




鈴木清順監督自選DVD-BOX 弐 <惚れた女優と気心知れた大正生まれたち>
鈴木清順監督自選DVD-BOX 弐 <惚れた女優と気心知れた大正生まれたち>
[PR]
by songsf4s | 2010-04-14 23:58 | 映画